サ高住とは?サービスの特徴や実際にかかる費用を徹底解説!【2020 年最新版】

高齢化が進む中で、自宅での生活が難しくなってきた、一人暮らしに不安があるなどの理由で、ご自身やご家族が施設への入居を検討されるという方も増えてきます。

しかし、施設に入居するといろいろな制約があり、自由に生活することが難しくなるのではないかという懸念もあるのではないでしょうか。高齢者の住まいとして近年増加傾向にあり、そのように感じておられる方にも、人気のある施設にサ高住があります。

この記事では、サ高住とはどのような施設なのか、その特徴や有料老人ホームとの違い、入居の条件や費用、どんな方に向いているのかなどについて詳しく解説します。

サ高住の特徴とサービス内容

出典:よくわかるサービス付き高齢者向け住宅の制度解説

サ高住とは「サービス付き高齢者向け住宅」の略称で「サ付」と略されることもあります。サ高住は高齢者が安心して暮らせるように安否確認と生活相談サービスが付随した賃貸方式のバリアフリー住宅のことです。

サ高住は賃貸住宅ですので、介護施設のように食事や入浴の曜日や時間が決められておらず、自分のペースで生活することが可能です。また、中には飲酒や喫煙、ペットを飼うことが認められているというところもあり、これまでの生活と同様の暮らしができる点が特徴です。

ただし、サ高住のサービスは安否確認と生活相談となっており、食事や掃除、買い物、洗濯などの生活支援や介護サービスは付随していません。そのため、これらをオプションサービスとして提供し、高齢者の日常生活の支援を行っている所も多く見られます。

また、介護が必要な方に対して、入浴、排泄などの身体介護や、食事の提供などの日常生活上必要な支援や機能訓練を提供する介護保険のサービスである「特定施設入居者生活介護」の指定を受けて、施設の職員が入居者に対して介護サービスを提供しているサ高住も見られます。このようなサ高住では介護付き有料老人ホームと同様のサービスを受けることができるため、介護が必要な状態でもプライバシーを確保しながらも、安心して暮らしていくことができます。

サ高住と有料老人ホームの違い

サ高住は基本的には施設による介護サービスの提供を前提にしていないため、一人暮らしなどで自宅での生活には不安があるが、身の回りのことが自立している元気な高齢者を対象とした賃貸方式の住居です。

多くのサ高住において入居時に必要な費用は数か月分の敷金のみとなり、有料老人ホームは終身の利用権方式を取っていて、高額な入居一時金を必要とする有料老人ホームと比べてサ高住は安い費用での入居が可能です。

また、状況に変化があった場合に転居したりほかの施設に移ったりすることも可能で、サ高住では入居や退去のハードルが有料老人ホームに比べて低いという違いが見られます。

サ高住と有料老人ホームの5つの違いとは?費用や施設ごとのメリットをご紹介!

サ高住の入居にかかる費用の相場と内訳

家賃にかかる費用

サ高住の入居にかかる費用は、敷金月額利用料に分けられます。敷金は通常の賃貸住宅の契約と同様に、家賃の2~3か月分程度の場合が多く見られますが、敷金の必要のないサ高住も見られ、0~数十万円が相場となります。敷金は家賃の滞納時や退去時の原状復帰の資金に充てられ、保証金と明記されている場合もあります。

月額費用には、家賃、管理費、食費、水道光熱費、生活支援サービス費などがあります。施設によって管理費に含まれる項目に違いがあり、食事提供の有無などによっても違いが見られますが、一般型では5~25万円程度が相場となります。

特定施設入居者生活介護に指定を受けているサ高住では家賃をあらかじめ支払っておく、前払い方式を取っているところもあります。このようなサ高住では数十万円~数百万円の前払い家賃が必要となりますが、毎月家賃として焼却されるほか、未償却の金額を残して退去した場合にはその金額の返還を受けることができます。

また、特定施設入居者生活介護の指定を受けているサ高住では、食事サービスが付随しており、介護保険サービスの自己負担額が加算されるため、月額費用は15~40万円程度となります。

このほかには医療費や消耗品、生活支援サービスなどのオプションサービスの費用などが別途必要になります。

サ高住の費用はいくら?タイプ別に初期費用や月額費用の相場を解説

サ高住の入居条件

サ高住への入居の条件は60歳以上であること、または要支援・要介護の認定を受けていることとなります。また、配偶者(内縁関係も含む)、60歳以上または要支援・要介護認定を受けている親族、特別な理由により同居させる必要があると知事が認める者はサ高住に同居できる者として認められています。

ただし、サ高住は自立から軽度の介護が必要な人を対象にしていることが多く、施設によっては認知症の有無や、どの程度自立しているかなど独自に条件を設定しているサ高住もあるため、事前に確認をしておくようにしましょう。

また、サ高住への入居にあたっては、連帯保証人や身元引受人を立てる必要のある所がほとんどです。

連帯保証人となる人がいない場合は、成年後見人制度の利用や保証会社を利用することで入居できることもあります。

サ高住のメリット

高齢者の場合賃貸住宅に入居しようとしても、拒否されることがありますが、サ高住は高齢者であることを理由に入居を拒否されないというメリットがあります。また、バリアフリー構造になっているだけでなく手すりや洗面台などの設備についても高齢者に合わせたものを設置されています。

サ高住での暮らしは安否確認サービスなどで安心感もありながら、自由度の高い生活が送れるだけでなく、同様のサービス形態の有料老人ホームと比較しても、入居時の費用が低額である点も大きなメリットといえます。

また、介護が必要な状況になれば外部の介護サービスを利用しながら自立した状態からある程度の介護を受ける必要がある状態まで、長期間にわたって済み続けることが可能です。

サ高住に入居する前に確認しておきたいこと

サ高住は運営する会社によってさまざまな特色があり、施設によって人員の配置や提供可能なサービスの内容が異なっています。そのため、入居の前には自分の望んでいるような生活をイメージし、必要なことは事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

1.要介護度があがると住み続けることが難しい

サ高住はプライバシーが守られ、自由な生活ができる反面、原則として自立した生活が送れる高齢者が入居の対象者となっています。そのため、介護を必要とする部分が多くなると、住み続けることが難しくなることがあります。特に特定施設入居者生活介護の指定を受けていないサ高住では、介護が必要な状態になった時にはどのようなサポートが受けられるのかを確認しておき、イメージしているような生活が送れるかどうかを検討しておくことが大切です。

2.運営主体が限定されていないため施設によって提供されるサービスに差がある

サ高住の運営者は介護保険のように指定を受けるのではないため、そのサービス内容や入居者への対応にばらつきが見られます。たとえば、一般型のサ高住の場合では、介護が必要になれば外部の介護サービス事業者を自由に選び必要な介護を受けることになりますが、この際、一律に特定のサービス事業者の利用を押し付けるなどで、利用者の選択の自由を阻害するようなサ高住が見られますので注意が必要です。

3.食事の提供はどうなっているか

サ高住での食事は自分で調理をしても良いですが、施設で食事の提供サービスを付随しているところも見られます。外部のレストランを併設しているところもあれば、施設内で調理を行っているところなど、その内容は施設によってさまざまです。

また、長期的に入居することを考えれば、入居者の嚥下の状態などに応じて刻み食やソフト食などへの対応が可能化も含めて、食事提供のサービスがどうなっているかを確認しておくようにしましょう。

サ高住に関するよくある質問

Q.夫婦で一緒に入居できる?

サ高住には2名の入居が可能な夫婦部屋のある施設があります。夫婦部屋では一方が入居の条件を満たしていれば、その配偶者は60歳未満や要介護認定を受けていなくても入居することが可能です。ただし、夫婦部屋はそれほどたくさんはないため、希望のサ高住に入居しようとしても空きがない場合もあります。

夫婦で老人ホームへの入居をお考えの方へ!一緒に入居が可能な施設や費用についてご紹介!

Q.生活保護を受給していても入居できる?

高額な入居一時金が必要でないサ高住は、生活保護の受給者であっても、オプションによる付随サービスがなく、家賃や管理費が低額なサ高住であれば入居することは可能です。ただし、生活保護の受給者を受け入れている施設であっても、受け入れの人数を一定数に制限している場合もあるため、入居のハードルは施設によってさまざまです。担当のケースワーカーさんが地域の情報を知っていることもあるので、入居を検討する時には事前に相談してみると良いでしょう。

まとめ

サ高住は自立した生活が可能な高齢者から介護が必要な状態になっても、安否確認サービスと生活相談、上乗せの介護サービスなどで安心した日常生活を送ることができる賃貸住宅です。ただし、施設によって提供される生活サービスがさまざまであり、自分の希望している生活が送れるかどうかを事前に見極めておくことが重要といえます。

有料老人ホームのように高額な入居一時金を必要としない賃貸住宅であるため、入退所がしやすい特徴もあり、サ高住が気になっている方は試しに入居してみても良いかも知れません。

老人ホームの種類をまとめて解説!全7種類の費用や特徴を徹底比較!

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ