ショートステイとは?気になる費用や利用できる期間まで徹底解説

在宅介護をしていると、介護者が冠婚葬祭などで家を空けなければいけない場合や介護者の体調が悪い、出張の予定があるなど自宅での介護ができないこともあります。また、ずっと介護をしていると肉体的にも精神的にも気づかないうちにストレスが蓄積していることも多く、定期的に介護から離れてリフレッシュする機会を持つことは、在宅介護を継続していく上でも重要なポイントです。

このような時に利用できる介護サービスがショートステイです。

この記事では、ショートステイを利用中の生活やその費用、利用可能な日数などについて解説していきます。

ショートステイとは?

ショートステイとは一時的に介護施設に入所して、食事や入浴などを受けることができる介護サービスです。

ショートステイを受けられる施設の種類は大きく分けると「短期入所生活介護 」「短期入所療養介護 」「介護保険適用外のショートステイ」の3つに分類されますが、入所する施設によって介護保険の適応の有無や、提供される介護サービスの内容、入居可能な期間などに違いがあります。そのため、それぞれの施設で提供されるショートステイの特徴を理解して、利用者の状況やニーズに合った施設への入所をするようにしましょう。

短期入所生活介護

短期入所生活介護とは食事や入浴、排泄などの生活援助やレクリエーションが受けられるもので宿泊型の介護サービスです。また、機能訓練指導員が配置されているため、機能訓練を受けることもできます。

この短期入所生活介護のサービスは、特別養護老人ホームやショートステイ専門の介護事業所、一部の有料老人ホームで提供されます。

短期入所療養介護

短期入所療養介護は生活支援のほか、リハビリテーションや医療ケアなどの医療サービスが受けられるのが特徴です。短期入所療養介護を提供する施設では介護職員のほか、看護師や医師、理学療法士や作業療法士などのリハビリの専門職が配置されており、医療的なケアを必要とする方でも入所することができます。

短期入所療養介護のサービスは介護老人保健施設介護療養型医療施設などの施設で受けることができます。

介護保険適用外のショートステイ

一部の有料老人ホームでは介護保険の適用外のショートステイを提供している場合があります。介護度による制限がなく、自立の方でも利用出来る場合もあり、介護職員による生活援助やレクリエーションが受けられます。ただし、介護保険の適用外となるため、費用は施設で自由に決められているだけでなく、利用にかかった費用は全て自己負担となります。

ショートステイの利用条件と申し込みの流れ

介護保険適用のショートステイを利用するには、要介護認定を受けている必要があり、要支援1,2または要介護1~5の認定を受けている必要があります。したがって、要介護認定を受けていなかったり、自立判定(非該当)であった場合は、ショートステイの利用は原則として出来ません。ただし、有料老人ホームが提供している介護保険外のショートステイであれば自立(非該当)の方であっても利用できるところもあります。

また、介護保険サービスとしてショートステイを利用する場合には、ケアプランにショートステイが位置付けられている必要があります。事前にケアマネジャーに相談をしてケアプランを作成してもらいましょう。ただし、緊急時などで担当のケアマネジャーがショートステイの必要性を認めている場合にはケアプランにショートステイの位置づけがなくても利用できることになっています。なお、介護保険適用外のショートステイの利用の際にはケアプランへの位置づけは必ずしも必要ありません。

ショートステイの利用を希望する場合には担当なケアマネジャーからショートステイの事業所に連絡をしてもらい利用申し込みを行います。ただし、介護保険適用外の施設でのショートステイの場合は直接施設に申し込むことも可能な場合もあります。

ショートステイの利用が決まれば、ご自宅や施設でショートステイの相談員などと面談し、利用についての説明を受けた後、ショートステイの利用契約を行います。

ショートステイにかかる費用の目安

ショートステイの費用は介護保険の報酬で決められた部分と、介護保険外で自費となる部分があり、自己負担額の総額は1日当たり2,500円~6,000円程度になります。

介護保険で報酬が決まっているものは、介護度や居室のタイプ(多床室、従来型個室、ユニット型個室)によって費用に違いがあります。また、ショートステイの種類によっても金額に差があり、医療ケアを行う短期入所療養介護の施設の費用の方が、短期入所生活介護の施設にショートステイをするよりも費用は高くなります。

このほか、加算の対象となるようなサービスの利用をした場合や施設の人員体制が手厚い場合には料金が加算されます。

介護保険の対象外となり全額が自己負担になるものには食費や居住費、レクリエーション費のほか電気代やテレビなどのレンタル料金などがかかる施設もあります。このうち、食費と居住費については世帯の収入に応じて、費用の減免が受けられる制度があります。

ショートステイを利用した時の1日の流れ

ショートステイでの一日の過ごし方は、施設によって違いがありますが、ここでは一般的な1日の流れについてご紹介します。

短期入所生活介護の例

7:00 起床
8:00 朝食・口腔ケア
9:00 レクリエーション
10:00 (室内清掃)
12:00 昼食・口腔ケア
14:00 入浴・レクリエーション
15:00 おやつ
16:00 排泄介助・余暇活動
18:00 夕食
20:00 バイタルサインチェック
21:00 消灯

短期入所療養介護の例

6:00 起床
7:30 朝食・健康チェック・口腔ケア
9:00 個別リハビリテーション・体操
12:00 昼食
13:00 レクリエーション・集団リハビリテーション
16:00 入浴
18:00 夜食・口腔ケア
20:00 就寝

短期入所生活介護も短期入所療養介護でも食事の提供や入浴の介助など必要な介助を受けることができます。

規則正しい生活リズムで、看護師の常駐している施設では健康チェックを受けることもでき、レクリエーションで他の入居者との交流を持つこともあり、単調な生活にならないような工夫がされています。

ショートステイの利用日数と長期利用

ショートステイでは最長30日までしか介護保険の適用になりません。そのため30日を超えるショートステイを利用したい場合には、となります。

また、ショートステイの利用の累積日数にも上限が認められており、要介護認定の有効期間の日数の半分の日数が上限となります。たとえば、要介護認定の有効期間が180日の場合、その間のショートステイの利用日数の累計が90日までしか利用が出来ません。

ただし、利用者や介護者の状況によっては、保険者に申請することでその期間の延長が認められることもあります。

したがって、特養などへの入所までの待機の期間に在宅での介護が難しい状況になった場合には、ロングショートステイとして利用することで、施設に入所できるまでの期間の生活の場とすることが可能な場合があります。ロングショートステイについてはこちらの記事も参照してください。

ロングショートステイとは?ショートステイ長期利用の費用や期間

ショートステイを利用する時に必要な持ち物

ショートステイを利用するときに必要な持ち物は保険証類や日常生活を送る際の身の回りの必需品を持参するようにします。

保険証類は健康保険証や後期高齢者医療保険被保険者証、介護保険証、介護保険負担割合証、介護保険負担限度額認定証(お持ちの方)になります。

身の回りの必需品としては昼間に着用する動きやすく脱ぎ着がしやすい普段着、下着類、上靴(スリッパは不可でバレーシューズやリハビリシューズが望ましい)、靴下、タオル類、パジャマ、コップ、水痘、歯ブラシ、ティッシュペーパー、必要に応じて義歯の保管容器、ひざ掛けなどとなります。施設によって違いもあり、事前に必要なものを確認しておき、持ち物には、必ず名前を記載しておくようにしましょう。

また、現在服用中の内服薬は入所期間中に必要な数必ず持参し、できるだけ薬局や訪問看護師に依頼して、服用時間別に一包化してもらっておきます。

また、紙おむつやパットは施設側で準備されているため、原則持参する必要はありません。

ショートステイのメリット

一時的に施設に入所するショートステイにはいろいろなメリットがあります。

同居家族の介護負担を軽減できる

1日単位で利用することができ、宿泊により夜間の介護から解放されることは、在宅介護を行っている同居家族にとって、介護負担の軽減につながるレスパイトケアとなります。

また、休息だけでなく介護者に用事がある時や体調不良等の時などに、介護者に代わり絶え間のない介護を受けることができることで、在宅生活の継続を可能にします。

レスパイトケアとは?介護者の休息のための介護 | サービスの種類や具体例を紹介

施設の入居体験ができる

将来的に施設入所を視野に入れている場合、ショートステイで実際に入所の経験をすることで、施設での過ごし方やケアの内容などがよくわかります。パンフレットや見学だけでは分かりにくいような点も実際に経験することで、思っていたのと違うというようなミスマッチを防ぎ、施設選びに役立てることが可能です。

老人ホームの体験入居をするべき理由とポイント!日数や費用の目安もチェック

ショートステイのデメリット

ショートステイの利用にはデメリットもあります。

予約がとりづらい

ショートステイの予約は2~3か月前から受け付ける施設が多いですが、たくさんの人がショートステイの利用を希望されるため、希望している日程の予約が取りづらいことがあります。あらかじめ、ショートステイを利用したい日程が決まっている場合には、早めにケアマネジャーに相談するようにしましょう。

日数に制限がある

ショートステイは連続30日までの利用と日数に制限があるため、長期的な利用をしたいときには全額自己負担となる日が出てきます。このような場合には、ショートステイの利用の方がいいのか、一時的に施設系のサービスを利用したほうが良いのかを検討したほうが良い場合もあります。

まとめ

手軽に入所できるショートステイは介護者の都合や体調不良等により介護を行うことが難しい場合に利用できるほか、介護施設への入所を検討する場合などにも活用できるサービスです。在宅介護を無理なく継続するためにも、上手に活用していきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ