家族葬でのマナーは?遺族・参列者それぞれの葬儀マナー

最近、「家族葬」という新しい形のお葬式が増えてきました。

貴方も家族葬という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

家族葬は一般的なお葬式とは違い、遺族側が参列者を限定して執り行います。

そのため、家族葬では遺族側にも声をかけられた参列者側にも、それぞれ配慮が必要となってきます。

今回は家族葬での遺族側・参列者側からのマナーをそれぞれ見ていきましょう。

香典の代わりの物は葬儀場に送る

©akiyoko/stock.adobe.com

家族葬とは

家族葬とは、一般的には小規模で執り行うお葬式とされています。

主に、下記のように参列者を限定して呼ぶお葬式となります。

  • 直系の家族のみ
  • 親族のみ
  • 親族と故人の友人のみ
  • 親族と近所の人のみ

もともと、家族葬に定義はありません。

ですので、上記以外でも呼びたい人がいれば声をかけて参列してもらってもかまいません。

一般的には20~30名程度で行われることが多いようです。

このように、一般のお葬式は広く故人の訃報を知らせて参列者を招きますが、家族葬は来る人を遺族が選ぶことになります。親族や友人は呼んでも会社関係はお断りするという場合が多いです。

家族葬 | 費用や流れ、参列時のマナーや香典まで解説

家族葬を選ぶ理由

家族葬を選ぶ理由は、主に下記の3つです。

  • 葬儀への参列者が少ない
  • 金銭的負担が少ない
  • 少人数でのお葬式のため、接待に追われずゆっくりと故人とお別れをすることができる

特に「金銭的負担が少ないのであれば家族葬がいい」という方がとても多いです。

確かに家族葬は、一般的なお葬式と比べて小規模であり、参列者が少ない分、参列者への接待費が削減されます。

しかしながら家族葬の場合は人数が少なくなるものの、通夜や告別式などをおこないますので、基本的な費用は一般葬とそれほど変わりません。

したがって、お葬式の費用が抑えられるからという理由で選ぶのは少し危険です。

一般葬の場合、参列者からいただく香典で葬儀の費用をまかなうことができますが、家族葬では参列者が少ない分、香典は少なくなります。

そのため、全体で見れば一般葬よりも家族葬の方が費用の負担が大きいということもあり得るのです。

ただし家族葬では親しい方を少人数招きますので、会社関係の方などへの挨拶回りなどに追われることがなく、お葬式の時間をゆっくりと過ごすことができるのです。

家族葬での遺族のマナー

ここでは遺族が家族葬を行う場合に気を付けることについて見ていきます。

家族葬は参列する方を遺族で決めるぶん、一般的なお葬式を行う場合に比べ、いくつか配慮が必要です。

©hanack/stock.adobe.com

家族葬であることに対し親族の同意を得る

家族葬で行う場合にはまず親族の同意を得ましょう。

最終的に決めるのは、遺族ですが親族に同意を得ていないとあとでトラブルになる可能性があります。

親族の中には、参列者を限定することが失礼だと考える人や、一般的なお葬式をするべきだと考える人がいる場合があります。

人の考え方はそれぞれですので、先に相談しておくことで余計なトラブルを避けることができます。

参列して欲しい方に直接連絡する

参列をして欲しい人への連絡は、遺族が直接連絡をするようにしましょう。

一般的なお葬式の訃報は、人から人へと伝わっていきますが、家族葬はそうではありません。

逆に、家族葬と聞くと、気を利かせて人には伝えないものなのです。

また、直接遺族からの連絡がなければ、参列をしてもいいものか参列者は判断がつきません。

そのため、参列をして欲しい人や知らせたい人には、一人ひとり直接伝える必要があります。

香典を辞退する場合ははっきりと伝える

家族葬での香典の受け取りは遺族の希望によります。

家族葬だからと言って、香典を受け取らなくてはいけない、逆に辞退しなくてはいけないという決まりはありません。

そのため、香典を辞退すると決めたのなら訃報を伝える時に、一緒に香典を辞退する旨をはっきりと伝えましょう。

香典を辞退する連絡をしないと、参列者は香典を準備してお葬式に来てしまいます。

また、家族葬では香典を辞退する場合が多いので、受け取っているのか辞退しているのかがわからずに参列者を悩ませてしまいます。

香典を頂く場合は香典返しをする

お葬式の際に香典を頂く場合には、香典返しをしましょう。

香典返しは、一般的には四十九日の法要までに準備して渡すものとされています。

返す金額は、地方によって異なりますが、もらった金額の半分または1/3程度が多いです。

香典返しで好まれる品物は、「お菓子」や「お茶」「海苔」などの消耗品ですが、最近では金額が高い人にはカタログギフトが人気です。

逆に「肉」や「魚」などは避けられる傾向にあるので注意しましょう。

呼べなかった方には挨拶状をおくる

家族葬でお葬式を済ませた場合、訃報を知らせなかった人には挨拶状を送りましょう。

家族葬では参列を希望しない人には、訃報を知らせないことが多いのです。

そのため、お葬式が終わってから訃報を知らせることになります。

その挨拶状には、家族葬で行った旨をはっきりと記載するようにします。

何故なら、挨拶状で知らせる人の中には「最期に顔を見たかった」「何故知らせてくれなかった」と思う人もいるからです。

家族葬と理由を明記してあると納得をしてもらいやすいでしょう。

家族葬での参列者のマナー

次に家族葬に参列する側のマナーについて見ていきましょう。

参列者側のマナーでは、一般的なお葬式と家族葬で違うことと、同じことがあります。

一般的なお葬式と違うのは、主に参列をするかどうかです。

一般的なお葬式と同じなのは、香典や服装に関係することです。

それでは詳しく見ていきましょう。

参列したくても勝手に参列しない

まず、家族葬へ参列をするのは、遺族から参列してほしいと直接連絡があった場合です。

遺族から直接連絡が無い場合には、参列をしたくても勝手に参列をするのは控えましょう。

何故なら、家族葬は一般的なお葬式とは違い、遺族が参列者を選ぶものだからです。

特に家族葬は、想定されていない参列者への準備はされていませんので、勝手に参列をすると遺族へ迷惑がかかります。

「最後にお別れをしたい」という気持ちはとても素晴らしいですが、ご遺族は何かしら理由があって家族葬という選択をされています。

できるだけご遺族の意向を優先してあげましょう。

それでもどうしても参列をしたい場合には、参列をしても良いかを遺族に直接訪ねるようにしましょう。

招待されていない人を誘わない

家族葬は、遺族が参列する人を選びます。

そのため、招待されていない人を勝手に誘うのは止めましょう。

遺族は決められた人にしか連絡をしていませんので、当然予定外の参列者が来てしまうと、その対応に追われるので、遺族に迷惑がかかることになります。

こうした理由から、家族葬では故人の訃報を広く口外するのはよくありません。

家族葬であれば、お葬式が終わってから遺族から訃報の連絡がありますのでそれを待ちましょう。

家族葬の参列マナー | 参列辞退する場合の断り方や香典も紹介

香典についてのマナー

香典の渡し方や金額相場は、一般的なお葬式と変わりません。

©tamayura39/stock.adobe.com

香典の渡し方

  1. 受付で記帳をする
  2. 香典を袱紗から取り出して、受付から文字が読めるように差し出すか、もしくはお盆に置く
  3. 香典を出す際には、「この度はご愁傷様です」などの言葉を添える。

なお、香典は通夜と葬儀のどちらで持参しても構いません。

また、香典を持参する場合には袱紗に包みましょう。

香典の金額相場

香典は基本的に、亡くなった人と自分の関係が深いほど、自分の年齢が高いほど、金額が高くなります。

香典の金額相場は以下の通りです。

  • 関係が両親の場合
    20代・・3万円~10万円
    30代・・5万円~10万円
    40代以上・・7万円~
  • 兄弟姉妹・義兄弟姉妹
    20代・・3万円~5万円
    30代以上・・5万円~
  • おじ・おば
    20代・・1万円
    30代以上・・1万円~3万円
  • 仕事場の同僚や友人
    20代・・3千円
    30代以上・・5千円~

葬儀での香典の渡し方は3パターン!渡すタイミングや渡すときのポイント

香典を断られた場合の対応

家族葬で、香典は辞退する旨を伝えられた場合には先方の意志を尊重しましょう。

無理やり渡そうとするのはマナー違反ですので気を付けたいところです。

どうしても香典を渡したい場合には、香典の代わりに、弔電・供花や供物などを手配する方法もあります。

ただ、この場合も遺族に受け取ってほしい旨を連絡をしてから手配するようにしましょう。

家族葬での服装

家族葬に参列する場合の服装は一般的なお葬式と変わりません。

©buritora/stock.adobe.com

男性の場合

準礼服のブラックフォーマルのスーツを着用します。

また白いシャツに、黒いネクタイ・靴下と黒い靴を着用し、カフスやネクタイピンは外します。身に着けるのは結婚指輪だけに留めましょう。

女性の場合

準礼服のブラックフォーマルのスーツやアンサンブルを着用します。

露出は避け、ストッキングや靴は黒く、光沢のないものを選びます。

アクセサリーは結婚指輪と一連の真珠のネックレス程度にとどめ、髪型や化粧も落ち着いた雰囲気にしましょう。

家族葬への参列を辞退するときのマナー

家族葬への参列を辞退する場合は、できるだけ早くに、喪主に直接辞退の旨を伝えましょう。

またその際には辞退の理由も伝えましょう。

辞退の理由は、障りのないもので構いません。

家族葬への辞退を伝える例文

本来は、お葬儀に参列し焼香させていただくところ、どうしても都合がつかず、お伺いできそうにありません。

心身ともにお疲れかと思いますが、どうぞご自愛なさってください。

こころよりご冥福をお祈りいたします。

参列ができないことへの謝罪と、できれば遺族への気遣いや故人への哀悼を一緒に述べるとよいでしょう。

その他にも「やむを得ない事情があり・・・」「諸事情により」なども当たり障りがありません。

家族葬の参列マナー | 参列辞退する場合の断り方や香典も紹介

会社関係の方が家族葬をおこなう場合のマナーは?

会社関係の方が家族葬で行う場合には、以下に気を付けましょう。

  • 家族葬であっても会社に連絡をする
  • 頑なに会社側の参列を断らない
  • 頑なに会社の香典を辞退しない

家族葬でお葬式を執り行うことを伝える分には何も問題はありません。

しかし会社には、規則があります。面倒だからといって連絡をしないのは止めましょう。

会社によっては、会社を代表して誰かが弔問する規則になっている場合も有ります。

また、会社からの福利厚生で香典が出る場合もあります。この香典には香典返しが必要のない場合もあります。

それらを頑なに断ってしまうと、会社の人を困らせてしまいます。

最近では家族葬に理解がある会社も増えてきていますので、きちんと連絡をして自分の意志を伝えることが大切です。

まとめ

家族葬では、遺族側にも参列をする側にもマナーがあります。

  • 家族葬を行いたい場合には、先に親族の同意を得ておくとよい
  • 家族葬では、参列してほしい人には直接連絡をするとよい
  • 家族葬の連絡を受けた場合には、参列してよいか確認をし、招待されていない人を誘わない

大切なお葬式ですので、参列者、遺族がお互いを尊重しあいましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ