仏壇へ飾る花(仏花)は造花でもいい?長持ちする花や生け方を解説

最近は仏壇用のお花も様々な種類や、プリザーブドフラワーなども見かけるようになりました。しかし、仏壇に飾ってはいけない花があると聞いたことがある方もいるかもしれません。

具体的に仏壇のお花はどのように飾るのが良いのかわからないという方のために、本記事では仏壇にかざるお花のマナーを詳しく解説していきます。

仏壇に飾る花の役割と選び方

そもそも、なぜ仏壇にお花を飾るのかご存じでしょうか。花は大自然の中で雨風に耐え、美しく咲き続けます。この花の姿が、仏教では厳しい修行に耐える姿と重なる部分があり、修行に耐え忍んで精進することを誓う印として花を供えていたのが、現在まで習慣として続いているのです。

仏壇に飾るお花は「仏花(ぶっか)」とよばれます。仏花では、花の色の数、本数、花の種類など選ぶポイントがあります。詳しくみていきましょう。

花の色の数

仏壇にお供えするお花は、3色もしくは5色で揃えるのが良いといわれています。3色の場合は、白・黄色・紫、5色の場合はそれにピンクと赤を足します。

ただし、四十九日までは白を中心としたお花や3色でまとめた淡い色のお花を飾り、四十九日以降に5色とするのが良いといわれています。

花の本数

花の本数は、3本、5本、7本というように奇数で花束にするのが良いとされています。花立(花瓶)が一対仏壇の中にある場合には同じ花束を2つ用意します。気になる場合には左右対称に花を配置し、上から見たときに花束の形がひし形になるように供えるときれいに飾れるでしょう。

長持ちする花を選ぶ

仏花にはこの花という決まりはありませんが、長持ちするのがふさわしい花とされています。

長持ちするという点では、造花やプリザーブドフラワーは生花よりもはるかに長持ちします。仏花に造花を使うのはNGだと思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、仏教においては仏壇に生花を供えることで生命の無常さと尊さを再認識させてもらっているという役目もあり、生花を供えることには意味があります。

ですが近年は、住宅事情や家族の在り方も変化してきており、生活スタイルも多様化してきています。常に生花を絶やさない事が難しい人も増えてきた状況で、必ずしも生花でなくてはならないと考える人は少なくなってきています。

逆に枯れた花をお供えすることは「死」を意味し、縁起が悪いとされているので避けるようにしましょう。忙しくてどうしても生花が間に合わないという方は、生花を枯らしてしまうよりは、造花やプリザーブドフラワーをお供えしても良いのではないでしょうか。

命日、お盆、お彼岸や法事には生花をお供えし、その他はプリザーブドフラワーなどを使い分けるという手もあります。

法事や命日は、いつもよりも華やかなものがおすすめ

法要や命日、その他お彼岸やお盆などはいつもよりもボリュームを大きく、華やかな仏花を用意するようにしましょう。

普段、一対で2,000~3,000円程度で仏花を購入されている場合は、一対5,000円程度にするとかなり華やかになります。故人が好きだったお花や色を入れて貰うのも良いでしょう。

仏壇にお供えする花の種類

仏壇にお供えするお花は長持ちするお花もそうですが、更に季節感がある花をお供え出来ると良いですね。

長持ちする花は菊やカーネーション、その他はかすみ草、アルストロメリア、トルコキキョウ、百日草といった花も長持ちします。前述した菊などは通年手に入りやすいですが、夏から秋はヒマワリ、リンドウ、ケイトウ、スターチス、グラジオラスなど、冬から春はキンセンカ、フリージア、ヒヤシンスなども比較的長持ちするので、季節に合わせてお供えするのが良いでしょう。

仏壇に飾るのがダメな花

仏花には適していないお花があります。基本的には椿やサザンカなど痛みやすい花や散るのが早い花は避けた方が良いでしょう。また、毒や棘、匂いが強い花も避けた方が良いとされています。詳しくみていきましょう。

毒のある花

彼岸花、スイセン、スズラン、トリカブト、シャクナゲ、ジキタリスなどは毒のある花です。毒を仏様にお供えすることは失礼になるので、仏花としてお供えするべきでは無いとされています。

とげのある花

バラ、ワルナスビ、アザミ、サンショウは棘のある花です。棘のある姿が殺生を連想させるり、棘によって仏様がけがをしてしまう、という理由で避けられています。ただし、近年ではバラなど棘の処理がされているものも販売されており、故人が好きだったという理由で気にしない方も増えています。

ツルのある花

スイートピーや朝顔、ノウゼンカズラなどはツルのある花です。ツルがある花は上まで水を吸い上げにくく枯れやすいという点と、絡みつくツルが成仏できないことを連想させてしまうので避けられています。

香りの強い花

ユリ、クチナシは香りの強い花ですし、痛みやすいお花でもあります。ユリのように強い香りの花は虫を寄せ付けてしまうこともあり避けられています。また、ユリは開花すると花粉がつきやすく、仏壇や衣服を汚してしまう可能性もあります。どうしても飾りたい場合には、花粉の処理をしてから飾ると良いでしょう。

仏壇の花の飾り方

お仏壇に花を供える際には「花立(はなたて)」とよばれる仏具を使いますが、家にある花瓶で代用しても構いません。基本的には2つで一対を使用し、仏壇の中段に高月(供物をのせる仏具)を挟んで飾るのが一般的です(宗派によって多少違いがあります)。

しかし、現在はコンパクトな仏壇も増えてきているため、花は一対ではなく花立ひとつのみで飾ることもあります。

花を飾る際には、基本的には自分たちに向けて飾る形で問題ありません(仏様に向けたり八方に向けたりする飾り方もあります)。また、一対ある場合には左右対称で花を配置し、上から見たときにひし形になるようにするときれいに飾れます。

仏壇には毎日お花を飾らなくてはいけない?

花をお供えすることは、仏壇を美しく飾ることで、お祈りする私たちの心身を清めるという役割もあります。ですから、仏壇にはたとえ造花でも毎日お花が飾ってある状態が望ましいです。毎日新しいお花をお供えする事は難しい方が多いと思いますので、その場合は毎日新しいお水に取り換えてあげましょう。お水を取り替えることでお花自体も長持ちします。

お花は枯れてしまう前に下げ、生花が難しい場合にはその間だけ、プリザーブドフラワーや造花をお供えするという事も出来ます。

弔問で花を贈る際のマナー・注意点

最近は亡くなったことを周囲に知らせずに葬儀を行う方も増えてきており、訃報を後から知るというケースも増えています。訃報を聞いて、弔問に伺おうと思った際にお花を持参したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、弔問時に花を贈る際のマナーや注意点を詳しく解説していきます。

花の選び方・相場金額

弔問の際でも、選ぶべき花の種類は通常の仏花と同じです。ですが、自宅用ではありませんので、一般的なお供えの品物の相場と同様に3,000円~5,000円の相場の花束やアレンジをお持ちすると良いでしょう。

お持ちする相手のお宅の状況がわからない場合には、花束ではなくそのまま飾れる花籠などに入ったアレンジの方が喜ばれる可能性が高いです。

花の渡し方

自宅へ伺う際は、突然伺うのではなく事前に連絡を取り、行っても良いか確認した上で伺うのがマナーです。

相手との親しさや、訃報をどのように知ったのか、亡くなってからどれくらい時間が経っているかにもよりますが、まずは玄関先で挨拶をします。

「この度はご愁傷様でした」「お線香をあげさせて頂いてもよろしいでしょうか」などと言って仏壇まで案内をしてもらいます。

基本的には、お花も含めてお供え物は遺族ではなく仏壇へまずはお持ちするのがマナーですが、それが出来ない場合には「御霊前(御仏前)へお供えください」と言って手渡しします。(※浄土真宗以外の仏教では四十九日前は御霊前、四十九日が過ぎたら御仏前になります。)

仏壇まで花を持参したら、花を仏壇の方に向けて、座布団の脇か仏壇周りの空いているスペースに置かせて頂きます。

保存する際や運搬時は花が傷まないようにする

花は気温が高いと萎れてしまったり、何かと接触したりすると花自体が潰れてしまったり形が崩れてしまったりします。なるべく訪問する直前に購入するのが望ましいですが、持ち運びが必要な場合には取り扱いに十分注意をしましょう。

また、公共交通機関を使う場合には他の人の服や持ち物に花粉がついてしまわないように気を付けましょう。

まとめ

仏壇にお供えするお花には適したものと適していないお花があります。ですが、近年は「故人が好きだったから」といって気にしない方も増えています。生花をお供えするのが難しい場合には造花やプリザーブドフラワーを普段はお供えし、法要などの時には生花を用意するという手もあります。

どちらにせよ「故人を想う気持ち」「ご先祖様に感謝する気持ち」が重要ですので、あまり固定観念にとらわれすぎなくても良いのかもしれません。

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ