仏壇の魂入れとは?お布施の相場金額や包み方、準備するものも解説

新しく仏壇を購入した場合に「魂入れ」をしなければならない事はご存じでしょうか。そもそも「魂入れ」とは何なのか、どのような準備をしなければならないのかという点について解説していきます。

魂入れとは

「魂入れ」とは新しく仏壇を購入したり、引っ越しをした後や、仮位牌から新しい位牌を作った時、お墓を立てた際などに菩提寺の僧侶に読経してもらい、お仏壇の御本尊様や位牌に魂が宿るようにしてもらう行事のことです。浄土真宗以外の宗派で行います。

正確には仏壇に対してではなく、御本尊様や、位牌、お墓に対して行うものです。

「魂入れ」の他にも、「開眼(かいがん)供養」、「御魂(みたま)入れ」、「御性根(おしょうね)入れ」、「入魂(にゅうこん)式」、「仏壇開き」などと呼ばれたりします。

自宅で僧侶を招いて行う場合が多いですが、お寺に仏壇や御位牌を持っていけるのであれば、自分で持っていて魂入れをして貰うことも可能です。この辺りは、お願いする僧侶に相談して決めると良いでしょう。

魂入れが必要な時

魂入れが必要になる時はどのような時なのでしょうか。詳しく見てきましょう。

新しく仏壇(位牌)を買った時、仏壇を買い替えた時

一つ目は仏壇を新しく買ったときや、仏壇を買い替えたときです。魂入れを行わない仏壇はただの木の箱であるとも言えます。

初めて仏壇をその家に迎える場合には、一緒に御本尊様も購入していると思うので、御本尊様に対しても魂入れを行います。魂入れをすることで、「仏壇」として使えるようになります。

浄土真宗以外の仏教では故人が亡くなってから四十九日目で仏になるとされているので、四十九日に間に合うように、位牌も葬儀の際に僧侶が用意してくださった白木の仮位牌から本位牌を作られる方が多いです。

初仏の際には四十九日までに仏壇を用意し、仏壇や御本尊様、御位牌なども合わせて四十九日法要に魂入れをされる方が多いです。

御位牌も本位牌にする際には魂入れが必要になりますので、魂入れの際に古い仮位牌の処分を僧侶にお願いすることがほとんどです。

仏壇を買い替える際にも、古いお仏壇の「魂抜き」(閉眼供養)をした上で、新しいお仏壇に「魂入れ」を行います。魂抜きをせずに古いお仏壇を処分してしまうと、御本尊様やご先祖様も一緒に処分してしまうことになりますので注意してください。

引越した後

次に、引っ越しをする際にも魂入れが必要です。一度、引っ越しをする前に魂抜きをし、ご先祖様にもお引越しをすることをお知らせし、引っ越しをした後に魂入れを行います。

同じ敷地内でも、一度お仏壇を外に出し、別棟へ移動させるような場合も魂抜き、魂入れを行う必要があります。

同じ家の中で別の部屋に移動させたり、同じ部屋の中で配置を変える分には必要ありません。

お墓を新しく建てた時

お墓を新しく建てた時にも「魂入れ(開眼供養)」が必要になります。仏壇と同様に、魂入れをしていないお墓はただの石の置物ということになります。

一般的には、四十九日法要の際に納骨を行いますが、お墓を四十九日までに間に合わせるのは難しい場合が多いので、出来た段階や一周忌などを目安に検討し、納骨式やその他法要と合わせて、魂入れをして貰うとスムーズでしょう。

仏壇の魂入れはいつ行う?

前述したように、浄土真宗以外の仏教では四十九日で仏になるとされているので、出来れば四十九日法要と合わせて仏壇や御位牌の魂入れを僧侶に依頼すると一度で済むのでスムーズです。もし、四十九日が難しい場合には、初盆や一周忌など他の法要とまとめられると良いでしょう。

引っ越しの際には、引っ越す一か月前から前日までに魂抜きを依頼し、引っ越し後一か月以内を目安に魂入れができると良いですね。

魂入れをしないと、仏壇は使えない?

近年はミニ仏壇なども増え、御本尊様を置かずに故人の写真を置いたり、御位牌を作らずに分骨したお骨を置いたりして故人の冥福を祈る方も増えてきました。

そもそも、お仏壇は家の中の小さなお寺としての役割を果たしてきました。祈りの対象を故人に重点を置く方や無宗教の方の場合、魂入れをしないと仏壇を使えないということはありません。

これまでの「仏壇」としての使い方ではなく、「故人の冥福を祈る」「故人を偲ぶ」ということに重点を置く方は、魂入れをせずに供養するための物として仏壇を利用する事に問題はありません。

準備しておくもの

魂入れは仏教においては慶事なので、一般的な法要とはお供え物や用意するものが変わってきます。詳しくみていきましょう。

仏具など

新しい仏壇に魂入れをする場合には、御本尊様、御位牌、仏具一式などお仏壇に祀るものは全て用意しておくようにしましょう。

お供え物

お仏壇へのお供えは魂入れの当日にお供えするようにします。各宗派で多少違いがありますが、基本的には下記のお供えを用意します。

  1. ご飯:炊き立てのご飯を仏器膳に盛り、仏壇に供える
  2. :普段よりも豪華なお花を花立に飾る
  3. ろうそく:火立てに朱色のろうそくを用意しておく
  4. お供え物:高月にお餅やフルーツ、お菓子などを供える

※霊供膳にお料理を供えする事もありまります。
※小机に海の幸、山の幸、里の幸、清酒、洗米等を飾る場合もあります。

お供え物に関しては地域や宗派によって違いがありますので、菩提寺の僧侶に相談すると安心です。魂入れ自体は慶事ですので、出来るだけいつもよりも豪華に飾るのが良いでしょう。

また、もし法事と一緒に行う場合には、魂入れの後に法事を行うのが一般的です。この場合には、ろうそくは法事が始まる前に白色のものに変え、魂入れのためのお供え物も下げます。

お布施

僧侶に魂入れをお願いする際には御布施が必要になります。魂入れの相場は1万~3万円ですが、地域やそのお寺によって変わります。不安な場合には金額について事前に僧侶に相談しておくと良いでしょう。

仏壇に魂入れをお願いする際に、四十九日法要や一周忌法要など、法要も一緒に執り行う場合には、法要に対してのお布施と別で用意する必要があります。

当日の流れ

魂入れのみを行う場合と、法要を一緒に行う場合で当日の流れを解説していきます。

①参列者や僧侶の到着

自宅で行う場合には、参列者や僧侶が到着したら始まるまでの間、お茶などを出して少しの間雑談などをしておもてなしをします。この段階でお布施を渡す場合もあります。

②開式

時間になりましたら、僧侶に「本日は宜しくお願いします」などと言って読経を初めて貰います。

③読経

読経後しばらくしてから焼香が始まります。

④焼香

僧侶の案内に従って参列者は順番に焼香を行います。

⑤閉式

閉式の際に僧侶から法話がある場合もあります。法話が終わったら施主から一言皆様に御礼を伝えるのが良いでしょう。

——————

魂入れのみの場合はここまでです。この後に会食を行う場合もあります。法要も行う場合は以下に続きます。

⑥準備

法要を同日に行う場合には、ろうそくを白いものに変えたり、お膳を下げたりします。僧侶も袈裟を慶事用から弔事用に着替えますので、自宅で行う場合には着替えられる別室などを用意しておくと良いでしょう。

⑦読経

読経後しばらくしてから焼香が始まります。

⑧焼香

施主となる方から始まり、故人と関係が近い方から順番に焼香をしていきます。

⑩閉式

読経終了後、僧侶から法話がある場合があります。

そのあと、施主から今日の法要に参列して頂いた方へお礼の言葉を述べると良いでしょう。

⑪会食

法要の後は会食を行うのが一般的です。僧侶が会食に参加されない場合には御膳料をお渡しします。

お布施を渡す時のマナー

お布施を渡す際にはいくつか注意するべきことがあります。魂入れだけなのか、法要も一緒に行うのかによってもお布施の包み方が変わります。詳しく見ていきましょう。

相場金額

魂入れの相場は、1万円~3万円程度です。もし法要と同時に行う場合には、法要に対しては3~5万円程度のお布施を別で包む必要があります。更に、自宅に来て頂く場合には5千円~1万円をお車代として包みます。(タクシーなど車の手配を行わない場合。)魂入れや法要の後の会食に僧侶が参加されない場合には、御膳料として5千円~1万円を包みます。

魂入れや法要の金額は地域やそのお寺ごとに違うこともあります。金額を僧侶に尋ねることは失礼ではないので、不安だったりわからない場合には事前に聞いておくことをお勧めします。

包み方・書き方

お布施を包む際には奉書紙を使うのが正式です。用意できない場合は白い無地の封筒でも構いませんが、簡易的な方法とされています。

お布施を包む際には、まずお札の向きを揃えます。そして、お布施袋を表に向けた際に肖像画が見えるように、お札を表向きに入れます。香典の入れ方とは逆です。これは、法要であっても、当家にとっては弔事ですが僧侶にとっては弔事ではないからです。

また、魂入れのみを行う場合のお布施は紅白の結び切りかあわじ結びの水引が付いた袋に「開眼御礼」「御入魂御礼」などと書きます。

一緒に法要も行う場合には、白の封筒に黒白または双銀の結び切りがついた水引に「お布施」と書いて魂入れの分のお布施も一緒に入れても構いません。

ちなみに法要のみ行う場合や魂入れとは別にお布施を包む場合には、水引がついていない白の封筒や奉書紙にお布施と書いて使います。

法要も同日に行う場合、魂入れの分と法要の分を一緒に包んでしまって良いのかどうかは地域やそのお寺によっても違う場合があるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

渡し方・タイミング

魂入れの際、御布施を渡すタイミングはいくつかあります。本来であれば事前にお寺へ出向いて渡すのが丁寧ですが、難しい場合は当日読経が始まる前に渡すのが良いでしょう。

魂入れや法要が終わった後でも構いませんが、僧侶をお見送りする前に渡します。ただし、終わった後に渡そうと思っていると、様々な方への挨拶もあるため忘れてしまいがちなので注意しましょう。

お布施を渡す際には、無言で差し出すのではなく、何か一言声をかけて渡すようにします。読経が始まる前であれば、「本日はどうぞよろしくお願いいたします」などと言いながら差し出します。また、終わった後であれば「本日はありがとうございました。」「御布施でございます。どうぞお納めください」などと声をかけて渡すようにします。

魂入れをする際の服装

魂入れをする際の服装は、礼服を着用するのがマナーです。男性は黒のスーツ、女性は地味な色のワンピースやアンサンブルにし、アクセサリーはパールのみ、それ以外は外します。数珠を持っている場合には用意しておきましょう。

お仏壇への魂入れ自体は慶事ですのでネクタイは黒以外の物でも構いません。

しかし法要と同日で行う場合には、弔事用の服装で参加し、ネクタイも黒にします。魂入れと法要でネクタイを取り換える必要はありません。

まとめ

新しくお仏壇を購入したり、位牌を作ったり、お墓を立てた際には「魂入れ」を行い、御本尊様・ご先祖様・故人の魂を宿らせる儀式を行います。お仏壇を新しく購入したり、お墓を立てたりすることは仏教においては慶事として取り扱われるので、お供えものや僧侶にお渡しするお布施の表書きも法要の際とは変わってきます。

ただし、地域やそのお寺ごとによって違いもありますので、わからない場合には菩提寺の僧侶に確認するのが確実です。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ