良いケアマネジャーの選び方とは?チェックしたいポイント5つを紹介

在宅介護においてケアマネジャーの存在は大きく、介護保険制度を利用して様々な介護サービスを受給するのに不可欠な存在です。そのため、利用者に合ったケアマネジャーを選ぶことは重要だということになります。

とはいえ、在宅介護を初めて行う方だと「自分に合ったケアマネはどうやって見分けるの?」とケアマネジャーの選び方が分からないことがほとんどでしょう。

本記事では、在宅介護を始める方に向け、ケアマネジャーの役割や重要度を踏まえつつ、ケアマネジャーの選び方のポイントをご紹介します。

ケアマネジャーと高齢者

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーとは、介護サービスの利用計画(ケアプラン)作成から事業者の選定、手配、調整までを行い、利用者とその家族をサポートする介護の専門家です。

介護保険サービスの利用にはケアプランの作成が必須であるため、ケアマネジャーにケアプランを作成してもらう必要があります。要介護認定を受けると担当のケアマネジャーが自動的につくわけはないので、介護保険サービスを利用するには自分たちで担当のケアマネジャーを探さなければなりません。

ケアマネジャーはどこにいる?

在宅介護でのケアプラン作成をお願いできるケアマネジャーは「地域包括支援センター」と「居宅介護支援事業所」にいます。

要支援1~2と認定された場合は地域包括支援センターにいけばケアプランを作成してもらえますが、要介護1~5と認定された場合は、居宅介護支援事業所のケアマネジャーにケアプランを作成してもらう必要があります。

居宅介護支援事業所のケアマネジャーを探すには、地域包括支援センターか市区町村の介護保険課に行くと事業所のリストをもらえますので、そのリストに載っている事業所へ担当をお願いできないか連絡してみましょう。

いいケアマネジャーの選び方5つのポイント

在宅介護を二人三脚で進めていくにあたり、「いいケアマネジャー」とは決して質の高い優秀な人だけをさすものではありません。

最終的には利用者や家族との相性を重視して選ぶ必要があります。

例えば、いくら知識や情報量が豊富であっても、丁寧すぎて距離感を感じるケアマネジャーはなんだか他人行儀に感じられ、言いたいことも遠慮してしまう場合もあります。

利用者や家族の性格にあったケアマネジャーでなければ、最終的なゴール地点を目指して取組むことが困難になるでしょう。

よって、人間性や質で選び、相性でもどうなのか考えで判断しましょう。

これから相性以外の点ではどのような視点でケアマネジャーを選べばいいかを解説していきます。

1.介護保険サービスについての情報量が多い

介護保険サービスの情報

©hikastock/stock.adobe.com

例えば、デイサービスを探すにしても自宅周辺に複数存在するケースがあります。

その場合、「〇〇デイサービスは(他に比べて)ここがおすすめのポイントです」などの情報を共有してくれるケアマネジャーであれば、利用希望者が最も重視している点を配慮して選択することができます。

また、自宅周辺に新しい介護施設が建設されていれば、どのようなところか気になりますよね?

そのような場合、情報量が多いケアマネジャーならとても頼もしい存在になるのです。

情報量が多いケアマネジャーは以下のような特徴があります。

  1. 事業所内での作業重視でなく、外部に積極的に出て他のケアマネジャーとの結びつきも強い
  2. 常にアンテナを張っており、地域のことはもちろん介護保険改正などについても新聞などで情報を得ている
  3. 人と話すことを好み、些細な会話から情報をキャッチしようとしている

このような特徴があるケアマネジャーであれば、「この辺りでお風呂のきれいなショートステイはありますか?」「○○(施設名)の訪問リハビリの職員はどんな資格を持っていますか?」など具体的な質問をした際に、しっかりとした回答が返ってきます。

また、その場ではわからなくても、「こちらで知り合いのケアマネに聞いてみます」など付け足していただければ、その方に人脈があることが分かります。

2.フットワークが軽く、対応が早い

心身状況に変化があれば今後のサービスの手配を考えないといけません。

なるべく早く要介護認定の変更申請を行ない、新しい結果からサービスが受けられるようにする必要があります。

フットワークが軽いケアマネジャーは、利用者や家族から連絡がある前に、デイサービス等のサービス事業所から連絡を受けて、家族にその旨を伝え順序良く進めてくれます。

逆にフットワークが重たいケアマネジャーは、家族から連絡を受けてもなかなか動いてくれないため、「このままでいいのだろうか…」と不安になることがあります。

フットワークが軽いケアマネジャーは、24時間連絡が取れるようになっていることも特徴です。

また、携帯電話も持ってなかったとしても、別の職員が連絡を取ってくれたり、折り返し電話をしてくれる体制を整えています。

加えて、ケアマネジャーの方からも「最近変わりはないでしょうか?」などとこまめに連絡を入れてくれる人も頼りになります。

居宅介護支援事業所と契約する前に電話をし、連絡体制について尋ねたり、24時間受付窓口があるかどうか確認するといいでしょう。

3.所属の法人内だけでケアプランを提案しない

一つの法人で、特養やショートステイ、デイサービス、訪問介護・看護など複数の事業所を保有している場合、その法人所属のケアマネジャーはそれらのサービスを利用するように促す場合があります。

中には、法人全体の収益がアップするように、法人内のサービスだけでケアプランを作成するケアマネジャーもいます。

これを囲い込みと言います。介護保険制度ではなるべくこのようなことをさせないように、一定数を超えると『減算』というペナルティーを与えるようにしていますが、現状では減算になるギリギリのラインで行なっている事業所が多いです。

いいケアマネジャーであれば自分の法人のサービスにこだわらず、利用者に合ったサービスを自分の法人外でもしっかり提案してくれます。

これはなかなか表に出ないことなでの、見抜くことは難しいです。事前に、しっかり自分達に希望する介護サービスがあることを伝える必要があります。

4.良い事は『YES』、おすすめ出来ない事は『NO』とはっきり言ってくれる

介護保険制度は利用者本位でなければなりません。

よって最大限その考えを尊重したケアプランを作成する必要があります。

いくら家族が希望するサービスであっても、利用者の心身状況を考えてそのサービスに合っていないと判断すれば、「それはおすすめできません」とはっきりアドバイスしてくれるケアマネジャーが親切です。

利用者の心身状況に合っていないのに「家族が希望するから…」という理由だけでケアプランを立案するのは、本当に利用者のことを考えているわけではないのです。

5.相談しやすい雰囲気であるか

ケアマネジャーは二人三脚で介護をしていくパートナーです。介護をおこなう上で何か困ったことがあれば、まずはケアマネジャーに相談することになるため、相談がしやすい雰囲気であるかどうかは大切です。

また、相談しても「親身に話を聞いてくれない」「質問がしにくく、本当にそのケアプランで問題ないのかが判断できなくて不安…」などという問題がある場合も、長く関係を続けていく相手として不安が残るでしょう。

ケアマネジャーを選ぶ際は、信頼できる相手かどうかを見極めることが大切です。

ケアマネジャーとの付き合い方

ケアマネジャーと介護者

ケアマネジャーは「選んだらそれでおしまい」ではなく、今後、月に1回面談をして顔を合わせていくことになります。利用者本人の希望や状況にあったケアプランを作成してもらうには、ケアマネジャーとの付き合い方にも気を使う必要があります。

といっても、難しいことはありません。利用者本人の情報や状況をこまめに伝えたり、どのようなサービスを受けたいかや予算などの希望をきちんと伝えたりすればよいのです。

また、感謝の気持ちを伝えることも忘れないようにしましょう。仕事とはいえ、「ありがとう」を言われて嬉しくない人はいません。ケアマネジャーとの関係を良好に保つためにも、感謝の言葉を口にするようにしましょう。

合わなければ、ケアマネの変更も可能です

「担当をお願いしたけど、偉そうな態度で接してきて腹がたつので、ケアマネを変えたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。担当してもらっているケアマネジャーに不満がある場合は、変更することも可能です。

ケアマネジャーを変更する場合は、担当が所属している居宅介護支援事業所の管理者(主任介護支援専門員)にその旨を伝えましょう。「事業所にケアマネジャーが一人しかいない」「事業所ごと変えたい」という場合は、新しくお願いしたい居宅介護支援事業所に、ケアマネジャーを変更したい旨を伝えれば変更可能です。

「いざとなったら変えることもできるから」と、気負わずにケアマネジャーを探してみましょう。

まとめ

今回は、頼りになるケアマネジャーの選び方について解説しました。

ケアマネジャーは単に、真面目で優秀な人だけを指して『いいケアマネジャー』とは言いません。利用者や家族との相性も大切です。

知識や経験などの能力が十分かどうかだけでなく、話しやすい人柄かなども考慮しながら、利用者と家族にあったケアマネジャーを見つけたいものですね。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:ヒトシア編集部

保有資格:高齢者住まいアドバイザー検定 ファイナンシャル・プランニング技能士(3級)
高齢者住まいアドバイザーの知見を活かしたわかりやすい解説を行っていきます。

関連する記事

記事のカテゴリ