シニア向け分譲マンションとは?気になる価格や特徴について解説

シニア向け分譲マンションとは、高齢者が暮らしやすいように設計されたバリアフリー構造の分譲マンションのことです。高齢者が生活しやすいような設備やサービスを兼ね備えていることも多く、レストランやフィットネスジムなどを併設している所もあり、自由度の高いアクティブな生活を送りたいシニアにぴったりの住居です。

この記事では、シニア向け分譲マンションの価格や特徴、メリット・デメリットなど、シニア向け分譲マンションの気になる点について解説していきます。

シニア向け分譲マンションで提供されているサービス

シニア向け分譲マンションでは、各施設に特有のさまざまなサービスの提供を受けることが可能です。たとえば、来訪者への対応や生活相談などのフロントサービスを行っているほか、温泉やフィットネスジム、図書館、シアタールームなど、施設によってさまざまな設備を保有しており、居住者が自由に利用できるようになっています。

 緊急時の対応・安否確認サービス

シニア向け分譲マンションには24時間のスタッフの配置、見守りサービスの提供、看護師の常駐などにより緊急時の異常を早期発見し、その対応が出来るようにしているところもあります。また、周辺の医療機関とも連携し体調の変化をきたしやすいシニア世代の方でも安心して生活が送れるような工夫がされています。

 食事や家事代行サービス

シニア向け分譲マンションが提供する生活支援サービスの主なものには、食事の提供、家事支援、コンシェルジュでのフロントサービスなどが挙げられます。各施設によって受けられるサービスの内容に違いがあるため、希望するサービスの提供があるかどうかがシニア向け分譲マンションを選ぶときのポイントです。

ただし、これらのサービスは介護サービスではなく自立した方向けのサービスとなっています。

気になるシニア向け分譲マンションの価格とは

瓶に入ったお金

シニア向け分譲マンションは一般的に富裕層に向けた物件が多いのが特徴で、その価格は施設の場所や設備の内容、居室の広さなどによって違いがあり、物件の購入費だけで数千万円~数億円と大きな開きがあります。また、分譲方式であるため、購入者の条件によっては住宅ローンを組むことが可能なこともあります。しかし、この場合は入居時にかかる初期費用は抑えることができますが、毎月ローンの支払いが必要となります。

ほかにも、一般的なマンションと同様に購入時の費用だけでなく、毎月管理費や修繕積立金として10~30万円程度が必要です。また、多くのシニア向け分譲マンションではオプションメニューとしてさまざまなレクリエーションプログラムやレストランでの食事サービスなどの提供があり、これらを利用した場合には追加での費用が必要になってきます。

老人ホームとシニア向け分譲マンションの違いとは

シニア向け分譲マンションとよく比較される施設に有料老人ホームがありますが、このふたつには大きな違いがあります。いずれの場合も高額な費用を必要とするため、その違いを十分に理解して、自分のニーズに合ったところを選べるようにしておくようにしましょう。

資産価値

シニア向け分譲マンションと有料老人ホームとの一番大きな違いは所有権の有無で、シニア向け分譲マンションは物件を所有することができる一方で有料老人ホームはあくまで利用権であるため退去後に資産とすることはできません。シニア向け分譲マンションは通常の分譲マンションとは違い入居者をシニアに限定するなどの条件をつけているところがありますが、通常の分譲マンションと同様に購入者に所有権があり、資産として保有することができます。そのため、もしそのマンションが不要になったり、他に住み替えをしたい場合には売却したり、譲渡や賃貸、贈与することが可能です。一方で、有料老人ホームの場合は購入するのはホームへの利用権となり、資産価値はなく原則として第三者へ権利を譲渡することはできません。

設備や生活支援サービス

シニア向け分譲マンションは購入者の所有物となるため、居室を自分の好みや使いやすいように改装することができます。しかし、有料老人ホームなどの毎月居室料を支払う賃貸形式の施設では居室の改装を行うことは基本的には認められておらず、施設の設備に合わせて生活を送ることになります。

また、生活支援サービスとしては食事の提供や見守りなどを行っている施設は多く見られますが、その内容は施設によってさまざまです。サービスの利用はオプションとなっており、これは介護スタッフにより生活支援が行われる介護型有料老人ホームとは異なる点です。

 介護サービス

シニア向け分譲マンションは趣味やレクリエーションなどアクティブに過ごしたいシニア向けに作られており、基本的には身の回りのことが自立しているか、軽度の要介護者の方を対象にしています。

したがって、 シニア向け分譲マンションでは介護サービスの提供は行っておらず、介護が必要な状態になり介護保険を利用しての介護を受けたい場合には、外部の介護サービス事業者と契約を行いサービスの提供を受ける必要があります。この点では住宅型有料老人ホームと似たような形態であると言えます。

しかし、最近では高齢者が安心して暮らして行けるように、介護事業者や診療所などを施設内に併設しているシニア向け分譲マンションも増えてきています。

有料老人ホームとは?費用や入居条件について徹底解説!

シニア向け分譲マンションのメリット

シニア向け分譲マンションには快適なシニアライフを送るにあたって、たくさんのメリットがあります。

シニアライフを楽しめる

シニア向け分譲マンションはシニアの方が暮らしやすい工夫がしてあるほか、レストランやカラオケ、フィットネスクラブ、温泉施設などの娯楽施設が充実しているのが特徴的です。他の入居者とも交流をしながら施設で提供されるレクリエーションに参加するなどで、健康的でアクティブな生活を送ることが可能になっています。そのため、シニアライフを楽しみながら毎日生活していくことができるでしょう。

資産形成ができる

シニア向け分譲マンションには所有権があるため、資産として子どもなどに相続させることができます。また、施設によって入居の条件が設けられている場合もありますが、条件を満たす方に売却したり、賃貸物件として貸し出しをすることも可能です。入居時に高額な費用が必要ではありますが、資産として残せる点は大きなメリットです。

防犯面で安心

シニア向け分譲マンションは、オートロックであることはもちろん、24時間スタッフが駐在しており、防犯カメラを設置してあるなど防犯面での安全性は高くなっています。

なかには居室内で急に体調が悪くなった時などのために緊急通報装置や人感センサーなどを設置しているところもあり、緊急時の対応を行っているところも多く見られます。

シニア向け分譲マンションのデメリット

シニア向け分譲マンションにはデメリットもあり、購入時には問題がないか検討しておきましょう。

費用が高い

シニア向け分譲マンションでは、立地や部屋の広さによって購入価格には大きな違いがあります。それに加えて設備やサービスが充実しているとその分費用も高くなる傾向にあり、自分のニーズと予算に応じた施設を探すことがポイントになります。

 介護サービスの提供がされない

シニア向け分譲マンションでは、介護職員の配置は義務付けられておらず、介護サービスの提供はされません。したがって、介護が必要な状態になれば、外部の介護事業者と契約してサービスの提供を受ける必要があります。

そのため、認知症の症状などで他の居住者に迷惑をかけたりすれば、退去を勧告されたり、介護度が重度になると住み続けることが困難になる場合もあります。

社交的でない人には向かない

シニア向け分譲マンションは、毎日の生活をアクティブに過ごしたい方向けの住居になっています。そのため、入居者同士で提供されるレクリエーションや施設内の設備を利用して楽しむことを前提にしているため、社交的でなく他の入居者との交流を苦手とするような人には向いていないと言えます。

まとめ

シニア向け分譲マンションは施設に併設されている設備を利用するなどして、活きいきとアクティブに自分らしく生活をしていきたいと思っているシニアにとっては最適な住まいと言えます。反面、高額な費用が必要であり、介護施設ではないため介護が必要になった時に住み続けることが難しい場合も有るなどのことも考えておく必要があります。

施設によって特徴には違いがあるため、よく比較してる自分にぴったりな施設を見つけるようにしましょう。

老人ホームの種類を一覧表で解説!全7種類の費用や特徴、選び方を解説!

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ