【いまさら聞けない!】法要と法事の違いとは?

©sand555/stock.adobe.com

法要と法事は言葉が似ていてどちらも故人を供養するためのものです。

そのため、違いをしっかり区別して理解できているという人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、法要と法事の違いだけでなく、法要の種類や流れ、法事にかかる費用、法事に出席するときのマナーについても合わせて解説していきます。法事を主催することになる施主だけでなく、法事に出席する予定のある人も是非参考にしてください。

法要と法事のそれぞれの意味と違いとは

法要や法事はどちらも故人を偲ぶ儀式のひとつです。これまでに、身内が亡くなった時の葬儀や法要だけでなく、親戚の法事に出席したこともある人もいらっしゃるのではないでしょうか。この、法要と法事は混同されて使用されることも多いのですが、本来は意味合いが違うものになります。

法要とは

法要とは、仏になった故人を偲び、特定の忌日に冥福を祈るために行う供養行事のことで、「追善法要(ついぜんほうよう)」とも言います。この追善法要では、故人があの世で良い報いが受けられるように供養するを祈るため、僧侶に読経をしていただきます。

仏教では、人は亡くなった後、輪廻転生する6つの世界のいずれかに生まれ変わるとする「六道輪廻(ろくどうりんね)」という考え方があります。この6つのどの世界に生まれ変わるかは、因果応報で生前の行い次第で決められるとされています。しかし、いずれの道も迷いの道であるため、修行を積んでこの道を抜け出し極楽浄土へ往生しなければなりません。供養はこの修行を助けるために行うとされています。

ただし、浄土真宗では故人は亡くなったと同時に南無阿弥陀仏によって極楽浄土へ導かれると考えられています。そのため、浄土真宗での法要は、遺された遺族が故人を偲び、仏の教えを聞く場であるとされています。

法事とは

法事とは、法要のあとで行う会食も含んだ行事全体を指しています。つまり、法要は僧侶を呼んで読経をしていただく儀式のみであることに対して、法事には法要も含んだ仏事全体を指しています。

このように、厳密にはそれぞれ違うことを指し示すものですが、現代では法事も法要もほとんど同じ意味で使われること多くなっています。

法要の種類

仏教の法要は特定の故人や先祖を供養するための「追善法要」と呼びますが、その中でも「忌日法要(きびほうよう)」と「年忌法要(ねんきほうよう)」に分けられます。

ただし、これらの法要を行う目的は故人を偲び冥福を祈るだけではありません。故人の存在や出会いが自分の存在につながっていることから、法要を通じて自分自身を見つめ直す機会にすることも大きな目的となるのです。

また、法要は行われる日が決められており、それぞれの法要の意味することに加えて知っておくようにしましょう。

忌日法要

仏教(浄土真宗を除く)では死後7週間はあの世とこの世の間をさまよっているとされ、この四九日間までを中陰と呼びます。中陰の間は七日ごとに法要を行い、最後の四九日目の満中陰に故人が極楽浄土へ行けるように供養をするのです。

故人は十三の仏様に守られて極楽浄土に導かれ、成仏するとされています。この十三の仏様が初七日から三十三回忌の十三回の法要の守護仏となります。

名称 時期

(命日を含めて)

内容
中陰法要 初七日

(しょなのか)

7日目 初七日を司る仏様は不動明王です。故人の魂は7日目に、この世とあの世の境にある三途の川にたどり着くとされていて、その先の道のりが苦労がすくなくなるように法要を行います。

本来は命日から数えて7日目に行うものですが、遠方からの親族が数日後に集まることへの負担を軽減するために、最近では葬儀を行った日に行うことも増えてきています。

二七日

(ふたなのか)

14日目 二七日から六七日までは遺族や親族のみの内輪で法要を営みます。また、ほとんどの場合僧侶による読経も省略されることが多いため、遺族で読経するようにします。

二七日を司る仏様は釈迦如来です。

三七日

(みなのか)

21日目 三七日を司る仏様は文殊菩薩です。
四七日

(よなのか)

28日目 四七日を司る仏様は普賢菩薩です。
五七日=三十五日

(いつなのか

=さんじゅうごにち)

35日目 故人が亡くなったタイミングによっては四十九日の法要までが3か月にわたることがあります。これは三月わたりと呼ばれ、縁起が悪いとされることもあり、その場合には三十五日法要をもって忌明けとされることがあります。

五七日を司る仏様は地蔵菩薩です。また、閻魔大王の裁きはこの五七日で行われます。ここで、裁判の行方がほぼ決まるとされていわれています。

六七日

(むなのか)

42日目 六七日を司る仏様は弥勒菩薩です。
満中陰法要 七七日=四十九日

(なななのか

=しじゅうくにち)

49日目 四十九日は法事の中でも最も需要な日とされています。この日は満中陰といい、初七日から7日ごとに裁きを受け、善い行いをしていたと認められると極楽浄土へ生まれ変わるとされています。この、満中陰をもって喪に服す期間が明ける忌明けとなります。

位牌や仏壇はこの日までに準備をしておくようにします。

四十九日を司る仏様は薬師如来です。

百か日法要 百か日

(ひゃっかにち)

100日目 忌明け後、初めての法要となるのが百か日法要です。百か日法要は卒哭忌とも呼ばれ、声をあげてなく状態の「哭」を卒業する法要との意味合いを持つ重要な法要であります。

百か日法要を司る仏様は観世音菩薩です。

回忌法要 (年忌法要)

忌明け後の節目の命日に行われる供養は回忌法要と呼ばれます。

法事を行う年数の数え方は、故人が亡くなった日を1日目とされ、一周忌のみ亡くなった次の年に行われますがそれ以降は数えの年数で行います。したがって、三回忌は故人が亡くなってから2年目の節目に行われ、一周忌と三回忌は連続して行われるのです。したがってそれ以降の回忌法要を行う日の数え方も、その回忌から1を引いた年となります。

回忌法要(年忌法要) 一周忌 満1年目 命日から満1年目の節目の法要です。一周忌は回忌法要の中でも最も重要な法要とされていて、この一周忌をもって喪が明けるとされています。

一周忌には遺族や親族だけでなく、故人と親しかった知人・友人なども招待し盛大に行われます。本来は亡くなってから1年目の節目に行うものですが、参列される方の都合を考慮し、命日に近い土日の日程にされることが増えています。

三回忌 満2年目 三回忌の法要は一周忌の翌年に行います。法要の流れは一周忌と同様で、僧侶の読経のあと、食事や会食をするのが一般的です。
七回忌 満6年目 年忌法要としては3回目の法要となるのが七回忌です。一般的に盛大に法要を行うのは三回忌までのことが多く、七回忌以降は遺族や親族のみの集まりとしたり、ほかのご先祖様とあわせて法要が行われることもあります。
十三回忌 満12年目 十三回忌を司る仏様は大日如来です。

十三回忌以降は法要を行わなかったり、遺族と親族のみでこじんまりとした法要にすることが多くなっています。

十七回忌 満16年目 十七回忌は家族だけでで行う、他の回忌法要と一緒に行うなど小さい規模で行ったりすることも多いです。
二十三回忌 満22年目 二十三回忌は家族だけでで行う、他の回忌法要と一緒に行うなど小さい規模で行ったりすることも多いです。
二十七回忌 満26年目 二十七回忌は家族だけでで行う、他の回忌法要と一緒に行うなど小さい規模で行ったりすることも多いです。
三十三回忌 満32年目 三十三回忌を司る仏様は虚空蔵菩薩です

故人が亡くなってから30年以上たっての法要は故人を直接知る人も少なくなっているでしょう。回忌法要は三十三回忌(宗派や団体によっては五十回忌)をもって弔い上げとされることが多くなっています。

弔い上げの後はその家の「先祖代々」として祀られることになります。

法事に必要な準備と当日の流れとは

©tamayura39/stock.adobe.com

葬儀とは違い法事は施主が準備をし、当日の進行も進めていかなければなりません。そのため、事前にどのような準備が必要であるのかや、当日の流れを確認しておきましょう。

日時を決める

まず、最初に決めなければいけないのは法事をいつするかの日時です。法要で僧侶に読経をしていただく時には、菩提寺に連絡をして僧侶の都合を確認しておかなければなりません。中には、菩提寺がなく法要の都度、僧侶を探さなければいけないこともあります。

また、法要はその日を過ぎてから行うことは不可とされています。遠方の親類などに出席してもらいたいときは土日の方が都合が良い場合もありますので、それらを踏まえながら日時を決めていく必要があります。

出席者・会場を決める

法事の規模によって出席してもらう人を決めていきます。出席してもらえる人数や法事の規模、予算などに応じて自宅で行うのか、お寺で行うのか、あるいは斎場などの会場で行うのかを決めます。

案内状を送る

日時と会場が決まれば、出席をお願いしたい人に案内状をおくります。案内状は相手の都合や、人数を把握して準備を進める必要もあるため、最低でも法事の日の1か月前にはおくる様にして、出欠の返事をもらうようにします。会場や会食の準備の都合を考えると法事の日の2週間前には出席者を把握できるようにしましょう。

最近では、親しい親類であれば電話やメールなどで簡単に出席の依頼をすることも増えています。改まって手紙をおくったほうが良いかどうかはその人との関係性で判断するとよいでしょう。

引き出物や会食を準備する

出席者の人数が分かれば会食の準備、予約をします。また、基本的に1世帯にひとつの引き出物を準備しておきます。直前になって出席する人数が代わることも考えられるため、会食の人数は最終的にいつまでであれば変更が可能かも確認しておくとよいでしょう。

法要の当日は施主の挨拶から始まる

法事の当日は施主がまず挨拶を行います。挨拶では出席してくれた人への感謝の言葉を加えるようにしましょう。その後、僧侶の読経に続き、施主や参列者の焼香を行っていきます。全員の焼香が終われば、僧侶の法話を拝聴します。

法要後は出席者とともに会食を行う

法要の終わりにも施主が挨拶を述べ、会食の準備があることを伝えます。必要に応じて会場までの案内やタクシーの手配を行いましょう。法事での会食は出席者への感謝の気持ちを込め、おもてなしの意味があります。

法事の後にはお礼をする

出席していただいた方には引き出物をお渡しします。法事での引き出物はあとに残らないものが望ましいとされていますので、お菓子や消耗品を選ぶことが多いようです。

その後、出席していただいた方にお礼状をおくるとより丁寧です。もし、法事には出席できなかったが供花や供物、香典などをいただきた時にはお礼状を出すようにします。

法事にかかる費用とその内訳

法事にかかる費用は出席される人数や僧侶に読経をしてもらうか、によって大きく金額が代わります。一般的には次のような費用が必要になります。

僧侶へのお布施やお車代など

僧侶に読経をしていただいた時にはお布施をお渡しします。

また、菩提寺で行うのではなく、自宅や別の会場に来てもらうような場合にはお車代を、食事の準備をしないときにはお膳料を一緒にお渡しします。金額に決まりはありませんが、おおよその相場は以下のようになります。

  • お布施 30,000円~50,000円
  • お車代 5,000円~10,000円
  • お膳料 5,000円~10,000円

引き出物

お葬式では頂いた香典の金額に応じての香典返しをするのが基本ですが、法事の場合は当日に引き出物をお渡しするため、あらかじめ香典の金額を知ることはできません。

そのため、香典の金額にかかわらず同じ品物を準備しておくことが一般的です。この、法事の引き出物の相場は地域によっても異なりますが、だいたい2,000円~5,000円くらいの品物を準備することが多いようです。

会食の費用

法要後に会食の場を設ける場合、どこで会食をするのかにもよりますが、おおよその食事代の目安としては1人5,000円~1万円位が多くなります。

法事に出席する際の服装マナー

法事はどのような人が集まるのかによっても、服装を悩むことがあるでしょう。

あまり面識のない遠方の親類などの集まりでは無難に喪服を着ていくと良いでしょう。しかし、平服で来てくださいと言われることもあり、そのような場合は喪服を避けたほうが無難なこともあります。

男性の服装

©Ameashi/stock.adobe.com

男性の場合は、スーツであれば問題ありません。しかし、スーツ以外でも、ジャケット・Yシャツ・ネクタイ・ズボンの組み合わせであればスーツに準ずる服装として問題はありません。

しかし、ジャケットやズボンの色やデザインなどには気をつけるようにし、派手な色や柄ものは避け、黒や紺、グレーなどの落ち着いたものを選ぶようにします。また、サテンなどの光沢のある素材は弔事の場にはふさわしくないため避けましょう。

また、ネクタイは黒が望ましいですが、もし準備が難しい時には紺色やグレーの無地のものを選びましょう。シャツは通常の白色のYシャツであれば問題ありません。

靴下や靴も黒のものを選び、靴は光沢のないもの、金属の飾りのないもの、カジュアルな印象を与えるローファーやおしゃれなデザインのものは避けるようにし、シンプルなデザインのものを選びます。

▼男性の服装マナーについてはこちら

【男性向け】葬儀での服装はシンプルに| 光沢・柄が無いものを身に着けよう

女性の服装

©hanack/stock.adobe.com

女性の場合はスーツ以外にも、ワンピースやジャケットにスカートやパンツの組み合わせでも構いません。ただし、色は黒や紺、濃いグレーなどとし、光沢のある生地や派手なデザインのものは避けるようにします。また、スカート丈は短すぎないようにひざ丈よりも長いものを選び肌の露出も避けましょう。素足ではなく黒のストッキングを着用し、冬場でも厚手のタイツなどは適しませんので着用は避けます。

靴は、シンプルなローヒールのパンプスが好ましく、ヒールが高すぎたり飾りのついているもの、カジュアルな靴は避けるようにします。また、サンダルのようにつま先やかかとの出ている靴はふさわしくないので気をつけましょう。

靴やバックの素材は革製品やスエード生地、ファーのついたものなどは殺生を連想させるため法要の場にはふさわしくありませんので気をつけるようにしましょう。

▼女性の服装マナーについてはこちら

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

出席者は香典を出すのがマナー

©SB
/stock.adobe.com

法事に出席するときは施主の金銭的な負担を軽減するため、香典を持参するようにします。香典は気持ちで包むものですので、金額に決まりはなくその人の年齢や故人との関係性、会食の有無によって決めましょう。一般的な相場は以下のようになります。

  • 身内・親戚で法要後の会食なし 5,000円~30,000円
  • 身内・親戚で法要後の会食あり 20,000円~50,000円
  • 故人の友人・知人で会食なし  5,000円~10,000円
  • 故人の友人・知人で会食あり  10,000円~30,000円

香典を渡すタイミングは、受付がある場合は基調後受付で渡しますが、受付がなく小さい規模でされている時には直接、施主にお渡しするようにします。また、香典袋の表書きは法事では「御香典」「御香料」「御仏前」と記載します。また、香典袋は17回忌の法要までは袱紗に包んで持参するのがマナーです。もし法事の連絡がきたにもかかわらず、都合がつかず出席できないときには欠席のお詫びの手紙と香典を郵送しておくようにしましょう。

 

▼香典についての詳しい情報はこちら

香典とは?金額相場・包み方・渡し方など一般的なマナーを完全解説

まとめ

法要と法事の違い、法要の種類とその内容、法事にかかる費用について解説しました。法事は自分が施主になったり、出席する回数は多くはないかもしれません。しかし、それぞれに意味やマナーがあるため、その時になって慌てることがないようにしておきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ