直葬(火葬式)での服装は喪服?直葬にふさわしい平服も紹介

近年は家族のかたちや考え方が多様化し「直葬」を選ぶ方が増えています。
直葬とは、通夜式や告別式の儀式を行わず、すぐに火葬場へ向かう形式の葬儀です。
読経や焼香などの宗教的儀式を省くため宗教者もお呼ばず、近しい親族や友人のみで執り行われることが多いです。

通夜葬儀を行う通常の形式に比べて費用や労力がかからず短時間で終わるため、様々な理由で葬儀を簡略化したい方に選ばれています。
しかし直葬が増えているとはいっても、まだまだ通夜葬儀を行う従来の葬儀の方が一般的です。
そのため、初めて直葬に招かれたときには参列マナーに戸惑うかと思います。特に服装は迷うポイントです。今回は直葬での服装マナーを解説します。

直葬で服装指定がなかった場合は?

「少人数・短時間で終わる葬儀だから自由な服装で良いのかな」と思われるかもしれません。
しかし、直葬といえども喪に服す場に変わりありません。そのため服装指定がなかった場合は基本的には喪服で参列します。
ただし通常の葬儀ほど服装マナーにこだわる必要はありません。常識の範囲で葬儀に適切な服装を心がけましょう。

直葬での男女の礼装(喪服)

礼装とは、敬意を表する場で正装をすることです。
礼装のうち、弔事へ参列する際に着る服装を「喪服」と言います。喪服の色は一般的に黒やグレーです。ただ単に黒っぽい服を着れば良いのではありません。
光沢のあるものは避けできるだけ目立たない服装を心がけるなど、一般的な葬儀の服装マナーを守りましょう。

男性の服装

男性の葬儀の服装には格式により『正式礼装(正喪服)』『準礼装(準喪服)』『略喪服』の3つの種類があります。
参列する場所や立場によって着分けます。友人として参列する場合には、親族よりも格上の服装をしないことがマナーです。
葬儀を簡略して行うとしても、厳粛な場であることをわきまえた服装で参列しましょう。

正式礼装(正喪服)

正式礼装(正喪服)は、最も格式が高い喪服です。葬儀・告別式や一周忌に喪主や遺族が着用します。
正式礼装の和装は紋付羽織袴です。五つ紋の付いたものを着用します。
洋装の正式礼装はモーニングコートに白無地のワイシャツです。ネクタイ、靴下、ベストは全て黒で統一します。装飾品は結婚指輪以外は外します。腕時計やネクタイピン、靴などの小物も光沢の目立たない物にします。
直葬において喪主や遺族側にあたる方が正式礼装を着用することに問題はありませんが、正式礼装を着用される方は殆どいません。直葬では準礼装(準喪服)を着用することが一般的です。

準礼装(準喪服)

正式礼装(正喪服)より格式が一つ下がる喪服を「準礼装(準喪服)」といいます。
準喪服は、喪主、遺族や親族、友人、会社関係など、比較的どのような関係性や場面であっても対応できる喪服です。
男性が着る準礼装は「ブラックスーツ」です。黒無地でシングルスーツもしくはダブルスーツどちらでも構いません。
ただし、黒無地であってもビジネススーツは避けましょう。ビジネススーツは色味が暗くても、光沢が目立ちます。
直葬に参列する服に迷ったら、準礼装を選ぶことが無難です。

▼葬儀・通夜での男性の服装マナーを知りたい方はコチラ

【男性向け】葬儀での服装はシンプルに| 光沢・柄が無いものを身に着けよう

女性の服装

女性の服装にも、洋装和装それぞれに『正式礼装(正喪服)』『準礼装(準喪服)』『略喪服』の3つのタイプがあり、故人との関係性によって着分けます。
直葬であっても葬儀には代わりありませんので、カジュアル過ぎずに場に応じた気品のある服装にしましょう。基本的には、一般葬と同じように考えて喪服を選ぶのが無難です。

©naka/stock.adobe.com

正式礼装(正喪服)

正式礼装(正喪服)は、和装の場合、染め抜きの五つ紋の黒無地の着物とされています。
帯・帯揚げ・帯締めは黒、襦袢と半襟、足袋は白です。帯は地域によって異なっています。
洋装の場合は、光沢感のない素材で黒無地のワンピースやアンサンブル、スーツが基本です。ブラウスも黒を選びます。ゆったりしていて体のラインが出ない、シンプルなデザインが良いでしょう。
襟元が詰まっていて、スカートの丈はひざ下からくるぶし丈、袖も肘が隠れる丈にして肌の露出を最小限におさえます。ストッキングは黒無地のものを使用します
葬儀では光沢のあるものは避けるのが基本です。帯留め髪飾りは避けましょう。また殺生をイメージさせる、動物の毛皮を使用したものも止めましょう。

準礼装(準喪服)

準礼装(準喪服)は、お葬式で親族、参列者など最も多く着用されている一般的な喪服です。女性の場合はワンピース、アンサンブル、スーツなどのブラックフォーマルです。透け感がない素材の黒無地で、光沢がなく刺繍が目立たないものを選ぶようにします。正喪服とほぼ同じですが、流行を取り入れたものもあります。足元は黒のパンプスに、黒のストッキングを合わせます。
直葬に参列する場合で、服装の指示が特にない場合には準礼装で参列するのが無難で良いでしょう。

▼葬儀・通夜での女性の服装マナーを知りたい方はコチラ

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

「平服(略喪服)で」と言われたときの男女の服装

直葬に招待される際に「平服(略喪服)で」と指定される場合もあります。
平服といわれれば、なんだか普段の格好でも良いような気がしますよね。
ですが「平服で来てください」と言われた場合も、ジーンズなどのカジュアルな服で参列してはいけません。葬儀の「平服」とは「略喪服」を指します。略喪服とは簡略化された礼服であり、ダークスーツや、黒やグレーなどカジュアルにならない服装です。
「平服で」と指定されたにも関わらず、格式の高い服装で伺うことは失礼になります。
遺族の意向通りの葬儀ができる点も、直葬の特徴です。出来る限り遺族の意向に合わせるようにしましょう。では、平服(略喪服)はどのようなものか、男女別に説明していきます。

男性の服装

男性の平服(略喪服)は、基本はブラックスーツです。

濃紺や濃いグレーなどのダークスーツも、略喪服にあたります。準礼装同様、光沢のある生地は避け地味なものを選びましょう。スーツはシングルでもダブルでも構いません。ジャケットの襟のステッチ、ジャケットの後ろのスリットがない物を使用します。
ビジネススーツは色味の暗いものであっても避けましょう。そもそものつくりが違うため、ビジネススーツで参列すると目立つことになります。

女性の服装

女性の平服(略喪服)はワンピース、アンサンブル、スーツなどの洋装が一般的です。

ブラックフォーマル以外の黒、紺、グレーなど地味な色合いで、光沢が抑えられていて、透けすぎない生地を選んでくださいにします。タイトすぎないシルエットのゆったりとした服を選びましょう。スカートの丈は短すぎず、袖丈は夏でも肘が隠れる程度の長さにします。
靴は黒のパンプスに黒のストッキングを合わせましょう。

化粧・アクセサリー・ネイルは?

直葬も、故人を送る厳粛な場であることは変わりません。場に応じた美しい装いをしなくてはいけません。普段のメイクと直葬のメイクの違い、アクセサリーやネイルのマナー違反をご存じですか?いざという時に恥ずかしい思いをしないように、直葬における化粧やアクセサリー、ネイルのポイント知っておいてください。

ナチュラルメイク

厚化粧は避けましょう。かといって、メイクをしないで参列することは失礼にあたります。派手なメイクは避け、ナチュラルメイクを心がけましょう。
アイシャドウやチークに使う色はブラウン系など控えめにします。アイラインやマスカラは泣いた場合に落ちるのでしない方が良いでしょう。口紅も、ベージュ系など自然に近い自然でな色が望ましく、ラメや艶が出るグロスは派手な印象になるため使わないようにしましょう。
場に応じた装いを心がけましょう。

▼葬儀・通夜でのメイクのマナーを知りたい方はコチラ

葬儀でのメイクの基本マナー|葬儀にふさわしい「片化粧」とは?

アクセサリーは真珠・結婚指輪

アクセサリーは結婚指輪以外は外した方が無難です。特にゴールドは、部分的に入っているものであっても避けましょう。例外的に真珠(パール)のアクセサリーは『涙』を連想させることから、葬儀での装着が可能です。真珠を身に着ける場合にも注意が必要で、二連のネックレスは「不幸が重なる」といわれ、葬儀ではNGとされています。一連のネックレスもしくはイヤリングのどちらかにしましょう。

▼葬儀・通夜でのアクセサリーのマナーを詳しく知りたい方はコチラ

【女性向け】葬儀でのアクセサリーのマナーは?「真珠」と「結婚指輪」はOK!

ネイルは落とすか隠す

参列前に爪は綺麗に整えます。ネイルの色は透明か淡いピンク、ベージュなど目立たない物を使用しましょう。ラメがちりばめられているものや、ラインストーンを使用したネイルは、葬儀向けではありません。派手なネイルをしている場合には参列の前にネイルを落とすか、手袋をする、別のネイルを重ねるなど、目立たなくする工夫をしましょう。

▼葬儀・通夜でのネイルのマナーや隠し方を詳しく知りたい方はコチラ

葬式でのネイルはNG!ネイルを隠す7つの方法

まとめ

直葬にふさわしい服装について

簡略化された葬儀であっても、マナーを取り入れた服装で参列することが、故人や喪主への礼儀となります。
直葬は一般の葬儀よりも規模が小さく、狭いスペースでこぢんまりと行うため、正式礼装では大げさに見えてしまうこともあります。

特に服装の指定が無ければ準礼装(準喪服)での参列が無難です。ただし、遺族から服装の指示があれば従い、遺族が望む形の葬儀になるようにしましょう。
遺族の望む形で送ることができる点も直葬の特徴です。あらかじめ、遺族の意向を確認しておきましょう。
故人やご遺族に失礼のないよう、どんな服装が直葬に相応しいのか知っておきましょう。

▼葬儀・通夜での服装マナーを知りたい方はコチラ

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ