後飾り祭壇の飾り方とは?並べ方や祭壇の向き、必要なお供えものを解説

葬儀が終わった後は自宅に小さな祭壇を飾り、遺骨を安置します。この小さな祭壇を、「後飾り祭壇(あとかざりさいだん)」といいます。

今回は、後飾り祭壇の飾り方について詳しくお伝えします。

葬儀後から四十九日まで飾る祭壇とは

四十九日まで自宅で仮位牌や遺骨を安置するための祭壇を「後飾り祭壇(あとかざりさいだん)」いいます。地域によって、「後檀(あとだん)」、「中陰檀(ちゅういんだん)」など、様々な言い方があります。

後飾り祭壇は、2段もしくは3段の祭壇に、遺骨や位牌などを設置したものです。葬儀後に遺骨を安置する場であると同時に、通夜や葬儀に参列できなかった方がお参りをするための場でもあります。

仏教の場合、後飾り祭壇は四十九日まで飾ります。神道は五十日祭まで、八足の台を用いた祭壇を飾ります。また、キリスト教では追悼ミサや昇天記念日まで祭壇を飾ります。

神道やキリスト教には、元々は後飾り祭壇の概念が無いため、後飾り祭壇の飾り方についての決まりごとは多くありません。

後飾り祭壇とは?宗教ごとの飾り方やいつまで飾るか、処分方法も解説

後飾り祭壇を置く場所・向き

後飾り祭壇は、仏壇がある場合には仏壇の前、もしくは傍に置きます。仏壇が無い場合には部屋の北側、もしくは西側に設置するのが良いとされています。

しかし、祭壇の置き場所は必ずしもこの通りでないといけない訳ではありません。生活に支障が無い、お参りしやすく、弔問客が来た時に通しやすい場所に設置しましょう。

火葬後の遺骨は、水分を吸収しやすいため、水回りなどの湿気が多い場所は避けるようにしましょう。直射日光が当たる場所も避けます。

【仏教】後飾り祭壇の飾り方

それでは、仏教、神道、キリスト教、それぞれの一般的な後飾りの飾り方とお供え物について説明をします。

同じ仏教であっても、宗派やお坊さんによって、供養の仕方が異なってきます。お坊さんからの指示がある場合には、お坊さんの指示に従っていただくと良いでしょう。

祭壇に必要なもの

仏教の後飾り祭壇に必要なものは、2段もしくは3段の壇と、線香立てやロウソク立て、花立て、おりんなどのお参り道具、茶器、仏飯器、花や果物、お菓子などのお供え物などです。

祭壇といっても葬儀で使用する大きな祭壇ではなく、後飾り用に作られた、畳半畳より小さいくらいの大きさです。祭壇が白木でない場合には、白い布をかぶせます。後飾り祭壇を葬儀社に依頼すると、セットで用意してもらえる場合がほとんどです。

祭壇のお供え物

お供え物は、仏飯・お水・お茶・お菓子・果物・生花が基本的なお供えです。

ご飯は、炊きたてのものを仏飯器もしくは茶碗で供えます。ご飯はなるべく毎日新しいものに取り換えます。お参りが終了したら下げ、供えたご飯を廃棄処分するのではなく、なるべく食事と共に召し上がると良いでしょう。お水も、毎日新しいものに取り換えましょう。

生花は白色のものを奇数本用意するのが基本です。枯れてしまう前に取り替え、常にきれいな状態にしておきます。トゲのあるバラや、匂いの強い花は、避けておかれるのが無難です。生前故人が好きだったものをお供えしてもよいでしょう。

なお、浄土真宗の場合は即身成仏といわれているため、仏飯やお水は特にお供えする必要はないとされています。

祭壇の飾り方

どの段に何を飾るかは、厳格なルールがあるわけではありません。ここでは一般的な飾り方を説明します。

  • 3段の後飾りの場合

上段:(左から)遺影写真、遺骨

中段:(中心に)位牌

下段:線香立て、ロウソク立て、花立て、おりん、お供え物、茶器、仏飯器

  • 2段の後飾りの場合

上段:(左から)遺影写真、位牌、遺骨

下段:花立て、香炉、蝋燭立て、おりん、お供え物、茶器、仏飯器

ろうそくの火は、四十九日まで絶やさないというのが正式なやり方でしたが、本物の火をつけたままにしておくことは、大変な危険が伴いますのでおすすめできません。電気タイプの線香や蝋燭を使用されると良いでしょう。

【神道】祭壇の飾り方

神道の後飾り祭壇の飾り方について、解説をします。神道では遺骨を安置する前に「帰家祭」を行います。帰家祭とは無事に葬儀を終えたことを神様に報告するための儀式です。仮霊舎は帰家祭で使用します。

祭壇に必要なもの

神道の後飾りは、仮霊舎(かりみたまや)とよばれます。八足案という八本の足がついた白木の台と、榊立、榊、火立、三宝、徳利、小皿、水玉、玉串を使用します。台が白木素材では無い場合には、白い布を掛けて使用します。

祭壇のお供え物

神道の後飾り祭壇には、洗米、水、塩、酒、榊、灯明をお供えするのが一般的です。その他故人が好きだったものなどをお供えしても構いません。

祭壇の飾り方

神道における後飾り祭壇の飾り方です。霊璽(れいじ)とは、仏教でいう位牌のようなものです。

上段:(左から)遺影写真、遺骨

中段:榊、霊璽(れいじ)

下段:火立、三方(三方の上に、お神酒の入った徳利2つと、水の入った水玉、塩・洗米を盛った小皿)、玉串

【キリスト教】祭壇の飾り方

本来は、キリスト教には葬儀後に供養を行っていく文化はありません。しかし、仏教の影響を受けて、後飾り祭壇を飾るようになりました。キリスト教の後飾り祭壇には、明確な飾り方のルールはありません。

祭壇に必要なもの

白い布を掛けた台に、遺影写真、遺骨、花立、蝋燭立、十字架、聖書、パン、パン皿を設置します。キリスト教の信者の場合は、生前から既に祭壇を所有しているので、後飾り祭壇のために用意すべきものは少ないです。

祭壇のお供え物

キリスト教の後飾り祭壇には、お供えについてのルールはありません。パンや果物、お菓子などのお供えをする方が多いです。それ以外にも、故人が好きだったものがあればお供えすると良いでしょう。

祭壇の飾り方

キリスト教の祭壇の飾り方の例です。キリスト教は、仏教や神道に比べると、用意する物が少ないのも特徴です。

上段:十字架

中段:遺影写真、遺骨

下段:花立て、ロウソク立て、聖書、パンをのせた皿

後飾り祭壇はいつまで飾る?

後飾り祭壇は多くの場合、忌明けが過ぎると不要になります。仏式では四十九日法要、神道では五十日祭までの間、後飾り祭壇を飾ります。キリスト教では亡くなってから7日後の追悼ミサ、または1か月後の召天記念日で納骨を行う場合が多く、それまでの間は後飾り祭壇を飾ります。

仏教では、四十九日法要の際に位牌開眼を行い、白木位牌(仮位牌)から本位牌に魂が移り変わります。不要となった白木位牌は、お坊さんにお焚き上げを依頼してみましょう。

まとめ

後飾り祭壇は、遺骨や位牌を安置する場所であるだけではなく、遺族や弔問客がお参りする場です。心を込めてお参りする場であるからこそ、きちんとした飾り方で飾りたいものです。宗教・宗派・地域によって飾り方が異なりますので、詳しくはお坊さんにアドバイスを貰うと良いでしょう。

▼葬儀の祭壇の種類や選び方のまとめ記事はコチラ

葬儀で使う祭壇とは?種類や値段、選び方などを元葬儀スタッフが解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ