「認知症の家族から介護で暴力を振るわれる…」対応をケアマネが解説

認知症の方の介護を行っていると、要介護者から暴力を受けることが時々見受けられます。一生懸命介護をしている相手から暴力を受けるのは辛いものです。この記事では、認知症による暴力の原因や対処についてご紹介します。

認知症の暴言・暴力はなぜおこる?

認知症による暴力や暴言は、怒りっぽい人だった場合だけでなく、穏やかな性格だった方でも起こることがあります。

認知症の方が暴言や暴力を振るう原因としては様々なものがあり、いくつかの原因が合わさっている場合も多く、どのようなことが原因になるのかを知っておきましょう。

不安

認知症になると、視力には問題がないのに見えているものが何かや誰なのかがわからない、行動の仕方がわからないためおかしなことをしてしまうなど、「失認」と呼ばれる情報を整理して認識する能力が低下します。

そのため、目の前にいる人が誰なのか、今から何をされるのかが理解出来ないこともしばしばあります。知らない人が、怖い顔して何かを言っている、何かされそうという感覚は強い恐怖感と不安につながります。認知症では、それを拒否しようと思っても、どのように行動すれば良いのかわからず、結果として暴力を振るうという行為になってしまうのです。

感情のコントロールができない

人は、日常生活の中で不快に感じることや、怒り、恐怖、悲しみなどさまざまな感情を抱きますが、場面に応じてその感情をコントロールすることができます。しかし、認知症になると感情のコントロールがうまくできず、不快に感じたり、怒りや悲しみなどのネガティブな感情が暴力という行為として現れてしまうことがあります。

認知症の人は、言葉や人の顔など理解出来ないことが多いだけでなく、自分の行動が理解してもらえず、ネガティブな感情を抱きやすく、暴力につながってしまいます。

体調が良くない

認知症では、自分の体調の悪さをうまく表現することができないため暴力行為となって現れる事もあります。

介護を行う中で、食欲や便秘の有無、脱水になっていないかなど日常の体調の変化にも留意しておくようにしましょう。

認知症介護で暴言・暴力を受けたときの対応

認知症の介護で、暴言や暴力を受けた時にはショックを受けるかもしれませんが、決して感情的にならず、冷静に対応することが最も大切なことです。

その場を離れる

ネガティブな感情や怒りの矛先が自分に向いている時には、その場を離れて距離を取るようにしましょう。また、可能であれば他の人に介護を代わってもらうようにします。

一生懸命介護をしているのに、暴力を受けることは非常にショックが大きいかもしれません。しかし、相手はあなたに暴力を振るいたいわけではありません。単に、感情や不安の表れでしかなく、一旦その場を離れて落ち着いてもらい、お互いに感情をリセットできるようにしましょう。

自尊心をサポートする

自分でうまく出来ないことで、自尊心が傷つき暴言や暴行につながる場合があります。そのような時には、さりげなく自分でできたと感じられるようなサポートをすることで、暴言や暴力がおさまることがあります。また、注意を他にそらすことで感情を切り替えることも有効です。

落ち着いて対応する

暴言や暴力が見られた時に自分も感情的になってしまうと、余計に相手を興奮させてしまいます。認知症という病気の症状であることを理解し、落ち着いて対応するようにしましょう。

暴言や暴力を減らすための対策

認知症が原因である暴言や暴力が見られるときは、ひとりで抱え込まないことが重要です。また、はや目に専門職に相談し、暴言や暴力を減らすための対策を検討しましょう。

誰かに話す

認知症の方の暴力が病気から来るものだと理解出来ていても、日常的に暴力を受けることは精神的にもダメージを与えて、介護が辛く感じることにもつながりかねません。

身内のトラブルを他人には話しづらいと感じるかもしれませんが、ケアマネジャーなどなど周囲の人に話をして、ひとりで抱え込まないようにし、理解者を増やすことが大切です。

医師に伝える

暴言や暴力は体調の悪さが原因となることがあります。そのような場合、医療機関で体の不調がないかをチェックし、治療を行うことで改善が見られると期待できます。また、精神科や認知症の専門医に状況を確認してもらい適切な薬を処方してもらうことも、対策の一つとして有効です。

対応を工夫する

日頃の対応を振り返り、自尊心を傷つけないような声かけの仕方や介助の仕方を検討しましょう。認知症の人は、自分でできないことや間違ったことを言ったりするかもしれませんが、それを否定せず丁寧に接するようにしましょう。また、どのような時に暴言や暴力が出現しやすいかを考えてみると、対応のポイントが見つかるかもしれません。

介護で暴言・暴力がつらいときの相談窓口は

介護をしていて、要介護者からの暴言や暴力があるときに、1番大事なことはひとりで抱え込まないことです。身内の暴力を他人に話すことに抵抗があると感じるかもしれませんが、我慢していても良くなるばかりか、事態が悪化してそれ以上にお互いに辛い思いをすることにもなりかねません。

決して我慢せず、ケアマネジャーや地域包括支援センターなどの専門家に状況を伝えて、相談するように心がけましょう。

暴力がひどいときは警察をよんでもいい?

暴力がひどく身体的に及ぼす影響が大きい場合は、警察に連絡することも考慮しましょう。以前は家庭内の揉め事に警察は介入しないとされていましたが、最近では生命の危機などのリスクがあると思われる時には対応してもらえることもあります。

まとめ

要介護者からの暴力や暴言は、日頃介護を行なっている者にとってはとても辛い出来事ですが、珍しいことでもありません。

時には少し距離をとって、介護は専門家に任せたほうがお互いのストレスが軽減され穏やかに過ごすことができることもあります。

当サイトでは老人ホームの施設検索サービス「ヒトシア介護 施設ナビ」も運営しております。

「親の介護について相談したいけど、どこに行けばいいかわからない」「親の施設入居を検討しているが、どの施設が良いのか分からないので、紹介してほしい」など様々な相談を受け付けております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

「親の介護費用が足りるか心配」「介護をしない兄弟がいる」「介護のために仕事を辞めようか考えている」など、介護に関する悩みをお持ちではありませんか?

「親の介護」特集ページでは、在宅介護にまつわるお悩みの解決策をケアマネジャーが解説した記事を紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ