仏壇のお供え物は何が必要?お菓子や花などお供えの配置・向きも解説

今までお仏壇を管理していた方が亡くなって自分が継承したり、新しくお仏壇を購入した場合、お仏壇へのお供えはどのようにしたら良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。

本記事ではお仏壇へお供えするべきものや、避けた方が良いものについて解説していきます。

仏壇に毎日お供えするもの

仏壇に毎日お供えするものには「五供(ごくう)」とよばれる五つの基本のお供えがあります。それぞれ何をどのようにお供えするのか、詳しくみていきましょう。

「香」はお香やお線香のことです。仏様にとっては、お線香やお香の香りと煙が御馳走になります。少なくとも一日1回、出来れば朝と晩の2回はお線香をあげると良いでしょう。お線香は香炉灰などを入れた香炉や線香皿を使ってあげますが、焼香のように宗派によってそれぞれあげ方が異なります。

例えば浄土真宗は、1本の線香を2つに折って寝かせて供えます。寝かせる場合は、線香皿を使うと良いでしょう。浄土宗は1本を2つに折って、天台宗と真言宗は3本を立てて供えます。その他の宗派は1本を立ててお供えします。

お線香は、お水やご飯、その他のお供え物をあげた上で最後にあげます。お線香をあげた後は、おりんを鳴らして合掌します。お線香は下げることはせず、そのまま火が消えるまであげたままで構いませんが、最後に灰が残ってしまうので、定期的に香炉や線香皿は掃除すると良いでしょう。

仏様はお花の香りも召し上げるとされています。故人の好きだったお花や季節のお花をお供えすると良いでしょう。お花は花立に入れてお供えしますが、自宅にある花瓶を使う形でも構いません。

お花は出来れば毎朝お供えしますが、難しい場合は水替えをするだけでも構いません。花が萎れる前に新しいものに交換してあげるようにします。また、棘や毒のあるお花は「仏様がけがをしてしまう」という理由で避けられています。ただし、最近は売られているバラの花などは棘が処理してあるものがほとんどですし、故人が好きだったからといって気にしない方も増えています。

灯燭(とうしょく)

「灯燭(とうしょく)」とはろうそくの火のことです。このろうそくの火には、不浄を清め、ご先祖様と私たちをつなげる架け橋となってもらえるとされています。お線香に火をつける際には、ろうそく立てにろうそくを差して火を灯し、そちらの火を使います。

お祈りが終わったらろうそくの火は消しておきますが、消す際には息を吹きかけて消すのではなく、火消しを使ったり、手であおいで消すようにします。これは仏教の教えでは、口や口から出る息は不浄とされているので、それを仏様やご先祖様に吹きかけるのは大変失礼であるとされているためです。

浄水

「浄水」とはお水のことです。お仏壇にはお水かお茶をお供えします。仏教では「死者は喉が渇く」という理由からお供えにお水は欠かせないもとされています。更に、透き通ったお水には私たちの心を清めてくれるという意味合いもあります。

お水は毎朝取り換え、出来ればその他でお仏壇に向かう際にも取り替えてあげると良いでしょう。お水やお茶を入れる茶湯器という専用の仏具もありますが、故人が使っていた物や小さめの湯呑みなどを利用しても構いません。

ただし、浄土真宗では「極楽浄土には『八功徳水(はっくどくすい)」という八つの功徳を備えた水が湧き出ているため、私たちがお供えする必要はない」とされており、基本的には仏様に飲んで頂くためのお水はお供えしません。

浄土真宗の方がお水をお供えする場合は、豊かに飲食できていることへの感謝の気持ちを意味するところとなり、華瓶(けびょう)という仏具を使って、樒(しきみ)などの香のある木と一緒にお供えし、「香水」としてお供えするのが良いとされています。お寺によっても考えが違うようですので、迷ったら菩提寺に相談するようにしましょう。

飲食(おんじき)

「飲食(おんじき)」とはお供えするご飯や食べ物のことです。毎朝、炊き立てのご飯をお供えします。出来るのならば夕方もお供えすると良いでしょう。

ご飯をお供えする場合には、仏飯器という専用の仏具がありますが、代用できるのならば別の物でも構いません。ご飯は固くなってしまう前に下げるようにします。

飲食を供えることには、仏様はご飯の香を召し上がるという説と、自分たちと同じ食べ物をお供えすることで故人との繋がりをもつという2つの説があります。

また、その他のお供物を頂いた場合や、故人が好きだったお菓子、季節の果物などもお供えすることが出来ます。高月という専用の足がついた仏具もありますが、一般的なお皿で代用しても構いません。悪くなってしまわない内に下げ、皆で頂くと良いでしょう。仏壇から下げたご飯や食べ物を頂くことが、供養や御利益につながるとされています。

お彼岸や法事などに贈るお供えもの

お彼岸や法事に贈るお供え物は季節感があるものや、故人の好物、日持ちするものがおすすめです。基本的には、飲んだり食べたりしてなくなるもの、お線香など使ってなくなる「消え物」が良いとされています。

具体的にどのようなものが良いか詳しくみていきましょう。

お菓子

故人が好きだったお菓子や、個包装されているもの、もしくは一つが大きすぎず、日持ちするものが仏壇にお供えしやすいのでおすすめです。和菓子であれば、お饅頭や羊羹、洋菓子であればクッキーなどの焼き菓子やゼリー等はある程度日持ちもします。

果物

果物は季節感があるものや故人が好きだったものが良いでしょう。また、皆で分けて食べられるようなものも良いですね。いくつかの種類の果物が入ってバスケットにラッピングされている詰め合わせもあります。

汁が出そうなものはラッピングされていたり、パックに入っているものをお供えすると良いでしょう。

お線香やろうそく

お線香やろうそくは毎日あげる消耗品です。香に好き嫌いがあるとはいえ、ある程度の住宅事情などがわかっているお宅へはお線香のお供えも良いでしょう。

普段、自分達では買わないような高級なお線香や、故人が好きだったお花の香りのするお線香、高級な絵ろうそくなどもおすすめです。

お供えの相場金額は?

お供えは3,000円程度が相場となります。法事などで御香典としてお金を包んだ上で、お供え物をお持ちする場合は、ほんの気持ち程度でも構わないでしょう。あまりに高額すぎても、先方に「お返しをしなくては」などと気を遣わせてしまいます。

のしのかけ方は?

のしは仏事の際に使うものは「弔事用のし紙」もしくは「掛け紙」といいます。お供えで持っていく場合には、白黒や双銀、黄白の結び切りの水引きがついたのし紙を使います。法事の場合は、何の法事かで地域によって水引の色が変わる場合がありますので、販売店などに確認するようにしましょう。

表書きは「御仏前」や「御供物」「御供」などとし、その下に持っていく方の苗字もしくはフルネームを記載します。

仏壇にお供えしてはいけないもの

たとえ故人が好きだったものでも、お供えとしては避けた方が良いとされているものがあります。どんなものなのか詳しくみていきましょう。

生もの

仏教では殺生を禁じていますので、殺生を連想させてしまう肉や魚は、加工食品だったとしてもお供え物として不向きです。特に生ものは夏場では痛んでしまう可能性もあります。

故人やそのお宅の方の好物としてどうしても持っていきたい場合には、手土産としてお持ちし、お供え物は別に用意するのが望ましいでしょう。

香りが強いもの

香が強いお花、「五辛」とよばれるニンニクやネギ、にら、浅葱(あさつき)、らっきょうなどの強い香りのする物、辛みがある食品などは、刺激が強く仏前にはふさわしくないとされています。お線香やお香の良い香とも相性が良くありませんので、避けたほうが良いでしょう。

仏壇にお供えをするときの配置

食べ物を仏壇にお供えする場合には、高月という仏具がある場合にはそちらにのせます。家にあるお皿で代用しても構いません。高月は仏壇の大きさにもよりますが、御本尊様を祀っている段の二段下(場合によっては一段下)の段の中央に置く宗派が多いです。

高月でもお皿でも、どちらも仏壇や仏具が汚れないように半紙を三角に折り、三角形が自分に向くように敷いてから供物を載せます。

個包装のお菓子などは、箱から取り出してのせます。お皿の大きさに合わせて、奇数にして乗せるとバランスが良いでしょう。供物は自分たちに見えるようにしてのせます。これは仏様の慈悲によって私たちにお供え物を返してくれたものを頂戴する、という事を表現しているとされています。

仏壇にお供えしたものは、食べてもいい?

仏壇にお供えした後の食べ物や飲み物は、食べても良いものです。痛む前に下げて、家族やお参りに訪れた人たちで「仏様からのお下がり」として食べることで、ご先祖様の供養になったり、ご利益があるとされています。

この理由からもお参りに来た人たちで分けて食べやすい果物、個包装のお菓子が人気なのです。

まとめ

お仏壇へのお供えは、「五供(ごくう)」とよばれる香、花、灯燭(とうしょく)、浄水、飲食(おんじき)が基本です。基本的には毎朝(毎晩)、お水やご飯を用意し、お花や花の水を取り替え、ろうそくに火を灯し、お線香をあげます。

毎日が難しい方は負担のない範囲で出来る限りで構いませんが、ご先祖様への感謝の気持ちで日々過ごせると良いですね。

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ