葬儀に履いていく靴下の選び方とは?柄や色などマナーにあった選び方を解説

©Reklov Mhenrov/stock.adobe.com

大切な人とのお別れの場には、マナーを尽くした服装で参列したいものです。

今回はお通夜や葬儀、告別式の服装の中でも「靴下」についての解説です。「靴下は黒っぽいものなら問題ない!」と思っていませんか?

靴下は目立たないポイントだと思えるかもしれませんが、椅子に座ると裾の下からと見えてしまいます。

葬儀の知らせは突然訪れます。バタバタと準備をしなくてはならないときには靴下まで気が回らないかもしれません。この記事をご参考に、あらかじめ適切な靴下を準備しておきましょう。

葬儀の際の服装のマナーとは

靴下について解説する前に、まずは葬儀の服装マナーについて解説します。

葬儀では、黒を基本に、清潔感があり控えめな印象の服装が良いとされています。カジュアルな印象になるものや、光沢のあるものはNGです。ここではザックリと簡単に紹介させていただきますので、詳しく知りたいという方は服装マナーについて書いた記事をお読みください。

▼葬儀・通夜の服装に関する詳しいマナーはコチラ

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

男性の服装マナー

男性は黒のフォーマルスーツを着用します。

上着はダブルでもシングルでも構いませんが、光沢のない無地の素材を選んでください。

ワイシャツは長袖の白無地を着用します。ネクタイ、ベルト、靴は黒無地にしましょう。シンプルが良いとされますので、

ネクタイピンやアクセサリー、派手な時計などは外しましょう。動物の柄の入った製品は殺生をイメージさせるためNGです。

▼男性が葬儀・通夜に着ていく服装のマナーはコチラ

【男性向け】葬儀での服装はシンプルに| 光沢・柄が無いものを身に着けよう

女性の服装マナー

女性は黒のアンサンブルやスーツ、ワンピースを着用します。

肌の露出は極力避けるのがマナーです。季節にもよりますが、袖の長さは5分丈~長袖、スカートの長さは膝下~足首の物を選びます。パンプスやカバン、髪飾りは、光沢が少ない黒の物を身に着けます。

控えめな印象を心がけ、化粧はベージュ系を基調にしたナチュラルメイクにします。アクセサリーは真珠以外は着用しません。

▼女性が葬儀・通夜に着ていく服装のマナーはコチラ

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

男性が葬儀で着用する靴下のマナー

「喪服は用意できたのだけど、黒い靴下が見つからない!」となったとき、グレーや紺色などの靴下で参列しても良いのでしょうか。

突然の葬儀にも対応できるよう、足元のマナーを理解しておきましょう。それでは葬儀で着用する靴下について、男性の場合、女性の場合に分けて説明していきます。

靴下の色は黒のものを選ぶ

衣服の注意点同様、靴下も黒くシンプルな物を選びましょう。黒に近い色だからといって、グレーやネイビーなどの靴下にしてはいけません。

葬儀においてハンカチやブラウスなどで白色も身に着けますが、靴下は白色にしてはいけません。黒色の靴下を履くことが正しいマナーです。

靴下は目立たない箇所ではありますが、大勢の参列者の中に一人だけ違う色の靴下の方がいては目立ってしまいますので注意してください。

柄のない無地のものを選ぶ

フォーマルな場においては無地の靴下を履くようにしましょう。

「黒であれば模様が入っていてもいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、柄のついていない黒無地の靴下を履くことが正しいマナーです。目立たない柄であっても、柄やワンポイントが入っている靴下は避けてくださいね。

五本指のものや短いものは選ばない

色柄だけでなく丈にも着目してみてください。くるぶし丈やショート丈の靴下も売られていますが、椅子に座っても足首が露出することの無いように長めの丈を選びましょう。

また、五本指ソックスは仕事着や部屋着として身に着ける印象が強くフォーマルな場には相応しくありません。履物を履いていれば分かりませんが、脱いだ際にはカジュアルな印象になってしまいます。靴を脱ぐ可能性がある場合には控えておく方が無難です。

女性は葬儀ではストッキングを着用するのが一般的

女性が参列する際は、黒のストッキングを着用することがマナーとされています。肌が透けて見える薄さのものにします。

基本的には20デニールのストッキングですが、冬場は50~60デニールのタイツを着用しても問題はありません。チェックやストライプなどの柄の入ったものや、網目が柄になっているものが売られていますが、派手な印象を与えるためNGです。

たとえワンポイントの柄であってもカジュアルな印象を与えてしまいますので、黒無地のストッキングにしましょう。光沢のあるものやラメの入ったものも避けてください。

▼葬儀・通夜にふさわしいストッキングの選び方を知りたい方はコチラ

葬儀にふさわしいストッキングの選び方 ❘ 色やデニールのポイントをご紹介

子供が葬儀に参列する際の靴下の選び方

©paylessimages/stock.adobe.com

お通夜や葬儀では、子供にどのような靴下を履かせたらいいのでしょうか。

その前に、簡単に子供の服装マナーに触れておきます。子供の服装マナーは大人のように厳格ではありません。赤ちゃんや幼児が参列する際は、わざわざ正式な喪服を購入しなくとも、白や黒、グレーなど控えめな色を身に着ければ良いとされています。

制服があるのであれば、制服が子供の正装です。明るい色や柄が入った制服であっても気にする必要はありません。

それでは子供の靴下についてのマナーをこれからご紹介します。

子供の場合は地味な色合いであればOK

子供の場合は黒色や紺色、グレーなど地味な色合いの靴下であれば失礼には当たりません。地味な色合いであっても、派手な印象を与える柄のデザインは葬儀に相応しくありません。

チェック柄やキャラクターなどは避けましょう。控えめなデザインのワンポイント程度であれば大丈夫です。くるぶし丈はNGです。

女の子がスカートで出席する際は、大人のようにストッキングを履く必要はなく、タイツやハイソックスで大丈夫です。肌の露出が多くならないように気を付けてくださいね。

新生児服やベビー服の場合は、黒やグレーの靴下を探すのは難しいかと思います。その場合はベージュや白など、なるべく目につかない色合いを選べば宜しいかと思います。

制服がある場合は学生らしい色ならOK

幼稚園や保育園、小学校など、制服のある場合には制服が正装です。制服に準じた靴下であれば問題ありません。黒色がベストではありますが、学生らしい白無地やグレーの靴下でも大丈夫です。くるぶし丈ではなく長めの丈を選んでください。

▼子供が葬儀・通夜に着ていく服装のマナーはコチラ

葬儀・通夜に子供を参列させても良い?服装や靴・髪型のマナーもご紹介

まとめ

葬儀の靴下について解説しました。葬儀に参列する際は男性の場合は黒無地の靴下、女性は黒のストッキングが基本です。子供は地味な色合いのシンプルな靴下を着用しましょう。

葬儀用の靴下を所持していない場合には、駅の売店やコンビニエンスストア、百均ショップでも購入することが出来ます。お手元に無いからといってマナー違反の靴下で参列することの無いようにお気を付けください。

服装マナーは故人への気持ちの表われです。足元までマナーを尽くして参列しましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ