仏壇に写真を飾ってもいい?写真を置く位置や飾り方などを解説!

仏壇やその周りに故人を偲ぶために故人の写真を飾りたいと考える方は多いでしょう。

しかし、仏壇への写真の飾り方には決まりがあるのをご存知でしょうか。本記事では遺影など仏壇への写真の飾り方や基本的な決まりについて解説していきます。

そもそも仏壇とは

そもそもお仏壇とは各宗派の御本尊様をお祀りする、家の中の小さなお寺の役目をしているとされています。仏様をお祀りする壇だから、「仏壇」ということです。その他にも、故人の象徴である御位牌をお祀りし、ご先祖様のお家という役目も担っています

お仏壇を通じて御本尊様に手を合わせ、祈り信仰し、ご先祖様に感謝の気持ちで手を合わせることで、仏教では心の拠り所とされている場所なのです。

仏壇に写真を飾るのは問題ない?

仏壇に写真を飾ることに関しては、一部宗派や地域で考え方に違いがあるようですが、基本的には良くないこととされています

特に浄土真宗では、「仏壇はあくまでも仏様がいらっしゃる場所であり、故人は亡くなった時点で極楽浄土へ成仏しており仏壇にはいない」という思想のため、仏壇には故人の写真は飾らず、飾りたい場合は別の場所に飾ることが推奨されています。

その他の宗派ではあまり厳しく決まりがあるわけではありませんが、仏教では、御本尊様やご先祖様が宿っている仏壇は拝む対象ではありますが、故人の生前の姿を写した写真は拝むべき対象では無いと考えられています。

仏壇はなしで、写真だけ飾ることはできる?

仏壇が無く、故人を偲びたいという理由で写真を飾ることは何の問題もありません。近年ではお仏壇を持たずに祈りの対象を故人としたいという方も多くいらっしゃいます。

故人の写真だけを飾り、お花やお線香をお供えするというのは宗教的儀式ではありませんので、その本人の気持ち次第で作法にとらわれる必要はありません。

その場合、御本尊様を飾ることを前提としていない、ステージタイプやフォトフレームタイプ、ボックスタイプなどのミニ仏壇などを使うか、タンスやチェストの上に布やお仏壇で使うような防炎シート(マット)のようなものを敷き、専用のスペースを作ります。奥に写真、写真の脇にお花、手前にろうそく立てや香炉などを置きます。手元供養として分骨したお骨を一緒に置いておく方もいらっしゃいます。

仏壇に写真を置く際の飾り方

基本的には飾ってはいけないのをわかっていても、仏壇に遺影や故人の写真を飾りたいという方はいらっしゃると思います。

その場合は出来れば、仏壇の脇などに小さなテーブルなどを用意して飾って頂くのが良いですが、スペースなどの問題で難しい場合は、いくつかのルールさえ守れば飾っても良いと近年ではされています。

ルールの一つ目は、お仏壇内の最上段には置かないという事です。最上段は御本尊様をお祀りするためのスペースだからです。

二つ目は、御本尊様を隠さないという事です。写真を飾る場合は、二段目以降になりますが、御本尊様を隠さないように左右どちらかに寄せ、サイズもL版等に縮小して飾るようにします。

仏壇に飾る写真の選び方

故人の在りし日を思い出し、故人を偲ぶという意味では、仏壇やその近くに飾る写真は「その人らしい」写真であるのが一番です。昔は無表情で着物を着ているのが「遺影写真」というイメージでしたが、近年では遺影写真もその人らしい服装や笑顔の写真を選ばれる方が多くなってきています。

葬儀に使う遺影写真は、祭壇に飾ることを想定した四つ切サイズとよばれる大きいものを用意される場合が多いです。以前は葬儀が終わった後、葬儀で使った遺影写真を仏間の上の方にご先祖様から順番に並べて飾られているお宅が多かったですが、現在はL版に縮小したサイズを用意される場合が多いです。

写真立ても今は様々な種類の物があります。写真を入れる部分があり、仏壇の代わりになるようなステージタイプやおしゃれなフレームの写真立てもありますし、インテリアに合わせて自分の好きな写真立てを選んでも良いでしょう。

仏壇に飾っていた写真を処分する方法

仏壇に飾っていた写真や遺影の処分方法に決まりはありません。気にならなければ自治体の処分方法に従ってご自身で処分していただいて構いません。しかし、その場合は封筒に入れるなどして外から見えないようにする配慮が必要でしょう。

また、「ゴミとして捨てるのは気分が悪い」という方は、菩提寺などにお願いしてお焚き上げをして頂くという方法もあります。ただし神社や寺院にお願いする場合、お正月など決まった期間しか受け付けていない場合もあります。それ以外では、民間のお焚き上げをしてくれる業者に依頼するという手もあります。

仏壇の写真は撮ってもいい?

仏壇の写真を撮ることはマナー違反にはなりません。ただし、故人の写真が飾ってあったりする場合や、他人の家の仏壇の写真を撮らせて頂く場合には、家主の許可を得てから撮るようにしましょう。

まとめ

仏壇の中に写真を飾るのは仏教では基本的にはNGとされています。しかし、近年では祈りの対象を故人にしたいという方も多く、宗派や地域によっては飾っても良いとするところもあります。

ただ、その場合には御本尊様を隠さないように飾るなどルールがあります。仏壇を用意し、御本尊様を祀っているようなお宅では各宗派や菩提寺の考えに従った上で故人を供養できると良いでしょう。

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ