有料老人ホームとは?費用や入居条件について徹底解説!

有料老人ホームとは、高齢者が安定した生活を送れるように、食事サービスや掃除や洗濯などの家事援助、排泄や入浴などの介護サービス健康管理のうちいずれかのサービスを一つ以上提供している施設のことをいいます。

有料老人ホームは介護付き、住宅型、健康型などの種類があり、それぞれ入居者の状況に応じて、様々なニーズに応じられるようなサービスの特徴を持っていて費用や入居の条件もさまざまです。

この記事では、有料老人ホームについての特徴や費用、入居条件、メリット、デメリットなど有料老人ホームについての解説を行います。有料老人ホームへの入居を検討されている方は、ぜひ参考にして下さい。

有料老人ホームの特徴

車椅子の夫婦とヘルパー

有料老人ホームは民間の事業者が運営を行っている高齢者施設です。特養のような公的な事業所が運営する高齢者施設とは違い、介護保険のサービスだけにとらわれず、施設独自でのサービスの内容や品質とし、柔軟なサービス提供を行っているところが多いほか、一般的にその費用も高額であることが特徴です。

また、身の回りのことが自分で行えて介護を必要としない自立した生活を送れる方から、要介護状態の方まで、各施設によって入居対象者がそれぞれ異なっています。そのため、入居する施設を選ぶときは、心身の状態やライフスタイル、どのような生活を希望しているのかなどを考慮しながら自分に合った施設を探していくことが重要です。

有料老人ホームの3つの種類

民間の事業者が主体となって運営にあたる有料老人ホームは、食事サービスや介護サービスだけでなく、レクリエーションやイベント、医療ケアや看取りへの対応など、多様なサービス形態があることが特徴ですが、大きく分けて「介護付き」、「住宅型」、「健康型」の3つに分類されます。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは都道府県や市町村から特定入居者生活介護の指定を受けている施設で要介護状態になっても生活が出来るように、食事や入浴、排泄などの手厚い介護や医療ケアを受けることができるのが特徴です。

介護保険のサービスの指定を受けるためには、人員基準や運営基準、施設基準を満たす必要があり、体制が整っていると認められた施設であるだけでなく、それ以上の人員や設備としている施設が多く見られます。そのため、介護付き有料老人ホームは24時間いつでも施設の職員によるケアの提供を受けることができ、医療ニーズが高い場合や看取りまでを希望しているような方にもおすすめの施設です。

介護付き有料老人ホームとは?サービス内容や入居条件を徹底解説【介護福祉士監修】

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは施設の職員により、食事サービスや掃除、洗濯などの家事支援が受けられる有料老人ホームとなります。施設の職員が提供するサービスは家事援助となり、排泄や入浴の介助などの身体介護が必要になれば、外部の介護事業所と個別に契約を行って居室の訪問をしてもらうことになります。

ただし、住宅型有料老人ホームを運営している事業所が施設内に居宅サービスの事務所を構え、必要時には外部サービスとして対応されることが多くなっています。そのため、わざわざ自分で外部のサービス事業所を探す必要がないようになっています。

このような特徴から住宅型有料老人ホームは、自分で自立してできることが多く、あまり介護サービスを利用する必要がない方やレクリエーションなど他のご入居者とのコミュニケーションや余暇活動を楽しみたい方におすすめの施設です。

住宅型有料老人ホームとは?気になる費用やメリットをご紹介!

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは介護を必要としない肩を対象にした高齢者施設であり、介護を受ける必要はないが、在宅での生活には不安があるという方が対象になります。そのため、要介護認定を受けていて介護を必要とする場合には入居できないほか、介護が必要になった場合には退去しなければならない点には注意が必要です。

健康型有料老人ホームとは?気になるサービス内容や費用をご紹介

有料老人ホームの入居条件

有料老人ホームにはその施設によって下記の表のように入居の条件が異なっており、希望している有料老人ホームの種類によっては入居できない場合もあるため、事前にしっかりと確認をしておく必要があります。

入居条件 介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム 健康型有料老人ホーム
年齢 65歳以上 60歳以上 60歳以上
要介護度 要介護1以上 自立~要介護 自立
保証人

それぞれの施設の入居条件について詳しく見ていきましょう。

介護付き有料老人ホームの入居条件

介護付き有料老人ホームは入居可能とされる方の介護度により「介護専用型」と「混合型」に分類することができます。入居可能な年齢は原則としてどちらも65歳以上の高齢者となります。

介護専用型の有料老人ホームでは要介護度が要介護1~5の方のみが入居可能ですが、混合型の介護付き有料老人ホームには、自立から要介護5までの方が入居することができます。

住宅型有料老人ホームの入居条件

住宅型有料老人ホームは食事の提供や掃除、洗濯などの生活支援を受けられる施設であり、施設の職員での介護サービスは受けることができず、介護サービスは外部の事業者と個別に契約をすることになります。したがって、入居の条件は一般的には年齢は60歳以上となっており、介護度は自立から要介護の方まで施設によって、受け入れ可能な入居者の状態に違いがみられるのが特徴です。

健康型有料老人ホームの入居条件

健康型有料老人ホームは、原則として日常生活が自立している高齢者が入居できる施設です。そのため、要支援の方は入居できる場合もありますが、要介護になると退去しなければなりません。自立した生活を送ることは可能であるが、家事などが面倒だったり、ひとりで生活することに不安を感じているため、万一の時に安心できる環境で暮らしたという方向きの有料老人ホームとなっています。

日常の介護を受けることはできない分、レクリエーションやイベントなどの余暇活動が充実しており、楽しみながら毎日の生活を送りたいという方には向いています。ただし、施設の設備や居室のグレードが高く入居にかかる費用も非常に高額であるため、その費用の支払い能力があることが、健康型有料老人ホームへの入居に必要な条件となります。

有料老人ホームの費用の相場と内訳

施設の入居にかかる費用

有料老人ホームの費用は入居時に支払う必要がある入居一時金と毎月の利用料である月額費用に分けられます。

入居一時金は、施設の設備やサービスを利用するための権利金となり、利用料金の全部または一部を前払いで支払うものです。その金額は0円~数億円まで、施設によってかなりの幅があるのが特徴ですが、一般的な設備や人員体制であれば数十万円から数百万円のところが多く、施設の立地や豪華な設備、手厚い人員体制などの条件で入居一時金が高額になる傾向にあります。

月額費用には居室の家賃や水道光熱費、設備費、レクリエーションなどの費用、食費、日常生活費などが必要になります。

居室の費用施設の立地や居室の広さ、グレードだけでなく職員の人員配置によっての金額に差が見られ、10万円前後の施設もあれば100万円以上必要な施設も見られます。

管理費として徴収されることの多い項目に、水道光熱費や設備費、レクリエーションなどがありますが、その内訳は施設によって異なるため、どのような費用が含まれているのかは施設に確認をしておくようにしましょう。管理費に含まれる内容にもよりますが、おおよその相場は4~20万円程度となります。

また、食費も施設によって大きく変わる部分で1食ごとに金額が変わるところもあれば、1日当たりの食費で計算する施設もあります。食事内容も施設によっては専門のシェフが作った食事を提供するところもあり、相場は5万円~12万円程度まで金額はまちまちです。

その他、日常生活で使用する費用として、おむつ代や理美容、医療費、介護保険の利用料などが必要になります。

有料老人ホームの費用 | 相場や支払い方法は?返還金の計算方法も解説

支払い方法の種類の違いとは

有料老人ホームの入居費用の支払い方法には大きく分とける全額前払い方式一部前払い一部月払い方式月払い方式の4つの方法があります。

全額前払い方式は年齢などから想定される入居期間の家賃や介護サービス費に相当する金額を全額前払いで支払うもので、毎月の支払いは管理費や食費、日常生活費だけとなります。

また、一部前払いや一部月払い方式では、全額ではなく一部を入居時に支払い残りを月払いで支払います。前払いされた金額は施設ごとに償却期間でが定められており、その期間内に退去した場合には未償却部分は返却されます。また、償却期間過ぎると家賃などに相当する部分の支払いの必要はなくなります。

月払い方式では前払い金を徴収せず、家賃や介護サービス費などを管理費や日常生活費などと一緒に支払う方法です。毎月の費用に家賃相当分が上乗せされることになり、毎月の利用料は高く設定されています。

サ高住と有料老人ホームの違いは?

自立した生活を送ることができる高齢者が入居できるものは、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)と呼ばれるものもあります。しかし、サ高住は施設の扱いではなくバリアフリー住宅に分類され、ほとんどのサ高住が賃貸方式を取っています。

サービス付きとなっていますが、介護サービスが受けられるわけではなく日中は常駐の配置を必要とされている生活相談員等による安否確認や生活相談のサービスが付いているというものです。ただし、住宅型有料老人ホームと同様に食事や掃除、洗濯などの生活支援のサービスをオプションとして提供しているサ高住も見られます。しかし、有料老人ホームのように、充実した毎日が送れるように、施設が積極的にレクリエーションやイベントの提供を行っているようなところは少ないようです。

サ高住とは?気になる費用や実態を徹底解説!【2019年最新版】

有料老人ホームのメリット

笑っている老夫婦

有料老人ホームは公的な一般の施設に比べると費用が高額になることが多く、その分メリットも多いのが特徴です。

 1.施設ごとに多様なサービスを展開しているため自分に合った施設を探せる

有料老人ホームは施設ごとにさまざまな特色があり、多様なサービスを展開しています。また、入居する地域に制限はなく、たくさんの施設の中から自分が希望する費用や生活を送るのにぴったりな施設を探すことが可能となります。

 2.他の施設と比べると比較的空きが多く、入居までスムーズに進むことが多い

有料老人ホームは公的な施設に比べると待機している人数が少なく、入居の申し込みから入居するまでの期間が短い傾向があり、必要な時に入居がスムーズに進むことが多いです。そのため、いくつもの施設に入居申し込みをしてもいつ入居できるか予測がつかないというような事態を避けることができます。

 3.夫婦で入居可能

有料老人ホームには夫婦で生活するのに十分な広さの居室のある施設も多く見られます。夫婦のうち一方に介護が必要な状態となっても、有料老人ホームに一緒に入居することで介護負担を減らしながら、安心して過ごすことができるでしょう。

夫婦で老人ホームへの入居をお考えの方へ!一緒に入居が可能な施設や費用についてご紹介!

有料老人ホームのデメリット

有料老人ホームのデメリットには次のようなものがあります。

 1.他の介護施設に比べて費用が高い

有料老人ホームは入居一時金が必要となることが一般的で、入居時にまとまった費用の支払が必要となります。また、手厚い人員体制をとっていたり、設備や居室の広さやグレードに違いや公的な施設で適用される居住費や食費の負担限度額の上限も適用されないため、公的なほかの施設と比べると費用が高額になっています。

 2.サービス内容にばらつきがある

有料老人ホームは大きく分けると住宅型、介護付き、健康型に分類されますが、同じ分類の中でも施設によって人員体制の違いなどによりサービス内容がそれぞれ異なっている場合や、居室の広さや設備などにばらつきが見られることがあります。

有料老人ホームに関するよくある質問

Q.ショートステイで利用できる?

ショートステイの受け入れを行っている有料老人ホームはたくさんあります。ただし、一般的な介護者の都合により介護ができない場合などに利用するショートステイの利用というよりは、入居を前提として施設に慣れたり、サービス内容が自分にあっているかを確認するために利用されることが多いようです。目的に合ったショートステイの利用が可能かは施設に問い合わせてみると良いでしょう。

Q.生活保護を受けていても入居できる?

一部の有料老人ホームでは生活保護の受給者でも入居できる料金の設定となっていて、受け入れをしています。パンフレットに記載がある場合は問い合わせてみると良いでしょう。また、生活保護のケースワーカーさんに相談すると、地域での受け入れ可能な施設を知っておられるかもしれません。

Q.看取りまで施設でおこなってくれる?

入居される有料老人ホームによって看取りまで行うところとそうでないところがあります。特に介護付き有料老人ホームでは手厚い介護ケアや医療体制を整えているところも多く、看護師も24時間常駐している施設もあります。このような施設では、看取りまで施設で行ってくれると考えられますが、詳しいことは施設に問い合わせをして確認しておきましょう。

まとめ

有料老人ホームは形態や費用、サービス内容でできることやできないことは施設ごとにさまざまであり、決まったものがないのが特徴です。いろいろな施設を比較し、費用やサービス内容をしっかりと見極めて、自分に合った施設を探していきましょう。

老人ホームの種類をまとめて解説!全7種類の費用や特徴を徹底比較!

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ