直葬でも納骨ができる!納骨の手順とポイントを解説

近年、通夜や告別式などを省いてそのまま火葬をおこなう「直葬」を選ぶ方が増えてきました。

しかし直葬は宗教的儀式を省略するため、お寺を通さずに行うことによって菩提寺があったとしても納骨を断られてしまうケースもあります。

とはいっても火葬したあとの遺骨を放置するなど、そのままにしておくわけにはいきません。

では、直葬の場合、遺骨はどこに納骨したら良いのでしょうか。また、納骨以外にも供養する方法はあるのでしょうか。

本記事では、直葬の場合、納骨先にどのような選択肢があるのか解説していきます。

直葬での納骨はトラブルになりやすい

直葬

@Robert Hoetink/stock.adobe.com

一般的に人が亡くなると、菩提寺がある人は下記の流れでお寺とのやりとりがあります。
※お寺や宗派によっては違う場合もあります。

  • 故人の親族が菩提寺に連絡
  • 住職が安置先に来て、枕教を読む(通夜の読経に合わせてしまうケースもあり)
  • 通夜式までに住職が戒名をつける
  • 白木の位牌に戒名を書いたものを祭壇に飾り、通夜式で読経
  • 告別式で読経
  • 火葬炉の前、骨上げの際にも読経
  • 四十九日法要や、納骨、その後の新盆(初盆)や周忌供養でもお世話になる

直葬では、上記のようなやりとりをせずに火葬をしてしまいますので、住職に読経してもらったり、戒名をつけてもらうということがありません。

また、お寺の住職は基本的に直葬には良い顔をしません。菩提寺があるのに連絡せず、勝手に直葬にしてしまい、後から納骨だけしたいと言っても断られてしまう場合もあります。

戒名とは

仏教において戒名は、仏門に入った証として与えられる名前です。

元々は出家し、厳しい修行に耐えた者のみに与えられていました。

その後、信仰が深い方を中心に自らの戒めのために、生前にお寺で戒名を頂くという事が広まりました。そして、お寺に貢献をした人が亡くなった際にはランクの高い戒名がつくようになり、徐々に良い戒名を頂くために、高いお布施を払うように変化してきたのです。

日本の仏教では、死後、成仏するという考えが一般的に広まっているため、成仏=仏門に入るということから、戒名が必要とされているのです。

直葬でもスムーズに納骨する方法

直葬を考えている人は、火葬後に困らないように事前に納骨先を決めておきましょう。

事前に連絡をしたり、トラブルを回避するための対策を取ることでスムーズに納骨まで進めることが出来ます。

事前に菩提寺に相談しておく

菩提寺がある場合は、必ず菩提寺に相談することをおすすめします。

もし、直葬を断られてしまったとしても、火葬炉の前で読経する火葬式で受け入れてもらうことが出来る可能性もあります。

事情を説明すれば、住職の方で希望に沿った形式を提案してもらえるかもしれません。

菩提寺とトラブルになってしまうと、親戚や自分の後継者となる子ども達に影響が出て、迷惑をかけてしまう場合もあります。

葬儀後に戒名を授けてもらう

例えば、遠方で亡くなって直葬した場合や、何かしらの事情で菩提寺に断られてしまったような場合でも、後から戒名を授けてもらう事は可能です。

例えば、嫁ぎ先のお墓には入りたくないので、改宗して、戒名をつけてもらい自分の実家のお墓に入るというようなケースもあります。

基本的には、戒名を授けて貰えばそのお寺に納骨出来ると考えて問題ありません。

葬儀社から寺院を紹介してもらう

葬儀社から直葬の後に納骨をしてくれる寺院を紹介してもらうことも出来るでしょう。

紹介してもらった寺院が菩提寺とは違う宗派の場合は、改宗が必要になり、改めて供養をしてもらう必要があります。

また、その際住職の考えによっては合祀墓や永代供養墓に遺骨を埋葬するとしても戒名を必要とするケースもあります。

直葬と納骨がセットになったプランを利用する

葬儀社によっては、直葬と納骨がセットになっているプランがある場合もあります。

その場合、基本的には葬儀社の付き合いのある寺院の合祀墓や永代供養墓に他の人の遺骨と一緒に納骨されるケースが多いです。

直葬の後に遺骨を持ち帰らない「ゼロ葬」が可能な地域もあります。

戒名がいらない供養をおこなう

寺院墓地に埋葬する以外の方法ですと、必ずしも戒名は必要ではありません。

墓地でも民営の霊園や樹木葬、納骨堂などですと俗名のまま入ることが出来ますし、散骨の場合も戒名は不要です。

戒名がない場合の供養の方法

仏教の宗教的儀式での供養を望まない場合は、戒名がなくても故人の供養をすることが出来ます。

ここでは戒名がない場合にどんな選択肢があるのか紹介していきます。

散骨・樹木葬

散骨とは山や海、空(宇宙葬)にパウダー状に粉骨した遺骨(もしくはその一部)を撒き、自然に還す供養の方法をいいます。

例えば散骨の中で一番メジャーな海洋散骨の場合は、業者の方で散骨した場所へ再び行く、周忌法要のプランがあることもあります。

樹木葬の場合も、拝む対象が墓石や位牌ではなく樹木、というだけで、一般的なお墓参りと変わらずにお参りして良いのです。

永代供養

お墓参りが出来ない、してくれる人がいないという方に変わって寺院が供養してくれる、永代供養という選択肢もあります。

基本的には最初に期日を決めて、お金を支払います。三十三回忌までを期限とする所が多いようです。

その後、遺骨は合祀墓や永代供養墓に埋葬され他の遺骨と共に供養されます。

納骨堂

納骨堂は、骨壺や遺骨の一部を入れておけるスペースがあり、そこでお参りが出来る施設のことです。

納骨堂によって、様々なプランがありますが、節目の法要を期限としたプランが多く、契約が終了すると合祀墓や永代供養墓に他の遺骨と一緒に埋葬されるケースが多いです。

宗教不問の霊園

宗教不問ですと、もちろんですが仏教の戒名を持っていなくても、無宗教でも埋葬する事が出来ます。

宗教不問の霊園は、民営・公営共にあります。

厳密に言うと、仏教の宗派が不問の場合は「宗派不問」、仏教や神道、キリスト教、イスラム教といった宗教の種類が不問の場合は「宗旨不問」となります。

最近は寺院墓地でも宗教不問の墓地もあるようです。

一般的なお墓参りと同様に、お彼岸やお盆、周忌法要の他、好きな時にお参りして供養しましよう。

遺骨と花

@aquariagirl1970/stock.adobe.com

まとめ

菩提寺に相談せずに直葬にしてしまうと、埋葬を断られてしまう事やトラブルになってしまうケースもあります。

しかし、直葬でも合祀墓や永代供養墓に埋葬をしてもらえるお寺もありますし、寺院墓地以外の霊園や、散骨、納骨堂といった選択肢もあります。

本人や家族が納得出来る場所に納骨・埋葬し、その後の供養をしてあげられると良いですね。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ