仏壇の向きはどの方角が最適?宗派ごとの方向や避けるべき場所を解説!

お仏壇を新しく設置する際など、お仏壇の向きをどこに向けたら良いのか気になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、お部屋や宗派によって最適な方角があります。また、置くことを避けた方が良い場所もあります。

本記事ではお仏壇の向きに関しての解説をしていきます。

【方角別】仏壇の向きがもつ意味

仏教では仏様は十方どの方角にもいるとされているので、仏壇を設置する方角に吉凶はありません。

ただし、それぞれの方角に対して意味があります。どの方角が適しているかは宗派によっても変わりますので、それぞれ解説していきます。

仏壇が南向きの南面北座説

南面北座説とは仏壇を南に向け、北を背にして仏壇を安置する考え方です。諸説ありますが、この考え方は位の高い人は南を向いて座り、家来は北を向いて座るという中国の慣習に由来するといわれています。また、お釈迦様は南向きに座って説法をしていたともされています。

更に北向きを避けると、仏壇に直射日光が当たらず、風通しも良いことから最適な設置場所と考えられています。これらの考えから仏壇の北向きは良くないといわれるようにもなりました。

この説から、曹洞宗や臨済宗は南向きに置くことが多いようです。

極楽浄土がある西向きに拝む西方浄土説

西方浄土説とは、極楽浄土がある西に向かって拝めるように東向きに仏壇を安置する考え方です。また、陽が昇る東は立身出世の象徴とされており、「主人は東向きに座るのが良い」と考えられているインドの風習が由来ともいわれています。

この説から阿弥陀如来をご本尊とする浄土真宗、浄土宗、天台宗は仏壇を東向きに置くことが多いようです。

宗派によって仏壇の向きが変わる本山中心説

本山中心説とは、仏壇を拝む際の延長線上に宗派の総本山がくるように仏壇を設置する考え方です。仏壇を通して総本山に手を合わせる考え方に基づいています。宗派や住んでいる地域、部屋の位置によって東向きにも西向きにも、南向きにもなるように、仏壇の位置や向きが異なる置き方です。

真言宗は、この説によって安置する場合が多いようです。

仏壇の向きにこだわらない春夏秋冬説

仏壇を置く場所は、向きにこだわらず、ご先祖様が安らかに眠ることのできる所ならばどこでも問題ない、とするのがこの説です

これは釈迦によって説かれた「すべての物事は理をもつ宇宙の法則に則ったものであり、それぞれの四季の大切さに違いが無いように、東西南北にも違いはなく、良し悪しをつけるべきではない」という考えからきています。

方角の意味としては、東は日の出の方角で万物千草の芽生える春、西は収穫の秋、南は太陽旺盛な結実の夏、北はそのすべてを納める冬とされています。

風水において適している仏壇の向き

風水でみると、日が昇り始めて新しい空気が舞い込む東南が吉方位とされています。

方角と家の間取りを組み合わせて運気をはかる考え方を「家相」といいますが、家相の観点からみると、東にある部屋では仏壇の向きは南か西に、東南の部屋では南向きに、西の部屋では東向きに、北西の部屋では南か東に、北の部屋では南か西に向けるように配置するのがよいとされています。そして、なるべく家族が集まる賑やかな場所がよいとされています。

仏壇の向きを北向きにするのはよくない?

仏壇を北向きに置くということは、仏壇を南側に設置するということになります。それによって仏壇に直射日光が当たってしまい、仏壇自体が痛んでしまう原因になったり、日差しが遮られてしまい、風通しも悪くなってしまいます。これらの理由により、北向きに仏壇を置くのは避けられてきました。

ただし、先述のように、仏様はどの方角にもいるとされているため、仏壇の向きはどの方角であっても構わないのです。

宗派による仏壇の向きの違い

宗派によって、お勧めしている仏壇の向きや方角があります。主な宗派に関して以下の通りです。

真言宗

真言宗では、本山中心説を採用しているケースが多いです。仏壇の前で合掌をした際の延長線上に総本山があるように、仏壇を置きます。真言宗の総本山は、和歌山県にある高野山金剛峯寺です。また、真言宗の本堂が南向きに建てられているので南向きが良いとされる説もあります。

日蓮宗

日蓮宗では、仏壇の置く方角は特に定められておらず自由に置いて構わないとされています。迷われた場合には南面北座説か西方浄土説を採用すると良いでしょう。

曹洞宗・臨済宗

曹洞宗・臨済宗では南向きに置く、南面北座説をおすすめしています。これは、お釈迦様が南向きで座って説法をしていたといわれている事と、中国では位の高い人が南向き、位の低い人が北向きに座っていたという習慣が関係しています。

浄土真宗本願寺派・大谷派、浄土宗、天台宗

浄土真宗・浄土宗・天台宗の3つの宗派は、ご本尊として阿弥陀如来を祀っています。

阿弥陀如来は西方浄土(極楽浄土)にいるとされていることから、西方浄土説である東向きが推奨されています。東向きのお仏壇を拝むことで自然と阿弥陀如来と向き合う形になります。

創価学会

創価学会では、日蓮宗と同様に仏壇の向きに関しては特に推奨されている向きはありません。湿気の多い場所や直射日光を避け、長時間お題目をあげることを考えて他の家族がいる場合は動線を避けると良いとされています。

仏壇を配置するのに適した場所・部屋

仏壇を置くのに適した部屋には、二つの考え方があります。

一つ目は、床の間のあるような、お客様をお通しする家の中でもっとも立派な部屋に置くという考え方です。

二つ目は、普段家族が長く過ごしている居間や茶の間のような部屋を選ぶという考え方です。

仏壇の配置にむかない場所・部屋

仏壇は、ご本尊やご先祖様の位牌の安置場所で故人の冥福を祈ったり、お参りする場所であると同時に、繊細な細工を施されている木製の工芸品という面もあります。

お仏壇を長く大切に使うためには、直射日光の当たる場所や、湿気の多い場所、熱や振動が伝わるような電化製品の上に置くのは避けた方が良いでしょう。

仏壇を配置する際の注意点

仏壇を設置する際にはいくつかの注意点があります。詳しくみていきましょう。

神棚の向かい、もしくは真下に置かない

仏壇を安置する部屋に神棚がある場合、仏壇と神棚が向かいあわせになるように置いたり、神棚の真下に仏壇を置くことはタブーとされています。

これは、向かい合わせに置いてしまうと片方を拝む際に、もう片方にお尻を向けることを避けるためです。また、真下に置いてしまうと、どちらに手を合わせているか分かりにくく、神棚に手を合わせる際に仏壇を見おろすことになってしまうからです。

床の間と向かい合わせにしない

床の間は家の中でも最高位とされる場所です。そのため、床の間に仏壇を置くのは最適ですが、逆に床の間の反対側に置くことは、下座に置くということになってしまいますので気をつけましょう。

目線より高い位置に配置する

仏壇に手を合わせる際に、仏壇を見おろして拝むことにならないよう注意する必要があります。実際に座ったときに、目の高さよりも仏壇が上になるように置きます。

背の低い上置きタイプの仏壇の場合は直接床に設置することはせず、机やチェスト、台の上に置いて調整します。背の高い仏壇の場合も、床の間や置き台がある場合は活用することでより敬意を払うことができます。

配置場所の寸法にあった仏壇を探す

自宅に仏間がある場合は、仏間の寸法にあった仏壇を選びましょう

一般的な仏壇は、仏間に置かれることを前提に設計されています。マンションやアパートで仏間がない場合は、家や部屋の広さに見合った仏壇を選びます。

仏間や、仏壇を置こうとしている場所の寸法を測ったうえで、仏壇店でアドバイスしてもらうのが良いでしょう。

▼仏壇を配置する場所や注意点をさらに詳しく知りたい方はコチラ

仏壇は家のどこに配置すればいい?置く向きやお供え物の並べ方も解説

まとめ

仏壇はその宗派の御本尊やその考えによって、おすすめされている仏壇の向きが違います。新しく安置するのであれば、気持ちよくお祈りできるような環境に置くのが良いでしょう。

しかし、一番大切なのは仏様や故人に対して冥福をお祈りし、ご先祖様に感謝する気持ちともいえますので、自分の住宅事情を考えて納得できる場所に安置できると良いですね。

仏壇|配置する場所やお供え物の並べ方、掃除方法、処分までを解説!

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ