命日のお墓参り|タイミングや当日の服装、お供え物の選び方について解説!

本来、お墓参りにはいつ行っても良いとされており、お盆やお彼岸、帰省した時などのタイミングで行くという方が多いのではないでしょうか。また、葬儀は友引を避けるというような場合もありますが、お墓参りに関しては六曜は気にする必要はなく、行ける時に行って構いません。

また、命日には故人の供養をするためお墓参りをするという教えの宗教・宗派があり、それ以外の宗教でも、定期的に故人を偲ぶために命日には決まってお墓参りを行うようにしていると言われる方は多いです。

この記事では、命日のお墓参りについてその必要性やお墓参りの際の服装やお供えする花にふさわしいものの紹介、友人の命日にお墓参りに行くことについてを解説していきます。命日のお墓参りを考えている場合は是非参考にしてください。

命日とは

命日とは仏教で用いられる用語で、個人が亡くなった日を指します。誕生日に対義語であると考えれば分かりやすいのではないでしょうか。ただし、命日には祥月命日と月命日と呼ばれるものもあり、それぞれの指している日にちが違っているので、その違いを理解しておきましょう。

祥月命日

祥月(しょうつき)とは故人が亡くなったその月のことを言います。したがって、祥月命日とは故人が亡くなった月と日が同じになる日のことを指し、年に1回しかありません。一般的に命日と呼ばれるのはこの祥月命日を指しており、忌日とも呼ばれます。

祥月命日は仏教だけでなく神道やキリスト教においても特に重要な日としての位置づけとなっており、仏教では故人が亡くなってから最初の祥月命日には一周忌を、2年後には三回忌の法要が行われるなど年忌法要は祥月命日に行われます。

また、年忌法要以外の祥月命日には、僧侶を呼ぶことまではしないでも良いですが、お墓参りをしたりお仏壇の掃除をし、お供え物を供えるなどで故人を偲びます。

月命日とは

月命日とは、故人が亡くなった日と同じ日付のことで、毎月訪れます。ただし、祥月は祥月命日があるため、そのほかの月の年11回を月命日と呼びます。

この月命日には、お仏壇の掃除を普段よりも丁寧に行い、お墓参りに行きお墓の掃除をし、お花やお菓子をお供えして故人の供養を行います。

ただし、キリスト教では仏教や神式のように月命日の考え方はありませんので、特別何かをすることはありません。

命日の日にはお墓参りにいったほうがいい?

仏教では祥月命日はお墓参りに行く日であるとされており、お墓に入っているご先祖のいずれかの祥月命日にはお墓参りに行くようにしましょう。特に親しい間柄の身内の祥月命日には故人への想いを巡らせながら、在りし日の故人を忘れないことが何よりの供養になります。

また、故人が亡くなってから一周忌までの月命日にはお墓参りを行うという習慣が全国的に見られており、お墓が遠くてお墓参りが負担にならないのであれば、月命日にもお墓参りをして故人やご先祖様への供養を行いましょう。ただし、月命日のお墓参りでは法要などを行う必要はありません。お墓をきれいに掃除してお花やお供えをしてお参りしましょう。

当日にいけない場合にはいつまでに行けばいい?

仕事の都合やお墓のある場所が自宅から遠く、命日にお墓参りに行くことが出来ないこともあります。

命日は宗派に関わらず、故人を供養するにあたって重要な日であり、お墓参りをするのに適した日とされています。そのため、命日にお墓参りをすることが難しい時には、お墓参りに行く日にちを前倒しにして行くようにします。

ただし、お墓が遠かったり予定が合わない場合には命日にこだわらず、お正月やお盆などに予定を立ててお墓参りをするようにしましょう。

お墓参りにお供えする花の選び方

お墓参りにお供えする花は基本的には故人がお好きだったお花で構いません。故人の好きだった花が分からない場合や特にない場合は、お墓参り用に売られている仏花をお供えしましょう。

お墓にお供えするお花は、持ちがよく、花びらが散りにくいものが適しています。お墓参りに持参する花の色は白・赤・黄・紫・ピンクが基本となり、菊やカーネーション、ストックを基本とし、そこに故人のお好きだった花を入れるようにすると良いでしょう。

また、花の本数は奇数が良いとされているため、3・5・7本になるようにして組み合わせていきましょう。

命日の日のお墓参りの服装

お墓参りをする時の服装には特に決まりはなく、普段着でも問題ありません。しかし、お墓参りは遊びに行くのとは違うため、あまりにも派手な服装や露出の高い服装は避けるようにしましょう。また、毛皮や革製品、アニマル柄など殺生を連想させるようなものは避けたほうが無難です。

しっかりとお墓の掃除をする場合には、動きやすい汚れても問題のない服装やエプロンを持参するのが良いでしょう。屋外のお墓の場合は虫刺されや日焼けを避けるような、服装の工夫が必要になる場合もあります。

また、法要とお墓参りを同時に行う時には、法要に合わせて正喪服または準喪服を着用するのが理想です。ただし、地域や親族の考え方にもよるため、事前に相談しておくと良いでしょう。

故人の友人でも命日にお墓参りにいってもいい?

友人のお墓参りに行くことは問題ありません。ただし、事前に相手のご家族に連絡をしておきましょう。お墓にはその家のご先祖様がいらっしゃる場所です。他の家のお墓参りに行くときには事前に連絡をしておくのがマナーです。

また、一周忌が過ぎるまではお墓参りではなく、故人のご自宅などでお仏壇をお参りさせていただきましょう。まずは、ご遺族に電話や手紙などで自己紹介をしたのち、お仏壇にお墓参りをさせてもらいたい気持ちを伝えます。日時を決めてお仏壇にお参りさせていただき、そこでお墓の場所を教えてもらい一周忌の法要が終わった後に、あらためてお墓参りをさせて頂きましょう。

まとめ

命日は故人を想い偲ぶたいせつな日ですが、宗教や宗派によって考え方はさまざまです。命日にお墓参りに行き故人やご先祖様を思うには良いタイミングになります。しかし、それだけにとらわれず、お彼岸やお盆、正月尚の節目の時や帰省した時など自分の都合に合わせてお墓参りを行うことでも問題はありません。何よりもご先祖様を大切に思う気持ちでお墓参りに出かけるようにしましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ