介護施設の入居を拒否する親を説得するコツ【ケアマネジャーが解説】

独居で生活している高齢者は、認知症の進行や介護度が重度となってくると、在宅生活の継続が難しくなることがあります。また、家族と同居していても、介護者の介護力や介護負担の増大などの理由により、同居を続けることに限界を感じることもあります。

そのような場合、老人ホームなどの施設入所を検討することになりますが、老人ホームに入居することを本人から拒否されてしまい話を進めることができないことがあります。本人が納得しないまま、無理やり老人ホームに入居させると、入所後、家に帰ると施設から抜け出したり、暴れたりするなどのトラブルが生じることも少なくありません。

この記事では、老人ホームへの入居を拒否された時に、どのように対応すると納得してもらいやすくなるか、その対応方について解説します。

老人ホームへの入所を拒否する理由とは?

高齢者が、老人ホームへの入居を嫌がる時は、本人の考え方や家族関係、認知症による理解の程度などにより様々な理由が考えられます。

自宅での生活に問題がないと思っている

家族や介護事業者などの周囲のものが、安全面を考慮し在宅生活の継続が難しいと感じていても、本人はその危険性や困りごとを認識していないかもしれません。食事や家事などの支援を受けられている、トラブルがあった時に周囲が大変だっとことを理解できていなかったり、忘れてしまっているなどで、自宅を離れて老人ホームに行く必要性を感じられないと、老人ホームに入居してほしいと言われても納得することが出来ず、拒否につながります。

住み慣れた環境から離れたくない

高齢者が新しい環境に適応するのは簡単なことではなく、環境を変えることに抵抗を示す高齢者は多いです。また、自宅から離れた場所に行くことで、友人や馴染みの店などから離れることになり、新しい友人ができるかに対しての不安や、それらを一から始めなければならないことに対する抵抗感もあります。

これら、新しい生活への不安と、現在の不便さを考えた時に今の生活を続ける方が良いと感じて、老人ホームへの入居は拒否されることがあります。

家族に見捨てられた気持ちになる

老人ホームに入ることで、家族に見捨てられた、自分は邪魔ものなのだという思いが生じ、その思いが拒否となって表れることがあります

元気な時には家族には迷惑をかけたくないという思いや家族への配慮から、施設に入ると言っていたにもかかわらず、認知症が進行してくると、その気持ちが薄れていくこともあります。家族に捨てられるという寂しさや喪失感、強い不安感から、老人ホームに入ることに拒否的な態度に変わってしまうと家族も困惑してしまいます。

納得して入居してもらうために

施設に入居することに対して、否定的に考えている高齢者に納得してもらうのは簡単なことではありません。施設に入ることで、どんなメリットがあるのかを伝えることで、施設生活を具体的にイメージできるようにしていきましょう。

自宅で過ごすよりも安心出来ることを伝える

施設への入居を進めるにあたり、介護が大変だからと介護者の都合を理由にしてしまうと、自分を邪魔ものにしていると感じてしまいます。納得しないまま老人ホームに入居することで、自分の意思に反して無理やり入居させられたと感じてしまい、家族関係がこじれてしまうこともあります。

そのため、施設入居の必要性を伝える時は、「安心して過ごせる環境で長生きしてほしい」「毎日、楽しみをもって生きがいを作ってほしい」など、自分たちがこれからの生活を前向きに送ってほしいと思っている気持ちが伝わるようにするとよいでしょう。

また、施設に入居しても定期的に家族が面会に行ったり、一緒に外出したりすることも出来ることを伝え、今の生活より良くなる事を少しずつ理解してもらいましょう。

第三者に説得してもらう

家族に施設をすすめられると、感情的になり冷静な話し合いが出来ない、意固地になって本心と違うことを言ってしまうことがあります。そのような場合は、第三者に間に入ってもらうことで、落ち着いて話してくれることがあります。

ケアマネジャーなどの専門家には、家族の前では話せない本心を話してくれることもあるため、なかなか納得してもらえないときは、説得してもらえないか相談してみましょう。

体験入居やショートステイを利用する

有料老人ホームでは、レクリエーションを楽しんだり、リハビリなどの医療体制や食事が充実しているなど、入居者が毎日の生活を楽しみながら安心して過ごせるように、各施設が趣向を凝らしています。

そのため、実際に体験してみると想像していたよりも快適で、入居しても良いと気持ちが動くことがあります。いきなり入居をすすめるのではなく、体験入居や短期間のショートステイを利用することで徐々に慣れてもらうようにすると良いでしょう。

番外編:もう姑の介護は限界!施設に入ってもらうには?

介護は女性がするものという古い考えは未だに残っており、自分は仕事で介護ができないなどの理由で、嫁が主介護者となり姑の介護を担っているケースがあります。しかし、介護に関係なく嫁と姑の折り合いが悪いことは珍しくはありません。そこに介護が加わってくると、いずれは嫁が姑の介護を行うことに限界がくることも予測されます。

その場合、施設に入ってもらった方がお互いにストレスがかからず、良い結果になる場合もありますが、姑に施設に入って もらいたいと伝え納得してもらうことは実の親を説得するよりも大変です。なぜなら、 嫁の立場から姑に施設に入るように伝えても素直に話を受け入れてもらえるとは考え難く、他の家族からも 悪者にされてしまうリスクがあります。

そのため、まず最初に夫に姑の介護をすることが限界に来ている事を相談し、夫から兄弟や義親に説明をしてもらい理解を得るようにしましょう。そうすることで、本人に話をした時に味方になってもらえ、スムーズに施設に入ってもらう話をすることが可能になります。

それでも施設入居の説得ができなかったら

どれだけ丁寧に施設に入ってもらえるように説明をしてもどうしても本人が納得してもらえなかった場合 でも、そのままの状況で在宅介護を継続することはおすすめできません。

このような場合、本人の意思を尊重しながらも、無理やり施設入居を進めてみて入居後の様子を見ることもあります。最初は拒否をしていても、実際に入居すると 施設の介護士等の上手なアプローチもあり、思っていたほど居心地が悪くないと感じ、楽しく生活を送ることができたりします。

無理やり施設に入居させることに対して罪悪感を感じる場合は、在宅介護の体制を組み直します。これまでより多くの介護サービスを利用する、 特定の人に負荷がかからないように家族全員で介護に携われるような体制にするなどで、施設入居を納得してもらえるまで乗り切りましょう。

また、拒否している気持ちには変化が見られる場合もあるため、定期的に話をする機会を持つことをおすすめします。

まとめ

高齢者を施設に入居させることは、本人にとっても家族にとっても大きな決断をすることになります。 なるべく本人の意思を尊重しながら、介護している家族が疲弊しないように最善の方法を見つけていくことが、いつまで続くかわからない介護を行うにあたっては大切です。

また、気軽に相談できる人や場所を見つけておくことも、家族の介護の負担を軽減するためには重要です。

当サイトでは老人ホームの施設検索サービス「ヒトシア介護 施設ナビ」も運営しており、介護施設への入居に関して相談を承っております。

入居に関するご相談以外にも、「親の介護について相談したいけど、どこに行けばいいかわからない」「親の介護をしなくてはいけなくなったけど、なにから始めればいいか分からない」といった介護を始めるにあったての相談も受け付けております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ