家族葬で香典の代わりになるものは?香典辞退の家族葬で渡すオススメのもの

家族葬は、家族や身内のみで行う小さな葬儀として近年非常に注目されている葬儀の形態です。

家族葬では、家族や身内のみに参列者を限定する葬儀のため、香典を辞退するご遺族が多くいらっしゃいます

ただ、何も持たずに参列するというのは少し忍びない気がする方もいらっしゃるのではないでしょうか

では、香典を辞退されている場合に、香典の代わりに何か品物を用意した方が良いのでしょうか

香典を辞退されている家族葬において、どのような品物を用意するとご遺族にご迷惑とならないのか、悩んでしまう方もいらっしゃると思います

今回は、香典が辞退される家族葬で、香典の代わりにお渡しするオススメのものをご紹介していきます

家族葬の香典辞退の場合

香典を用意する目的は?

そもそも、なぜ香典を用意する必要があるのでしょうか。

香典は、これまでの葬儀における風習や習慣が変化してきた結果として、現代の葬儀において用意するものとされています。

従来、葬儀では、遺族が喪に服している間、近隣住民が弔問客や僧侶に対して食事を用意してもてなす習慣がありました。

しかし、このような相互扶助の習慣が、徐々に遺族への金銭的な援助へと変化し現在の香典をお渡しする習慣へと変わってきたといわれています。

過去の風習から、香典には、ご遺族の援助を金銭的な面で行うという目的が込められています。

家族葬で遺族が香典辞退する理由は?

葬儀では、香典を持参することが一般的とされています。

しかし、家族葬では遺族が香典を辞退する場合が多くあります。

では、家族葬においてはなぜ香典を辞退するのでしょうか。

ここでは、香典を辞退する一般的な理由をご紹介していきます。

参列者への配慮

家族葬は、家族や故人と親しかった友人や知人に参列者が限定されます。

そして、家族葬を実施する遺族には「あまり大きな葬儀をしないことで

金銭的な負担を少なくしたい」という想いがあります

参列者の方にも金銭的な負担をかけずに葬儀を行いたいと考えるため、香典を受け取ることを辞退する方が多くいらっしゃいます。

また、香典を辞退することで金銭的なやりとりを無くし、家族や親しい友人知人のみで気兼ねなく故人を送りたいという想いも遺族にあるでしょう。

香典返しがたいへんだから

香典を受け取った場合、香典をいただいた相手に対して香典返しをするのが一般的です。

現代では、いただいた香典の金額の半額~1/3に相当する品物などを、香典をいただいた相手方に香典返しとして返すこととされています。

しかし、香典返しが遺族の負担となるために香典を辞退するというケースもあります

香典をいただいた場合、誰からいくら香典をいただいたか、しっかりと台帳を付けて記録しつつ金銭的な管理を行い、いただいた方へ葬儀後に香典返しを送ることとなります。

遺族は、葬儀の段取りや様々な手続きに追われるなど、やるべきことが非常に多く葬儀の負担というのは大きいものです

少しでも負担を減らすため、香典を辞退するというケースも少なくありません。

ご遺族の意向を優先しましょう

家族葬において香典が辞退されている場合には、ご遺族の意向を優先し、香典を持参しないようにしましょう

上述したように、香典を辞退するケースには、遺族の様々な想いがあります。

参列する側の気持ちだけで遺族の意向に反してしまうと、かえって遺族に負担をかけてしまうことにもなります。

遺族の意向として香典が辞退されている場合には、香典を持参して遺族に迷惑をかけないようにすることが、参列者側のマナーともいえます。

もし気持ちを伝えたいのであれば、香典として金銭を持参するのではなく、次項で紹介するような品物を用意すると良いでしょう

香典の代わりに何か贈りたいという方にオススメのもの

香典が辞退されている場合でも、供花や供物の受け取りは辞退されていない場合もあります

そのような場合には、香典の代わりに供花や供物を用意すると良いでしょう。

供花や供物としてどのような品物が良いのか、以下で詳しくご紹介していきます。

ただし、供花や供物を用意する場合でも、遺族の意向を事前にしっかり確認して用意するようにしましょう。

供花

香典が辞退された際に、お悔やみを伝えるために供花を用意することは一般的です。

その際にも、供花を用意して良いかは事前に確認しておくことをオススメします。

供花を用意することに問題がなければ、用意する供花の種類としては菊やカーネーション、百合などを基本にアレンジした物が多く選ばれています。

最近では、お花屋さんに依頼をすれば供花に相応しい花の種類でアレンジしてくれますので、任せてしまっても問題はありません

ただし、宗教や宗派などにより選択すべき花の種類などが違ってくる場合もありますので、用意する際には宗教や宗派なども確認しておくと確実です。

供花の費用相場としては、1万円前後で用意されることが一般的です。

線香・ロウソク

線香・ロウソクなどは、昔から供物として用意される一般的な品物です。
供物に相応しい品物は、消費して無くなるものが良いとされています

そのため、線香・ロウソクなどは供物として広く好まれている品物です。

また、遺族にとっても、線香・ロウソクはたくさん消費することになるので、供物として送られることは遺族の負担を減らすことにもなります。

仏教であれば宗派を問わず送れる供物なので、線香・ロウソクを用意しておけば問題はないでしょう。

お菓子

お菓子も、供物に相応しい品物として好まれています。
用意するお菓子の種類は和菓子でも洋菓子でも、基本的には問題はありません。

日持ちするお菓子を用意することで、保存するのに手間もかからず遺族にとってもあまり負担とはなりません。

また、供物を参列者に分ける場合もあるので、切り分ける必要のないものなども喜ばれるでしょう。

供物として用意するお菓子の金額の相場は、焼き菓子などを中心に、5千円〜1万円程度のものが一般的な相場となっています。

故人と親しい関係にある場合は、1万5千円程度の供物を用意する方もいらっしゃいます。

果物

お菓子と並んで果物も、供物に相応しい品物です。

供物として選ばれている果物には、りんごや梨、ぶどう、メロンなどが一般的です。

最近では、「法事用の盛り合わせ」などが用意されている場合もありますので、予算と相談しつつ用意すると良いでしょう。

ただし、果物は生物のため傷みやすい点に注意が必要です。

特に、暑い季節の場合、すぐに痛んでしまう可能性もありますので、果物を供物として用意する場合には十分に配慮する必要があります。

供物用に果物を用意する場合、1万円〜1万5千円程度が相場となっています。

供花・供物の渡し方

ここまで香典の代わりとなる供花や供物について解説してきました。

では、お渡しする際のマナーにはどのようなものがあるか確認していきましょう。

家族葬をはじめとして葬儀ではたくさんのマナーがあります。

家族葬のように小さな葬儀であっても、葬儀で守るべきマナーに変わりはありません。

マナー違反とならないように確認してみてください。

事前にご遺族に確認をしておく

まず、家族葬では、香典を辞退するだけでなく供花・供物も辞退しているケースもあります

供花・供物を辞退している場合には、ご遺族の意向を尊重しましょう。

参列者側の気持ちだけで供花・供物などを用意してしまうと、遺族の迷惑になってしまったり、お互いにあまり気持ちが良くありません。

香典の代わりに供花・供物を用意する際には、事前にご遺族の意向を確認し、ご遺族の負担にならないように配慮することが大切です。

葬儀場に送る

供花・供物は葬儀場に直接送るのが一般的です。

その際は、通夜や葬儀の前日か遅くとも当日の午前中に届くように手配しましょう。

参列者が、供花・供物を直接、祭壇に供えることはマナー違反となるので注意が必要です。

届いた供花・供物などは、ご遺族が通夜や葬儀の開始までに祭壇に並べるのが一般的なので、ご遺族の負担を少なくする意味でも、前日までに届くように手配すると良いですね。

供物として線香・ロウソクなどのあまり大きくない物を用意した場合には、直接持参してご遺族にお渡ししても問題はありません。

持参する場合には、祭壇の飾りつけなどの時間に間に合うよう余裕をもって持参するようにしましょう。

お返しはいらない旨を伝える

供花・供物を用意した場合、そのお返しはいらない旨をしっかり伝えてあげるとご遺族の負担を軽くできるでしょう。

一般的には、供花・供物をいただいた場合、そのお返しを用意する必要があります。

しかし、家族葬のような小さな葬儀では、ご遺族も参列者もあまり負担のかからないように執り行いたいという想いがあります。

そのため、何も伝えずに供花・供物を渡してしまうと、ご遺族はそのお返しを用意することとなります。

ご遺族の負担を少しでも軽くしてあげるためにも、「お返し不要」の一言を添えて供花・供物を用意すると親切ですね。

供花・供物も辞退されている場合がある

上記でも少し触れましたが、家族葬などの小さな葬儀では、供花・供物も辞退されている場合があります

家族葬を執り行う遺族の意向には、あまり負担をかけずに葬儀を執り行いたいという想いが強くあるので、参列者は遺族の意向を尊重しましょう。

辞退の意向は、訃報の連絡や葬儀の案内状などで表明される場合が多いです。

また、案内状などで辞退の意向が表明されていなくても、事前に確認しておけば確実でしょう。

香典のみならず、供花・供物も辞退されている場合には、弔電やお悔やみの手紙をお送りして気持ちを伝えるようにすることで、ご遺族に負担をかけずに想いを伝えられます。

お互いにあまり負担とならず、素敵な家族葬を執り行えるように配慮することが大事ですね。

  • 香典とともに供花を断っている場合もあるので注意
  • 弔電・お悔やみの手紙をおくるのが良い

まとめ

今回は、家族葬において香典の代わりとなる供花・供物について解説してきました。

少子高齢化や価値観の多様性など、様々な社会的な要因を背景に、これまでの盛大な葬儀から家族葬のような小さな葬儀を好む方が増えてきています。

家族葬では、これまでの葬儀とは異なるマナーや習慣などがありますので、今回の記事を参考に、家族葬におけるマナーなどを確認してみてください

この記事を書いた人:えばし 和彦

この記事を書いた人:えばし 和彦この記事を書いた人:えばし 和彦

現在、通信会社で営業の仕事をしている傍ら、WEBライターとして活動中。終活に関する記事を100本以上執筆。

関連する記事

記事のカテゴリ