仏壇の魂抜きをする意味とは?お布施の相場や準備するお供え、流れも解説

お仏壇の魂抜きという言葉を聞いたことがあるでしょうか。仏壇が自宅にある方でも、聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。

本記事では魂抜きとは何なのか、いつ行うものなのかについてを解説していきます。

魂抜きとは

魂抜きは、魂入れとは逆の儀式です。魂入れでは、お墓やお仏壇、御位牌などに魂を宿らせる儀式ですが、魂抜きはお仏壇などに宿った魂を抜いて、処分したり移動させたり出来るようにする儀式のことです。

一般的には菩提寺の住職に依頼し、魂抜きの読経をして頂きます。「魂抜き」という言い方の他にも「閉眼(へいがん)供養」「御性根(おしょうね)抜き」「御霊(みたま)抜き」などと言ったりします。

ただし、「魂入れ」「魂抜き」を行うのは浄土真宗以外の宗派で、浄土真宗では「魂」という概念が無いので行いません。浄土真宗では、魂入れ・魂抜きの代わりに「入仏法要」「遷仏法要(せんぶつほうよう)」という儀式を行います。

仏壇以外で魂抜きをするもの

仏壇以外で、処分や移動の際に魂抜きをする必要があるのは、お墓・位牌・仏像・掛け軸・遺影・仏具などです

お墓も墓じまいをしたり、建て替えたり、お引越しをする前には魂抜きが必要です。位牌は、葬儀の際の白木の仮位牌から、本位牌に作り変える際には白木の仮位牌から魂抜きをし、新しい本位牌に魂入れをする必要があります。

仏像や掛け軸も、新しく購入したり、買い替えをした場合には古いものは魂抜きをして処分をします。

「遺影や仏具などの処分をする際、魂抜きは必ずしなければならない」という事はありません。ただ、今まで長く自宅においてあったり毎日拝んでいた場合には、思い入れもあるでしょうし、そのままゴミとして処分するのは抵抗がある方も多いと思いますので、その場合には魂抜きをして頂いてから処分するのが良いでしょう。

仏壇の魂抜きが必要な時

どのような場合に仏壇の魂抜きが必要なのでしょうか。処分をするとき以外にも魂抜きが必要な場合もありますので具体的に見ていきましょう。

引っ越しする時

引っ越しをする際には魂抜きが必要だと考える方がいらっしゃいます。(不要とする方もいます。)ただ、家の中で仏壇を移動させる場合には不要とするケースが多いようです。お寺の考えによっても違う場合があるので、不安な時は菩提寺の住職に相談すると良いでしょう。

同じ敷地内でも一度、仏壇を戸外に出して別棟に移動させるような場合には、例え遠方への引っ越しではなくても魂抜きが必要になります。

仏壇を買い替える時

仏壇を買い替える際にも魂抜きが必要になります。新しい仏壇を購入し、古い仏壇の魂抜きをした上で、新しい仏壇へ魂入れを行うと僧侶に読経して頂くのも一度で済むのでスムーズです。

コンパクトな仏壇であれば、僧侶に自宅に来て頂かなくても、自分たちでお寺に持っていって魂抜き・魂入れをして頂くことも可能です。(お寺によります。)

仏壇を処分する時

仏壇を処分する際には魂抜きを必ずしてからにしましょう。魂抜きをせずに処分してしまうと、御本尊様、ご先祖様など故人の魂をそのまま処分してしまうことになるので絶対にやめましょう。

魂抜きをした後は、菩提寺や専門業者に依頼してお焚き上げをして頂くか、ゴミとして処分する形になります。

引っ越しの際に魂抜きは必ずしないとダメ?

引っ越しや移動の際の魂抜きに関しては、必要とする考え方と不要とする考え方がどちらもあります。

必要とする考え方は、狭いトラックなどの中に入れ、長時間移動しなければならなかったり、破損する可能性もあったりするため、そのまま御本尊様やご先祖様を宿らせておくのは失礼だとする考え方です。

逆に不要とする考え方は、魂抜きや魂入れにも僧侶にお布施を払う必要もありますし、単なる移動にそこまで必要なのか、単に移動の前にお仏壇に手を合わせて「しばらくの間ご迷惑をおかけします」と挨拶するくらいで良いのではないか、とする考え方です。

引っ越しの際の魂抜きを必ずしなければ不幸になる、などということはありません。普段のお仏壇との付き合い方などを踏まえた上で自分で決めて良いのです。

魂抜きの依頼先

魂抜きは基本的には菩提寺の住職にお願いすることになります。もし、菩提寺が無ければ近くの仏壇・仏具屋さんに相談すると紹介してくれることもありますし、専門業者を自分で見つけて依頼することもできます。

また、必要な時だけ僧侶に来てもらえるお坊さん便などのサービスもあります。こちらは値段もはっきり決まっているので、頼む場合は安心です。

自分で魂抜きをすることはできる?

信仰心が深い方でも、自分で魂抜きの儀式自体を行うことは出来ません。読経は僧侶にお願いする必要があります。専門業者を手配して、仏壇の運搬・提携しているお寺での魂抜き・処分まで行ってくれる業者に依頼することは出来るでしょう。

魂抜きまでに準備するものは?

魂抜きには準備しておくものがあります。詳しく見ていきましょう。

五供

魂抜きの当日は、仏教において基本のお供えである五供(ごくう)を用意します。五供とは、「香」「花」「灯明」「水」「飲食」をさします。

具体的には

  • 「香」…お線香
  • 「花」…お花
  • 「灯明」…ろうそく
  • 「水」…水かお茶
  • 「飲食」…ご飯やお菓子

これらは予め準備しておいて、当日飾るようにします。魂入れとは違って、いつもより特別豪華にする必要はありません。

また、宗派や地域、お寺によってお供えものの違いが多少ある場合もあります。気になる場合には、僧侶に確認すると良いでしょう。

お布施

僧侶に魂抜きの読経をお願いする場合には御布施が必要になります。魂抜き当日より前にお寺に出向いてお布施をお渡しするのが丁寧ですが、難しければ魂抜き当日に僧侶に渡す形で問題ありません。

魂抜きの相場もありますが、地域やお寺によって金額が違う場合もありますし、お寺によってははっきりと金額を決めている場合もあります。不安な場合には、僧侶に事前に日時の相談などする際に一緒に金額を尋ねておきましょう。「魂抜きの際はいかほどお包みすればよろしいでしょうか」などと確認します。

もし、「お気持ちで十分です」などとはっきりと答えが聞けない場合には「皆様はどれくらい包まれてますか」と聞くと答えてくれる場合もあります。僧侶に金額を確認することは失礼ではありません。

その他

僧侶に座って頂くための座布団や、おりんなどの仏具は用意しておくようにしましょう。特別必要なものが無いかどうか僧侶にも確認しておくと良いでしょう。宗派によっては必要なものが違う場合があります。

また、仏壇を処分をするための魂抜きの場合には、これまでの感謝の気持ちを込めて仏壇や仏具もきれいに掃除しておくと良いですね。

魂抜きのお布施

魂抜きの際に僧侶に渡すのはお布施になります。相場や表書きの書き方など詳しく見ていきましょう。

相場金額

魂抜きの相場は地域によって違いもありますが、1~3万円です。僧侶に自宅に来て頂く場合には5千円~1万円程度のお車代も渡します。「死」を連想させる4万円は避けるようにしましょう。

包み方・書き方

御布施は、白い無地の奉書紙もしくは白無地の封筒に入れてお渡しします。お金は封筒を表にしたときにお札の表が来るように入れます。香典とは逆の入れ方です。お札はなるべく新札を用意して入れるようにしましょう。

封筒の表書きは「お布施」となります。表書きの下には、その家の主の方の名前をフルネームで書くと良いでしょう。表書きや名前を薄墨で書く必要はありません。

お布施の渡し方

御布施を渡すのは儀式の前でも後でも構いません。儀式の前であれば「本日は宜しくお願い致します」、終わった後であれば「本日はありがとうございました」などと一言添えてお渡しします。渡す際には、切手盆と呼ばれる黒塗りのお盆や袱紗の上に乗せて差し出します。

魂抜きの際の服装は?

魂抜きの際の服装は平服で構いません。礼服である必要はありませんが、カジュアルすぎる服や派手な服やアクセサリーなども避けた方が良いでしょう。迷われたら地味な色使いで露出が少ない服装をお勧めします。

まとめ

魂抜きをせずにお仏壇を処分してしまうと御本尊様やご先祖様の魂が宿ったまま処分してしまうことになります。処分をする場合には必ず魂抜きをしてから処分を依頼するようにします。

引っ越しなど仏壇を移動させる場合は考え方もそれぞれあります。迷った場合は、菩提寺の住職に相談するなどして自分が納得できる形に決めましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ