老人ホームの一日の流れを押さえよう!【介護専門家の解説付き!】

今後老人ホームに入居しようと考えている方にとって老人ホームでの1日の過ごし方は気になるところ。

入居体験をするにしても、事前にどのようなスケジュールで暮らしているのかを少しでも把握していたのほうが安心です。

この記事では有料老人ホームでの一日の流れをベースに、一般的な老人ホームでの一日の流れをご紹介します。

特養、老健、グループホームなどの一日の流れについても特徴的な部分を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

老人ホームの一日の流れ

©k_katelyn/stock.adobe.com

老人ホームでの一日の流れ

まずは一般的な老人ホームでの一日の流れを簡単に把握しましょう。

老人ホームでの一日のタイムテーブルは以下のようになっています。

6:30 起床
7:30 朝食
8:00 リラックスタイム
9:00 入浴
11:00 体操
12:00 昼食
14:00 入浴
15:30 レクリエーション・リラックスタイム
18:00 夕食
19:00 リラックスタイム
21:00 消灯

ではそれぞれの時間ごとに、入居者がどのように過ごしているのか詳しくみていきましょう。

起床

明確に起床時間を決めているわけではありませんが、多くの老人ホームでは6:30頃までには目覚められる方が多いようです。

起きた方から順次、歯磨き、洗顔、着替えなどの身支度を行います。

加えてその日の健康状態のチェックなどもおこないます。

朝食

7時頃から8時までに朝食が開始される施設が多いです。

入居者の心身状態によっては自室のテーブルで食べる場合もありますが、ホールや食堂まで出てきてみんなで食べる施設がほとんどです。

老人ホームが常駐している老人ホームもあり、バランスの良い食事が提供されます。

リラックスタイム

入居者やスタッフと歓談する、新聞やTVを観るなどしてリラックスして自由に過ごすことができます。

夜間あまり眠ることができなかった方は、再度入眠する場合もあります。

入浴

入浴は入居者の数によって午前と午後に別けている施設が多いです。

午前中が良いか、午後が良いか自分で選択できる施設がほとんどなので、自分の好みの時間帯に入浴しましょう。
要介護者が多い施設では、個々の身体状況に合わせた機械浴があるので、入浴動作が難しい方でも楽に入浴することができます。施設によっては個浴もあり、プライバシーが守られるようになっています。

入浴のあとは脱水に配慮して水分を摂取するように促してくれます。

入居者が入浴している間に、スタッフが掃除やベットメイキングをしてくれていますので、入浴後は綺麗な状態で過ごすことができるようになっています。

体操

身体を動かす体操の他、嚥下体操などを実施する施設もあります。

嚥下体操を昼食前に行うことによって、嚥下をスムーズに行うことができて、誤嚥の予防にも繋がります。

一方で、午前中に入浴された方はこの時間帯に爪切りをすることが多いです。

入浴後爪が柔らかくなっているので、簡単に力を入れずに行うことができるからです。

昼食

朝食同様、ホールや食堂を中心に昼食を食べて頂きます。

スタッフの人員を多く確保できるお昼ごはんは、スタッフの見守り体制が手厚くなるため、実は介護施設では、夕食より昼食の方が食事が豪華な場合があります。

バイキング方式を導入し、自分の好きな時間に好きなものを食べられる場合もあります。

レクリエーション

スタッフが企画する場合のレクリエーションと外部からの協力で実施されるレクリエーションがあります。

外部からのレクリエーションでは、本格的な歌や踊りを舞台などで観ることができます。

月に数回スタッフの企画によって外出するような施設もあります。

また、レクリエーションに参加しないことも可能で、参加されない方は施設内で将棋、囲碁、カラオケ、他の入居者さんとのおしゃべりなど自由に過ごすことができます。

夕食

ホールや食堂で夕食を食べて頂きます。

消灯・就寝

21時消灯の施設が多いですが、22時が消灯の施設もあります。

廊下やホールの電気は一斉に切れますが、自室なら照明を付けて過ごすことができますし、TVも観ることもできます。

深夜

眠れないでホールに出てきてスタッフとおしゃべりをする方もいらっしゃいます。

また、万が一に備えて、深夜でもナールコールで職員と連絡を取ることができます。

各施設での一日の流れの特徴

上では有料老人ホームでのスケジュールを参考に一般的な老人ホームでの一日の流れをご紹介させていただきました。

ここでは一般的なスケジュールと異なる各施設の過ごし方の特徴をご紹介します。

特養での一日

特養の入居の対象になるのは、原則要介護3以上となっていますので、比較的重度な方が多いです。

そのため、自ら要望や訴えを言える人が少ないため、有料老人ホームほど生活の自由度はなく、スタッフに合わせて生活リズムが成り立つ場合が多いです。

特養の場合、一般的な老人ホームと違って以下のような特徴があります。

  • 特養の場合は車椅子生活の人が多いので、起床の時間になれば順番にスタッフが声をかけます
  • 食事介助が必要な方が多いので、みんな一斉に食事を取り始めます
  • 入浴は男女別になっていますが、ある程度順番が決まっています
  • 寝たきりの方、あるいは寝たきりに近い方はほとんど外出の機会がありません

老健での一日

老健は病状が比較的安定している方を受け入れ、在宅復帰に向けた機能回復の支援をおこなっています。

そのため一日のスケジュールのなかに機能訓練(リハビリテーション)の時間が設けられています。

また、レクリエーションや体操なども機能訓練(リハビリテーション)を目的とした内容となっています。

グループホームでの一日

グループホームの場合、一般的な老人ホームと違って以下のような特徴があります。

  • 決まった日課などを設定せず、ひとりひとりのライフスタイルに合わせたスケジュールを設定している施設もあります
  • スタッフと入居者が協力して家事などをおこなう時間が設けられています
  • 施設が小さいので外部からのボランティア活動を受け入れるスペースが少ないです(歌や踊りなどのレクがおこないにくい。)
  • 食事は決まった時間で一斉に食べることが多いです
  • 大人数によるクラブ活動やサークル活動は充実していませんが、その分個々のレクがおこないやすいです。

老人ホームで行われるレクリエーションや体操について

老人ホームではレクリエーションや体操を取り入れている施設がとても多いです。入居者の楽しみにもなっているレクリエーションですが、どのようなことをするのでしょうか?

また、レクリエーションにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

老人ホームのレク

©k_katelyn/stock.adobe.com

全ての人がレクリエーションに参加するの?

基本的にレクリエーションは希望者のみの参加になります。

自分の好みでない活動もありますので、強制的に参加を促されることはありません。

ただ、レクリエーションは脳の活性化に繋がりますので、スタッフから「できたら参加した方がいいですよ」といった説明はあるでしょう。

ベッドを中心に生活している方でも参加の意があれば、離床(ベッドから離れて過ごすこと)して、レクリエーションに参加できるように支援します。

ただし無理な運動による怪我などがないように、心身の状態に合わせてスタッフが判断します。

老人ホームで行われるレクリエーションの種類

老人ホームではさまざまなレクリエーションがおこなわれます。

レクリエーションの内容はその施設の入居者の介護度によっても変わってきます。

座ってできるような軽い体操などの体を使って楽しむレクリエーションや、歌ったり簡単な楽器を演奏したりする音楽レクリエーション、脳トレにもなるクイズやなぞなぞ、塗り絵などのものづくりといったように体をうまく動かすことが難しい方でも参加できるレクリエーションもたくさんあります。

老人ホームでのレクリエーションの意義や効果は?レクリエーション例も紹介

老人ホームで行われる体操の効果

専門家による機能訓練(リハビリテーション)だけをして、体力の維持・向上ができるわけではありません。

1日の流れのなかで、数分間でもいいので習慣的に身体を動かすことが大切です。

例えば、食事の前には嚥下体操が行なわれる施設が増えていますが、嚥下体操をすることによって、食べ物をスムーズに食道の方に運ぶことができて、誤嚥性肺炎を予防する効果があります。

スタッフが食堂などで大勢の前で見本を見せてくれる場合もありますが、決して難しいものではありません。慣れたら一人でもできるようになります。

誤嚥性肺炎

出典:誤嚥性肺炎はこんな病気|社会福祉法人 恩賜財団 済生会

リラックスタイムや自由時間にできること

リラックスする老夫婦

リラックスタイムや自由時間の過ごし方は人によってさまざまです。

リラックスタイムを利用して家族からの面会を受けることもできますし、届出をすれば外出したり、家族と一緒にドライブにでかけることができます。

さらに、事前にスタッフから了承をもらうことができれば、家族と外食をすることも可能です。

また、自分の趣味の時間としても過ごしていただくことができます。

施設によってはサークルクラブ活動があり、自分が選んで所属することができます。例えば俳句クラブ、書道クラブ、園芸クラブ、将棋クラブなどがあります。

ただし、施設によって設備が異なりますので、例えばカラオケが趣味で入居後も積極的に活動したいと思う方は、まずはインターネットで『老人ホーム カラオケ ○○(希望の地域)』と検索してみましょう。

そして、さらに具体的に情報を入手するために、電話で問い合わせたり、実際に足を運んで見学するといいでしょう。

インターネット上で『カラオケあり』という情報だけを見つけたとしても、カラオケルームの有無や、通信カラオケかどうか確認していなかったため、実際に入居したら「思ったのと違っていた…」ということがあるので注意しましょう。

食事の時間や入浴の時間の融通はきくの?

最近は個々の生活スタイルを最大限重視する方針で運営される施設が増えています。

例えば、食事時間(約11時~14時)であればいつでも食堂で食べることができたり、入浴なら午前中がいいのか、午後がいいのかという意見を取り入れてくれたりします。

夏場の暑い時期には夕方にシャワーを利用できる施設などもあります。

ただし、施設の運営上どうしても入居者の要望をそのまま受け入れることが出来ない場合がありますので、入居の際に確認しておきましょう。

夜間眠れない場合の過ごし方

高齢者になると寝つきが悪く、睡眠も浅くなります。
そのため、消灯時間になってもなかなか入眠できなかったり、深夜の1時や2時に目が覚めてその後眠れない人もたくさんいます。
そのような時は無理に眠ろうとしてもなかなか眠れないの現実でしょう。

既に照明が消えているホールにこっそり出てきて夜勤のスタッフと話したり、本や雑誌を読んでも構いません。

他の入居者の迷惑になるほどの音を立てたり、大声で話さなければスタッフは大目に見てくれます。

もちろん、自室で深夜までTVやDVDなどを観て過ごす方法もあります。夜間、眠れない状態が続くのであればスタッフを通して医師に相談することもひとつの方法です。

まとめ

老人ホームでの1日の大体の流れについては、ネットから情報を得ることができます。

しかしそれには、必ずしもあなたが特別知りたいと思っている情報が記載しているわけではありません。

「ここだけはゆずれない!」というこだわりがあるのでしたら、直接施設に足を運んで自分の目で見て、できたら体験することをおすすめします。

電話で問い合わす際には、例えば「入居を検討しています。インターネットで見た施設内での麻雀クラブについて具体的に知りたいのですが、担当の方をお願いします」と話せばスムーズに伝わります。

施設によっては施設長などの管理者が対応してくれる場合もありますので、どんどん質問して入居者、家族ともに納得できた状態で契約するようにしましょう。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。

関連する記事

記事のカテゴリ