直葬でかかる費用について内訳ごとに解説

昨今伝統的な葬儀は減ってきています。

核家族化といった家族構成の変化や生活様式の変化により、葬儀も多様化してきており、一般葬だけでなく、家族葬や密葬、直葬(火葬式)など葬儀の形式も多様化してきています。

今回は通夜や葬儀を行わず火葬だけを行う直葬の費用について解説します。

直葬にかかる費用について

直葬の費用について

直葬は葬儀になるべくお金をかけたくない方や、親戚づきあいがない方、身寄りのない方が選択する葬儀方法です。

通夜や告別式の斎場代はもちろん、僧侶を呼ばない場合はお布施の費用もかからず、他の葬儀形式と比べてとにかく安いのが特徴です。

直葬にかかる費用を葬儀の流れごとに説明します。

お迎えから安置までにかかる費用

  • 寝台車
  • 安置所利用料
  • 防水シート、布団やマットレス、ドライアイス等
  • その他安置等の作業費用 20,000円前後~

納棺時にかかる費用

  • 仏衣やお花、仮祭壇等

火葬から骨揚げまでにかかる費用

  • 霊柩車
  • 火葬代
  • 骨壺・骨袋
  • 火葬代

また補足ですが、火葬場で遺骨を引き取ってもらうゼロ葬の場合はもちろん散骨の費用はかかりません。

費用の相場

直葬の費用の相場

葬儀社によって提示の仕方には異なりますが、直葬では大体下記の内訳で費用がかかります。

  • 遺体搬送費:15,000円前後~
  • 防水シート、布団やマットレス、ドライアイス等:5,000円前後~
  • 棺:20,000円前後~
  • 火葬代:10,000円~50,000円程度
    ※故人の住民票がある場所かどうか、市営か民営かどうかで費用が異なります
  • 骨壺・骨袋:5,000円前後~
  • 仏衣やお花、仮祭壇等:10,000円前後~
  • その他安置等の作業費用:20,000円前後~

布団やマットレス、仏衣、お花など自分で用意できるものがある場合にはそれらを使うことで費用がおさえられる場合もあります。

葬儀の検索サイトなどでも直葬プランはいくつか見てみるとわかりますが、大体20万円前後が費用の相場となります。

まとめ

以上が直葬の費用の解説でした。

直葬は一般葬や家族葬などに比べても金額は格段に安いです。

しかし安いからという理由だけで選ぶのは注意が必要です。

僧侶を呼ばなかったことにより菩提寺に入れないであったり、親族の理解を得られない場合もあります。

葬儀で重視されることが大きい費用については、直葬以外にも事前に調べておいてどの葬儀形式にすべきかをしっかりと考えることが重要です。

ヒトシア編集部

ヒトシア編集部ヒトシア編集部

ヒトシア編集部です。 シニアの方々の、これからの人生がイキイキとなるような記事を執筆していきます。 毎月、ヒトシア編集部員が旅行、趣味、健康・美容、終活、介護についての先進的な取り組みをしているサービスや企業の事例をお届けします! フェイスブックを登録するとお得な情報を素早く取り入れることができます。

関連する記事

記事のカテゴリ