介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いとは?入居条件や費用、メリットをそれぞれ比較

有料老人ホーム介護付き有料老人ホーム住宅型有料老人ホームに分かれており、特徴なども似ている部分が多いため、「どのような違いがあるのか?」と疑問が生まれると思います。

そこで、この記事では「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」の入居条件やサービス、費用の違いについてご説明致します。

「介護付き」と「住宅型」のサービスの違いについて

サービスの違いについて

©kei907/stock.adobe.com

サービスの違いについてはそれぞれ以下のようになっております。

介護サービスを目的とした施設が介護付き有料老人ホームになり、生活支援サービスを目的とした施設が住宅型有料老人ホームです。

目的が異なれば提供されるサービスも異なります。それぞれの有料老人ホームのサービスの違いを把握していきましょう。

介護付き有料老人ホームは簡単な怪我や傷の処置体温や血圧の測定、医療機関との連携や身体介助(入浴や排泄)、生活援助(掃除や洗濯)を提供しております。

介護がメインにおこなわれ、介護職員が常駐しています。医療面では看護師により怪我などの対応をしてくれたり、機能訓練指導員によるリハビリテーションなどのサポートをおこったりする施設もあり、できる限り自分で身の回りのことができるように支援をします。

一方で住宅型有料老人ホームは自立~要介護度3の利用者を対象としているため、食事や生活援助(掃除や洗濯)、見守りなどのサービスが充実しています。

また、住宅型有料老人ホームは「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないため、施設自体は介護サービスの提供をしておりません。

そのため、介護サービスを受けたい場合は外部の介護サービスを利用する必要があります。

ただ、施設自体に居宅介護支援事業所や訪問介護の施設を併設している場合があるので、施設に確認をしてみましょう。

入居条件の違いについて

チェックリスト

@Nishihama/stock.adobe.com

入居条件の違いは大きく年齢と要介護度の2つがあります。

2つの観点から比較した表が下記になります。

介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
年齢 65歳以上 60歳(施設によっては60歳未満も可能)
要介護度 要介護度1以上 自立~要介護度3程度

年齢は介護付き有料老人ホームが原則65歳以上の一方、住宅型有料老人ホームが原則60歳となっています。

しかし住宅型有料老人ホームは60歳未満も入居が可能な場合があるので、検討する施設に問い合わせてみましょう。

また、注意しておくべき点は住宅型有料老人ホームは生活サービスを目的とした施設であるため、要介護度が上がり、施設で対応ができなくなると退去を促される可能性があります。

退去前はその時の心身状況にあった施設を探さないといけませんが、多くの場合はケアマネジャーなどに紹介してもらいます。

そのため、要介護度を含めた心身状況を確認し入居に適しているか検討する際に、難しいようであれば、ケアマネジャーなどから別の施設を紹介してもうらようにします。

ご家族の要介護度と年齢を確認してどちらの施設が合うかしっかりと確認しましょう。

費用の違いについて

介護保険にかかるお金

©Ryusuke Komori/stock.adobe.com

ここでは費用の違いについてご説明致します。

費用の内訳は、ほぼ共通して、入居一時金、賃料、食費、管理費、光熱費、雑費、介護サービスになります。

住宅型有料老人ホームは別途介護保険サービス費用を払う必要がある

住宅型有料老人ホームで介護保険サービスを利用するためにはケアマネジャーを通してケアプランを作成し、外部のサービスを利用します。

そのため要介護度が上がり、外部の介護保険サービスを利用すると1~3割の自己負担分を支払う必要があるため、費用がその分かさみます。

一方で、介護付き有料老人ホームは月額使用料の中に介護サービス費が含まれているため、要介護度が高くなっても費用面は変わらないという特徴がありますが、その分値段は高く設定されている場合があります。

入居にかかる費用が高いというのは両施設とも同じ

実際に払う費用は、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームは共通して入居一時金が0円~1億円以上かかり、差が大きいです。

月額利用料も共通しており、安価な施設は10万円弱で、高い施設だと150万円程度かかります。

「なぜ費用にこれほど差があるのか。」と疑問に思うでしょう。

これには理由が2つあります。

費用の支払い方法に複数の選択肢があるから

1つ目は費用の支払い方法に違いがあるからです。有料老人ホームは前払い方式月払い方式選択方式の3つに分かれています。

  1. 前払い方式では想定居住期間内で支払われる家賃等の料金を一括で支払うことです。
  2. 月払い方式では一般的な賃貸住宅と同じ支払いの仕方で、毎月家賃を支払います。
  3. 選択方式では前払い方式か月払い方式のどちらかを選択できる方式です。

入居一時金の費用が高くなる理由は前払い方式で利用者が数千万円~1億円ほどの費用を一括支払うからです。

参考:サービス提供体制のチェックポイント|厚生労働省

施設ごとにサービスや食事、設備に差があるから

有料老人ホームでは季節や行事などに合わせて、フレンチや懐石料理を提供するなど食事内容が豪華であったり、ガーデニング教室などを開催したりしているなど娯楽面でのサービスが充実している施設もあるため、その分費用に差が出てしまいます。

高級老人ホームの気になる費用は?実態やメリットなど徹底解説!

ここまでが、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの費用の違いでした。

費用自体に関しては、安価な施設から高価な施設まで様々ありますので、ご自身やご家族のニーズに合った施設を選びましょう。

最後に今まで見てきたことを踏まえたうえでそれぞれのメリットをまとめていきます。

ご家族の体調や要介護度を考慮しながら、どちらの施設がご家族に合っているか考えましょう。

介護付き有料老人ホームの費用の平均や内訳を徹底解説

住宅型有料老人ホームにかかる費用の平均や内訳を徹底解説

「介護付き」と「住宅型」のそれぞれのメリットは?

2つの施設を比べた際のメリットを見ながら、ご家族にあった施設を選びましょう。

介護付き有料老人ホームの2つのメリット

介護付き有料老人ホームのメリットは2つあります。

要介護度が上がらない限り、月額の利用料がほぼ一定

介護付き有料老人ホームは、介護サービス費が月額利用料に含まれているため、費用に関して大きい変化がないため安心して暮らせます。しかし、要介護度が上がると介護サービス費が増えるので、費用がかさみます。住宅型有料老人ホームの場合、介護サービスが必要になると、外部サービスを選択しなければならず、当初の想定よりも出費が増えてしまうことが懸念点としてあげられます。

介護サービスを受けながら簡単な医療面のフォローが受けられる

介護付き有料老人ホームは介護職員が常駐しているので、介護サービスを受けられます。

看護師も昼には常駐しており、施設によっては24時間常駐している施設もあるので、体調が悪くなった時も安心です。

住宅型有料老人ホームの3つのメリット

住宅型有料老人ホームのメリットも3つあります。

利用者が好きな介護サービスを選択することができる

住宅型有料老人ホームでは、介護サービスが提供されていない分、利用者が好きな介護サービスを選択することができます。デイサービスや訪問サービスの選択ができ、例えば、月曜日は在宅介護を利用し、木曜日はデイサービスを利用するなど自由に組み合わせることが可能です。
また、利用者にサービスが合わなかった場合、介護サービスを変更することができるので、利用者に合ったサービスを受けることができます。

入居前のケアマネジャーがそのまま担当してくれる

特養などに入居すれば施設介護になるため、強制的に施設のケアマネジャーに変更されます。
しかし、こちらは在宅介護になるためそのまま入居前のケアマネジャーが担当してくれ、利用者の心身状況を把握しサービスに結びつけてくれます。またご家族やご自身の要介護度に併せて介護サービスを減らすことで、介護付き有料老人ホームより費用を抑えることも可能です
一方で介護付き有料老人ホームは要介護度によって月額費用が変わることは要介護度が変わらない限り変わらないので、あまり介護サービスを受けない利用者も同じ金額を払う必要があります。

レクリエーションが充実している

入居条件が自立~要介護度3の入居者が対象なので、自分たちの身の回りのことができる人が多く入居されています。
そのため施設ではレクリエーションが充実しています。
例えば、体操や脳トレをおこなったり、ボーリングや映画鑑賞にいったり、ゲーム機を使って遊ぶこともあります。
利用者がこのようなレクリエーションをおこなうことにより施設内で友人を作ることができ、また体や頭を使うことで心身共に健康に保つことが出来ます。
さらに運動や体操などを通じて、気の合う知人ができ、コミュニケーションを活発にとることも増えます。
運動やコミュニケーションをとることで脳に刺激を与えて、認知症の予防にも繋がります。

まとめ

2つの施設のメリットを比較したとき、介護付き有料老人ホームは月額の利用料金が一定で、介護サービスと看護サービスが充実している特徴があります。

一方で、住宅型有料老人ホームは好きな介護サービスを選択することができ、レクリエーションなども充実しているという特徴があります。

実際に2つの施設形態を見比べながら、ご自身やご家族にあった施設を探し、施設に資料を請求して見学の申し込みをおこない、実際の施設の雰囲気に触れてみましょう。

老人ホームの種類をまとめて解説!全7種類の費用や特徴を徹底比較!

監修者:陽田 裕也

監修者:陽田 裕也監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。

関連する記事

記事のカテゴリ