直葬にも香典は必要?金額相場や渡すタイミング

直葬とは通夜や告別式をせずに、近親者が集まって火葬のみを行うお見送りの仕方です。

都心を中心に直葬を選ばれる方が少しづつ増えてきています。

しかし、直葬に呼ばれる機会自体は多いわけでは無いため、香典の渡し方や相場などを含め、どのように振る舞えば良いのか、わからないことも多いのではないでしょうか。

ここでは、直葬に参列する場合のお香典に関するマナーや渡すタイミングについて解説をしていきます。

©poko42/stock.adobe.com

直葬でも香典を包むべき?

香典とは故人の霊前にお供えする金品のことを言います。

香典は葬儀に参列した際に持参するようにし通夜や告別式の受付で渡すことが一般的です。

しかし、直葬では通夜や告別式を行わないため、「お香典は必要なのか」とか「いつ渡すものなのか」と悩むのでは無いでしょうか。

香典は急な不幸に対してのお互い様の助け合いという意味合いがあり、基本的には通夜や告別式を執り行わない直送であっても、香典は持参する必要があります

例外:香典辞退の連絡があったとき

直葬であっても香典は持参することが原則ですが、直葬では通夜や告別式を執り行わないため、遺族が負担する費用を抑えることができます。

そのため、直葬では香典を辞退される場合も多いようです。もし、直葬のお知らせに香典を辞退する旨の記載があった場合には、持参する必要はありません。無理やり受け取ってもらう事で、香典返しの準備など遺族に余計な負担をかけることにもなりますので注意しましょう。

直葬での香典の金額相場は?

直葬で持参する香典の金額は一般葬や家族葬の場合より少なくする事が多いようです。

一般的に香典の相場は、故人との関係性や自分の年齢、地域の風習などによってだいたいの相場が決まっています。

しかし、通夜や告別式を行わない直葬では会食や会葬返礼品などのおもてなしがなく、その分を差し引いて少し金額を抑えても良いとされています。

逆に故人に対する気持ちだからといってあまり高額な香典をお渡しすると、香典返しなどで遺族にかえって負担をかけることにもなりかねません。身内の場合は他の親族とも相談しながら、香典はあくまでも一般的な相場の範囲内でお渡しするようにしもしょう。

香典を用意するときの注意点

香典を用意する時には包む金額以外にも、注意するべきことがあります。

それは、香典には新札を使わないようにすることです。

なぜなら、新札をあらかじめ準備しておくことで故人の死を予測し準備していたと思われないようにするためです。

このことを知らずに他人にお渡しするものだからと新札で香典を渡してしまうと、相手を不快にさせてしまうかも知れません。

しかし、あまりにも古いお札でも相手に対して失礼にあたります。

適度に折り目がついているものを用意するようにしましょう。

もし、新札しかないような場合は折り目をつけて香典袋に入れるようにします。

また、香典袋へは肖像画の書かれている表面を裏側にして入れるようにします。

これは、お悔やみの場面でお渡しする香典では、顔を伏せるという意味合いがあると言われています。

直葬で香典を渡すタイミング・マナー

直葬ではでは一般葬のように受付を設けていない場合もあるため、どのタイミングでどうやってお渡しするのが良いのか戸惑うかもしれません。

香典をお渡しするタイミングやマナーについてのポイントを知っておきましょう。

© buritora/stock.adobe.com

香典を渡すタイミング

ご遺体の安置場所や斎場において香典をお渡しするタイミングとしては2つあります。

まず最初のタイミングとしては、到着後に遺族に対してお悔やみの言葉をかける時です。

短いお悔やみの言葉を述べた後、その場で直接香典を手渡すようにします。

到着時にお渡しできなかった場合などでは、ふたつ目のタイミングとして焼香を行う時でも構いません。

自分が焼香を行う直前に袱紗を取り出し、祭壇に香典を供えるようにします。

ただし、香典を辞退されている場合もありますので、この場合は遺族に香典をお供えしても良いかを確認しておく必要があります。

渡し方

香典を渡すときのマナーとして、香典は袱紗に包んでおくようにします。

葬儀などの弔辞で使用する袱紗の色は紺色や紫色などです。

香典を遺族に直接手渡しする場合には、渡す前に袱紗から取り出し香典袋の表書きが相手に読める向きにして渡すようにします。

また、香典を焼香の時に祭壇にお供えする場合には、焼香の直前に香典袋を取り出し、遺族にはっきりと確認できる場所と向きにして供えるようにしましょう。

普段あまり使用しない袱紗の包みかたや渡し方などは慣れていないとうまくいかないこともありますので、スムーズに対応できるようにしておきましょう。

葬儀での香典の渡し方は3パターン!渡すタイミングや渡すときのポイント

お悔やみの言葉

葬儀では悲しみの気持ちを表すためにもあまり多くの言葉を述べない方が良いとされています。

香典を渡す時には「この度はご愁傷様でございます」や「こちらをお供え下さい」など遺族に対して短い言葉でお悔やみの言葉を述べると良いでしょう。

ただし身内の直葬では無言ではよそよそすぎると受け取られることもあるでしょう。このような場合には「ご連絡いただきありがとう。私に何かできることがあれば、遠慮なくおっしゃって下さい」や「〇〇さんの気持ちを考えると言葉にもなりません」と遺族に寄り添う気持ちを伝えるようにしましょう。

香典を断られたときのマナーは?

直葬の案内に香典を辞退することが書かれていない場合でも、本人や遺族の意向で香典を受け取らないということもあります。

このような場合にはせっかく香典を準備してきたということもあり、ぜひ受け取って欲しいと思うかもしれません。しかし、無理に香典をお渡しすることで、ご遺族に予定していなかった香典返しを準備する手間をかけることになります。

したがって、香典を辞退されている場合には遺族の意向を尊重し持ち帰ることが大切です。

直葬で香典を頂いた場合の対応

©sakura/stock.adobe.com

一般葬や家族葬などでは受付で香典をいただくことがほとんどであるため、その場で香典返しをお渡しします。

では、直葬で香典を頂いた場合の香典返しはどうすればよいのでしゃうか。

香典返しをしましょう

直葬でも香典をいただいた時には香典返しは必要です。

お返しの額は地域の風習などにより違いもありますが、いただいた金額のおおよそ3分の1から半分程度の品物をお返しします。

直葬のように参列者の多くが身内の場合では頂く香典の金額の予測が立てにくく、金額にばらつきがあります。そのため、あらかじめ香典返しを準備するのは難しいことが多いです。そのような場合には、本来の香典返しのしきたりに従って四十九日の忌明け後に送るようにします。

一緒に挨拶状を添えましょう

香典返しには挨拶状を添えて送るのが一般的です。

挨拶状には、故人に対する弔事が滞りなく終了したことや香典への感謝の気持ちと、香典返しの品物を送ったことを伝えるようにします。

そのほか、本来であれば喪主が直接お伺いして感謝の気持ちを伝えるところを略儀で済ませることへのお詫びも書き記しておくようにしましょう。

直葬でその場で香典返しを渡す場合にも挨拶状は添えるようにします。

この場合には、会葬へのお礼や香典への感謝の気持ちを書いておくようにすると良いでしょう。

香典返しの挨拶状 | 内容・書き方・贈るタイミングは?【葬儀スタッフ作成の例文あり】

まとめ

このように直葬であっても香典に関するマナーは一般葬の場合と大きく変わりはありませんが香典を渡すタイミングなどでは違いもあります。直葬に参列することになった時には、香典を渡すタイミングや渡し方について事前に確認をしておきその場で戸惑ったり、マナー違反にならないように気を付けましょう。

 

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ