葬儀の費用を積み立てる3つの方法とは?それぞれの方法とメリットを徹底的に解説

葬儀には多くの費用がかかり、中には現金でまとめて支払う必要があるものもあるため、その場になって慌てることになったと言われる方も多くいらっしゃいます。そのようにならないために、葬儀の費用を積み立てておくといざという時にも安心です。

しかし、葬儀費用を積み立てるにはどうすればよいのかと疑問に思うこともあるのではないでしょうか。実際に葬儀の費用を積み立てておく方法はいくつかあり、どの方法にもメリットとデメリットがあります。

この記事では、葬儀費用の積立の方法や葬儀費用を積立しておくメリット、積立をしておいた方が良い人とはどんな人なのかを解説していきます。自分にあてはまるものがあるかをチェックし、いざという時に慌てることがないように参考にしてください。

葬儀にかかる費用とは

葬儀にかかる費用には、通夜や告別式にかかる費用として大きく分けると、葬儀場に支払うもの、読経や戒名を授かるためにお布施として僧侶に支払うもの、火葬にかかる費用、精進落としなど飲食にかかる費用、香典返しの費用がありこの他にも、ご遺体の状態を長期間保ったり、損傷が激しい場合に処置を施すエンバーミング、湯灌・納棺にかかる費用などがあります。

これらの費用はその規模や内容によって大きく変わり、また中には葬儀のプランに含まれている場合もありますが、それぞれの相場は以下のようになっています。

葬儀場に支払う費用 12万円~60万円
僧侶へのお布施 20万円~100万円以上(戒名の位によって違います)
火葬にかかる費用 1万円~13万円(公営か民営化によって差があります)
飲食にかかる費用 10万~30万円(参列者等の人数によります)
香典返し、会葬返礼品 10万~50万円(参列者の人数、関係性によります)
エンバーミングや湯灌にかかる費用 15万円~25万円
湯灌にかかる費用 8万~12万円

このように葬儀のプランに含まれているもの以外にも多くの費用がかかりますので、毎月の積立などで費用の準備をしておくと安心できます。

▼葬儀の費用についてはコチラ

葬儀にかかる費用について解説!気になる相場や内訳、葬儀の種類ごとにかかる費用まで徹底網羅

もしものときに備える積み立ての3つの方法

葬儀の費用はいつ必要になるかは分かりません。また、その人の家族の状況や年齢によってもその重要性が変わってきますが、葬儀のための貯金をしておこうと考える人はあまり多くは無いようです。しかし、できれば日常の生活の費用に負担のない範囲で少しずつ積み立てをしていくことが望ましいでしょう。

葬儀の費用を長期的に少しずつ積み立てる方法の例としては、個人の口座で貯金をする、互助会に加入し積立を行う、葬儀保険に加入するという方法があります。

それぞれの詳しい積み立ての方法やメリットについてみていきましょう。

個人の口座で貯金をしておく

毎月可能な金額を個人の口座に積み立てていく方法で、葬儀費用を目的としたもの以外でも一般的な方法です。

給与の振り込みの口座などから決まった日に一定の金額を振り替えて積み立てをしていく積立貯蓄では、1千円単位で積み立ての金額を決めることができます。また、ボーナス月の金額を増やしたり、余裕がある時には追加で積み立てをすることができるところは大きなメリットになります。もし不測の事態など預け入れをした金額をそのまま降ろすことができる点でも安心です。

反面、葬儀費用の割引などは受けられず、正規の金額で葬儀を行うことになります。

互助会に入り積み立てを行う

互助会は冠婚葬祭の費用を毎月少しずつ積み立てをする会員制のシステムで、3千円程度の少額から始めることができるところが魅力です。葬儀費用の割引が割引され、会員価格でおこなえる点もメリットのひとつです。また、積み立てが完納するまでの間に葬儀が必要になっても差額を支払うことでサービスの利用ができることや積み立ての金額を完納した後も必要なサービスを受けるまではその権利が保障されます。

反面、積み立ての金額を完納しても葬儀のプランによっては、その費用で全てがまかなえず、自費が必要になることもあります。また、途中で解約を希望する場合には解約手数料が必要になり、想定していた解約手数料よりも高いと感じる人もいるかもしれません。

▼互助会の情報についてはコチラ

互助会とは?葬儀にかかる費用を積み立てる仕組みや入会、解約の方法をご紹介

葬儀保険に加入する

葬儀保険とは、葬儀に関する費用へ充当できる掛け捨ての死亡保険となり、葬儀に特化した短期少額保険と呼ばれます。葬儀保険の特徴としては加入年齢が80歳代でも加入できたり、加入時に医師の診断書が必要なく持病があっても告知だけで加入できるなど、その審査の簡単さが挙げられます。

また、葬儀の費用はまとまったお金をその場で支払う必要があることも多いですが、葬儀保険は保険金の請求から支払いまでの期間が短く葬儀場などへの支払いがスムーズに行えることがメリットです。

ただし、保険に加入した年齢が高いと保険料が高額になります。そのため、毎月の積み立てをするよりも自分でためておいた方が良いと考えられるような場合もありますので注意が必要です。

保険商品の特徴として保険会社が破綻したり物価による影響を受けることがあることも念頭に置いておく必要があります。

葬儀の費用を積み立てるメリット


葬儀の費用はいつ必要になるかは分かりませんが、若いうちから少額を長期的な視点で積み立てるのがおすすめです。しかし、若いうちは葬儀費用に関してはあまり必要性を感じないかも知れません。

葬儀の費用をいつから準備し始めるかは難しいところですが、葬儀の費用が気になった時や子どもが自立するなどして家計の負担が減ったタイミングではじめるのが良いでしょう。

年齢が若いうちにはじめると少額ずつでよい

年齢が若いうちからはじめると毎月の負担が少額で済み、多くの金額を積み立てることも可能です。どのような葬儀を行うのかによって必要になる費用は変わってきます。ただし、年齢が高くなると積み立ての期間も短くなりひと月あたりの金額は高額になってしまってしまいます。そうなると、家計への負担がかかり思うように葬儀の費用が貯められなかったということも起こりえます。積み立てはなるべく若いうちにはじめるのが良いでしょう。

自動で確実に積み立てができる

毎月引き落としや振替がされることで、意識しなくても確実に積み立てをしていくことが可能になります。家計への負担がかからないように少額ずつ長期的な視点で積み立てを継続しているといつの間にか大きな金額がたまっていることもあるでしょう。

いざ葬儀をする時に資金の捻出に困らない

葬儀の時にはまとまった費用が必要になり、お布施などは現金でお渡しする必要があります。そのため、まとまった金額が捻出できるように準備がしてあると安心ができます。とくに、子どもや家族になるべく負担をかけたくないと考えている場合には自分の葬儀の費用を積み立てておくようにすると、残された家族にとっては非常に助かります。

まとめ

葬儀の費用を積み立てる方法には、銀行口座に積み立てる、互助会に加入する、葬儀保険に入ることなどがあります。葬儀の費用の積み立ては若い頃から始めるのが毎月の金額が少額となるためおすすめですが、反面ライフスタイルの変化などの影響も受けやすくなるためそのあたりも十分に検討をしていく必要があります。

それぞれにメリットやデメリットがあるためよく検討をして、自分にぴったりの積み立ての方法を選ぶようにしましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ