【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

お通夜やお葬儀の時、服装には気を遣う必要があります。喪服にはしきたりが多く、ただ単に黒い服を着用すればいいわけではありません。
服装を考えるときに最も大切なことは、故人を偲ぶ気持ちです。
喪服とは、本来は遺族が喪に服していることを示すものです。そのため、一般参列者は喪服でなくても地味な服装であれば問題ないと言われています。それでも、最低限の服装マナーは踏まえて葬儀に出席しなくてはなりません。
今回は、葬儀の際の洋装・和装の服装マナーについて解説します。

女性の服装―洋装の場合

ひと昔までは、正喪服は五つ紋付きの和服といわれていましたが、近年では和装でも洋装でもどちらでも構いません。
洋装には格式の高い喪服である『正喪服』、一般的な喪服である『準喪服』、地味な平服を表す『略喪服』の3タイプがあります。
遺族は正喪服、一般会葬者は準喪服か略喪服とされており、一般参列者が正喪服で参列することはマナー違反とされています。
ただし、お通夜では遺族も正喪服ではなく準喪服が望ましいです。
それでは洋装から解説します。

ワンピース型の喪服が一般的

洋装では、黒無地のシルクかウールのワンピースやスーツ、アンサンブルが基本ですが、よく選ばれているのはワンピースです。このワンピースは透けたり光沢のある素材はNGとされています。
正喪服はローブモンタントを原型とした襟元のつまった長袖が基本です。この正喪服に対し格式が下がる礼装が一般的な喪服と言われる準喪服です。
準喪服は流行を取り入れたようなものもありますが、正喪服に準ずる喪服ですので光沢や透ける生地は避け、地味なデザインを選びましょう。露出が少なく体のラインが出ない、ゆったりしたものが好ましいです。スカート丈は膝下になるようにします。
ワンピースの袖が七分丈より短い場合にはジャケットを着用しましょう。

アクセサリーはシンプルな「真珠」

葬儀は着飾る場所ではありませんので、アクセサリーは基本的には結婚指輪以外NGとされています。例外的に「涙を連想させる宝石」として真珠のアクセサリーつけることが可能ですが、ネックレスもしくはイヤリングのどちらかワンポイントにしましょう。
真珠のアクセサリーをつける際は、真珠の形は丸形で、色は黒か白またはグレーを選びましょう。また、ネックレスは二連のタイプは不幸が重なるとされるため避ける慣わしがあります。
イヤリングの場合は大きすぎない一粒の物で、耳からぶら下がるタイプは目立つので避けるのが無難です。
全体の雰囲気が派手にならないかを考えて身に着けましょう。

▼葬儀・通夜でのアクセサリーのマナーについてはコチラ

【女性向け】葬儀でのアクセサリーのマナーは?「真珠」と「結婚指輪」はOK!

ストッキングは黒色のものを

ストッキングは黒色で、柄のない無地のものを使用しましょう。厚手のものは避け、肌が少し透ける程度のものが良いとされています。
しかし、それだと冬だと寒いと思われるかもしれません。どうしても寒い時は、肌色のストッキングの上に、黒色のストッキングを重ね履きすると良いでしょう。ただしご高齢の方や妊婦さんは無理せずに長めのスカートやズボンを着用するなど、体を冷やさないようにしてください。
一方で夏であっても素足や肌色のストッキングのみで参列することは控えましょう。
タイツはカジュアルな印象になるためマナー違反とされています。

▼葬儀・通夜にふさわしいストッキングの選び方知りたい方はコチラ

葬儀にふさわしいストッキングの選び方 ❘ 色やデニールのポイントをご紹介

靴は高すぎないヒールのパンプスが◎

靴は殺生を連想させる生き物の皮(動物・爬虫類の皮革)の靴は避けるのがマナーです。布製や本革のパンプスを履きましょう。
靴を選ぶ際はツヤを抑えたものを選びましょう。色は落ち着いた黒無地を選んでください。ヒールの高さは5センチ以内を目途にします。ヒールは太めを選びます。
ピンヒールのような細いヒールは、派手な印象になりますので避けた方が良いでしょう。カジュアルな雰囲気や派手な印象にならないように心がけましょう。

▼通夜・葬儀に履いていく靴のマナーはこちらをチェック

通夜・葬儀に履いていく靴のマナー|色や素材、装飾の有無を確認!

女性の服装-和装の場合

近しい親族が無くなった際に着用するケースが多いのが和装です。普段和装を着なれていない方が多いため、葬儀の際には不足品がないかの確認や着付け、ヘアースタイルのセットなど、慌ただしくなりがちです。最近の葬儀では、開式の前に写真撮影が行われることも多く、余裕をもって準備をしなくてはなりません。いざという時に慌てなくても良いように和装のマナーを知っておきましょう。

和装を着るのは近親者が一般的

洋装と同様に和装にも着物と帯の組み合わせによって格式があります。
格の高い方から、「黒喪服に黒喪帯」「黒喪服に色喪帯」「色喪服に黒喪帯」「色喪服に色喪帯」の順になります。
しかし近年、近親者以外が和装を着ることは珍しくなり、和装の喪服は黒一色が主流になっています。本来、格式さえ間違えなければどなたが和装を着用しても良いのですが、参列者が和装で参列すると「和装を着るのは近親者のみ」と違和感を持たれる場合もあるので控えておくほうが無難です。
黒喪服は、かつては嫁入り道具として用意することが多かったのですが、最近では持ち合わせていない場合も多いと思います。ほとんどの葬儀社でレンタルが可能なので利用すると良いでしょう。

着物や帯の色は黒

和装の正喪服は、染め抜き五つ紋の黒無地の着物です。染め抜き五つ紋とは、黒地に白く染めた紋が左右の胸、左右の袖、首筋の下の合わせて5か所に入っている着物です。
紋が1か所、3か所、5か所と、数が増えるごとに格が上がり、五つ紋は最上級と言われています。色はなるべく深みのある黒を選びましょう。
生地は、冬は羽二重か一越縮緬、夏ものには駒絽か平絽を使用します。帯は黒無地の名古屋帯が一般的とされています。帯締めや帯揚げも黒の物を選びましょう。

和装の着付けに揃えておくもの

喪服を着る機会は突然訪れます。慌ててしまわないよう必要な物の確認をしておきましょう。
必要となるものは、黒喪服、黒喪帯、帯揚げ(黒)、帯締め(黒)、長襦袢(白)、裾避け、半襟(白)、襟芯、肌襦袢、伊達締め、帯枕(黒)、前板、腰ひも、足袋(白)、補正用タオル、コーリンベルトです。
半襟は、刺繍のない白無地の物を長襦袢に縫い付けます。半襟は自分で縫い付ける必要があるものがあります。自分で縫い付けることは困難な場合には、呉服屋や着付けの先生に依頼するなどしておきましょう。
ただし、日数がかかる場合がありますので早めに対応する必要があります。

ヘアスタイルや身だしなみにも注意しましょう

大切な方を送る最後の時間、なるべく綺麗な格好で送り出したいと思われる方も多いのではないでしょうか。
葬儀では服装以外の身だしなみに関してもマナーがあるため、いつもと同じ化粧やヘアスタイルでは恥ずかしい思いをするかもしれません。
場に応じた美しさで参列しましょう。

髪型は派手すぎず、まとめておくのがベスト

長い髪は耳より下の位置で一つにまとめればよろしいかと思います。
焼香の際に髪がかからないように、前髪も含め、しっかり固定しましょう。このときのヘアアクセサリーは、黒系の地味なものを選ぶようにします。髪の色も黒色がベストですが、最近では髪を染めている人は珍しくありません。
普段から茶髪であれば黒染めすることで逆に注目されることもあり得るため、わざわざ染め直す必要はありません。ただし金髪や、不自然に華やかな髪色の場合は黒染めや黒彩スプレーをした方が良いでしょう。

▼葬儀・通夜での女性の髪型のマナーを知りたい方はコチラ

【女性向け】葬儀の際は「清潔感」のある髪型に |へアアクセサリーの選び方も併せて解説

葬儀のメイクは控えめが肝心

葬儀は飾る場ではありません。だからといってノーメイクで参列するのもマナー違反です。
厚化粧にならないシンプルなメイクを心がけましょう。パールやラメの入ったものや、ツヤを出すハイライト、リップグロスなどは避けるのが無難です。薄地の化粧下地に薄めのファンデーション、ベージュやブラウン系のアイシャドウ、ナチュラルな色の口紅程度の化粧が良いです。
マスカラやアイシャドウなどは涙で流れる場合がありますので気を付けてください。

▼葬儀・通夜でのメイクのマナーについてはコチラ

葬儀でのメイクの基本マナー|葬儀にふさわしい「片化粧」とは?

また、ネイルは落とすか葬儀用の黒い手袋で隠しましょう。

▼葬儀・通夜でのネイルのマナーや隠し方についてはコチラ

葬式でのネイルはNG!ネイルを隠す7つの方法

身だしなみや持ち物を確認しましょう

持ち物のエチケットとして、鞄はリボンなどの装飾がない黒無地ハンドバックにしましょう。傘も黒色に近い目立ちにくい色が好ましいです。派手な傘しか持ち合わせていないのであればビニール傘の方が良いでしょう。腕時計は外し、葬儀中は極力見ないようにしましょう。
強い臭いを身にまとって参列するのもマナー違反となります。たばこや香水の強い臭いなどを感じさせないように気を付けてください。ハンカチは白か黒色の無地が無難です。
数珠、香典など、葬儀で必要な物を忘れていないことを確認してから参列しましょう。

▼葬儀・通夜の持ち物を確認したい方はコチラ

葬儀やお通夜の持ち物チェックリスト~参列者編~ ❘ 出かける前に必ず確認しよう

まとめ

女性の葬儀での服装について

葬儀に参列する際女性の服装マナーについて、お分かりいただけましたでしょうか。
服装マナーを守ることは、故人や家族への配慮です。決まり事を知りふさわしい服装で参列することで、礼を欠くことなく大切な方とのお別れができると思います。
いざという時に慌ててしまわないように、あらかじめ揃えておきましょう。

▼葬儀・通夜での服装のマナーを知りたい方はコチラ

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ