葬儀にかかる費用について解説!気になる相場や内訳、葬儀の種類ごとにかかる費用まで徹底網羅

自分が喪主として葬儀を行う機会はそう多くはありません。葬儀の手配や手続きなど、葬儀を行う時にはこれまで経験をしたことがないことを短期間でしていかなくてはならず、心配になることも不安なことも多いでしょう。そのような中で、葬儀にかかる費用についても、どんなものに、どの程度必要になるのかが気になるのではないでしょうか。

葬儀にかけられる予算を考えるにしても、葬儀にかかるおおよその費用を知っておく必要があります。ここでは、葬儀にかかる費用についてどのくらいが平均なのかやその内訳について理解が深められるように解説をしていきます。

葬儀にかかる費用の内訳

葬儀をするにはたくさんの費用がかかると聞いたことがあるかも知れませんが、実際に何にどのくらいの費用がかかるのかは知らないことが多いのではないでしょうか。葬儀にかかる費用の平均や相場はその規模や内容によって大きく変わってくるため、一概に平均値程度になるとは言い切れない部分があります。

葬儀の費用は葬儀の基本料金に飲食代金と寺院などの葬儀会社以外に直接支払う費用で構成されてます。そのため、トータルの平均値を見るのではなく。費用の内訳ごとに、それぞれどのくらいの費用がかかりそうかを見ていくようにすることの方が重要です。

施設の利用など葬儀一式にかかる費用

葬儀一式にかかる費用の内訳

葬儀会社では、葬儀一式にかかる費用をパッケージ化して葬儀プランとして提案されます。この一般的な葬儀場の基本プランに含まれている部分の費用には、病院や自宅などの安置場所から葬儀場への遺体の搬送、葬儀場の会場使用料、通夜・告別式、火葬などに必要な物にかかる費用や葬儀・告別式を執り行うスタッフの人件費などが含まれています。

基本プランは家族葬などの少人数の場合では15万円~、一般葬では60万円~の価格帯で販売されていますが、必要のものがオプション設定になっていないかはチェックしておきましょう。

葬儀一式の部分にかかる費用は葬儀の種類やオプションによっても大きく変わってくるため、全体の費用のコントロールをしていくためには、この葬儀一式にかかる費用をどうするかにかかっているとも言えます。

葬儀一式の費用の内訳で大きく差が出てくるのは、祭壇費で30~120万円と大きく開きがあります。その理由としては、祭壇の種類には白木祭壇、花祭壇、神式祭壇、キリスト教式祭壇などいろいろな種類があるためです。豪華な祭壇にすると見た目も違いますが。その分費用もかかることになります。

葬儀の供花の花代のまとめ。費用の相場や渡し方などを解説

飲食接待費にかかる費用

飲食接待費の内訳

地域の風習や家族の意向などによって不要とする場合もありますが、通夜の後の通夜ぶるまいや、火葬後の精進落としで飲食をしながら故人を偲びます。これらにかかる費用は参列者の人数によって大きく変わってきますが、1人あたり3千~6千円程度とするのが相場です。また、通夜ではどのくらいの数を準備すればよいのか悩ましいですが、予測される参列者の約半分の人数分を準備されるのが一般的です。

そのほか、会葬返礼品などの費用も必要になります。会葬返礼品としてはお茶やタオルなど500~1000円くらいのものが良く選ばれ参列者の数だけ準備します。香典返しとは違うので香典を辞退する場合でも必要です。また、香典を受け取る場合には、頂いた香典の半分から3分の1程度の香典返しをする必要があります。

戒名や読経などお坊さんへのお布施

仏式の葬儀の時には、菩提寺があれば菩提寺の僧侶に読経に来てもらい、読経をしてもらったお礼渡します。このお布施の相場は宗派やお布施をしてもらう回数にもよりますが、15~30万円くらいといわれています。

また、故人が仏門に入る証として戒名を授かり、戒名をつけて頂いたことに対してのお礼が必要です。受戒に対するお礼は戒名のランクによっても違いがあり、ランクがの高い戒名になるほどお布施の金額も高くなります。授戒に対するお布施のだいたいの相場は10~30万円くらいといわれていますが、ランクの高い戒名では100万円以上のお布施が必要です。

このほか、僧侶に菩提寺以外の場所に出向いて頂いた時にはお車代として5千円~1万円程度をお渡しします。また、通夜ぶるまいや精進落としを辞退された僧侶に対しては御膳代をお渡ししましょう。御膳代の相場は5千円~1万円といわれています。

葬儀に必要なお布施の書き方と正しい包み方とは?マナーや費用相場も詳しく解説

葬儀の種類別にかかる費用の相場とは

最近では葬儀の形が多様化しており、いろいろな形での葬儀が行われています。家族の形や地域のつながりも昔とは異なり、葬儀の規模が小さくなる傾向が見られます。したがって、全体的な相場をみるより、それぞれの葬儀の種類別にどの程度の費用がかかるのかを知っておくようにしましょう。

家族葬にかかる費用

家族葬とは親族や身内、ごく親しい友人だけで執り行う葬儀の形です。葬儀に参列していただく人を限定して、30人以内の少人数で通夜・告別式を行います。小規模ではありますが、通夜・告別式は一般葬と同じように行われるため、寺院に支払う費用や葬儀の基本的な部分の費用は一般葬とあまり変わりません。

ただし、参列者が少なくなるため、飲食に関わる費用は低く抑えることができます。このようなこともあり、家族葬での葬儀費用の相場は50万円~100万円程度となります。家族葬のように小さい規模の葬儀では、希望する物がパック料金に含まれていなかったり、祭壇の種類やオプションの追加によっては金額が増えることもあるため注意が必要です。

家族葬の費用は実際いくらかかる?費用相場と内訳をわかりやすく解説

一般葬にかかる費用

一般葬とは、1日目の夜に通夜を行い、次の日に葬儀・告別式を執り行う従来からの一般的に知られている葬儀の形です。一般葬では故人の親類だけにとどまらず、友人・知人、会社関係者にまで広く会葬の案内をして参列をお願いします。そのため、参列者が増えるとそれだけ費用がかかることになり、一般葬を執り行う場合の費用の相場は、飲食接待費や寺院に支払うお布施を合わせると100~200万円くらいです。

直葬にかかる費用

直葬とは通夜や告別式を行わず、安置場所から火葬場に移送し火葬のみを行う葬儀の形です。ごく親しい親族のみで行い、一般の参列者を呼ぶことはありません。そのため費用を最小限におさえることができる葬儀です。したがって、直葬はなるべく費用をおさえたいときや少人数の身内だけで葬儀を行いたい場合に適しています。

直葬の場合は、火葬にかかる費用や火葬中の親族の待合室の使用料金、骨壺の費用がかかります。そのほか、白木位牌などの仏具や安置中にドライアイスを使用する場合はその費用、安置場所からの移送費用も必要です。

葬儀社のパック料金を見る時にはこれらのうち、どれが含まれているかもしっかり確認をしておきましょう。安さばかりに目を取られていると、オプションでかなりの予算オーバーになったというトラブルにもつながりかねません。

また、火葬場で読経をお願いすることもできるため、その場合は僧侶へのお布施やお車代の費用も必要になります。

これらを踏まえて、直葬の場合は10~50万円が相場となります。

直葬でかかる費用について内訳ごとに解説

密葬にかかる費用

密葬とは、家族などの近親者のみで執り行う葬儀のことを指します。したがって、その形態は家族葬や一日葬、直葬などで行われることになり、どの種類の葬儀の形で行うによって、費用が変わってきます。したがって、密葬で行う場合の費用の相場は、それぞれの費用に準じて50万~100万程度となります。

ただし、大企業の役員や著名人などでは、近親者で密葬を行った後に本葬を行うことがあります。本葬は一般の方に改葬をしてもらうためのもので、葬儀・告別式の形で行ったり、お別れ会や偲ぶ会といったような形で行われることもあります。このような、密葬後の本葬での費用は一般の参列者の人数によって異なることになり、密葬の費用にプラスして準備が必要です。中には会費制にしてお別れ会や偲ぶ会を行うこともあり、故人の立場や参列される方の人数などによって決めていくことも可能です。

密葬にかかる費用はどのくらい?内訳や相場の金額を解説!

一日葬にかかる費用

一日葬は通夜を行わずに、葬儀・告別式だけを行う葬儀の形です。親族やごく親しい友人等に参列者を限定します。一般葬と同様に告別式の後は火葬場に移送して身内で火葬を行います。

通夜を行わないことで読経の回数が減るためお布施の金額を少なくできることに加えて、会葬する人が少ないことで飲食接待の費用が余りかかりません。そのため、一日葬では費用を50万円未満におさえることが可能です。

一日葬の費用相場と内訳 | お坊さんへのお布施はいくら払うの?

葬儀の費用を負担するのは誰?

葬儀の種類よって費用に差があることを見てきましたが、葬儀の費用を負担するのはいったい誰になるのでしょうか。これについては、だれが葬儀の費用を負担をするのかという明確な決まりはありません。また、故人から相続する財産から出すという決まりもなく、喪主や相続人が費用の負担をするというわけではないのです。

しかし、一般的には葬儀の費用は喪主が負担することが多くなっています。相続する財産がある時は、共同相続人全員の同意があればその中から葬儀の費用を出すこともできます。また、喪主1人が費用の負担をするのではなく、親戚にも協力を仰いで費用を分担してもらうことも可能です。

▼喪主の役割や仕事のまとめはこちら

喪主の役割とは?やることや決め方、施主との違いなどを解説!

葬儀の費用は積み立てておくことも可能

葬儀には多くの費用がかかるため、急に必要になった時に慌てないようにするため、あらかじめ積み立てなどでその費用を準備しておくといざという時にも安心です。葬儀費用を積み立てるには、銀行の口座に預金をする方法があります。銀行の積立貯蓄は積み立てる金額を自分で決めることができ、給与が振り込まれる口座から自動的に振替をすることができるため、意識しなくても貯蓄を増やせるというメリットがあります。しかし、積み立てた金額以上の価値はなく、葬儀の際の割引などを受けることはできません。

また、互助会に加入して毎月少額ずつを積み立てていく方法もあります。互助会とは冠婚葬祭にかかる費用を助け合う会員制のシステムです。互助会に加入するメリットは互助会の会員価格でのサービス提供を受けることができるため、積み立てた金額以上のサービスを受けられることです。反面、葬儀の内容や規模によっては積み立ての金額では足りず、追加の費用を準備しなければならなかったり、加入している互助会のサービスに希望するプランが無いということが起こるリスクもあります。

このほかにも、葬儀にかかる費用に充当できる葬儀保険に加入する方法などもあり、このような葬儀の費用を積み立てることの詳細についてはこちらの記事も参考になります。

▼葬儀の費用を積み立てる方法についてはコチラ

葬儀の費用を積み立てる3つの方法とは?それぞれの方法とメリットを徹底的に解説

▼互助会とは?気になった方はこちらの記事をチェック

互助会とは?葬儀にかかる費用を積み立てる仕組みや入会、解約の方法をご紹介

葬儀の費用が払えない場合の対処法

葬儀の費用は現金で支払うのが基本とされ、一般的には葬儀のあと1週間から10日後くらいまでに支払いをする必要があります。しかし急なことで、その費用が準備できなかったり、手元に現金を残しておきたい時もあります。香典は現金が必要な時には助かりますので、故人によって香典の辞退の意向がない場合には、香典をいただくようにすると良いでしょう。また、生命保険や故人の財産の相続は時間を要するため、喪が明けて落ち着けば手続きをしっかりと進めて行くようにしましょう。

ローンを組む

葬儀の費用を一括で支払えないときには葬儀ローンを利用することができる場合があります。葬儀ローンとは、葬儀や仏壇などの購入の費用を使用用途としたローンで、これらにかかった費用を分割で支払うことが可能になります。

葬儀会社がローンを取り扱う信販会社と提携しているものもあれば、銀行でローンを組むもの、ろうきんや信金の老妓ローンなどの種類があります。どのローンにもメリット、デメリットがあるため利用を考えたいときには事前に比較検討しておくようにしましょう。

▼葬儀ローンの詳しい情報はコチラ

葬儀ローンとは?葬儀の費用をローン払いすることができるサービスとそのメリットをご紹介

補助金の申請をする

葬儀を行った人に対して、市町村や健康保険組合などに申請を行うことで葬祭費や埋葬費などの補助金がもらえます。故人が加入していた健康保険の種類によって補助金の名称やもらえる金額に違いはありますが、葬儀が終わってから2年以内に申請をすることが条件となっていますので、忘れないようにしましょう。

また、補助金とは違いますが葬儀の費用の中には相続税の控除となるものがあります。通夜や告別式の費用や葬儀での飲食接待にかかる費用、寺院へのお布施などは控除の対象になりますので、相続を受けこれらの費用の負担をしたときには忘れずに申告し、領収証も保管をしておきましょう。

▼葬儀の際に利用できる補助金について詳しくはこちら

葬儀の費用で申請が可能な補助金とは?あなたが申請可能な補助金の種類や申請方法を詳しく解説

まとめ

葬儀にはいろいろな費用がかかり、トータルすると50~150万円、規模や内容によっては数百万円もかかります。特に通夜や葬儀・告別式での祭壇や飾り花、飲食による接待の費用はコントロールすることが可能な費用です。希望する葬儀の形と予算をしっかりと決めて、葬儀の費用の負担がかかりすぎないようにすることも大事です。喪主の一存だけでは決められないこともありますので、親族ともしっかりと話し合って故人にも喪主にとっても、良い葬儀となるようにしていきましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ