認知症の高齢者が便をいじるのはなぜ?弄便の対応や対策を解説

認知症には様々な症状が見られます。その中でも弄便は、生活環境を汚染し掃除が大変であるなど介護者の負担が大きい症状の1つです。

本記事では、弄便の原因や弄便があった際の対応と対策を解説していきます。

弄便(ろうべん)とは

弄便とは、排泄した便を手で触り壁や家具などになすりつけたりする行為で、認知症の周辺症状としてよく見られる行為です。

時には1日に何度も同様の行為があり、生活環境が汚染するだけでなく、においも気になるため、弄便の行為があると介護負担は大きくなります。

便を食べてしまう異食に繋がることも

認知症になると、食べられるものかどうかを判断する能力の低下がみられるため、手に付いた排泄物を食べてしまう行為につながることもあり、注意が必要です。そのため、手についた排泄物は速やかに取り除き、手を洗ってもらうようにしなければなりません。

弄便はなぜおこるの?

認知症の人が弄便の行為をしてしまう理由は、はっきりしていません。そのため、どのような時に弄便行為が起こるのかを注意深く観察し、その原因を取り除くことで改善できることがあります。

お尻の不快感

認知症の程度によっては排便したことの認知が上手く出来ず、下着やおむつ内に失禁しても気が付かないことがあります。肛門付近に便が挟まっている場合や便が硬くて出し切れないと、不快感を感じ何があるのかを確認する行為や取り除こうとする行為につながります

そうした行為から手が汚染してしまい、今度は衣類や壁に手を擦り付けて、なんとか汚れた手を綺麗にしようとするのです。

自分で何とかしようとして

便失禁などで下着やおむつを汚したことがわかる場合、綺麗にしなくてはという思いや、家族などに知られると恥ずかしい、家族に手間をかけさせたくない等の思いから自分で何とか後始末をしようとすることがあります

しかし、適切に処理することができず、その結果便を弄ぶ行為につながり周囲を汚染してしまうことにつながります。

かゆみや痛み

肛門に長時間便が付着していたり、下痢や失禁が続くことで肛門周囲の皮膚にただれやかぶれなどの皮膚トラブルが生じていることで、かゆみや痛みが起こることがあります。かゆみがあるためお尻を掻いた時に便失禁をしていれば、手指に便が付着してしまいます

また、痛みがある場合には、その部分がどうなっているのかを触って確かめようとすることで手に便が付いてしまい、周囲の環境を汚染してしまいます。

弄便がおきたときの対応

弄便行為があっても本人は何がいけないのかが理解できていないことがほとんどです。ですから、決して叱るようなことをせず落ち着いて対応をしていきましょう。

手をきれいに洗う

弄便行為が見られたら、便が付着している手を綺麗に洗い、汚染が広がらないようにしましょう。

この時、「便が付いているから手を洗おう」と声をかけても、それが便だという認識がないため拒否されてしまうことがあります。そのような場合には、「食事の前だから手を洗いに行こう」など、本人の自尊心を気付付けないような理由を付けて手を綺麗にするように促すと、拒否することなく受け入れてくれることがあります。

入浴やシャワーに誘導する

お尻に不快感があるのであれば、シャワーや入浴で不快感を取り除くようにしてもよいでしょう。

ただし、入浴を拒否する場合は無理強いはせず、清拭やお湯を入れたシャワーボトルで洗浄するなどで不快感を取り除いてあげるようにするとよいでしょう。

掃除がしやすい環境にしておく

弄便の後始末がしやすいような環境の工夫をしておくことも大切です。普段の行動から汚染しやすいと予測される場所に応じてあらかじめ対応をしておきます。

例えば、シーツには防水シーツなどを敷いておく、壁にはビニールシートを張り掃除がしやすいようにする、すぐに手に届くところにウエットティッシュやおしりふきなどを準備しておくなど、弄便を見つけた時にすばやく対応ができるようにしておきましょう。

弄便の防止対策や改善方法

弄便が見られる時には、本人なりに理由があると考えられ、その原因を取り除くことが防止対策になります。普段から、何が原因なのかを注意深く観察し対策を取っていきましょう。

排便のリズムを整える

便秘で直腸内の便をすっきり出せないことに対する不快感による弄便には、排便のリズムをと整えることが大切です。定期的に排便があり、失禁や直腸内に便が停留することがなければ、手が便で汚染することを避けることができます。

便秘にならないように、食事や水分摂取に気を配り、毎朝朝食後にトイレに誘導する等の工夫をしてみましょう。

下着やおむつを汚れたままにしない

弄便を防止するためには、下着やおむつ内に便がある時間をできるだけ少なくするようにしますしたがって、可能な限りトイレで排泄できるようにタイミングを把握しトイレ誘導するのが最も有効な対策です

しかし、それが難しく下着やおむつ内に失禁してしまった時には、すぐに交換することで弄便を防ぐことができます。

肛門やお尻の皮膚状態を改善する

肛門周囲や臀部にかぶれやただれがある時には、刺激になりかゆみや痛みの原因になりやすくなります。そのため、おむつ交換や入浴の時には皮膚状態に問題がないかをチェックし、皮膚状態をチェックしておくようにしましょう

もし、皮膚の状態に問題があるようであれば受診し薬剤を処方してもらうほか、排泄後は臀部の洗浄やシャワー浴をするなどで皮膚状態が改善出来るように努めましょう。

まとめ

要介護者の弄便行為によって介護者のストレスが大きい場合、介護のプロに話を聞いてもらうなどで、一人で抱え込まないことが大切です。いろいろな介護のトラブルを知っている介護のプロであれば、弄便へのアドバイスや必要なケアについて助言を受けることが可能です。

当サイトでは高齢者住まいアドバイザーによるお悩み相談をLINE@で受け付けております。

「認知症の親の介護、そろそろしんどくなってきた…」「在宅介護と仕事の両立に限界を感じている…」など在宅介護にまつわるお悩みに対して、在宅介護の負担を減らす方法についてアドバイスしております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

「親の介護費用が足りるか心配」「介護をしない兄弟がいる」「介護のために仕事を辞めようか考えている」など、介護に関する悩みをお持ちではありませんか?

「親の介護」特集ページでは、在宅介護にまつわるお悩みの解決策をケアマネジャーが解説した記事を紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ