お通夜・葬儀に行けない場合はどうしたらいい?断りの入れ方やかわりに弔意を表す方法をご紹介

御布施を渡すタイミングに悩む中年男性

親しい方が亡くなったと訃報の知らせを受けると、お通夜か告別式には参列したいものです。ところが、仕事の都合などにより行けないこともあるかと思います。では、このような場合にはどのように対応をすると失礼にあたらないのでしょうか。

この記事では、お通夜や葬儀へ参列が出来ない時の対応の方法や、遺族への伝え方について解説をしていきます。もし、そのような状況になった時には、相手に対して失礼のない行動を取り、故人への弔意を払うように心がけましょう。

お通夜・葬儀に行けない場合には遺族に連絡が必要

お通夜または葬儀に行けないときには、必ず遺族にその旨を伝えるようにします。訃報の連絡を受けた時点で、他の用事などがありどうしても参列できないことが明らかであれば、欠席させていただくと返事をしましょう。

お通夜にも葬儀にも参列できないことを連絡する時には、欠席の理由についての詳細は必要ありません。なぜなら、通常やむを得ない理由があるのであれば、お通夜や告別式に参列できなくても咎められるようなことはありません。しかし、欠席の理由によっては、故人を弔うことよりもそちらの方を優先したのかと遺族を不快にさせることもあるためです。

したがって、「やむを得ない事情のため」や「遠方のため」などのように、簡単に理由を述べるにとどめます。

ただし、お通夜または葬儀のどちらかに参列すれば構いませんので、どちらかへの参列が可能なのであれば欠席の連絡する必要はなく、可能な方に参列することで問題ありません。

行けないことを失礼なく伝える方法とは

葬儀の前というと遺族は準備などで忙しくされていることが予想されますので、欠席の連絡をする時には配慮が必要です。では、遺族の迷惑にならないように、お通夜や葬儀に行けないことを伝える手段はどのようにすればよいのでしょうか。

電話

電話は直接話すことができるため、顔を合わせて話をすることができない場合には最も丁寧な形の連絡方法となります。ただし、遺族が葬儀の準備などで忙しくしておられることが予測できるため、短時間で済ませるように配慮をしましょう。

欠席の理由については、詳細まで伝えるようなことはせず、やんわりと参列できないことを述べるようにします。

メール

最近ではメールを使ってお通夜や告別式の欠席を伝えることも増えてきました。メールは相手の時間の都合を電話ほど気にすることなく、必要な内容を手早く伝えることができるため、有効な手段と言えます。

ただし、お悔やみを述べるにはメールでは少しカジュアルに受け取られてしまうこともあるため注意が必要です。そのようなことから、メールで弔意を伝える時には親しいなかであっても丁寧な文面で、言葉の選び方も慎重に行うようにします。また、どのような間柄でも絵文字や顔文字を使用することは決してしないように注意しましょう。

もし、相手の方がご年配の方で普段からメールでのやり取りの機会が少なかったり、形式を重んじる方であると思われる時には、メールでの連絡は控えるようにしたほうが良いでしょう。

▼メールで送るお悔やみの言葉の例文を詳しく知りたい方はコチラ

お悔やみの言葉【葬儀・メールの例文集】

手紙

手紙は弔意を文書に込めて送ることができるため無礼にあたることがありません。しかし、通常訃報を受けてからお通夜や葬儀までの日にちはそれほど期間がないことが多く、手紙で欠席の連絡をしていたのでは間に合わないと考えられます。

したがって、お通夜や葬儀を欠席させていただくことを手紙で伝えるのは、あまり良い方法とは言えません。手紙を送る場合には、あらかじめ電話やメールで欠席させていただくことを伝えておいた上で、改めてお悔やみの気持ちを伝えるとより丁寧な対応になります。

▼お悔やみの言葉のマナーや使ってはいけない言葉を詳しく知りたい方はコチラ

お悔やみの言葉のマナー|例文とタブーの言葉をチェック

お通夜・葬儀に参列できない場合に弔意を表す方法とは

お通夜や葬儀に行けない場合でも、故人への弔意を伝えたいことがあるでしょう。そのような時にはどう対応をすればよいのでしょうか。その手段についてご紹介します。

お悔やみの手紙を送る

お通夜や葬儀に行けないときには、お悔やみの気持ちを書いた手紙を送るのが一般的です。訃報の連絡を受けたにもかかわらず、お通夜、葬儀のどちらにも参列できないときには遺族にその旨を連絡し、お悔やみの言葉を記した手紙を初七日までに到着するように出すようにしましょう。

お悔やみの手紙を送るときに使用する便せんや封筒は白無地で縦書きのものを基本にします。派手なデザインのものは避け、なるべくシンプルな色やデザインのものを選びましょう。また、手紙の文章には忌み言葉を避けるなどのマナーを守り、お悔やみの気持ちを述べると共に、葬儀に参列できなかったお詫びのことばを記しておくようにしましょう。

弔電を打つ

お通夜や告別式に参列できないときには、お悔やみの言葉を伝える手段として弔電を送ることが良くあります。

弔電にはだたお悔やみの言葉を送るだけでなく、ブリザードフラワーを一緒に送ることができるものもあります。また、弔電の表紙に使用される表紙のデザインは豊富で、たくさんのデザインの中から故人のイメージにあった物や自分の気に入ったデザインを選ぶことができます。

弔電はお通夜に間に合うように送るようにします。出来る限りお通夜の日の午前中に届くように手配をしましょう。したがって、お通夜や葬儀に参列できないとなったらすぐに手配をするようにします。

弔電の手配は電話やインターネットから申し込みができますので、お通夜や葬儀への欠席することになればすぐの手配をかけて、お通夜に間に合うようにすることが大切です。

香典を渡す

お通夜や葬儀に行けない場合に、香典だけでもお渡しして弔意を伝えたいと思うこともあるでしょう。そのような場合には、代理を立てて自分の代わりに参列してもらうか、香典を郵送する方法があります。

代理を立てて自分お変りの参列してもらうときは、代理の人は家族や友人、会社の場合は同僚や部下などに依頼するのが一般的です。この代理人は故人と直接面識がない人でも構いません。代理人に香典を託し、葬儀会場の受付で香典を渡してもらうようにします。

この時の香典の表書きや受付での記帳は、代理人ではなく自分の名前を書くようにしましょう。また、受付で記帳する際に名前の後に(代)と書いてもらうようにします。

香典を郵送する場合には、郵便局で現金書留の封筒を購入し、その中に不祝儀袋に入れた香典を封入するようにします。その際、現金書留の封筒の中にお悔やみの言葉を述べた手紙を一緒に入れておくのが、より弔意が伝わり丁寧な対応です。

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

供花や供物を送る

お通夜や葬儀に行けないときに、供物や供花を送ることも弔意を表す方法の一つです。供物や供花は故人を供養するためにお供えするもので、香典と同じ扱いと考えて構いません。したがって、親族などの身内ではない場合にはこれらを複数送る必要はなく、いずれかひとつを手配すればよいということになります。

供物は線香やろうそく、籠盛の果物やお菓子などが選ばれることが多くあります。また、供花では近くの生花店で故人をイメージして想いを込めた生花を送ることもありますが、祭壇の雰囲気や葬儀場の規約などによりトラブルになることも考えられます。したがって、供花を送りたいときには、葬儀を担当している葬儀社に連絡をして手配をお願いするのが、問題が生じるリスクがなく良いでしょう。

葬儀で供花を手配する方法とは?贈る前に知っておきたいマナーや相場について解説

後日弔問をする

お通夜や告別式に参列することができないと、故人と最後のお別れをすることができません。故人の姿を見ることは出来ませんが、後日弔問に伺って故人とのお別れをする方法があります。

ただし、葬儀の後は故人にとってはまだまだしなければいけないことも多く、遺族は毎日忙しくされている時です。したがって、あらかじめ弔問に伺う日時の先方の都合を確認し

、弔問に伺いたいということを必ずお伝えしておくようにしましょう。

お通夜や告別式に香典を渡していないときには、この時に香典を持参しても構いません。もし、事前に香典を渡していたのであれば、花や線香、お菓子や果物など、少量の供物を持参すればより丁寧な弔問になります。

弔問したときに遺族に屋内へ案内されなかった場合には、玄関先でお悔やみの言葉を述べるようにします。無理やり屋内へ入ろうとするようなことはせず、遺族への配慮を忘れないようにすることが大切です。

また、室内へ通された時でも決して長居をするようなことのないようにしましょう。

まとめ

どうしてもお通夜や葬儀に行けない場合の対応は、遺族に電話やメールで連絡するだけでなく、いずれかの方法で弔意を表すようにしてその気持ちをお伝えするようにしましょう。

その際には遺族への配慮をまず考えることを第一とし、自分の都合などで相手に不快な思いをさせたり、迷惑をかけるような行為は謹むようにしなければなりません。

本来であればお通夜や葬儀で最後のお別れをするのが一番ですが、それができないときにはマナーを守り、きちんとした形で故人への弔意を伝えたいものです。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ