密葬にかかる費用はどのくらい?内訳や相場の金額を解説!

葬儀のスタイルにはいろいろなものがあり、密葬も葬儀の形のひとつです。

著名人や芸能人などの葬儀が密葬で行われたという話を聞くこともあるのではないでしょうか。しかし、身近なところでは葬儀を密葬で行うことはあまり多くはなく、密葬は一般葬とどのような違いがあるのかはあまり知られていないようです。

ここでは、密葬にかかる費用に着目して具体的にどの程度の費用がかかるのかを解説していきます。

密葬とは

密葬とは後日、本葬を行うことを前提として、ごく親しい身内だけで執り行う葬儀のことです。したがって、一般の弔問客は後日行われる本葬やお別れ会に参列することになります。

そのように考えると密葬は著名人が行う葬儀のように思われるかもしれません。しかし、近年では故人が亡くなったことをすぐには周囲に知らせないことも増えてきています。この場合、本葬を行わずにごく近い親族のみで密葬の形で葬儀を行われます。したがって、現代においては密葬は決して著名人だけのものではなくなってきています。

密葬とは?香典や出席のマナー、家族葬との違いを解説

密葬にかかる費用の相場とは

参列者の数が少ない密葬は一般的な葬儀に比べて費用が低くなるのが特徴です。一般帝な葬儀の平均的な費用は200万円前後と言われており、密葬の場合ではその半分から4分の1程度に抑えることができ50万円~100万円程度が相場となります。

また、密葬と言っても家族葬や1日葬の形式で行われる場合と直葬の形式で行う場合ではその費用に違いがありますので、どの形式での密葬を行うのかも考慮しなければなりません。

密葬の後に本葬を行う場合には本葬にかかる費用を考えておかなければなりません。著明な方や会社の代表者などが行う本葬やお別れの会では多くの参列者が見込まれるため、葬儀の規模も大きくなりそれだけ費用がかかることになります。したがって、密葬だけで済ませるのか、本葬も行うのかによってかかる費用には大きな差があると考えておかなければなりません。

また、香典をもらうのか辞退するのかによっても負担する葬儀の費用が変わってくるので、その点にも留意していきましょう。

密葬にかかる費用の内訳

©sand555/stock.adobe.com

密葬で必要な費用の内訳は、大きくは葬儀一式かかる費用、飲食接待費用、僧侶などへの謝礼に分けられます。

ただし、密葬はどのような形式で行うのかによって内訳の金額が変わるため、費用にも差が生じることになります。あらかじめ、おおよその金額を把握するために、どのような内容にするのかを考えて、葬儀社への見積もりを依頼するようにしましょう。

施設の利用など葬儀一式にかかる費用

葬儀場で葬儀を行うと、葬儀の会場の設営や式場の使用料、祭壇や棺、火葬にかかる費用、その他の葬儀に必要な物品やサービスなどが必要になります。葬儀会社では、これらの費用を葬儀一式としてパッケージ化された料金になっていることが多いです。身内のみの参列に限定される密葬では、大きな会場や祭壇を必要としないため費用が抑えられ、一般葬の半分程度となるのが一般的です。

飲食接待費にかかる費用

飲食接待費は通夜や葬儀告別式の後に通夜振る舞いや精進落としといった食事の提供にかかる費用のことです。

葬儀での飲食接待費の相場は食事と飲み物を合わせて1人あたり平均4千円程度と言われています。しかし、料理の内容によってそれよりも安くすることもできれば、逆に料理のグレードを上げて1人あたり6千円程度とすることもできます。

このように飲食接待費は1人あたりの金額と参列者の人数から計算をすることができます。

戒名料や読経料などお坊さんへのお布施

密葬であっても葬儀にはそれぞれの宗派の僧侶などを呼びます。仏式の葬儀の場合では、葬儀で剃橋をしてもらうだけでなく、戒名をつけてもらいその費用をお布施としてお渡しします。また、お車代や通夜ぶるまいや精進落としを提供させていただく代わりとなる、御膳料も必要となります。これらの費用は葬儀の規模によって変わることがなく、一般葬と同等の費用がかかり、仏式の葬儀で僧侶へのお布施は40~50万円程度が相場となります。お布施は地域や宗派によって相場に違いがあるため、どのくらいになるかは菩提寺の僧侶に直接聞くか、地域の年配の方や親族に相談してみると良いでしょう。

ただし、最近では無宗教葬を行うケースも増えてきています。無宗教葬では僧侶に読経をしてもらわないこともあり、その場合はお布施は必要ありません。

葬儀の費用を払うのが難しい場合の対処法

密葬は葬儀の費用を抑えることが可能と言っても、まとまった費用が必要になることに変わりはありません。急に葬儀を行うことになり、密葬にかかった費用を一括で支払うことが困難な場合もあると思われます。そのような場合、いくつかの対処法があります。

補助金を申請する

葬儀を行った場合は市町村や健康保険組合などに申請を行うと補助金がもらえます。もらえる金額はそれぞれの市町村や加入している保険組合などによって違いがあるので、申請する方法や申請の仕方を調べておき、忘れずに申請をするようにしましょう。

補助金は申請しないともらえないため、葬儀が終われば手続きを進めて行く日を計画しておき、もらい忘れがないようにしておきましょう。

葬儀の費用で申請が可能な補助金とは?あなたが申請可能な補助金の種類や申請方法を詳しく解説

葬儀ローンを組む

葬儀会社は信販会社と連携して、葬儀にかかった費用などを支払うためのローンを準備していることがあります。また、葬儀会社だけでなく銀行で葬儀に必要な金額のローンを組むことも出来ます。一般的にローンを組むときには返済能力等の審査がありますが、葬儀ローンは審査の基準が一般のローンよりも甘く通りやすいと言われています。葬儀にかかった費用を分割で支払いたい場合には利用を検討してみると良いでしょう。

葬儀ローンとは?葬儀の費用をローン払いすることができるサービスとそのメリットをご紹介

互助会に入会しておく

いつか葬儀を行うことになり、葬儀の費用の支払が必要になるのであれば互助会に加入しておくと、急な葬儀でも積み立てたもので賄うことができるため安心です。互助会の積み立ては普段の生活に負担の少ない金額を長期間積み立てる方法もあり、自分に合った積立金額や積立期間を選ぶことができるのが特徴です。

ただし、デメリットと感じられることもあるため、互助会のシステムについての知識を得ておくようにしましょう。

互助会とは?葬儀にかかる費用を積み立てる仕組みや入会、解約の方法をご紹介

まとめ

密葬は一般葬に比べてその費用は低く抑えることができるのが特徴ですが、密葬の内容によっても費用に差が出てきます。

特に僧侶にかかる費用は一般葬と同等の費用が必要となりますが、そのほかの物については費用をかけることも抑えることも可能になります。故人や遺族の意向でどの程度の費用をかけるのかを決めていくようにするとよいでしょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ