葬儀で用いられる祭壇について ❘ お供え物や祭壇の種類について解説

葬儀に参列すると、会場の正面に祭壇が設置されているのを目にすると思います。一番に思い浮かべる祭壇といえば、白木に彫刻が施されているものかも知れません。以前は葬儀が必要になれば、葬儀会社の方にお任せして祭壇を手配してもらうということが主流でしたが、最近ではより故人らしさをあらわすような祭壇にするよう工夫されることが増えてます。

葬儀の会場で目を引く祭壇ですが、いざ葬儀をすることになった時に祭壇についての知識や費用を理解していない後なって後悔してしまうことも起こりえます。この記事では葬儀で用いられる祭壇について、その種類や価格の相場、祭壇に飾るものについて解説します。

自分が喪主となり祭壇を選ぶことになった時や、自分の葬儀の希望を考える時の参考にしてみてください。

葬儀で用いる祭壇とは

葬儀で用いる祭壇は、土葬を行っていた時代においては棺を祀るためのものでした。土葬では葬儀の後、親族などによって葬列と呼ばれる行列を組んで、葬儀会場から棺を担いで埋葬先に向かいます。祭壇の上部には豪華な屋根を施した輿(こし)と呼ばれる物の中に棺を据えて、輿ごと担いで葬列を組んでいたのです。

しかし、土葬から火葬に移り変わり祭壇の役割にも変化が見られ、現代では故人を偲ぶためのものを中心に飾り、棺は祭壇の下にそのまま飾られるようになっています。また、大きな会場では遺影写真が良く見えるように大きな写真を用いたり、スクリーンに映し出すなど、その規模に応じて在りし日の故人を偲ぶための工夫がされるようになっています。

葬儀で用いられる祭壇の種類

葬儀に用いる祭壇にはいろいろな種類があり、宗教によっても用いる祭壇のきまりがあります。それぞれの宗派にふさわしく、故人らしさをあらわす祭壇を選んで行きましょう。

花祭壇

花祭壇はたくさんの花で囲まれた祭壇で、宗教に関係なく利用することができ、白木祭壇と並んで人気の祭壇です。

花祭壇は造花を用いて作る造花祭壇と生花を用いてつくる生花祭壇に分けられます。造花祭壇では季節に関係なく好きな花を選ぶことが出来、時間が経過しても花が傷んだり枯れたりすることがなく、見栄えが変わらないのが特徴です。また、生花祭壇では故人の好きだった花を用いて、色や香りなどで故人らしさを表現した祭壇を作ることが可能となります。

白木祭壇・仏式祭壇

白木祭壇は仏式の葬儀で最も用いられている祭壇で、白木に透かし彫りが施されているのが特徴です。白木とは「汚れのない真新しい状態」を表すとされ、また塗りが施されていないことから「急な葬儀になり、塗りを施す時間がなかった」という気持ちを表すものともされます。

神式祭壇

神式祭壇は基本的には仏式の白木祭壇と同じで、白木に透かし彫りのされたものが用いられます。

神式祭壇には、神道で最も重要とされる三種の神器である鏡・勾玉・剣が飾られます。神式祭壇では飾るものが決まっており、三種の神器のほかには、ぼんぼり、五色旗、三方、霊事案、紙垂としめ縄となります。

キリスト教式祭壇

キリスト教では、所属している教会で葬儀を行う場合には祭壇は必要ありません。ただし葬儀場でキリスト教の葬儀を行う場合もあります。この場合には、十字架を掲げて燭台にろうそくをともしますが、それ以外の部分は花などで自由に飾ることができます。ただし、カトリックとプロテスタントでは決まり事などに違いがあるため、事前に教会などに確認をしておくようにしましょう。

葬儀の際でレンタルする祭壇の相場価格とは

白木祭壇は葬儀のたびに作成することは少なくなっており、葬儀社にレンタルをするのが一般的となっています。祭壇は大きさや装飾の豪華さにつれ価格も高くなり、レンタルでも安いもので30万円程度から大きなものなると120万円くらいが相場となります。

祭壇の費用には人件費や生花の料金、設営撤去などの諸経費なども含まれていることがほとんどです。これは、葬儀には様々な手配が必要となり、実際に接する人以外の人件費がかかるためで、その分の費用を諸経費として祭壇費用として請求されしていますそのため、レンタルであってもその費用が高額となり葬儀の費用の大部分を占めることにもなるのです。

祭壇にお供えするものとは

祭壇にお供えするものは宗教によって異なります。仏式の葬儀の場合、祭壇の一番高い位置の中央にご本尊が飾られます。そして、本尊から1段または2段下がった場所に位牌を飾ります。

遺影写真は仏式の葬儀ではあまり重要とはされていないため、飾る場合には本尊や位牌を隠さないように気をつければ、どの場所に飾っても良いとされています。

そのほか、祭壇には宗派により違いがあるものの、花や果物などの供物が飾られます。

供花として贈られた花は祭壇の脇や、会場の入り口からの壁面に並べられるのが一般的です。供花の飾り方は必ずこうしなければならないという厳格な決まりはありませんが、基本的な並べ方に準ずるようにすると良いでしょう。

祭壇の周囲では、上段から左右に向かって、故人との関係性の深い方から順に並べていきます。したがって、喪主、親族、友人、知人、関係者という順番が一般的になりますが、会社関係など故人より地位の高い方などの場合はその順番に配慮が必要になることもあります。

果物

供物として果物をお供えすることもあります。お供え物にする果物はスイカやメロン、桃などの丸い形の果物や故人が好きだったものを贈るのが良いとされています。それらの果物は籠に盛られて贈られるためそのまま祭壇の脇に供えられ祭壇の周りを華やかに飾ります。

この場合も供花と同様に、基本的には祭壇の周囲に故人と関係性の深い人から順に並べていくようにします。

少人数の葬儀では祭壇を使わない場合もある

祭壇は宗教の習わしに従って準備されたり、故人らしさをあらわしたオリジナルのものにするなどさまざまな考え方があります。なかでも、宗教にとらわれない無宗教葬では参列者が10人程度の場合には、祭壇を不要とする考え方も出てきています。

この場合、棺の周囲を花で飾り、遺影写真や故人のゆかりの品物などを置く場所を設置するなど、故人を中心にした式場の設営をします。

宗教的な儀式を行う場合でも、それらに必要なものを揃えておけば祭壇は必ずしも必要とされないこともあるようですので、小規模な葬儀を行う時にはそのような事も選択肢に入れられるかを検討しておきましょう。

まとめ

葬儀に用いる祭壇は花祭壇、白木祭壇、神式祭壇、キリスト教式祭壇がありそれぞれの宗派によって決まり事を守りながら、故人らしさをあらわせる祭壇を選ぶようにすると良いでしょう。

祭壇は大きさによって価格に違いが見られますが、会場の大きさに見合った祭壇を選ぶことがたいせつです。予算や参列される人数を考慮しながら、こだわりの祭壇を選べるようにしていきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ