親の介護は兄弟とどうやって分担する?トラブルや不仲を防ぐには

親の介護をめぐって兄弟姉妹の間でトラブルは、介護の現場ではよくある話です。介護を受けている親からすると、自分の介護をめぐって子供同士がトラブルになる事は非常に悲しいことでしょう。

ここでは、親の介護をめぐって良くあるトラブルや、トラブルを未然に防ぐポイントについて解説します。

親の介護で兄弟姉妹間に多いトラブル


親の介護をめぐって兄弟姉妹間で多いトラブルの種類は傾向があります。トラブルになりそうなことは事前に対応をして、兄弟間の争いごとを未然に防げるようにしておきましょう。

誰が親を介護するのか?押し付け合いで不仲に

仕事や子育てで忙しい、自分ばかりが介護を押し付けられるのは嫌だと言う理由で誰が親を介護するのかで揉めることがあります。それぞれの事情を主張していては解決策は見つかりません。

親の介護に費やす時間がなるべく平等になるように事前に話し合って、具体的にそれぞれが行う介護の範囲や役割分担をしておくことでトラブルを防止できます。

介護をしていない兄弟からの無理解

介護の大変さは、実際に直接的な介護をしていない人にはなかなか伝わらないものです。いくら大変さを訴えても介護をしていない姉妹から大げさだと捉えられ、そこでトラブルになることもあります。

時には、普段は介護をしてもらっていない兄弟にも直接的な介護も経験してもらえるようにするか、サービス担当者会議の場などに参加してもらってケアマネージャー等の第三者から話をしてもらうようにしましょう。

介護費用をめぐる金銭トラブル

介護費用をめぐる金銭のトラブルは、時には修復が困難になるくらい関係性を悪化させることがあります。介護費用をめぐる金銭のトラブルは、子供が支出する費用が多すぎて負担になり不満が生じる場合と、介護している子供が親の年金等を使い込み、親が必要十分な介護が受けられず他の兄弟が問題にするケースが見られます。

特に、親のお金を自分の生活等のために使い、必要な介護が受けられていない状況は経済的虐待にあたるため、絶対にあってはならないことです。

介護の負担が偏り、相続問題につながることも

長年にわたる介護などで介護負担が大きかった場合でも、遺言書がなければ相続で介護負担を考慮してもらえるわけではありません。そのため親の死後に相続問題に発展し、非常にこじれるケースも多く見られます。

また、法定相続人にはあたらない嫁が献身的に介護を行っても遺産の相続人にはなれないことから、不満を漏らすことがあります。この場合、特別寄与料としてその貢献の程度に応じて遺産の一部を相続人に請求することが可能です。

親の介護は兄弟とどのように分担する?

親の介護について考える兄妹

親の介護を行うには、直接的な介護のほかにもいろいろな役割を担っていく必要があります。

「長男だから」「姉だから」といって必ずしも親の介護をひとりで担う必要はなく、それぞれができることで介護に協力しつつ、できるだけ平等になるように兄弟で分担するようにしましょう。

まずは介護に対する親の意思と経済状況を確認

最初に、介護を受ける親がどこでどんな介護を受けたいと思っているのかの意思を確認しておきます。自宅で介護を受けたいのか、施設に入りたいと思っているのかだけでなく、子供や身内にどの程度介護をしてほしいと思っているのかの確認もしておきましょう

そして、年金や預貯金などから、介護にどのくらいの費用を出せるのかを明確にしておきます。配偶者がいる場合には年金から多くの介護費用を出すことが難しいこともあります。しかし、介護度が上がると、想定していた以上に費用がかかることもあるため、出来れば預貯金は残しておき、毎月の介護費用は年金でまかなえる金額を目安にするのがおすすめです。

役割分担を決める

親の介護を行うにあたっては、しなければならないことが多い為、ひとりに負担がかからないように役割分担を決めておきましょう。

親の介護を行う上で必要な役割として、ケアマネジャーやサービス事業所とやり取りをしたり、役所などで申請を行うキーパーソン、自宅等での直接的な介護を行う、通院時に送迎や同行をする、支払などの金銭管理を行う、介護方針などの意思決定や調整を行うなど様々な役割が考えられます。

これらの介護にかかる労力、金銭、意思決定をバランスよく分担するようにし、何らかの事情があって協力できない部分がある時は、後々のトラブルを防ぐためにもあらかじめ他の兄弟に事前に承諾してもらっておきましょう。

出来ることを具体的にする

介護は365日24時間必要になります。平日は難しいが土日なら可能、仕事帰りに様子を見に行くことができるが昼間は難しいなど、自分たちでの介護が可能な範囲を具体的にします。そして、自分たちではどうしても難しい部分は介護サービスの利用を行うなどの方法を検討します

近くに住んでいないため、頻回に自宅での介護が難しい場合には、定期的に電話などで様子を確認したり、自宅の様子を確認することができるIT機器の活用など離れてても出来ることがないかを考えてみましょう。

親の介護費用は親のお金で

親の介護にかかる費用は、基本的には親のお金から支払うようにします。しかし、親のお金だけでは足りない場合は、誰がどれくらい出すのかを家族で話し合うようにしましょう。

特に、施設に入ると在宅で生活をするよりも費用がかかることが多いため、将来的な見立てをきちんと行うことが重要です。

もし、親のお金だけでは介護の費用が足りない時には、介護費用の負担を軽減できる制度などを利用することができないかを検討します。自分たちだけではどのような制度が利用できるのかが分からないときは、ケアマネジャーや地域包括支援センター、社会福祉協議会などで相談できます。

それでも足りない分は、子供がそれぞれどれくらいの金額であれば援助できるのかを話し合うようにすると良いでしょう。

親の介護をしない兄弟との折り合い

親の介護が原因で兄妹喧嘩になる

兄弟の中に介護をしてくれない人がいる場合、不満や不公平感から折り合いが悪くなり関係性がこじれるケースがあります。中でも、たちが悪いのは介護を手伝ったり、金銭的な援助をしないにもかかわらず、あれこれと口だけを出すケースです。

最悪の場合、法的手段に移行することもありますが、介護をされている親の気持ちを考えると、出来る限り話し合いで解決したい所です。

もし、親の介護による負担感が増加して、自分ひとりで介護を担うことに限界を感じるようであれば決して無理をせず、介護サービスを増やす、施設入所を検討する段階に来たと割り切って、環境を変えていきましょう。口を出しても手はかさない兄弟の言葉は、受け流して良いのです。

まとめ

親の介護をめぐる兄弟間のトラブルはよくあることですが、トラブルに発展しそうな所を介護が始まる時にしっかりと話をしておくことで、回避できる場合があります。お互いの都合を主張し合うだけでは、問題が解決できないばかりか、家族関係が修復できないほどこじれてしまうことになりかねません。

そのようなことにならないために、気になることが出てくれば、第三者に話を聞いてもらったり、アドバイスを受けるのが良いでしょう。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ