家族葬は通夜なしでもOK!通夜の有無で費用はどのくらい変わる?

adobestock@sand555

近年、地域での関係性の変化や参列者の年齢が高齢化しているなどの理由から家族葬で葬儀を行う人が増えています。
家族葬は参列者をごく親しい人のみに限定するため、遺族が参列者に対して行う接待の面での負担が少なく済みます。
それ以外にも通夜を行わない葬儀の形も可能であることから、遺族の負担をさらに減らすことができます。
この記事では、葬儀にかかる負担をできるだけ減らしたいと考えている方に向けて、家族葬での通夜の必要性や費用の違いをご紹介しています。
ぜひ葬儀の形を検討する際の参考にして下さい。

家族葬とはどんな葬儀?

家族葬とは故人の親族やごく親しい友人のみに参列者を限定して執り行う小規模な葬儀のことを言います。
家族葬では弔問客が身内であり、人数が限られているため遺族の弔問客への気遣いの負担を減らすことが可能です。そのため、遺族は故人とのお別れする最後の時間をゆっくりと持つことができるのがメリットといえます。
反面、参列者を少ない人数に限定する家族葬ではいただけるお香典の金額も少なくなります。したがって、家族葬では遺族が負担しなければならない費用が大きくなる場合があるというデメリットも持ち合わせています。

家族葬で通夜をしない方が増えている

通夜は故人と遺族や特に親しかった友人などが最後の夜をともに過ごし、別れを惜しむためのものです。ですから、本来通夜は告別式の前日に寝ずに夜通し行われるものでした。
しかし、ライフスタイルの変化に伴い最近では葬儀に参列できないため通夜に弔問するという考え方が慣例となっています。
そのようなこともあり、読経や焼香を行う儀式の半通夜を通夜と呼ぶことが一般的になっています。
一方、夜通し線香の火を絶やさないように寝ずの番をしながら故人との別れを惜しむ時間は仮通夜と呼ばれています。
最近では家族葬であっても、このような通夜を行わずに一日葬のような形態の葬儀を選ぶ人が増えてきています。

abodestock@naka

通夜をやらない理由は?

参列者がごく親しい身内である家族葬ではほとんどの人が通夜と告別式のどちらにも参列することになります。
したがって、訃報を聞いて遠方から弔問するには時間の都合がつかないということもあります。また、参列者の多くが高齢者である場合には通夜から葬儀まで参列することで身体への負担が大きくなりがちです。
これらのことから、通夜をやらなくても良いのではないかとの考え方が増えてきています。
親しい身内のみが参列する家族葬ではこのような考え方に対して反対する人も出にくいため、通夜を行わない家族葬が増えてきているのです。

家族葬と一日葬の違いは?

家族葬とは、身内だけの少人数で行う葬儀のことを言います。
そして一日葬とは通夜を行わずに葬儀告別式だけを行う葬儀のスタイルのことです。
家族葬では葬儀を2日間にわたって通夜と告別式を行う場合と、通夜を行わない一日葬で行う場合があります。
時代の変化に伴い、身内であっても通夜と告別式の2日間にわたって時間を確保することが難しいと言われることも多くなりました。
そのため、一日葬の形で家族葬を行う人は増えてきています。

通常の家族葬の流れ

家族葬は規模は小さいですが、その内容は一般葬の場合と同様です。通常の家族葬の流れは次のようになります。

葬儀社へ連絡する

故人の臨終に立ち会った後、葬儀社に連絡をします。この時には、葬儀の詳細まで決める必要はなく、まずはご遺体を自宅又は安置施設に移送してもらいます。

安置

亡くなってから24時間は火葬することはできません。そのため、それまでの時間は故人を自宅や安置施設に移送し安置します。

通夜

自宅や安置施設で故人を棺に納棺し、最後のお別れの時間を過ごします。通夜では読経や焼香を行う通夜式の後、線香を絶やさないように家族で寝ずの番をするとされていましたが、葬儀場で通夜を行う時は、防犯上の理由から寝ずの番はできない場合もあります。このような時には通夜振る舞いを行った後、通夜はお開きとなります。

葬儀

一晩故人との別れを惜しんだ後、葬儀を執り行います。葬儀とは僧侶の読経によって故人をこの世からあの世に送り出す儀式です。

告別式

葬儀が終わった後、告別式を行います。告別式は故人と最後のお別れの場となり、棺に思い出の品や愛用品、花などを一緒に納め出棺します。

火葬

遺体を火葬場に搬送し、火葬と収骨を行います。初七日の法要は、本来は故人が亡くなった7日目に行うものですが、この時に一緒に行われることもあります。

通夜をおこなう際に必要な準備

遺族は故人と親交のあった人に対して訃報を伝える必要があります。
そのため、葬儀のプランが決定し、葬儀社と契約したら速やかに訃報の連絡と通夜や告別式の告知を行うようにしましょう。

abodestock@buritora

通夜なしの場合の家族葬の流れ

家族葬では一般の方の弔問を受け付けません。
したがって遺族の意向で通夜を行わず、葬儀•告別式飲みを執り行う判断をすることは容易であると言えるのでしょう。通夜を行わない場合の流れは次のようになります。

葬儀社に連絡

通夜をおこなうときと同様に、故人の臨終に立ち会った後、葬儀社に連絡します。通夜を行わない場合でも、ご遺体は自宅又は安置施設に移送します。

葬儀プランを決める

葬儀は家族葬で執り行うことや遺族の意向で通夜はしないことを伝えましょう。
葬儀については短時間で決める必要がありますが、出来る限り数社に見積もりを取って比較するようにします。
また、近年では終活として故人が生前にあらかじめ自分の葬儀についての意向を残していたり、準備してしている場合もありますので、エンディングノートがないかを確認しておきましょう。

告別式

通夜を行わない場合でも、法律によってご遺体は24時間以上安置してからでないと火葬をすることができません。したがって、告別式は亡くなった日の次の日以降に執り行うことになります。ご遺体は安置施設で納棺され、葬儀場に移送されることになります。葬儀場で葬儀、告別式で最後のお別れをした後、火葬場に出棺されます。

火葬

ご遺体は寝台車で火葬場に移送され、火葬と収骨を行います。

通夜の有無による家族葬の費用差は?

家族葬で通夜を行わないことで、葬儀にかかる費用を抑えることもできます。では、通夜を行う時と行わない時では具体的にどの程度の差が見られるのでしょうか。

通夜ありの場合の費用

家族葬で通夜を行う場合の費用の内訳は一般葬のものと変わりませんが、参列者の数が少ない分一般葬よりもかかる費用の総額は低くなります。
おおよその金額は葬儀や僧侶へのお布施を合わせると、全国的な相場で60〜130万円程度と言われています。その内訳は、多くの葬儀社では葬儀に必要なものを一式にしています。これには葬儀会場の使用料や祭壇費、供花代、棺にかかる費用、香典返礼品などが含まれています。
また、お布施は戒名を付けてもらったり葬儀場で読経をしてもらうための費用で、葬儀社ではなく寺院や僧侶にお渡しします。
これらは通夜の有無に関わらず必要な費用となりますが、通夜を行う場合にはこれらに加えて、通夜振る舞いの飲食の費用や通夜での読経のお布施が必要になります。

通夜なしの場合の費用

上記で述べた通り、通夜を行わない場合に削減できる費用としては、読経の為の僧侶へのお布施や通夜振る舞いにかかる飲食の費用、遠方から参列される人のホテルなどでの宿泊費用が挙げられます。
10名程度の参列者であれば、お布施で10000〜50000円、飲食の費用で30000〜40000円、宿泊費用で15000〜30000円程度の費用の削減ができるでしょう。ただし、これらは葬儀が行われる場所や施設、参列者の人数によって開きが見られます。

家族葬をおこなう場合の注意点

小規模なお葬式として近年人気が高まってきている家族葬ですが、注意しておきたい点もあります。葬儀が終わった後に思わぬトラブルが生じないよう、留意しておく点については事前にしっかりと確認しておきましょう。

葬儀に呼ぶ範囲を決めておく

家族葬では参列していただく人を5〜10人程度とり、ごく親しい身内に絞ります。そのため、親族であっても参列をご遠慮いただく人も出てくるため、自分は呼ばれなかったと後になって不快感を現す人が出てこないとも限りません。どの範囲の人に参列をお願いしたときちんと説明できるように決めておきましょう。また、どうしてもお別れがしたいと、葬儀が終わった後に自宅に弔問に来られる人が後を立たないということもあります。家族葬にしたためにその後の遺族の負担が大きくなるようであれば、一般葬として葬儀に参列してもらった方が良いこともあるでしょう。

直接参列のお願いをする

家族葬への参列をお願いする時には、喪主や遺族が直接電話などで故人の訃報を連絡し、家族葬で葬儀を行う事を伝えて参列の依頼をするようにします。したがって、家族葬での葬儀を行う場合には、通夜や葬儀の日時や葬儀会場の情報を知らせないようにするようにするか、葬儀は家族葬で行うため、弔問はご遠慮していただきたいことや香典や弔電のみを受け付けている旨を書いておくようにしておきましょう。

予算を意識する

葬儀社では家族葬に必要なものは一式の料金としてわかりやすいものになっていますが、寺院の僧侶に支払うお布施はあらかじめ明確な金額がわこらないこともあります。
香典を辞退したり、家族葬で少人数で葬儀をしたため遺族に大きな金銭的な負担が生じるようなことも考えられます。らどのような葬儀にするのかを考える時には予算も意識するようにしましょう。

adobestock@Wako Megumi

まとめ

どのような葬儀にするのかは亡くなってからすぐに決める必要があるため、充分に検討する余裕がないことがあります。そのため、思わぬ予算オーバーになって後悔することもあり得ます。
家族葬での葬儀が気になっている方は不謹慎などと思わず、自分の家族にとって家族葬のメリットとデメリットはどのようなものかを比較しておくようにすると良いのではないでしょうか。

この記事を書いた人:畑中 誠

この記事を書いた人:畑中 誠この記事を書いた人:畑中 誠

保有資格:葬祭ディレクター技能審査 葬祭ディレクター(1級)
大学卒業後、大手冠婚葬祭企業に入社。約10年間葬儀担当者として従事。現在は、葬儀関連の会社に勤務しながら終活ライターとして活躍中。

関連する記事

記事のカテゴリ