住宅型有料老人ホームとは?気になる費用やメリットをご紹介!

料理を運ぶ介護士

住宅型有料老人ホームは、まだ介護認定を受けておらず、介護は必要ないが在宅で生活するには不安がある場合や、要介護認定は受けているもののまだまだ自分でできることも多く、それほど介助が必要でないような方に人気の有料老人ホームです。自立に近い方が自宅以外の施設サービスを希望する場合、公的な施設への入居は出来ないため民間の施設への入居を検討する必要があります。

この記事では自立に近い状態でも入居が可能な住宅型有料老人ホームについて、その特徴や他の施設との違い、メリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。住宅型有料老人ホームについて知りたい方や、有料老人ホームへの入居を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

住宅型有料老人ホームの特徴とは

住宅型有料老人ホームは民間の事業者が運営する高齢者施設のひとつで、要介護認定を受けていない自立の段階から、在宅介護サービスを利用しながらの生活まで、状況に応じた暮らし方ができる点が特徴です。

住宅型有料老人ホームの入居者は食事や掃除・洗濯などの生活支援サービスを受けられます。ただし、これらの老人ホームの職員によって提供されるサービスは介護サービスではないため、介護が必要な場合には、在宅介護サービスの事業所と別途契約を行って、その事業所の職員からの介護サービスを受けることになります

このような場合、別途居宅サービスの事業所を探すのは面倒に感じるかもしれませんが、多くの住宅型有料老人ホームには、訪問介護やデイサービス、居宅介護支援(ケアマネジャー)などの事業所を併設しているため自分で事業所を探さなくても良いようになっています。

住宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームの違い

住宅型有料老人ホーム 介護付き有料老人ホーム
介護サービスの提供 無し 有り
入居条件
  • 60歳以上
  • 自立~要介護3程度
  • 65歳以上
  • 要介護度1以上

住宅型有料老人ホームと同様に食事や掃除、洗濯などの生活支援が受けられる有料老人ホームには介護付き有料老人ホームがあります。介護付き有料老人ホームは住宅型とは違い、生活支援のほか排泄や入浴などの身体介護を受けることができ、日常生活全般の介護を受けることができるのが特徴です。

一方、住宅型有料老人ホームは自立など介護度の比較的低い方が入居される施設となっており、レクリエーションや趣味活動のサークルやイベントの開催などが充実していて、日常生活が単調にならないような工夫がされています。

ただし、最近では併設する訪問介護などの介護サービス事業者のクオリティをあげて、介護付き有料老人ホーム並みの介護サービスの提供を行える体制を整えている施設も増えてきています。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いとは?入居条件や費用、メリットをそれぞれ比較

住宅型有料老人ホームとサ高住の違い

住宅型有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
契約形態 利用権契約 建物賃貸借契約
入居条件
  • 60歳以上
  • 自立~要介護3程度
  • 60歳以上の方(夫婦世帯の場合、どちらかが60歳以上)
  • 要介護認定を受けている60歳未満の方

自立した高齢者が安心した生活を送るための住居として、住宅型有料老人ホーム以外ではサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)があります。ただし、サ高住は施設ではなく自立や要支援、要介護など様々な介護度の高齢者が入居するバリアフリー住宅であり、ほとんどが賃貸契約です。

サ高住には日中、生活相談員が常駐しており、入所者の安否確認や生活相談サービスを行っています。

したがって、サ高住の入居者が生活支援や身体介護などの介護サービスを必要とする場合には、住宅型有料老人ホームと同様に外部の居宅介護サービス事業者と個別に契約をしなければなりません。また、施設ではなく集合住宅であるため、住宅型有料老人ホームと同様自由度は高いですが、レクリエーションやイベントを充実させて運営しているところは多くはありません。

サ高住と有料老人ホームの5つの違いとは?費用や施設ごとのメリットをご紹介!

住宅型有料老人ホームの入居条件とは

住宅型有料老人ホームへの入居を希望する場合、公的な介護施設とは違い、それぞれの施設によって入居の基準が違っています。そのため、事前にしっかりと確認をしておく必要があるので注意しましょう。

多くの住宅型有料老人ホームは年齢による制限を設けており、「60歳以上」としている施設が多いです。ただし、施設によっては入居者の状況などを踏まえ60歳以下でも入居を認めている場合もあるため、もし年齢制限に引っかかるが事情があって入居をしたい場合には一度相談するようにしてみると良いでしょう。

住宅型有料老人ホームでは介護度による制限はなく、自立の方から要介護の方まで入居することが可能です。しかし、施設からの介護サービスがなく、医療体制も整っていない施設もあるため、重度の場合や医療ニーズが高い場合は受け入れが困難なこともあります。どのような状況の方を受け入れられるかは施設によって大きく異なるため、事前に確認をしておくようにしましょう。

住宅型有料老人ホームの費用の相場と内訳

住宅型有料老人ホームに入居するには、入居時に必要な費用と毎月必要な費用の2つが必要です。

入居するときに必要な主な費用は入居一時金であり、家賃にかかる部分の前払い金となります。そのため、入居一時金は償却期間と償却率がそれぞれの施設によって定められており、一定期間内に退去した場合には残りの未償却分の返還を受けることができます。この入居一時金の金額は0~数千万円と施設によってさまざまですが、入居一時金が0円など低額の場合は月額費用が高くなることが多いので注意が必要です。

月額利用料の主な内訳は「居室料」、「管理費」、「食費」、「医療費」「日常生活費」、外部の介護事業者から受けた介護サービスに支払う「介護保険サービス費」となり、自己負担割合によって変わってきます。

医療費や日常生活費は個人によって違いが見られますが、月額利用料の相場は15~30万円となっています。

住宅型有料老人ホームにかかる費用の平均や内訳を徹底解説

住宅型有料老人ホームのメリット

住宅型有料老人ホームには、ほかの有料老人ホームにはないメリットがあります。

1.レクリエーションやイベントが充実している

住宅型有料老人ホームは比較的介護度が低い方や自立されている方を対象にしていることが多く、レクリエーションやイベントが充実していて毎日の生活が有意義に送れるような工夫がされています。

2.多様な介護サービスから自分に合ったものを選ぶことができる

住宅型有料老人ホームでの介護サービスは外部の事業者を利用することになるため、多様な介護サービスの中から、自分に合ったものを必要なだけ選択して利用することができます。

3.設備に特色がある施設が多く、自分の好みに合わせて入居する施設を選ぶことができる

住宅型有料老人ホームでは一般向けの施設から高級志向の方まで、さまざまなタイプの施設があり、それぞれに特色を持っています。そのため、選択肢が多く自分の好みや予算に合った施設に入居することが可能になります。

住宅型有料老人ホームのデメリット

住宅型有料老人ホームは施設によって特色があるため、一概に同様の対応ではありませんが、他の施設に比べるとデメリットと感じられる点もあります。

1.一般的な施設よりも費用が高い

住宅型有料老人ホームは介護サービスが必要となった場合は外部のサービスを追加で利用することになります。そのため、介護度が高いなどで追加の介護サービスをたくさん利用した場合には、その分介護保険の自己負担の金額が高くなってしまいます。

2.介護度が高くなると退去しなければならない場合がある

住宅型有料老人ホームでは施設の職員による介護サービスは受けることができず、医師や看護職員などの人員の配置も必須ではありません。そのため、介護度が高くなったり医療ニーズが大きくなった場合には、施設の職員では対応が難しくなり、施設によっては退去をしなければならない場合があります。

3.人員基準が定められておらず、サービスが行き届いていない施設がある

住宅型有料老人ホームは高齢者の住居を確保する目的での施設のため、介護付き有料老人ホームなどと違い人員基準や施設の設備に関する基準が定められていません。そのため、中には十分なサービスを行う人員配置になっておらず、日常的に介護が必要な状態などではサービスが行き届いていないと感じる場合もあるでしょう。

よくある質問

Q.認知症を患っていて介護の妨げになるような行動があっても入居することはできる?

住宅型有料老人ホームでは外部の介護サービスを利用しながら日常生活を送ることになります。そのため、認知症による介護の妨げになるような行為がある場合や、介護サービスを利用しながら自立的な生活ができないと判断される場合は、入居できないことがあります。どの程度の症状であれば入居が可能なのかは施設によって違うため、事前に状況を説明して相談するのが良いでしょう。

Q.生活保護を受けていても入居することはできる?

住宅型有料老人ホームの中には生活保護を受けておられる方の入居を受け入れている施設もあります。ただし、生活保護の受給者に支給される家賃や生活費には上限があり、収入や世帯の状況によって金額が決まっているため、希望している施設に入居できない場合もあります。まずは、担当のケースワーカーさんに住宅型有料老人ホームへの入居を希望していることを相談してみましょう。ケースワーカーさんが地域の施設の情報を知っていて、入居可能な施設を紹介してもらえることもあります。

まとめ

住宅型有料老人ホームは自立から要介護まで幅広い入居者の受け入れが可能な施設です。しかし、施設によって設備や人員体制、サービス内容、入居にかかる費用などが施設ごとにそれぞれ違うため、自分の希望にぴったりな施設を探すことが重要です。自分に合った施設に巡り合えるようにパンフレットなどで情報を集めたり、施設の見学や相談に行くことで希望通りの条件であるかを見極めるようにしましょう。

高齢者住宅の全7種類を解説|費用や特徴、選び方や種類ごとの違いとは?


当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ