ショートステイの持ち物をチェックリスト形式で紹介!

ショートステイとは、特養や老健などに1日~1週間程度入所できるサービスで、滞在している間は食事や入浴、排せつなどの介助のほか、リハビリを受けることもできます。

ショートステイを初めて利用する方ですと、「持ち物は何が必要なのだろう?」と疑問に思う方も多いでしょう。今回は、ショートステイに必要な持ち物の一覧を紹介しますので、漏れなく準備できるようにしましょう。

ショートステイの持ち物

ショートステイの持ち物

ショートステイの際に必要な持ち物は、衣類とタオルや歯磨きなどの日用品に加え、入れ歯や杖、薬など利用者が日常生活に必要とするものになります。この他、施設に提出しなくてはいけない書類も持参する必要があるため、確認しておきましょう。

また、ショートステイに持っていく衣類やタオル、歯ブラシなどには全て名前を書いて持参します。施設によっては、利用者の持ち物を管理するために、持ち物のチェックリストにどのような荷物を持ってきたか記入をお願いされることもあります。

ここからは、具体的にどのような持ち物が必要かをチェックリスト形式で紹介していきます。

衣類

上下普段着
下着類(不安な場合は多めに)
上靴(スリッパは不可でバレーシューズやリハビリシューズが望ましい)
靴下
パジャマ

日用品、衛生用品

バスタオル
フェイスタオル
歯ブラシ
歯磨き粉
コップ・湯呑
水筒(必要があれば)
箱ティッシュ
電動ひげそり(男性)
クシ
入れ歯(必要があれば)
入れ歯ケース(必要があれば)
入れ歯洗浄剤(必要があれば)
ビニール袋(洗濯物をまとめる用)

※おむつは施設で用意があるため、持参する必要はありません。

その他(普段使っていれば準備するもの)

眼鏡
眼鏡ケース
車いす
車いす用クッション
歩行器
薬(1回分ずつ小分けにしておく)
ひざ掛け
化粧品類

書類

お薬手帳、もしくは処方箋
介護保険証
健康保険証
介護保険負担限度額認定証(お持ちの方)
その他施設で指示された書類

ショートステイでの一日の流れ

ショートステイの一日の流れを把握すると、必要な荷物もある程度イメージができると思いますので、一例を簡単に紹介いたします。

短期入所生活介護(特養など)では、起床した後に朝食、口腔ケアを行います。その後、レクリエーションを行い昼食、口腔ケア、入浴などを行います。自由時間をはさんで夕食をとった後は就寝となります。

短期入所療養介護(老健など)では、基本的に短期入所生活介護と一日の流れはかわりませんが、リハビリテーション(機能訓練)が行われます。

ショートステイについてよくある質問

ショートステイの服装

ショートステイを初めて利用する方ですと、必要な持ち物だけでなく服装や洗濯ものなどに関してどうすればよいのか分からないことも多いでしょう。

ここでは、ショートステイを利用する際によくある質問とその回答をまとめましたので、参考にしてみてください。

ロングショートステイをする場合の持ち物は?

ロングショートステイでも必要な持ち物はショートステイの場合と変わりませんが、衣類やタオルなどの枚数は調整が必要です。服や下着の枚数は3~4セット程度あるとよいでしょう。ロングショートステイの途中で面会する余裕があるのであれば、服の枚数は少なめにし、面会した際に衣類やタオルを取り換えることもできます。衣類の枚数で見当がつかない場合は、施設の方に直接質問してみるとよいでしょう。

また、多床室だと一人あたりの荷物置き場が少ない可能性もあるため、可能であれば荷物はコンパクトにしておくのがおすすめです。

ショートステイの服装は?

基本的には普段通りの服装で問題ありません。ただし、利用者の介護度に合わせて服装を変えると良いでしょう。

例えば、基本的に寝たきりの方であれば締め付けがなくリラックスした服、おむつ交換などの身体介護が必要な方はボタン式など着脱のしやすい服、自立して歩行ができる方は動きやすい服や転倒に繋がらないような服装などが適しています。

また、夏場だと施設内はエアコンがきいていて人によっては寒くなる可能性もあるため、薄手のカーディガンなど羽織れるものがあると安心かもしれませんね。

衣類は洗濯してくれるの?

基本的に洗濯物は持ち帰って各家庭で洗濯になります。どうしても都合がつかない場合は業者による洗濯を行ってくれる施設もあるようですが、その場合は追加で費用が発生することもありますので、注意しましょう。

まとめ

今回は、ショートステイやロングショートステイで必要な持ち物についてご紹介しました。

ショートステイには衣類や日用品、杖や薬など利用者が普段の生活に必要としているものを持っていきます。持ち物には全て名前を書く必要があるため、ゆとりをもって荷物を用意しておきましょう。

▼こちらもおすすめ!ショートステイの費用や利用期間などをまとめて解説!

ショートステイとは?気になる費用や利用できる期間まで徹底解説

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:ヒトシア編集部

保有資格:高齢者住まいアドバイザー検定 ファイナンシャル・プランニング技能士(3級)
高齢者住まいアドバイザーの知見を活かしたわかりやすい解説を行っていきます。

関連する記事

記事のカテゴリ