家族葬はどんな服装で参列すればいい?男女の服装マナーや子供の服装についてもご紹介

©naka/stock.adobe.com

葬儀には色々なマナーがあり、服装についても細かな取り決めがありますが、参列者が身内などの特に親しい間柄だけに限られる家族葬においてでも通常の葬儀と同様の服装で参列する必要があるのか迷うところです。

この記事では家族葬に参列する際の服装のマナーや、性別や季節ごとに留意しておくべきポイントについて解説していきます。服装のマナー違反をしてしまって葬儀で目立ってしまったということがないように、それぞれの状況に応じた服装を理解しておきましょう。

家族葬に参列する際の服装とは

家族葬に参列する際の服装は基本的には一般的な葬儀に参列するときの服装と同じになり、黒のフォーマルな服装で参列します。家族葬には一般葬と違い身内や親しい友人しか参列しないため、服装にも違いがあるのではないかと思われるかもしれませんが、葬儀にふさわしい服装という点において、一般葬との違いはありません。

ただし、フォーマルな服装を持っておらず、突然のことで準備が難しいという場合には事前に連絡をして相談することも可能です。その点においては身内であることで理解も得られやすいでしょう。

男性の服装

故人の親族である場合には男性は黒のフォーマルスーツの礼服を着用します。礼服に合わせるシャツは白無地のワイシャツとし、靴下やベルト、靴などの小物も全て黒で揃えます。いずれの小物もシンプルなデザインのもので、金属が付いていないものを選び、また革製品は避けるようにします。

また、葬儀では喪主やその配偶者、喪主の近親者は正喪服と呼ばれる和装では羽織袴、洋装ではモーニングを着用します。ただし、身内などの少人数で行う家族葬の場合は、喪主がどのような服装するかを自由に決めることができ、ほかの参列者の服装も含めて柔軟な対応が可能なところが家族葬の良いところでもあります。

【男性向け】葬儀での服装はシンプルに| 光沢・柄が無いものを身に着けよう

女性の服装

女性は和装であれば黒無地の着物、洋装の場合は黒のワンピースやアンサンブルなどを着用します。女性の場合はワンピースやアンサンブルなどさまざまな形のフォーマルスーツから選ぶことができます。スーツを着用する場合には中に着るシャツやインナーも黒のものを選びましょう。また、スカートを着用する場合にはひざ下丈となるように留意しましょう。

喪服としてふさわしい光沢のない、深い黒の記事のものを選ぶようにします。また、ストッキングは黒が望ましく、靴、バックなどの小物は必ず黒で飾りのないものにしましょう。

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

子供の服装

子どもが家族葬に参列する時の服装は、学校の制服がある場合には制服を着用します。中学生や高校生は制服がある場合が多く、制服は正装とみなされるため問題ありません。また、幼稚園や保育所に通っている未就学児でも制服があれば制服で参列して問題ありません。

制服がない子どもの場合は上下を黒または白のシャツに黒のズボンやスカート、黒の靴下といったモノトーンで、まとめた服装にします。この場合、ネクタイは必ずしも必要ではないとされているため、持っていない場合にはわざわざ購入する必要はありませんが、普段着に見えない、きちんとした印象となるようなものを選びましょう。

葬儀に子供を参列させても良い?服装や靴・髪型のマナーもご紹介

家族葬に参列するうえで守っておきたい服装マナー

家族葬の参列する上で、そのほかにも気をつけておきたいマナーは色々とあります。普段の生活ではあまり気にしていないことでも、家族葬に参列するにあたってはしっかりと意識をしてマナーを守ることが大切です。

家族葬に参列するときの靴は男女ともに光沢のない黒の靴を選びます。男性では金具のついていないものとし、つま先がプレーントゥまたはストレートチップとなっているものとします。また、靴ひもを通す翅の部分のデザインは内羽式のものがフォーマルな靴のデザインになります。

女性の場合はハイヒールやウェッジソール、オープントゥのものは避け、シンプルなデザインのローヒールのものを選びましょう。

子どもの場合も光沢のない黒の靴とするのがふさわしいですが、準備ができない場合には派手な色やデザインでなければ、スニーカーでも問題ありません。

髪形

葬儀に参列する時の髪型は清潔感があることが大切です。男性の場合は、短髪であればそのままでも問題ありませんが、前髪や横の髪が顔にかかるようであれば、整髪料でまとめておくようにします。

女性の場合も、セミロング以上の長さがあれば耳の下で一つにまとめておきます。この時に使用するヘアゴムやクリップなどのアクセサリーは黒や地味な色のものとし、装飾のないシンプルなものにします。

小物・アクセサリー

家族葬では基本的にはアクセサリーはつけないようにします。男性は黒の光沢のないネクタイを着用しますが、この際ネクタイピンは使用しないのが基本です。どうしてもネクタイピンをつける必要がある場合には、光沢のない表面が黒の葬儀用のネクタイピンをつけるようにします。

女性の場合は、結婚指輪はつけても良いとされていますが、ゴールドやダイヤを用いた派手なデザインである場合には、結婚指輪であっても外していく方が無難です。

アクセサリーの中でも真珠や黒真珠は涙の象徴とされ、葬儀につけて行ってもマナー違反になりません。ただし、シンプルで目立たないデザインのものを選び、ネックレスは一連のものでなければなりません。

【女性向け】葬儀でのアクセサリーのマナーは?「真珠」と「結婚指輪」はOK!

メイク

メイクは控えめなナチュラルメイクとし、派手なポイントメイクは避けましょう。口紅やチークは濃い色のものは避け、落ち着いたな色味のものやリップクリームを使用するようにします。リップグロスなどのつや感のあるものやラメやパールなどの光沢感のあるものは好ましくありません。

葬儀でのメイクの基本マナー|葬儀にふさわしい「片化粧」とは?

夏場や冬場に家族葬に参列する際の服装のポイント

葬儀では屋内で行われた後、出棺のため屋外に移動をすることがあります。そのため、室温や気温に合わせて上着を脱ぎ着して調節できるようにしておきましょう。

夏の葬儀の場合

夏場は半袖にジャケットを羽織り調節します。ジャケットの下には男性なら半袖のワイシャツ、女性であれば半袖のワンピースなどを着用します。ただし、ノースリーブなど肌の露出の高い服装はマナー違反となりますので、真夏であっても必ず袖のついたものを選ぶようにしましょう。

冬の葬儀の場合

冬場は礼服の上にコートなどのアウターを羽織って、葬儀の間はクロークに預けるようにします。葬儀の会場ではアウターは脱ぐため、黒や地味な色のものであれば問題ありません。

また、地域によっては雪などで革靴やパンプスを履いての移動が難しい場合もあります。このような時には、歩きやすい靴で葬儀会場まで行き、後で履き替えられるように葬儀にふさわしい靴を持参しましょう。

まとめ

家族葬に参列する際の服装のマナーは、基本的には一般葬に参列する場合と同じとなります。身内や親しい間柄であってもマナー違反とならないように気をつけるようにしましょう。ただし、葬儀シーンや故人や遺族の意向により平服での参列を希望される場合もあります。遺族が平服であれば、参列者もそれに合わせなければ返ってマナー違反になるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

葬儀の服装や髪型マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ