【男性向け】葬儀での服装はシンプルに| 光沢・柄が無いものを身に着けよう

©Ameashi/stock.adobe.com

男性の場合、葬儀ではどのような服を着用すれば良いのでしょうか。
大抵の方は、『喪服』や『黒のスーツ』と考えるでしょう。

通夜・告別式に着用する服を『喪服』といいますが、着用方法を間違えてしまうとマナー違反になりかねません。
この記事では、男性な場合の葬儀の服装について説明していきます。実際に着用する男性の方はもちろんですが、女性の方が男性の方にアドバイスされる際にも役に立つ記事ではないでしょうか。
是非、最後までお付き合いください。

服装はブラックスーツ(準礼装)が基本

喪服という言葉自体は、聞いたり使ったりされたことがある方は多いのではないでしょうか。
まず、冠婚葬祭の時に着用する服を礼装と呼びます。その中で、通夜・告別式で着用する服が喪服です。
喪服の中にも格式があり、上から順に『正式礼装』『準礼装』『略礼服』と呼びます。正式礼装は着用する場面や人を選びますから、一般的に喪服といえば準礼装のことを指します。
この準礼装は、シングルかダブルのブラックスーツとなります。ベストを着るのは避けておいた方が良いでしょう。

ここで注意が必要なのは、黒いスーツがブラックスーツではないということです。準礼装は黒いスーツですが、光沢の無い黒いスーツになります。
間違って光沢のある黒のスーツを着用して葬儀に参列するのはマナー違反ですので注意が必要です。
通夜の場合は、ダークスーツなどの略礼装でも構いません。
しかし、カジュアルでない・控え目であること・地味であることを守る必要があります。

親族はモーニングコート(正式礼装)でも可

あまり見る機会はありませんが、遺族や三親等以内の親族の場合はモーニングコートを着用することも出来ます。モーニングコートは黒のジャケットとベストに、黒かグレーのズボンである場合がほとんどです。白無地のシャツに黒のネクタイ、黒かシルバーのアクセサリーが基本構成となります。
着用するのは、告別式の時だけですので通夜では着用しません。

▼葬儀・通夜で着ていく礼服について詳しく知りたい方はコチラ

葬儀における礼服とは?通夜・葬儀の服装マナーについて

ワイシャツは白!色柄は控えよう

葬儀の際に黒などのカラーシャツを着用して参列している方を見ることがありますが、これはマナー違反になります。
基本は、白無地のワイシャツを着用しましょう。襟も、レギュラーかワイドカラーまでに留めておく方が良いでしょう。ストライプや柄の入っているシャツはカジュアルな服とみなされてしまうので注意が必要です。
また、シャツに関しても、光沢のあるものは避けるようにします。自宅などで確認したときには馴染んでいると思っても、葬儀場に着いたら変に目立ってしまったというのはよくある話です。
見落としがちですが、ボタンも白のものを選びましょう。

ネクタイの色は黒・光沢がないもの

通夜の際は、略礼服でも構いませんがネクタイだけは黒のネクタイを着用します。
この場合のネクタイも、黒無地のものを選びます。スーツやシャツと同じく光沢やストライプ、柄が入っているものは避けましょう。
ネクタイをする時の注意点として、ネクタイピンは使用しません。これは、ネクタイピンが光物として考えられるためです。
ネクタイピンをネクタイが動かないように固定する目的で着用されている方も多いのではないでしょうか。このような方は、真珠付きのネクタイピンであれば使用することが出来ます。真珠は悲しみの涙を表すものですから、唯一の例外として着用することが出来ます。

窪みができないようにまっすぐ結びましょう

シャツ(首回り)の問題もありますが、第一ボタンを外してネクタイを緩く結ばれている方も多数いらっしゃいます。しかし葬儀においてネクタイを真っすぐしっかり締めるのは最低限のマナーです。
また、ネクタイを締める際に結び目の下に窪み(ディンプル)を作られている方を見かけます。これも葬儀のマナー違反になってしまいますから、葬儀の場合はディンプルを作らないようにしましょう。ディンプルは、ネクタイを立体的にしたり華やかにする効果がありますので、葬儀の場面には不適切です。

▼葬儀・通夜でのネクタイのマナーを詳しく知りたい方はコチラ

葬儀にふさわしいネクタイの選び方とは?結び方や色の選び方から、やってはいけないNG例までご紹介

時計は華美すぎなければ着けてもいい

時計に関しては、華美でないものであれば着用しても問題ありません。
着用できる時計の目安としては、大きすぎないもので丸や四角(正方形・長方形)のものです。盤面だけに注意が行きがちですが、厚みにも気を付けましょう。
もちろん、華美でないという前提がありますから時計のデザインは盤面が白か黒のシンプルなものを選びましょう。
素材はシルバーのものが無難で、ゴールドの物は避けます。ベルトはシルバーか黒の革のものが良いでしょう。また、針の数の多いクロノグラフは葬儀の場面には避けた方が良い時計といえますから避けておいた方が良いです。

▼葬儀・通夜につけていく腕時計のマナーを知りたい方はコチラ

葬儀で腕時計は着けてもいい?葬儀にふさわしい時計の選び方

靴には注意!金具はNG

スーツ・シャツ・ネクタイ・時計と注意点を説明してきました。残るのは靴ということになりますが、靴は案外見落としがちな項目です。
葬儀の場合に選ぶ靴は、黒一択です。
近年では、ビジネスの場面で茶色などの靴を履いている方が増えてきました。しかし葬儀の場面では、不適切な上に悪目立ちしてしまいますから注意が必要です。ウイングチップやUチップなどのデザイン性の高いものも葬儀の場面では適しません。

革靴のデザインですが、紐を通す革が内側(内羽根)に縫い付けられている紐靴を選ぶようにしましょう。
また、金具の付いた革靴はカジュアルなデザインになってしまうため葬儀で履く革靴としては不適切です。つま先のデザインも、ストレートチップや何も入っていないプレーントゥーのようにデザイン性の高くないものが葬儀の場面には適しています。靴の素材にも注意が必要で、スエードや動物の皮を使用したものは、殺生を連想してしまうので葬儀の場面に適した靴とはいえません。

葬儀での髪型や持ち物にも注意が必要

髪型:ワックスの付けすぎ注意!清潔感がある髪型で

身だしなみとして、清潔感のある髪型というのは非常に重要なポイントであるといえます。
髪を整える際に、ワックスなどの整髪料を使用される方もいらっしゃるのではないでしょうか。葬儀の場でも整髪料は使用してかまいませんが、艶と匂いには注意が必要です。
艶の出る整髪料や匂いの強い整髪料は避けるようにしましょう。髪型を固定するためにスプレーを使う場合もありますが、使い過ぎて髪に艶が出過ぎてしまうこともあるので注意しましょう。

髪の長さにも注意が必要で、お辞儀をした際に髪が流れてしまうのは好ましくありません。長髪の場合は、後ろで束ねておく方が都合が良いでしょう。
また、髪の色も明るい色の方は黒彩スプレーなどで暗くし、パーマをかけている方も、なるべくストレートにしておく方が良いといえます。

▼葬儀・通夜での髪型のマナーを詳しく知りたい方はコチラ

お葬式・通夜での髪型のマナー|男女別や髪の長さ別に詳しく解説

持ち物:数珠は持ちましたか?

©naka/stock.adobe.com

数珠を忘れて葬儀場に来られる方は非常に多いです。
必要の無い場合もありますが、数珠は忘れずに持って行くようにしましょう。
忘れた場合でも葬儀場で借りれることがありますが、貸せれる数にも限りがありますから注意が必要です。
数珠の形は宗派によって異なりますが、ご自身の持たれている数珠を持って行けば問題ありません。数珠には男性用・女性用がありますから、その点は注意が必要です。特徴としては、男性用は少し大きめの玉で落ち着いた色をしています。
また、数珠の房に癖が付いてしまっている場合もあるでしょう。お湯の蒸気にしばらく当てておいたら癖が取れてきます。簡単に取れますから参考にしてみてください。持ち運びの際は、数珠袋に入れて持ち運ぶことできれいな状態を保てます。

▼葬儀・通夜での持ち物を確認した方はコチラ

葬儀やお通夜の持ち物チェックリスト~参列者編~ ❘ 出かける前に必ず確認しよう

まとめ

男性の葬儀での服装について

今回は男性の場合の服装について説明しましたが、十分理解していただけたでしょうか。
服装で重要なのは、似合う似合わないではありません。フォーマルな格好が出来ているか否かということが重要になります。
この記事を参考にしていただいてマナー違反でないフォーマルな格好を身に着けていただけたら幸いです。

▼葬儀・通夜での服装マナーを知りたい方はコチラ

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:畑中 誠

この記事を書いた人:畑中 誠この記事を書いた人:畑中 誠

保有資格:葬祭ディレクター技能審査 葬祭ディレクター(1級)
大学卒業後、大手冠婚葬祭企業に入社。約10年間葬儀担当者として従事。現在は、葬儀関連の会社に勤務しながら終活ライターとして活躍中。

関連する記事

記事のカテゴリ