仏壇はいらない!?その理由や仏壇の代わりになるものをご紹介

近年、「自分の家には仏壇はいらない」「仏壇は必要ない」と思う方が増えてきました。その背景には生活スタイルの変化や、お寺との付き合い方の変化など様々な理由があります。しかし、その場合に故人を供養したい、偲びたいと思った際どのようにしたら良いのでしょうか。

本記事では仏壇はいらないと思う方の理由と、家に仏壇を置かない場合、代わりになるものを紹介していきます。

仏壇や位牌がいらない理由

仏壇や位牌がいらないと思う理由には、生活スタイルや居住スペースの変化、お寺との付き合い方の変化が影響しています。詳しく見ていきましょう。

仏壇を置く場所がなく、邪魔になる

近年、家族のあり方も変わってきています。核家族世帯が増えてきたことにより、昔のように戸建てで仏間があるお宅は少なくなりました。アパートやマンション住まいですと、なかなか仏壇を置く場所がありません。若い方が戸建てを新しく建てる際も、客間や仏間が必要だと考える方は少ないのではないでしょうか。

ご先祖様から受け継いだお仏壇や御位牌は自分の親世帯、もしくは祖父母世帯の家にあり、自分達には身近に感じることは無いということもあるでしょう。突然の不幸があったとしても、お仏壇は生活の邪魔になってしまうと感じ、お仏壇を置きたくないという方もいらっしゃいます。

部屋の家具と仏壇のデザインが合わない

昔ながらの仏間に置くような台座付きの唐木仏壇は洋室には合いません。お仏壇というと唐木仏壇をイメージされる方が多いと思いますが、現在は洋室にも合うようなリビング仏壇、モダン仏壇と呼ばれる仏壇もあります。

しかし、アパートやマンション暮らしですと部屋数も少ないお宅が多いので、リビング等には仏壇が合わないし置きたくないという方もいらっしゃるでしょう。

信仰心がない

現代は都市部を中心にお寺との付き合いも変わってきています。菩提寺との付き合いは田舎に住んでいる親世代が行っており、自分たちは全くわからないという方も多いと思います。また、その流れで菩提寺がない方もいらっしゃいますし、普段の付き合いは何もないのに亡くなった時だけお寺にお世話になるというのに違和感をもつ方もいらっしゃるでしょう。

更には、ご葬儀のやり方も多様化しており、仏教での葬儀をあげたくないという方もいらっしゃると思います。そういった方はお仏壇にこだわらずに「故人を偲ぶ」ということを重要視した形を望まれます。

そもそも仏壇の意味とは?

お仏壇はお家の中に小さいお寺を持っているようなものなのです。ご本尊様やご先祖様を祀り、日々お仏壇に向き合うことで、故人との対話を通じて、自分の気持ちを清める効果もあります。

そもそも仏壇が庶民に浸透したのは江戸時代です。キリシタンではないことを証明させるための寺請制度により、いずれかの寺院を菩提寺にするよう求めたことから始まりました。この制度により、檀家である証としてお仏壇と各宗派の御本尊様を各家に祀り、法要の際には住職を招いて読経してもらうようになったのです。

仏壇|配置する場所やお供え物の並べ方、掃除方法、処分までを解説!

仏壇や位牌は置かなくても問題ない?

仏壇や位牌は故人のためということもありますが、残された人が心を整理するためのものでもあります。

仏式でご葬儀をあげて、白木の仮位牌があるのならば、それが故人そのものになりますので本位牌を作ることをおすすめしますが、近年ではそもそもお寺の住職を呼ばないご葬儀を行い、戒名を頂かない方もいらっしゃいます。

信仰心がないのならば、無理に仏壇や位牌を置かなくても良いでしょう。今は故人を偲ぶための手段は他にもあります。

家に仏壇や位牌を置かない場合、代わりになるものは?

家に仏壇や位牌は置かないけれど、故人を偲ぶためのものは用意したいという方もいらっしゃると思います。どのようなものが代替としてあるのかみていきましょう。

モダン仏壇やミニ仏壇

今は仏壇といっても唐木仏壇ばかりではなく、洋室にも合うようなデザインのモダン仏壇もあります。モダン仏壇は、現代仏壇、リビング仏壇とも呼ばれます。

上置きタイプといって、台座が無く、たんすやチェストの上に置いて使うコンパクトなものもあります。

また、上置きタイプよりも更にコンパクトなミニ仏壇もあります。ミニ仏壇は、ステージタイプや壁掛けタイプなどがあり、写真や小さめのお花、小さめの香炉を置いておけるようなサイズ感のものが多いです。「故人を偲ぶためにお線香やお花ぐらいはお供えしたい」という方にもお使いいただけます。

ミニ骨壺

位牌は故人の象徴になりますが、位牌を作らなかった場合にはミニ骨壷にお骨を少し残すということもできます。分骨用の骨壷から、手元供養のための骨壷までサイズは様々ありますし、デザインも白い骨壺以外にもおしゃれなものが多数あります。転倒しても大丈夫なように蓋がネジ式になっているものもあります。全て納骨してしまうのは寂しいと思う方などは、検討してみるとよいかもしれません。

遺骨ペンダント

遺骨をペンダントトップ型の保存容器に入れ、ペンダントとして自分が身につけるという方法もあります。デザインも様々あり、他の人からは遺骨ペンダントとはわからないものが多くあります。肌身離さず持っていられるので、故人への強い思いがある方などにおすすめです。

また、遺骨から炭素を抽出し、人工ダイヤモンドを作れるサービスもあるので、ペンダントや指輪に加工して身につけるという方法もあります。

遺影や写真

特別な物を用意しなくても、タンスやチェストなどの上に遺影や写真を飾るスペースを設け、お花を飾ったりすることで自分でも故人を偲ぶためのスペースを作ることができます。

故人の写真を置いておくことで、故人の姿を思い浮かべながら冥福を祈ることが出来るでしょう。

仏壇や位牌を処分する方法

仏壇や位牌を処分する際には、閉眼供養を必ずするようにしましょう。菩提寺の住職に相談し、魂生抜きの読経をしてもらい、仏壇としての役目を終わらせます。新しい仏壇や位牌を用意した際も同様です。古い物から新しい物へ魂を移し変える必要があります。

閉眼供養を終えた仏壇は、専門業者へ処分を依頼するか、自分で処分するかの方法があります。

専門業者へ依頼する方法に関しては、菩提寺や仏具店(受けていないところもあります)、仏壇処分の専門業者に依頼をし、お焚き上げもしくは、最終的にはゴミとしての処分になります。自分で処分する場合には、粗大ゴミとして引き取りにきてもらうか、自分でゴミ処理施設まで運ぶ、リサイクルショップや買取業者に買い取ってもらう、オークションサイトやフリマアプリで出品するという方法があります。

仏壇を処分する方法6つ|費用相場や実際の流れ、注意点を徹底解説!

まとめ

仏壇をいらないと感じる人は、様々な生活背景やお寺との関係の変化があります。仏壇が無くても故人を偲ぶ方法はありますし、仏壇が無いからといってご先祖様や故人を蔑ろにしている訳ではありません。

自分達の生活の中で、無理のない範囲でご先祖様に感謝をし、故人の冥福を祈る形で問題ないのではないでしょうか。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ