直葬の割合が増加!新しいシンプルなお葬式のあり方

みなさんは自分のお葬式がどんなものが良いか考えたことはありますでしょうか。

近年、最もシンプルな葬儀の形式である直葬を選ぶ方が増えつつあります。

本記事では、直葬を選ばれる方の理由やメリットデメリットを紹介しますので、ぜひ自分のお葬式について考えるきっかけにしてみて下さい。

そもそも直葬ってどんな葬儀?

直葬

©Robert Hoetink/stock.adobe.com

直葬とは、簡単に言うと通夜・告別式を行わずに故人のご遺体を火葬をすることを指します。

基本的にはお寺の住職などを呼ばず、宗教的儀式も無しで済ませてしまいます。

また、近親者のみで行う事がほとんどで、知人の方には後からお知らせする事が多いです。

一般会葬者の方もお断りしたりするので、香典返し等も用意せず、精進落としの席なども省略してしまうことがほとんどです。

直葬と火葬式は違うの?

直葬はよく火葬式や密葬、家族葬と混同されがちです。

火葬式は、直葬同様に通夜・告別式は行いませんが、火葬炉の前などで少し時間を取って住職に読経してもらうことを言います。
(地域や葬儀社によっては火葬式=直葬を指す場合もあります。)

密葬は、亡くなった直後は近親者のみで葬儀を行い、後日改めて亡くなったことを一般的に告知し、お別れの会などで本葬を行うことを前提としています。
密葬自体は火葬式や一日葬の場合もあります。著名人がこの形式で行う場合が多いですね。

一日葬は通夜式を行わずに、告別式のみを実施し火葬を行います。

家族葬は、基本的には一般会葬者をお断りし、親族や親しい友人のみで行う葬儀のことです。

最近は家族葬で一日葬というパターンも増えています。

直葬とは?葬儀の流れやメリット・デメリット

近年の直葬の増加はどれくらい?葬儀の形式の変化

公正取引委員会が平成29年に発表した調査によると、葬儀をあげた方のうち直葬を選んだ方の割合は約5%となっています。全体としてはまだ少ない印象です。

しかし、年間の取り扱い件数の直葬の増加率は平成27年と平成28年を比べても、約26%も急増していることがわかります。

そして、2015年を境に一般葬を行う方よりも直葬・火葬式を行う方が多くなっている上、全体の約60%の方は家族葬を選択しています。

また、ある葬儀社が発表している社内のデータによると、2017年時点で既に全体の約20%は直葬・火葬式となっています。

このことからも、一般葬を行う方は今後も減少していき、より簡素化した葬儀をあげられる方が増えることが予想されます。l

地域によっても直葬の割合に違いがある

特に都心部は直葬の増加が顕著です。

地方ではご近所付き合いがあったり、その土地で跡を継ぐ人がいたりと、地域との繋がりもあるため、一般の方も参列出来る一般葬を行う方が多いです。

一方、都心部では、独居や単独世帯の方も多く、マンションやアパート住まいで地域との繋がりが薄れつつあるため、一般葬を行っても参列者が

ほとんどおらず、直葬・火葬式を選ぶ傾向にあります。

直葬を選ぶ方が増えた理由

世の中の人々

©beeboys/stock.adobe.com

実際に直葬を選ぶ方はどのような理由なのか下記にあげていきます。

  • 亡くなった故人に身寄りがない
  • その地域で故人の跡を継ぐ人がいない
  • 葬儀を行っても参列者がほとんどいない
  • 費用を抑えたい
  • 菩提寺がない
  • 僧侶などの聖職者を呼びたくない
  • 家族に迷惑をかけたくない

つまり直葬を選ぶ方が増えた理由は、大きく分けると地域やお寺との繋がりが薄れたこと、費用のこと、葬儀に対する考えの変化ということに分けられます。

また、身寄りが無い方が孤独死などで亡くなると、本人の希望ではなくても、直葬となってしまいます。

では具体的に見ていきましょう。

葬儀に対する考え方の変化

近年、葬儀に対する考え方も徐々に変わってきています。

以前は、お寺自体が身近なものであったということもありますが、これまでの伝統や慣習に縛られていたものから徐々に自由になりつつあります。

故人が好きだった音楽を流したり、好きな服装で参列したり出来る自由葬も増えています。

それゆえに、亡くなった際に宗教的儀式をそこまで重要視しなくなった人が増えているのです。

菩提寺との付き合いが薄い・菩提寺が無い

お寺自体が跡継ぎがいなくて減少してしまい、別のお寺の住職がいくつかのお寺の住職を兼務している場合もあります。

そのせいで、以前よりも菩提寺との付き合いが薄くなってしまっている人も増えています。

また、地方から都会に移り住み、菩提寺が無い方もたくさんいます。普段から特に仏教や宗教を意識せずに過ごしている人達にとっては、葬儀においてもわざわざ宗教的儀式を行わずとも違和感が無いのではないでしょうか。

核家族化・高齢者のみの世帯の増加

二世帯、三世帯で暮らしている人が減り、核家族化していたり、独居の方も増えています。

そうすると、これまでのしきたりや慣習に厳しい方がいなかったり、高齢者のみの家庭では大きな葬儀をあげる体力も無かったりします。

日中、働きに出ている核家族家庭では、どうしてもご近所付き合いも少なくなってしまいます。

近所の方が亡くなったから葬儀に行ったり手伝ったりする、ということも減ってきたのではないでしょうか。

家計の変化

葬儀に関する考え方も変わってきているため、葬儀へかけるお金の考え方も変わってきています。

以前は、大きな葬儀で花環が何本も立ち並ぶのがステータスだった時代もありますが、最近は地方でもそのような葬儀は徐々に減ってきています。

また、近年は平均寿命も伸びたため、葬儀にはなるべくお金をかけずに自分の配偶者や家族に残したいという考えの方が増えています。

直葬と一般葬の費用差

一般葬は全国平均でみると約90万円程度が相場となっています。

こちらはお寺に払うお布施を除いた金額ですので、お布施も含めるとなると約120万円前後は相場としてかかってしまうことになります。

一方、直葬・火葬式の相場は約17万円です。直葬であれば、お布施を払う必要がありませんので、単純に支出だけでみると100万円程度の差が出ます。

しかしながら、一般葬では香典収入もありますので、一概に直葬・火葬式の方が必ず安くなるとは言えません。

直葬のメリット・デメリットを把握しよう

直葬

© Studio Porto Sabbia/stock.adobe.com

直葬が近年増えているのは、直葬のメリットを強くを感じている人が増えているからですが、もちろんデメリットもあります。
自分たちにとって、本当にメリットとなりうるのか、デメリットは影響が少ないのか、ということはよく確認して選択しましょう。

直葬のメリット

  • 直葬のメリットは下記があげられます。
  • 支出が抑えられる
  • 葬儀の細かい内容や、会葬者へのおもてなしなどを考えなくて良いので、遺族の負担を減らせる
  • 一般葬や家族葬などに比べて時間がかからない
  • 菩提寺がなくても出来る
  • 戒名が必要ない(お寺に埋葬しない場合)
  • お寺にお布施を払わなくてもよい(お寺に埋葬しない場合)

費用面や葬儀当日や準備過程に生じる負担の軽減が出来る、というのが大きなポイントになります。

人が亡くなると様々な手続きや多方面への連絡など、遺族はただでさえ忙しくなります。

直葬であれば準備が省略出来ますし、当日も身内だけでゆっくりと過ごすことができるでしょう。

直葬のデメリット

  • 直葬のデメリットは下記があげられます。
  • 宗教的儀式を省くことで、その後の法要の際など後悔する可能性もある
  • 葬儀社のプランをよく確認しないと、簡素になりすぎて後悔する可能性もある
  • 他の親族や周囲の人に理解してもらえない可能性がある
  • 故人とお別れ出来なかった人が後日自宅などに来たり、個別対応する必要がある
  • 菩提寺がある場合、住職の考えによっては直葬が出来ないこともある

宗教的儀式を省いてしまうことによって、お寺との関係、遺族や周囲の人が納得できるかどうかという部分がポイントとなります。

故人が幅広い人間関係のお付き合いをしていた場合には、後から個別対応する必要があり、逆に負担になってしまうこともあります。

また、地方では直葬はまだまだ一般的ではありませんので、周囲の人に理解を得られずに批判されてしまう可能性もあります。

直葬を行うときのポイント

では、デメリットであげられているリスクを避けるために、何をするべきなのでしょうか。

ここでは直葬をトラブルなくおこなうために抑えておきたいポイントについてご紹介します。

本人の意向を確認する

一番重要なのは本人の意思です。例え周囲が反対したとしても、本人が「直葬にしてほしい」という意向があれば、なるべく希望に沿うようにしてあげたいものです。

本人が希望する理由や直葬を選んだ背景があれば、周囲の人も納得出来るかもしれません。

明確にエンディングノートや遺書などに残っていれば実行しやすいでしょう。

親族の承認を得ておく

宗教的儀式省く直葬は、しきたりやこれまでの慣習を重んじる親族の方には理解してもらえない可能性があります。

通夜・告別式を行わないということは、親族や関係があった人にとってはお別れをする時間が無くなってしまうということでもありますので、反対されてしまうかもしれません。

直葬にしたい理由をきちんと説明し、事前に納得してもらうようにしましょう。

プラン内容をよく確認する

葬儀社によっては直葬プランが用意されているところもあります。

しかし、プランによっては、本当に必要最低限のものしか含まれていない場合もあります。

簡素になりすぎてしまって後悔しないように内容をよく確認するようにしましょう。

また棺に入れるお花など、必要なものがオプションになってしまう場合は、自分達たちで用意することは可能なのかということも事前に確認しておくと良いでしょう。

直葬を決める前に納骨場所もある程度決めておく

例えば、直葬した上で菩提寺に納骨したいという希望があったとしても、事前に菩提寺に許可を得ておかないと納骨出来なくなってしまう可能性があります。菩提寺がある場合は直葬にしたい理由をきちんと話し、許可を取っておくようにしましょう。

また、その他の霊園や納骨堂も人気の所はすぐには入れない場合もあります。

ある程度候補を決めて、予算を取っておくのが良いでしょう。

まとめ

全国的に見るとまだまだ割合としては少ない直葬ですが、都心部を中心に確実に件数は増えています。

しかし、費用が安いから、簡単に済ませたいからという理由だけで直葬に決めてしまうと後悔する可能性もあります。

しっかりメリット・デメリットを理解した上で選択するようにしましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ