家族葬でも香典は渡す?金額や香典辞退・参列しない場合の対応も解説

近年「家族葬」という言葉を耳にする機会が増えたと感じる方も多いのではないでしょうか。

「家族葬」とは基本的に故人の遺族や親族のみで行う葬儀のことです。誰を呼ぶかは故人や遺族が決めることが出来ますので、「家族葬」といっても故人と特に親しかった友人等に参列を依頼することも可能です。

本記事では、家族葬に参列する場合の香典や、遺族として香典をお断りする場合など、家族葬の香典のマナーについて解説していきます。

家族葬と言われたら香典は必要?

家族葬でも遺族から香典辞退の連絡がない限りは、基本的に香典は必要であると考えてください。喪主や遺族以外は、親戚でも香典は必要になります。

「遺族」というのは、故人と同居していたり、生計を共にしていた方のことを指します。もし、亡くなった方が自分の親であったとしても、結婚して別の家庭で暮らしていたり、喪主を自分以外の兄弟姉妹が務める場合には香典は必要になります。

ただし、家族葬では香典を辞退する遺族の方も多くいらっしゃいます。また、親戚からはいただくけれども、友人・知人からはいただかないという方もいます。

もし香典を辞退する場合には、訃報連絡や葬儀日程の連絡の際に一緒に案内される場合が多いです。文書やメール等で訃報連絡を受けた場合には、よく確認するようにしましょう。

香典を辞退しているか分からない場合

葬儀に参列する前に香典を辞退しているかわからない場合は、渡すつもりで香典袋にお金を入れ、必要事項を記入した上でお持ちするようにしましょう。

当日、葬儀式場についてからお金を香典袋に入れたりするのはマナー違反です。もし遺族が香典を辞退している場合には、受付に看板などでお知らせがあるか、記帳の際に受付担当の方から案内があります。到着してから香典辞退を知った場合は、用意した香典は無理に渡そうとせず、そのまま持ち帰りましょう。

明確に香典を辞退している場合

香典を辞退する際には、訃報連絡の文書などに下記のような文言が入ります。

  • 香典は辞退させて頂きます
  • ご厚志はご遠慮させて頂きます
  • ご厚意は辞退申し上げます

「香典」という言葉以外にも、「ご厚志」や「ご厚意」等の言葉は、香典や供花、供物などを指していますので、香典を辞退するという意味になります。もし、不明確な場合には直接、遺族や葬儀社等に確認すると良いでしょう。

家族葬での香典の相場金額

香典の相場は、その地域や自分の年齢や立場、故人や遺族との関係で変わりますが、家族葬でも香典の相場は一般的な葬儀と変わりません。ただし、地域によっては金額にルールがある場合もあります。それ以外の一般的な香典の金額相場は下記を参考にしてください。

故人が祖父母の場合

祖父母と同居していた場合や生計を共にしていた場合には、遺族となりますので香典は不要ですが、そうでない場合は香典が必要になります。

祖父母の場合は、1万~10万を相場と考えておきましょう。

20代前半もしくはまだ就職して間もない方などは、香典は1万~2万で構わないでしょう。さらに多く出せる場合は出しても良いですが、無理をして負担を増やすのは祖父母も望んでいないはずです。

30代~40代では3万~5万、50代以上では5万以上と考えておきましょう。また、他の兄弟姉妹がいる場合には他の兄弟姉妹と金額を合わせても良いでしょう。

故人が親の場合

故人が親でも、下記のような場合には香典が必要になります。

  • 結婚し、家庭をもっており、喪主は他の兄弟姉妹が務める
  • 成人し、親とは別生計で生活しており、喪主は他の兄弟姉妹が務める

故人の配偶者が喪主を務める場合には、自分の年齢やその家庭の状況によって香典が必要になるかどうかは変わりますので、家族とよく相談するのが良いでしょう。

基本的には、故人が親の場合の香典は5万~20万が相場と考えておきます。20代であれば5万程度、30~40代であれば5~10万、50代以降であれば10万以上は考えておきたいところです。

故人が兄弟姉妹の場合

故人が兄弟姉妹で生計を別に生活していた場合には、香典が必要になります。その際の香典相場は3万~10万となります。

20代であれば3万程度、30・40代であれば3万~5万、50代であれば5万以上を考えておくようにしましょう。

故人がその他の親戚

故人が叔父・叔母の場合は、1万~5万程度が相場となります。20代であれば1万~2万、30代であれば2万~3万、50代であれば3万~5万程度を考えておくようにしましょう。

いとこが亡くなった場合は、5千円~3万円程度が相場となります。20代は5千円~1万円、30代以降は1万円~2万円程度を考えておくと良いでしょう。

しかし、どこまでの親族とどの程度の親戚付き合いをしているのかは、その家庭によって違います。叔父や叔母に幼い頃よく面倒を見てもらった方や、いとこと兄弟のように育った方もいるかもしれませんし、逆にあまり会ったことがないという方もいるでしょう。その場合は、関係性を加味して香典の金額を決めます。

また、基本的にはその家庭から今までいただいたことのある香典の金額と同額を包んで返すのがマナーです。もしわからなければ、その他の親戚は5千円~1万円を相場と考えておけば良いでしょう。特別お世話になったり、頻繁な交流が無かったのであれば、全世代で5千円程度と考えておいて問題ありません。

香典の書き方と包み方

香典には、表書き、名前、住所などの連絡先、金額を記載する必要があります

表書きは、浄土真宗以外の仏教であれば御霊前か御香典、浄土真宗であれば御仏前か御香典となります。神道は御榊料か御霊前、キリスト教では御花料が一般的です。

名前は、表書きの下の中央にフルネームで記載します

住所などは忘れがちですが、香典返しを送る際に遺族にとって必要な情報のため、必ず記載します。記入欄があればそちらに従い、記入欄が無ければ中袋か香典の外袋の裏に縦書きで記入するようにしましょう。

また、中に入れるお金の金額は、中袋があれば中袋の表側中央に縦書きで、「壱萬圓」等の旧字を使って記入します。中袋が無い場合は、外袋の裏側に住所の次に改行して記入するか、右下に横書きでアラビア文字で「10,000円」などと記入しても構いません。

お札は、香典袋を表から見たときに裏を向いているようにして入れるようにします。お札の表は肖像画が描かれている方ですので、その反対側が裏になります。お札を裏を向けて入れるのは、「悲しみで顔を伏せている」ということや「非日常」を表現していると言われています。

また、あらかじめ用意していたことを連想させる新札は避け、どうしても新札しかない場合は折り目をつけます。逆に、破れているお札やしわしわのお札も失礼に当たりますので避けましょう。

▼香典袋の書き方や包み方について詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典の中袋・中包みの表書き・裏書きの書き方、そもそも中袋は必要?

香典の渡し方

香典は、基本的には葬儀式場の受付で渡します。通夜と告別式のどちらにも参列する場合には、どちらで出しても構いません。通夜に出すと用意していたことを連想させるため嫌う場合もありますが、一般会葬者は通夜のみ参列することが多い地域がほとんどですので、あまり気にしなくても良いでしょう。

受付に到着すると、担当の方から記帳を促されますので、記帳をした後に「この度はご愁傷様でした」「御霊前にお供えください」などと言いながら両手で相手に文字が読めるように差し出します。切手盆(黒いお盆)がある場合には、その上に置きます。

ただし、家族葬の場合は受付を設けない場合もあります。受付が無い時は、祭壇の前に切手盆がある場合は式が始まる前に焼香をし、その後自分で文字が読める向きで香典を切手盆の上に置きます。祭壇の前にも切手盆が無い場合は、葬儀が始まる前に喪主か遺族に直接渡します。

もし、斎場に到着して香典の置き場所がわからない場合は、遺族にどうしたら良いのか直接聞いて式が始まる前に渡すようにしましょう。

▼香典を渡す際にかける言葉など、香典の渡し方について詳しいマナーを知りたい方はコチラ

葬儀での香典の渡し方は3パターン!渡すタイミングや渡すときのポイント

葬儀に参列できなかったが、後日渡したい場合

葬儀に参列できなかったが、後日渡したい場合には郵送か直接弔問に伺います。職場等であれば、出社したタイミングで渡すという選択肢があります。

郵送の場合は、葬儀が終わった2,3日後か、なるべく早い遺族の都合の良い日にちを指定して現金書留で送るようにします。その場合には、葬儀に参列できなかった旨を詫びるお手紙を一緒に封入すると良いでしょう。

弔問に伺う場合には、必ず遺族に事前に都合を確認して伺うようにします。葬儀後は何かと忙しいことに加え、自宅には弔問に来てほしくない場合もあります。

仕事関係者など会うことが決まっている方であれば、職場で渡しても構いませんが、始業前か後、お昼休みなど就業時間中を避けて渡すのが良いでしょう。

四十九日前には遺族も香典返しの準備などを行うため、なるべく四十九日を過ぎる前に渡すようにしましょう

▼香典を後日渡す際のマナーや方法を詳しく知りたい方はコチラ

「葬儀で香典を渡しそびれた!」香典をあとから渡す2つの方法

職場の同僚や上司の家族葬には香典を渡す?

職場内の関係者に不幸があった際、香典をどうするかはその業界や会社ごとにそれぞれ違います。役職等で香典の金額が決まっているケースもあります。

近年は社内での訃報連絡はメールで回るところも多いでしょう。基本的には家族葬の場合は、職場内での訃報連絡で「香典をお断りする」との文言が含まれているケースが多くなっています。その場合は、香典を渡さなくても問題ありません。親しい方の場合はお悔やみの言葉を伝えると良いでしょう。

香典を断るような文言が無かったような場合、大変お世話になった上司や、公私ともに付き合いがある同僚のような場合は渡しても良いかもしれませんが、香典はあくまで気持ちの問題です。あまり親しくない場合には、無理に渡さなくても問題ありません。

香典を渡さない場合

家族葬の場合、香典を渡してしまうと逆に相手の負担になってしまったり、気を遣わせてしまうことになったりすることもあります。

香典を渡さない場合は、香典の代わりに何か供物を渡すという方法もあります

故人の好物などや、お菓子、お線香、ろうそくなどが良いでしょう。お菓子はなるべく日持ちするものを選びましょう。弔事では食べたり使ったりして無くなる「消え物」を渡すのが一般的ですが、最近では仏用にアレンジされたプリザーブドフラワー等も人気があります。相手にとって負担にならないものを選ぶと良いでしょう。

▼家族葬で香典の代わりに渡す供物のおすすめ品や詳しい渡し方を知りたい方はコチラ

家族葬で香典の代わりになるものは?香典辞退の家族葬で渡すオススメのもの

家族葬での香典を辞退する場合

近年では特に香典を辞退される遺族の方も増えてきました。

「参列者に負担をかけたくない 」「故人や遺族が香典返しなどの負担を軽減したい」など、辞退の理由はさまざまですが、理由は正直に伝えなくても問題ありません。

香典を辞退する場合の伝え方を、下記にて詳しく見ていきましょう。

香典の断り方

訃報を伝える手段は、電話、FAX、メールなどがあります。地域によっては町内で回覧板を回す習慣があるところもあります。はがきや手紙も使えますが、届くまでに時間がかかりますので、葬儀を行った後に亡くなったことを知らせる際に使うのが良いでしょう。

メールやFAXなど文書にて訃報連絡をする場合には、ある程度決まった定型文があります。そちらに香典辞退の旨を付け加えるようにして、利用します。

具体的に電話やメール等での断り方を紹介します。

▶電話での断り方

故人と関係が近い親戚や、親しい友人などには訃報を電話で伝えるのが基本です

まず故人が亡くなったことを伝え、葬儀の日程等が決まっていればそちらも伝えます。その後、「故人の意向で大変恐縮ですが、葬儀は家族葬で行うことにし、香典は辞退させていただくことにしました」ということを伝えるようにしましょう。

▶メールやメッセージでの断り方

もし、電話が繋がらない場合には、メールやメッセージを入れておくという方法もあります。

〇〇(故人の名前)の息子〇〇です。昨日午後8時に父が亡くなりました。

通夜は〇月〇日午後6時から、告別式は翌日の〇月〇日午前11時から〇〇区の〇〇セレモニーホールで行います。
https://・・・(葬祭ホールのURLなど)

葬儀は父の遺志により家族葬で執り行うこととし、香典は辞退させて頂きます。誠に勝手ではございますが、どうかご理解の程よろしくお願いいたします。

〇〇〇〇(名前)

家族葬で香典をもらったら

香典を辞退するということを事前に伝えていても、葬儀の際に香典を渡されたり、郵送で届いたりする事もあります。

直接渡された場合は、一度はお断りするようにします。その際には、「大変恐縮ですが…」「お気持ちは嬉しいのですが…」などと丁寧な言葉でやんわりと断るようにしましょう。

それでも渡されてしまった場合には、無理に断ってしまうとトラブルになる可能性もありますので、素直にいただいておくようにします。郵送で届いた場合も返送はしません。

ただし、簡単に受け取ってしまうと、他の方も「受け取るんだったら持ってきたのに…」と思ってしまいトラブルになる可能性もあります。なるべく、全員に同じ対応をするように心がけましょう

香典をいただいた方には、四十九日法要が終わった後にいただいた香典の金額の3分の1~半額程度の品物を香典返しとして贈るようにします。

会社からの香典は辞退する?

家族葬の場合は、会社からの香典は辞退しなければならないというルールがあるわけではありません。

しかし、基本的に会社関係の方の弔問をお断りする家族葬の場合は、香典も辞退するのが一般的です。訃報連絡等を社内で回す際に香典辞退が決まっている場合には、しっかりと「香典は辞退させていただく」ということがわかるようにしましょう。

また、辞退するのは香典だけなのか、生花や供物等も全てお断りするのかどうか、何を辞退するのかはっきり伝わるようにしましょう。

▼家族葬で香典を辞退する際の詳しいマナーを知りたい方はコチラ

家族葬で香典を辞退をするときのマナー【専門家が解説】

まとめ

家族葬として行われる葬儀でも、参列する場合には基本的に香典が必要になります。

しかし、家族葬の執り行い方もさまざまありますので、遺族が香典を辞退している場合には無理に渡す必要はありません。生花やその他の供物を受け付けている場合は、それを出すことも出来ますし、後から自分で購入したお線香等の供物を渡すことも出来ます。

供物を渡す際も、遺族の意向を組んで、なるべく負担にならないように注意しましょう。

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ