祭壇の値段はいくら?花祭壇や白木祭壇の値段、葬儀全体の費用も解説

葬儀を考えるとき、最も心配なのは葬儀費用ではないでしょうか。葬儀の中で最も費用が掛かるのは、祭壇や祭壇周りの飾りです。今回は、祭壇にかかる費用について説明します。

祭壇の種類ごとの費用

葬儀費用の大きな部分を占めるのが、祭壇価格です。祭壇のみではなく、棺や霊柩車、人件費など、葬儀に必要となる一式を「祭壇セット」として案内している葬儀社がほとんどです。祭壇セットプランの内訳は葬儀社により異なるため、結局のところ祭壇価格はいくらなのかは、不透明であることが多いです。

ここでは、祭壇のセットプランではなく、祭壇単品(祭壇と、祭壇上に付属するセットの花)のみを考えた場合の相場を解説いたします。

白木祭壇

祭壇の定番である白木祭壇は、家族葬用のシンプルな祭壇は10~20万円程度から、立派な祭壇であれば100万以上の価格まで、幅広い価格設定があります。高価な祭壇になれば、より祭壇の横幅が広く、付属する生花にボリュームやアレンジが加わり、威厳のある祭壇になります。

式場の広さや、葬儀の規模に応じて、最適な祭壇を選べるようになっています。

花祭壇

お花で飾る花祭壇は、家族葬用のシンプルなデザインであれば15~40万円程の価格ですが、デザインによっては60~100万円以上になることもあります。花祭壇は、故人らしい花を用意することができ、自由度が高いところが特徴です。

生花の量だけではなく、生花の種類、デザインに応じて価格が変動します。同じ価格の花祭壇であっても、依頼する葬儀社によってボリュームやアレンジに差があります。花祭壇を希望する場合は、あらかじめ複数の葬儀社に足を運び、葬儀会社ごとの祭壇イメージや価格設定を調べておくことをおすすめします。

また、近年は造花を使用した祭壇を扱う葬儀会社もあります。造花祭壇は、生花と比較してコストを下げることができます。造花の場合は、5~30万円程度で用意することができます。

神式祭壇

神式の場合は、仏式と異なる白木祭壇であることが一般的です。特徴としては、三種の神器である、鏡と刀、勾玉が飾られ、果物や野菜、餅、魚などのお供えをするための段が必要となります。価格相場としては、30万円程度~になります。

従来は、神式といえば白木の神式祭壇でしたが、近年では、神式でも花祭壇を選ぶことができるようになりました。

キリスト教式祭壇

キリスト教の場合は、葬儀社ではなく教会で行われることが多いです。十字架、燭台などの聖具を用意し、生花を飾ります。価格帯としては、生花のボリュームに応じて10万~80万円程度までのプランがあります。

飾りのタイプには、棺の周りを花で囲み全体的に華やかになるように飾るタイプもあれば、花祭壇のように祭壇にボリュームを集めるタイプもあります。

オリジナル祭壇

近年は、形式にとらわれない祭壇が増えてきました。例えば、ゴルフ好きな故人のための、ゴルフをモチーフにした祭壇や、サーフィン好きな故人のための海の波をイメージした祭壇など、故人の為にデザインして用意するオリジナル祭壇です。生花祭壇のように生花でモチーフを描く場合もあれば、故人の愛用品を持ち込み、祭壇周りに飾る場合もあります。

生花で作るオリジナル祭壇は、たくさんの生花と職人の技術が必要となるため、通常の生花祭壇より高額になります。50万程度の場合もあれば、100万円以上かかる場合もあり、意向に応じて価格が変わります。

祭壇とその周りの飾りにかかる費用内訳

祭壇単品の費用について説明しましたがここでは、祭壇周りの飾りにかかる費用について解説します。

棺は3~15万円程度が相場です。木材で出来た棺、彫刻の入った棺、木材の上を布で覆った棺、天然木材を使用した棺、段ボールで出来た棺など、種類によって金額に開きがあります。

高ランクな棺になると、棺の内側にも装飾が施されています。祭壇に見合った棺が、祭壇セットとして組み込まれていることが多いです。一般的に使用されている棺は、合板で出来た2~5万円程の棺が多いです。

骨壺

骨壺は地域によってサイズが異なります。「墓にお骨を納めるときに、どれだけの量の骨を納めるか」というところに地域差があるためです。

関東地域では、遺骨全部納めるタイプ(7~8寸)、関西地域では、主要な部分のみ納めるタイプ(4寸)がよく使用されています。7寸タイプのお骨箱は1万~3万円、4寸タイプのお骨箱では5千~2万円程度が相場です。

遺影

遺影写真の相場は、写真作成料と写真額代を合わせて1~2万円です。写真作成に5千~1万円程度、写真額に4千~1万円程度かかります。

位牌

葬儀で使用する位牌は、2~3千円が相場です。通夜・葬儀では、白木の位牌を使用します。宗派にもよりますが、忌明けを目途に黒塗りの位牌に代わります。

供花

お供えの供花は1~3万円が相場です。供花は、故人や遺族と親しい関係の方が出します。1対という形で2基用意するのが一般的ですが、1基のみ用意することもできます。担当葬儀社に依頼することで手配できます。

会場によっては、担当葬儀社を通さずに、生花店などで手配した供花には、持ち込み手数料がかかる場合があります。葬儀社にご確認されることをおすすめします。

供物

供物は1~2万円が相場です。果物や缶詰、乾物、お菓子類などの供物です。供物は、地域や葬儀社によって、取り扱っているものが異なります。

供花と同じく、故人や遺族と親しい方が用意します。

祭壇の選び方

葬儀が多様化し、祭壇も様々なバリエーションの中から選べるようになりました。「どの祭壇を選んだらよいのか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。祭壇の選び方について解説をします。

故人のイメージに合った祭壇を選ぶ

昔ながらの白木祭壇は、厳かな雰囲気を醸し出します。一方で、近年人気の花祭壇は、柔らかく優しい印象を作り出します。祭壇は、葬儀の象徴となりますので、故人のイメージに合った祭壇を選ぶのが良いでしょう。

会場や葬儀の規模に合わせる

同じ祭壇プランであっても、葬儀ホールの広さによっては、見栄えが変わってきます。ホールの広さを理解した上で、規模感に合った祭壇を選ぶと良いでしょう。式場に見合っているかどうかは、祭壇の印象だけでは分かりません。事前に見学をしておかれることをおすすめします。

故人の好きな花を使う

故人の好きな花や、故人らしいカラーの花を、祭壇選びの基準の一つにするのもよいでしょう。葬儀社にもよりますが、花祭壇や白木祭壇の生花は、遺族の意向通りに変更できる場合があります。

想いのこもった祭壇は、故人だけではなく遺族の心も和ませます。故人に好きな花がある場合には、葬儀担当者に相談するとよいでしょう。

費用面から祭壇を考える

予算に見合った祭壇プランを選ぶのが良いでしょう。予算内に抑えるためには、祭壇プラン以外にいくらかかるのかを先に算出するのも一つの手です。

例えば、予算が100万円と決まっている場合、祭壇セット以外に必要な金額(会葬返礼品、料理関係、ハイヤー、火葬料、お布施など)が50万円であれば、50万円以下の祭壇セットから選ぶ必要があります。選択可能なプランの中から、葬儀のイメージに近いものを選びましょう。

葬儀全体の費用

ここまでは、祭壇の費用について説明しました。それでは、葬儀全体の費用はどのくらいになるのでしょうか。

日本消費者協会による2017年葬儀についてのアンケート調査*によると、葬儀全体にかかる費用は195万円が平均となっています家族葬であれば、80~100万円程度に抑えることができます。この葬儀費用は、葬儀葬儀一式(葬儀の必要品の手配に必要な費用)、飲食接待費、宗教者へのお布施が含まれた金額ですに分けられます。

*出典:(一財)日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」(2017年)

葬儀一式にかかる費用

葬儀一式にかかる費用とは、祭壇、遺体の搬送費、葬儀場の使用料、スタッフの人件費、その他の通夜や葬儀で必要な物(湯灌、ハイヤー、供花供物など)のことです。家族葬などの少人数プランであれば15万円~、一般葬では60万円~という価格帯で販売されています

飲食接待費

飲食接待費とは、通夜ぶるまい、精進落とし、会葬返礼品などの費用です。飲食の習慣は地域によって異なります。飲食接待費は、地域や予想される参列者の人数によって大きく変動します。

近年家族葬が増え、参列者数を把握しやすくなったことによって、飲食接待費を組み込んだ葬儀プランを作っている葬儀会社もあります。

お布施

読経や戒名(法名)のお礼としてお布施を渡します。お布施は、宗派や戒名、葬儀で読経をする人数によって金額が変わってきます。また、地域によってもお布施の金額は異なります。30万円のケースもあれば、100万円近くになることもあります。

判断に困る際には、親戚や葬儀担当者へ相談すると良いでしょう。

▼葬儀全体の費用についてさらに詳しく知りたい方はコチラ

葬儀にかかる費用について解説!気になる相場や内訳、葬儀の種類ごとにかかる費用まで徹底網羅

まとめ

祭壇費用について説明しました。葬儀にかかる費用は、地域によって異なる点が多いです。あらかじめ葬儀社に事前相談に行っておくと、もしものときに安心です。葬儀の後で「こんなはずじゃなかった」と後悔することの無いように、費用的にもデザイン的にも納得できる祭壇を見つけておきましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ