一日葬の費用相場と内訳 | お坊さんへのお布施はいくら払うの?

一日葬とは、通常の葬儀から通夜を省略した葬儀のことをいいます。
直葬では寂しい、一般葬や家族葬を行うには費用的な負担が大きいと感じられる方を中心に選ばれる方が増えてきました。
そのため一日葬という言葉を耳にしたり、目にする機会が増えてきました。
『家族葬や一般葬に比べると費用はどうなのか』『一日葬にした場合のお布施はどうなるのか』など気になることは沢山あると思います。ここでは一日葬の費用がどれくらいかかるのかについて解説していきます。

一日葬の費用相場

さまざまな葬儀社が一日葬のプランを用意しており、おおよそ30万円程の費用でプランを作成している葬儀社が多いです。
一日葬に限定して見てみると、オプションなども含めて30万~40万円程度葬儀代として支払っている方が多く一日葬の相場であるといえます。
これは家族葬の場合にかかる平均費用に比べると、10万円程安い費用です。一日葬と家族葬を比べた場合は費用の差は、思ったよりも差が無いと感じた方も多いのではないでしょうか。

一般葬と一日葬でかかる費用の差

一日葬の相場30万円~40万円に対して、一般葬の相場は195万円(2017年日本消費者協会アンカーと結果)となっています。
一般葬の相場は葬儀費用一式(119万円)と飲食代(29万円)とお布施(47万円)を含めた費用で算出されていますので、120万円程が相場といえるようです。
一日葬は家族葬と比較すると費用の差は小さいですが、一般葬と比較した場合は非常に安いといえます。
この差は、どこから来るものなのでしょうか。
まず、オプション費用やグレードアップを行う費用からくる差が最も大きいです。
それ以外には、参列者の数に伴う返礼品の費用や通夜を行う会場費の違いといえます。

一日葬の費用内訳

©snowing12/stock.adobe.com

一日葬を行う場合に必要な費用は、どのようなものがあるでしょうか。
通常の葬儀に比べて通夜が無くなるので、それによってどれくらい費用が変わるのか気になるところだと思います。
実際にどのようなものに費用を支払う必要があるのか、具体的に説明していきます。

式の施行料

葬儀自体に必要なものにかかる費用としては、祭壇・棺・骨つぼ・遺影写真・霊柩車などがあります。
パック料金になっている場合や1つずつ注文して費用を計算する場合など葬儀社によって料金体系はさまざまです。
どちらにしても、条件などが設定してある場合がありますので打ち合わせをする際にしっかり確認するようにしましょう。

式場の利用料

式場の利用料には、大きく分けて二種類あります。
まず、安置するのに必要な費用。
これは、控室を使用する費用になります。
注意が必要なのが、この費用は安置するために必要な会場費であるということです。
一日葬で葬儀を行う日数は一日でも、葬儀場を使用する日数は一日とは限りません。
二日もしくは、三日と複数日である場合がほとんどです。その分、使用料として費用が発生してきます。
次に、式場を使用するのに必要な費用です。一日葬の場合は通夜を行いませんから、通常の会場費より通夜の会場使用料分安くなる場合が多いです。

火葬場の使用料

火葬場の使用料も地域によって料金に大きな差があります。
その土地に住民票が無い方の火葬は、通常より割高になるケースがほとんどです。
別途火葬料金として請求される場合、葬儀プランの中に含まれている場合(プランに含まれる費用で足りない場合は追加料金)があります。

食事代

通夜が無いので、通夜振る舞いは無くなります。
単純に食事代ですので、人数が増えれば増えるだけ費用は高額になります。

香典返し

いただいた香典のお礼(お返し)です。
これは、参列のお礼を渡して後日改めてお礼をする地域。当日に香典のお返しを一緒にしてしまう地域とがあります。
もちろん、参列者が多い方が用意する香典返しの費用は高くなります。
お返しの方法の違いはありますが、香典に対して3分の1~半額程度の額でお礼をします。

花代

小規模な葬儀が増えてきたことにより、遺族がお花を用意していないとお別れの際に柩の中に入れるお花が無いというケースが出てきます。
生花1本あたり15000円~25000円のものを用意している葬儀社が多いようです。

お坊さんへ支払う費用

お坊さんに支払う費用というのは、つまりお布施です。細かく分けると、お布施・お車代・御膳料があります。
これらは、葬儀代金には含まれませんが必要になるお金です。

お布施

お坊さんを呼び、お経をあげてもらうことに対するお礼(お金)です。
お布施は、宗旨・人数・地域などによって費用が異なります。
実際にお坊さんに費用を聞いても『お気持ち結構です』と言われて包む費用が分からなくて困ったという方は多いのではないでしょうか。
葬儀社の担当者に聞けば相場は教えてもらえると思いますが、お寺さんは嫌がります。
お店で例えると、外部の人間が費用を決めているようなものですから当然といえば当然でしょう。
直接お坊さんに聞く場合は『他の方はどのくらい包まれていますか』とか『勉強不足で費用を教えていただけますか』と聞くのが当たり障りなくて良いと思います。

お車代

元々、お坊さんの送り迎えが出来ない場合に出していたものの名残です。渡すのか渡さないのかと悩ましいところですが、出されている方は5000円~10000円程包まれているようです。

御膳料

昔はお坊さんにも食事を用意していました。現在では次の葬儀や法要に移動しなければいけない場合など食事を召し上がれない場合が増えてきました。そのため御膳料としてお金を包む場合が増えています。お車代と同様、5000円~10000円程包まれている方が多いようです。

費用の支払い方法

©崇正 魚谷/stock.adobe.com

現金でもカードでも支払可能

以前は現金のみでの支払いの葬儀社がほとんどでしたが、現在ではカード払いに対応している葬儀社も少しずつですが増えてきました。
全ての葬儀社がカード払いに対応しているとはいえませんから確認が必要です。
また、カード払いに対応していても、上限費用が決まっている場合もあります。

分割払い対応の葬儀社もある

分割払いに対応している葬儀社というのは、『葬儀ローンを取り扱っている葬儀社』ということです。
注意が必要なのは、ローンを組むということですから審査が必要になるということです。
収入が年金だけという高齢者の場合は審査に通らないと思っておいた方が良いでしょう。
手続きなどもありますから、分割払いを希望する場合は打ち合わせの時点で担当者に分割払いを希望する旨を伝えておきましょう。

まとめ

一日葬の葬儀代は一般葬の相場より低いことが分かりました。
しかし、家族葬と比べると費用の差は小さくなります。
注意しなければいけないのは、日数と人数によって一日葬でも費用が思った以上にかかってしまう可能性があるということでしょう。
費用のみで判断するのではなく、総合的に判断して自分たちに合った葬儀を見つけることが大切です。

一日葬とは?費用と流れ、参列時のマナーをプロがまるごと解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:畑中 誠

この記事を書いた人:畑中 誠この記事を書いた人:畑中 誠

保有資格:葬祭ディレクター技能審査 葬祭ディレクター(1級)
大学卒業後、大手冠婚葬祭企業に入社。約10年間葬儀担当者として従事。現在は、葬儀関連の会社に勤務しながら終活ライターとして活躍中。

関連する記事

記事のカテゴリ