葬儀で使う祭壇とは?種類や値段、選び方などを元葬儀スタッフが解説

大切な人を亡くしたら、どのような祭壇で送りたいですか。葬儀の参列者は祭壇を見て手を合わせますので、「祭壇が葬儀の印象を決める」といっても過言ではありません。今回は、葬儀の祭壇について種類や選ぶ際のポイントなどを解説します。

祭壇とは

祭壇とは、故人を祀る場所として設けられた檀をさします。祭壇というと、仏教を思い浮かべる方も多いかと思いますが、仏教、神道、キリスト教など様々な宗教の祭壇があります。葬儀の場面では、葬儀ホールで飾る祭壇と、四十九日まで自宅に飾る後飾り祭壇があります。

葬儀で使う祭壇

通夜・葬儀の場面で、葬儀ホールの前方に設置されるのが祭壇です。祭壇には本尊や位牌、遺影写真、お供え物、故人の愛用品が飾られます。生前の故人を思い出しながら、手を合わせます。従来は、祭壇といえば白木祭壇でしたが、近年は祭壇のバリエーションが増え、遺族や故人の好みに合ったものを選ぶことが出来るようになりました。

葬儀後に使う後飾り祭壇

葬儀の後、故人の供養のために自宅に飾る祭壇を「後飾り祭壇」といいます。後飾り祭壇には、位牌、お骨箱、遺影写真を安置します。後飾り祭壇は、葬儀後~四十九日までの間、遺骨を安置する場所であり、家族や親戚、弔問客がお参りするための場所でもあります。

葬儀に使う祭壇の種類

葬儀に使う祭壇は、白木祭壇、神式祭壇、花祭壇など、様々な種類があります。近年では、オリジナル祭壇やキャンドル祭壇など、祭壇のバリエーションが増えました。「どれを選んだらよいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。ここでは、それぞれの祭壇の特徴について解説をします。

白木祭壇

白木祭壇は、文字通り白木という木を用いて作られた祭壇です。白木の屋根がついている点も特徴で、威厳のある印象になります。仏教の意味合いが濃い装飾がついているため、一部宗教によっては使用することが出来ません。

白木祭壇の壇上や左右のスペースに、花が飾られます。祭壇の花のボリュームや祭壇の幅によって、価格が変わってきます。

神式祭壇

神式祭壇も白木の祭壇です。仏式の白木祭壇との違いは、白木で作られた八足の祭壇であることです。祭壇には三種の神器である鏡・剣・勾玉を五色旗と共に飾ります。三方を使用して神饌物をお供えしていることも特徴です。

白木の神式祭壇が一般的ですが、生花祭壇を選ぶ方も増えてきました。

友人葬祭壇

日蓮正宗や友人葬では、生花ではなく樒(しきみ・しきび)を飾ります。「樒の香気が邪気を払い、不浄を清浄にする力がある」と日蓮が書き残したため、友人葬や日蓮正宗では、樒を重んじます。

また、日蓮正宗や友人葬では、祭壇に飾るご本尊を遺族や導師が持参することが多く、本尊を掛けるための厨子が用意されている点も特徴です。

キリスト教祭壇

キリスト教の葬儀は、基本的には教会にて行われます。カトリックとプロテスタントどちらも生花祭壇を使用します。白を基調に、カーネーションや百合などの生花を中心に飾るのが一般的です。キリスト教では造花ではなく、生花を使用します。

花祭壇

生花だけで作られた祭壇を花祭壇といいます。故人に合わせたイメージの生花をオーダーすることも出来ます。花祭壇は、見た目の華やかさから人気を集めていますが、生花を大量に使うために費用は高くなります。

近年は、費用を抑えるために造花を使用した、造花祭壇を取り扱う葬儀社もあります。

キャンドル祭壇

キャンドル祭壇は、祭壇にガラス製の器を使用して、たくさんのロウソクを立体的に並べることで、幻想的な空間を演出する祭壇です。ロウソクのみを使用して飾る祭壇だけでなく、ロウソクと生花を組み合わせて飾る祭壇もあります。

一部の葬儀社で近年取り扱い始めた祭壇なので、まだ馴染みは薄いかもしれませんが、洋風でスタイリッシュな印象から人気を集めています。

オリジナル祭壇

オリジナル祭壇とは、形式にとらわれず、故人に合わせてデザインされた祭壇です。葬儀に「自分らしさ」が求められるようになった近年、注目されています。

ゴルフが好きだった方にはゴルフをモチーフにした祭壇や、音楽が好きだった方に楽譜をモチーフにした祭壇など、遺族と葬儀会社のアイデアによってイメージを作ります。

生花祭壇のようにたくさんの生花を使用して故人のモチーフを描く祭壇もあれば、故人の愛用品を祭壇上に飾る祭壇もあり、祭壇の作り方も自由です。オリジナルのアイデアが必要になり、準備にも時間を要すため、比較的高額であることが多いです。

葬儀に使う祭壇の値段

葬儀費用の大きな部分を占めるのが、葬儀の祭壇費用です。祭壇の費用は、白木祭壇や生花祭壇など、祭壇の違いによっても相場が変わりますが、葬儀の形態によっても異なってきます。参列者の人数が多ければ多いほど、見栄えの良い祭壇が選ばれる傾向があります。

一般葬の場合

一般参列者を招く葬儀の場合、祭壇は見栄えの良いものが選ばれる傾向があります。祭壇セットの相場としては、100万~150万円ほどが相場です。葬儀費用の総額としては、200万円弱程度になります。

家族葬の場合

家族葬とは、家族中心に行う小規模な葬儀です。一般参列者が少ないため、小さな祭壇を選ばれる方が多く、祭壇の費用も抑えられる傾向があります。祭壇費用の相場としては、30~80万円程度です。葬儀費用の総額としては、80万~120万程度です。

社葬の場合

会社の代表者や功績者が亡くなった場合に行う葬儀を社葬といいます。通常の葬儀と異なる点は、故人の供養をする場であると同時に、対外的に会社をPRする場でもある点です。そのため、祭壇は見栄えのするものを飾ります。

会社の規模や、対象者の功績によって、葬儀に掛ける費用は異なってきます。祭壇セットの相場としては、150万~500万程ですが、会社の規模によっては、さらに高額の祭壇を用意する場合もあります。

葬儀で使う祭壇を選ぶ際のポイント

葬儀で祭壇を選ぶ際のポイントについて解説します。祭壇には白木祭壇、花祭壇、オリジナル祭壇など多くの種類があり、実際の葬儀では、どれを選んだらよいのか迷われてしまう方も多いでしょう。見栄え、費用、故人らしさなど、重視する点によって、選ぶポイントは変わってきます。

宗教とオリジナリティのどちらに重点をおくか

白木祭壇や、白木の神式祭壇は宗教色が強い祭壇ですが、一人一人にあわせてオリジナリティを出すことは難しいです。一方で、花祭壇やキャンドル祭壇には宗教色が薄く、広い宗教宗派で飾ることが出来ます。また、故人のイメージに合わせた祭壇デザインを選ぶことができます。

会場や葬儀の規模に合わせる

葬儀式場の祭壇を飾るスペースの広さや、規模感に合っているかどうかは大事なポイントです。同じ大きさの祭壇であっても、式場の間口が広いと小さく見えたり、広い式場に飾ると立派に見えたりします。式場や葬儀の規模に見合った祭壇にすると良いでしょう。

予算から逆算する

祭壇セットは、葬儀代金の大部分を占めます。葬儀のコスト面を重視するのであれば、祭壇以外にかかる費用(料理、御礼品、ハイヤーなど)を先に見積もり、予算的から逆算することで、祭壇セットにはいくらかけられるのか算出すると良いでしょう。

予算に見合った祭壇プランの中から、故人を送るイメージに近い祭壇を選びましょう。

故人の意向や好みをくみ取る

故人の意向が分かるのであれば、「どの祭壇を選んだら喜んでくれるか」という視点で祭壇を選ぶのも良いでしょう。デザインの自由度の高さが特徴である花祭壇の場合、故人のイメージに合ったカラーの花や、故人の趣味を花で描いた祭壇を作ることが出来ます。

祭壇は、参列者にとっても印象に残る部分です。故人らしい祭壇を選択する方も増えています。

葬儀で使う祭壇のお供え物

通夜や葬儀で、祭壇の上のお供え台に果物や乾物などがお供えされているのを見たことがありますか。お供えは、宗教や宗派によって異なります。葬儀のお供え物について解説をします。

仏教の場合

仏教の場合は、生花、果物、お菓子、仏飯、水などをお供えします。故人が好きだったものがあれば、お供えするのも良いでしょう。ただし、肉や魚など殺生を連想するものは、タブーとされているので避けるようにしましょう。浄土真宗系の葬儀では、仏飯と水はお供えしません。

神道の場合

神道の祭壇では、案という白木の台の上に三方を置き、そこにお供えをします。お供えは、御神酒、洗米、水、塩、鏡餅、魚、野菜、果物、乾物、お菓子です。

キリスト教の場合

キリスト教では、祭壇にお供えをするという風習がありません。一般参列者からのお供えも果物や缶詰ではなく、白色でまとめた生花のみです。

まとめ

今回は葬儀の祭壇について種類や費用、選び方について解説をしました。葬儀の印象を決めるのは祭壇です。また、祭壇の価格は、葬儀代金の大きな金額を占めます。

実際の葬儀では、祭壇以外にも打ち合わせする内容が多く、短い時間で祭壇を決定しなくてはなりません。「こんなはずじゃなかった」と後悔することの無いように、あらかじめ葬儀社に相談し、祭壇プランを決めておかれることをオススメします。

この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ