葬儀にふさわしいストッキングの選び方 ❘ 色やデニールのポイントをご紹介

©hanack/stock.adobe.com

葬儀に参列する際は、場に相応しい服装でなくてはなりません。

女性の場合はアンサンブルやスーツ、ワンピースなどに、パンプスやカバン、その他髪飾りなども全て光沢のない黒で統一するのがマナーと言われています。

今回は女性の服装マナーのうち、葬儀用のストッキングの注意点やお役立ちテクニックについて詳しく解説していきます。葬儀だけではなく法事の際にも参考にしていただけたらと思います。

▼女性が葬儀・通夜に着ていく服装マナーはコチラ

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

葬儀にふさわしいストッキングの色とは

スカートスタイルで葬儀に参列する場合、ストッキングを着用します。このストッキングについて「暗い色を用意すればOK?」「真っ黒じゃなくてもさりげない柄物なら良いのでは?」「ストッキングが無い場合はタイツでも大丈夫・・・」など思っていませんか?

意外と見落としがちな足元のマナー。

自己流で葬儀に出席すると、その場の服装マナーにそぐわず恥ずかしい思いをするかもしれないためしっかり確認しておきましょう。

基本的には黒色のストッキングをはく

通夜や葬儀、その他の法事などにスカートスタイルで参列する場合には、黒い無地のストッキングを着用しましょう。

黒は喪に服す色のため葬儀では足元まで黒に統一します。ストッキングの色は濃すぎず、肌が透けるくらいの黒色が良いとされています。

突然の連絡に慌てて私服で駆け付ける場合には黒色でなくてもいいですが、あくまで例外です。

肌色のストッキングは避けたほうが無難

一般参列者であれば肌色など目立たない色であればよい・・・という考えかたもありますが、実際のところ、黒色以外のストッキングで参列される方はほとんどいません。

大勢の参列者の中、一人だけ違う色のストッキングを履いていれば目立ってしまいます。葬儀に適したストッキングはコンビニエンスストアにも売っていますので、可能であれば黒色のストッキングで参列しましょう。

ストッキングの濃さやデニールの選びかた

葬儀のストッキングは、厚みにも決まりがあります。葬儀の場に応じたものを選ばなくてはなりません。

葬儀用ストッキングには20デニール程度の物が、上品に見えて良いとされています。20デニールとは、肌がしっかりと透けて見える厚さで、一般的に売られている葬儀用ストッキングは20デニールのため葬儀用のストッキングを購入しておけば安心です。

タイツはカジュアルと見られるためNG

ストッキングとタイツの違いは用途です。ストッキングは「足を綺麗に見せる」為の透け感のあるものであるのに対し、タイツは「寒さを防ぐため」に身に着けるものです。

厚みでいいますと、タイツは30デニール以上の厚みがあります。タイツは生地が分厚くカジュアルな印象になってしまうため、冠婚葬祭などフォーマルな場には、タイツではなくストッキングを履くことがマナーです。

ただし妊婦さんや持病をお持ちの方は、ご自分のお体を優先に無理のない服装を心がけて考えてくださいね。

冬場は60デニールほどのタイツでも問題ない

寒い冬に、寒さを我慢してまで薄手のストッキングで参列しなくてはならない訳ではありません。寒い日であれば50∼60デニールくらいの厚みのタイツであれば着用しても問題はありません。ちなみに60デニールは、足全体がほんのりと透ける程度の厚さです。

また、冬だけではなく春や秋でも冷房の寒さが気になってしまう場合もありますよね?そんな時には、肌色のストッキングの上に黒のストッキングを重ねて履く、2枚履きスタイルで参列することをおススメします。これなら厚みがでないので20デニールのストッキング一枚に見せることが出来ます。その他の寒さ対策としては、靴用のカイロを使用することもオススメです。

どうしても寒い場合には、パンツスタイルの喪服を選んでも良いでしょう。

夏場でもストッキングは着用するべき

夏の暑い時期は素足で過ごしている方も多いかと思いますが、葬儀に素足で参列するのはマナー違反となるため、必ずストッキングを着用しましょう。身に着けると冷たく感じる冷感ストッキングや、膝丈のストッキングが売られていますので、ご自分に合ったものを選んでくださいね。

ただし、短めのストッキングは葬儀中にずり落ちてしまうことの無いように気を付けてください。その他、暑さ対策としては足用の冷却スプレーを活用することも良いでしょう。

葬儀にはいていくストッキングで注意すべきこと

ここまでは葬儀のストッキングの厚みや色について説明しました。

まだまだ他にも葬儀用ストッキングでやってしまいがちなミスがあります。ちょっとしたことではありますが、知らなかったり、ウッカリ抜けていたりするとマナーに反してしまい恥ずかしい思いをすることもあるので確認していきましょう。

無地以外のものは選ばない

黒のストッキングには、ラメ入りのものやさりげない柄が入っているもの、ワンポイントの刺繍が入っているものがあります。これらを葬儀に履くのはNGです。

プレーンな無地のストッキングを選びましょう。間違えて不相応なストッキングを履いてしまわないように、葬儀用のストッキングを喪服と共に保管しておきましょう。

予備のストッキングを用意しておく

葬儀に限らず、フォーマルな場に行く場合にはストッキングが伝線してしまったときのために、予備を一足用意しておくと安心です。20デニールのストッキングは破れやすく、伝線した場合は目立ちやすいです。

履き替えることになってしまった際にも、焦らずにゆっくりと装着しましょう。時間が無いからといって無理やり引き上げると、再び伝線してしまったりムラができたりします。

派手なペディキュアは落としましょう

葬儀では靴を脱ぐ場面も多いです。ストッキングからネイルが透けてしまっては台無しです。派手なカラーを使っている場合やネイルアートが施してある場合には気を付けてください。

コンビニエンスストアなどでもネイル用品は売っていますので、除光液で落とすかナチュラルカラーを重ね塗りして目立たないようにしましょう。

▼葬儀・通夜におけるネイルのマナーを詳しく知りたい方はコチラ

葬式でのネイルはNG!ネイルを隠す7つの方法

まとめ

今回は、葬儀のストッキングについて解説しました。

身だしなみのマナーを守ることは、故人への弔意の表われです。長時間椅子に座ったり立ったりする葬儀の場では、意外と足元は目立ちます。間違いのない服装で心おきなくお別れの時間に立ち会うために、足元のマナーにも気を配りましょう。

もしもの時に備え、喪服だけでなく葬儀用ストッキングも用意しておいてはいかがでしょうか。

▼葬儀に参列する際のメイクに関するマナーも要チェック!

葬儀でのメイクの基本マナー|葬儀にふさわしい「片化粧」とは?

▼香典の包み方や書き方を確認したい方はコチラ

【香典のマナー】書き方から相場金額、お金の入れ方・渡し方まで解説

▼通夜・葬儀に参列する際の服装のマナーまとめはこちら

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ