グループホームと有料老人ホームの違いを徹底比較!

グループホームは認知症対応型共同生活介護とも呼ばれ、認知症ケアの専門職員の支援を受けながら、認知症の方ができる限り自立した日常生活を送れるように共同で生活する施設です。

有料老人ホームは高齢者に入浴、排せつ、食事の介護、洗濯、掃除等の家事、健康管理などのサービスを提供している施設で、それぞれ提供しているサービスごとに「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」という3つの施設形態にわかれます。

この記事ではそんなグループホームと有料老人ホームの違いを解説していきます。実際に入居した場合どのような生活の違いがあるのか?費用やどういった入居条件があるのか?といったことを説明していきます。


©3dddcharacter/stock.adobe.com

グループホームと有料老人ホームの特徴と役割とは

違いを見ていく前に、まずはそれぞれの施設の特徴と、入居者にはどのような方が多いのか見ていきましょう。

グループホームは認知症の高齢者のケアが得意な施設

©beeboys/stock.adobe.com

グループホームでは軽度~中度の認知症高齢者の方が、料理や洗濯などの身の回りのことの中でできることをご自身で行いながら、専門スタッフの手を借りながら一緒に住んでいる入居者と共同で助け合って暮らします。

そのため日常生活そのものが機能訓練となり、生活機能の低下を防ぐことができます。地域密着型の施設のため、住み慣れた地域の中の施設に入居し、家族とも会いやすい距離で生活することができます。

そのため、環境の変化によるストレスを防ぐなど認知症の方にとって暮らしやすい環境で生活できることも特徴です。

最近では重度の認知症の方でも受け入れる施設が増えてきており、今までは退去しなくてはならないほどの認知症の進行度や身体状況であっても、可能な限り介護をしている施設もあります。

ただ、地域のグループホームにしか入居することができないため、人気の地域では入居待ちをしなければいけない場合があるので注意が必要です。

グループホームとは?気になる費用や入居条件を徹底解説!【介護福祉士監修】

有料老人ホームは介護付き、住宅型、健康型に分かれる

©kazoka303030/stock.adobe.com

有料老人ホームは民間が主に運営しており、入居者の様々なニーズを満たすために設備やサービス、費用などが施設によって大きく異なります。

その中でも介護付き、住宅型、健康型と3つの施設形態に分かれているのでそれぞれ見ていきましょう。

介護付き有料老人ホームは都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームで、施設が介護保険サービスを提供しています。

そのため介護体制が整っており、要介護度が高い方でも安心して生活を送ることができる施設が多いという特徴があります。

次に住宅型有料老人ホームは、生活支援や緊急時の対応などのサービスが付いた有料老人ホームです。

自立から軽度の要介護度の方が多く入居しており、レクリエーションなどが盛んな施設が多いです。施設自体が介護保険サービスを提供しているわけではないので、介護が必要な際には外部の介護保険サービスを利用する必要があります。

最後に健康型有料老人ホームは、自立の方を中心にシニアライフを楽しむために特化したサービスを提供している有料老人ホームです。

そのため施設には図書館やスポーツジム、プールなどの充実した設備が備わっていることが多いです。介護の手が必要になったときには退去する必要がある施設が多いため、終身で入居することは難しい場合があります。

有料老人ホームとは?費用や入居条件について徹底解説!

グループホームと有料老人ホームの違いを表で確認

ここでは2つの施設の特徴や入居条件、運営母体などの違いを見ていきます。

グループホーム 有料老人ホーム
特徴 認知症の高齢者が対象で、認知症ケアのプロによる介護を受けることができる。

家事や調理、食事の配膳まで身の回りのできることは入居者自身が行う。

定員数やどのような雰囲気なのかは施設によって異なる。

施設によってサービス・設備が異なり、金額が高くなるほど充実している。

入居条件 原則65歳以上で要支援2以上の認定を受けている認知症の方。

※住居と住民票がある地域内の施設にしか申し込むことができません。

自立の方~要介護度5の方まで入居可能なところまで、施設によって異なる。
雰囲気 少人数でアットホームな雰囲気 施設により異なる。住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームは高齢者向けのマンションのようなイメージ。
運営母体 民間、社会福祉法人、医療法人など 主に民間によって運営される。

有料老人ホームは民間によって運営されており、特徴や入居条件が施設によって異なっています。

グループホームは認知症の方を対象としているため、入居条件は65歳以上且つ要支援2以上の認知症の方に限定され、住んでいる地域の施設にしか入居することができません。

そのため人気の地域では入居のために待たなければいけないこともあります。

一方で有料老人ホームでは待機が必要なケースはほとんどないという違いがあります。

 

グループホームと有料老人ホームの費用の違い

グループホームも有料老人ホームもどちらも入居一時金と月額費用が必要になります。

グループホームの入居一時金は20~30万円程度の施設が多く、高額なところで50万円~100万円程度かかります。一般的には地方のほうが値段が安く、周辺の地域の入居一時金と同じような金額に設定する傾向にあります。

一方で有料老人ホームの入居一時金には数千万円かかるケースが多く、高額なところだと数億円になり、高級老人ホームと呼ばれることもあります。

どちらの施設でも入居一時金が0円という施設はありますが、有料老人ホームでは入居一時金が0円の支払いプランを選ぶとその分月額費用が高額になりますので注意しましょう。

月額費用はグループホームで10~20万円程度で、これには家賃・管理費・食費・光熱費などが含まれています。さらに使用した料金の1~3割の介護保険の自己負担分、医療費、おむつ代などが別途かかります。

有料老人ホームは月額費用が15~40万円程度で、内訳金額や別途かかる費用の内訳はグループホームと同様です。

両施設の入居一時金や月額費用を比較すると、有料老人ホームが高額で、グループホームは比較的安価だということがわかります。

グループホームの費用をわかりやすく解説|前払金や月額費用の相場とは

有料老人ホームの費用 | 相場や支払い方法は?返還金の計算方法も解説

グループホームと有料老人ホームの人員基準の違い

グループホームでは、入居者3人につき常勤の介護スタッフを1人配置する必要があり、夜間は1人以上の介護スタッフを配置することが義務付けられています。

一方で有料老人ホームは具体的に定められていません。ただ、介護付き有料老人ホームのみ人員基準が設けられているため、ここでは介護付き有料老人ホームに限定してご紹介していきます。

介護付き有料老人ホームは「特定施設入居者生活介護」という指定を都道府県から受けているため、この指定によって人員基準が要介護・要支援の利用者数3人に対して1人の看護・介護職員が必要と定められています。

また、看護職員も1人以上配置することが義務付けられています。

介護付き有料老人ホームでは1人以上の配置があるのに対して、グループホームでは看護師の配置が義務付けられていないという違いがあります。

 

グループホームと有料老人ホームのそれぞれのメリットを比較

メリット

©yumeyume/stock.adobe.com

2つの施設の違いを見てきましたが、ここまでのことを踏まえて、それぞれの施設を比べた時のメリットを見ていきましょう。

グループホームのメリット

  • 少人数で暮らしているため、日常的に顔をあわせる入居者や介護職員も顔なじみ同士となり、認知症の方が過ごしやすい環境で生活することができる。
  • 料理や洗濯などの身の回りのことで、できることは自分たちでおこなうため日常生活そのものが機能訓練となり、生活機能の低下を遅らせることができる。
  • 空間がコンパクトにまとまっているので、職員の目が行き届きやすい
  • 認知症ケアに精通している介護職員がそろっているため、手厚い介護を受けることができる。
  • 地域密着型の施設のため、住み慣れた地域で暮らすことができ、家族と会いやすく地域の人との交流もはかることができる。

有料老人ホームのメリット

  • 施設によって多用な設備やサービスがあるため、入居者に合った施設を探しやすい。
  • 介護付き有料老人ホームには看護師が駐在し、夜間にも介護福祉士等をもった介護職員がいるため、介護度が高くなっても安心して生活できる。
  • 施設によっては介護・医療体制が整っているため終身にわたって利用できる場合がある。
  • 高額なことが多いが、ほとんどの施設で待機せずに入居することができる。
  • 富裕層の高齢者にとって、余暇活動など余生を存分に楽しむことができる。

まとめ

今回の記事では数ある施設の中からグループホームと有料老人ホームの違いを見てきました。

少人数でアットホームな雰囲気の中で、できることは自分でやりながら過ごすことができるグループホームと、高価ではありますが様々なサービスや設備が整っている有料老人ホーム。

入居を検討する際にはどちらの生活が合うのかを検討するようにしましょう。

高齢者住宅の全7種類を解説|費用や特徴、選び方や種類ごとの違いとは?

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:目黒 颯己

この記事を書いた人:目黒 颯己この記事を書いた人:目黒 颯己

保有資格:高齢者住まいアドバイザー検定 ファイナンシャル・プランニング技能士(3級)
大学卒業後、株式会社ネオキャリアに入社。総合求人サイトの立ち上げの経験後、老後を自分らしく過ごすための情報サイト「ヒトシア」の立ち上げを経て介護施設・老人ホームの紹介事業を行っております。
現在はヒトシアと並行して介護士向け求人サイトも兼務しており、介護全般に精通しています。
参考:http://ksa-kentei.com/adviser/3695

関連する記事

記事のカテゴリ