認知症の口腔ケア拒否にはどう対応すればいい?歯磨きのコツを紹介

高齢者にとって、口腔内の清潔を保つことは、虫歯や口臭予防などの衛生面だけでなく、誤嚥性肺炎を予防するためにも非常に重要なことです。しかし、認知症の方の中には、口を開けてもらえない、歯ブラシを噛まれるなどで歯磨きや口腔ケアを拒否される方がいらっしゃいます。

口腔ケアの必要性が分かっているからこそ、そんな場面に遭遇した時に、「なぜ分かってもらえないのか」「自分のやり方がダメなのか」と悩んでしまいます。

認知症の方への歯磨きや口腔ケアを実施するときは、無理強いするのではなく、相手に不快な感情を抱かせず、嫌がる理由や状況に応じて焦らず進めて行きましょう。この記事では、歯磨きを拒否された時の対応や進め方のポイントをご紹介します。

認知症の方が歯磨きを嫌がる理由

認知症の方が歯磨きを嫌がるのには、 いくつか理由があります。それらの理由を把握し、相手の気持ちに配慮しながら歯磨きの必要性を理解してもらえるように伝えていくことが大切です。

歯磨きをすることが伝わっていない

歯磨きを行うことを説明しても相手に理解されていないことがあります。 認知症が進行すると、言葉で聞いた事の意味を理解することが難しくなってきます。そのため、こちらは歯磨きをするという事を伝えたつもりであっても、相手にはそのことが伝わっておらず、何をされるのかという恐怖心があります。そこにいきなり歯ブラシを口に入れられそうになり、びっくりして拒否につながるのです。

口の中を見られることへの羞恥心

私たちは、普段の生活の中で自分の口の中を他人に見せる機会は、歯医者に行くことでもない限りほとんどありません。たとえ家族であっても、口の中を見られるのは恥ずかしいと思っている人は多いのではないでしょうか。そのため、いきなり口の中を見て口腔ケアを始めようとすると抵抗されてしまいます。

本人が抵抗なく口を開けてくれるようにするためには、歯磨きをしないといけないと感じられるような事前の声かけを工夫しましょう。

口を触られたくない

口はデリケートな部分で、触られるのが嫌だという人は元気な人や若い人でもかなりいます。認知症の人では、触れられたくない部分を触られたことで、不快な気持ちを抑えることができず手が出てしまったり、口を開けてくれなくなったりしてしまうことがあるのです。最初は自分でやってもらう、直接手で触れないようなケアの方法で行うなど、なるべく本人が不快に感じない方法を検討しましょう。

傷や痛みがある

認知症の高齢者は、不快な症状があった場合でもそのことをうまく表現することができないことがあり、口の中に傷や痛みがあってあると歯磨きを嫌がることもあります。 そのような場合は、口の中を見せてもらって 問題がないかを確認し、 必要に応じて歯科受診をする、柔らかい歯ブラシやスポンジブラシを使用するなど痛みが起こらないようなケアを心がけましょう。

口腔ケアを拒否されたときの対応

口腔ケアを拒否された場合でも、拒否をする理由を理解し対応の方法を工夫するとすんなり受け入れてくれる場合もあります。 どのように対応すればうまくいくのかのコツを見つけておきましょう。

理解できたかを確認しながら行う

認知症の高齢者は、言葉で伝えてもその意味が伝わらないことがあります。 実際の口腔ケアに使用する物品を見てもらう、歯磨きをする真似をするなど、伝え方の工夫をし、これから何をするのかを理解できるようにします。自分が先に歯磨きをしながら、歯ブラシを渡すと同じようにしてくれたということもあります。

また、歯磨きをすることに同意したとしても途中で忘れてしまうこともあります。 常に声をかけながら気持ちに変化がないかを確認しながら行いましょう。 それでも拒否をされる時は、無理強いをせず時間をおいて再度チャレンジするようにします。

ゆとりをもって対応する

誤嚥性肺炎の予防などのためには、拒否された時でもなんとしてでも口腔ケアを行わないといけないと考えがちです。しかしそのような焦りから表情が険しくなっていては相手の恐怖心をさらに助長し逆効果です。認知症の人は言語的なコミュニケーションは苦手であっても表情や感情を読み取る力は優れていると言われています。

いきなり歯ブラシを口の中に入れようとするのではなく、笑顔で他愛のない話やスキンシップなどから始めましょう。相手の受け入れ状況を確認しながら口腔ケアにつなげるなど、ゆとりをもった対応をすることでうまくいくことがあります。

歯磨き以外の方法を検討する

拒否が強い時は歯磨きだけにこだわらないことも大切です。ただし、口腔内に食物残渣が残っていたりすると、それを誤嚥してしまい誤嚥性肺炎を起こす危険があります。うがいができるようであればうがいをしてもらい、それも無理なようであれば、お茶やお水をしっかり飲んでもらうだけでも誤嚥のリスクを減らせます。

また、口腔ケアに使用するグッズは、歯ブラシ以外にも色々なものが市販されています。 本人が抵抗なく使用できるものがあるかどうかを検討してみるのもよいでしょう。

介護における口腔ケアの基本的なやり方

口腔ケアを行うには、対象者の不安を取り除いて安心感が得られること、口腔ケアを受け入れやすい雰囲気作りが大事になります。

準備をする

口腔ケアを行う前には、受け入れしやすいように十分なコミュニケーションを図ります。 言葉で言ったことが伝わらないこともある為、実際に口腔ケアで使用する物品を見せるなどで、相手が今から口腔ケアを行うことをしっかりと理解できているかどうかを確認しましょう。

また、説明する時は、笑顔で安心感を与えられるようにゆったりとした気持ちで接するように心がけ、 しっかりと覚醒していなかったり、機嫌が悪いような時には時間を改めるようにします。

口腔ケア時には声かけを行う

口腔ケアを行うことを説明して同意が得られた場合、口腔ケアを行っていきます。いきなり全面的に介助するのではなく、自分でできる部分は自分でやってもらうことから始め、確認をして汚れが残っている部分を手伝わせてもらうように声かけをします。

自分で行うことが難しい場合は、いきなり口の中に歯ブラシを入れたり手で触ったりするようなことは避け、一つ一つ声かけをしながら行うようにします。 また、口の中を触られることで嘔吐反射が起こることがあります。ケア中は常に表情を観察し不安や苦痛がないかを確認しながら手早く行いましょう。

良いイメージで終了する

終了するときは鏡を見てもらって綺麗になったことを確認してもらい、痛くなかったか、さっぱりしたかなど、できるだけ前向きな言葉が出るようにして、口腔ケアに対するネガティブなイメージを持たれないようにします。

まとめ

認知症の高齢者に口腔ケアを拒否 された場合、口腔ケアの必要性が分かっているからこそ、どうすればいいのかと焦ってしまいます。その焦りやイライラが相手に伝わらないように、ゆとりを持って接するように意識し、 不安の解消やさっぱりして気持ちが良くなるという体験をしてもらえるようにアプローチ することが、口腔ケアを拒否する認知症の高齢者へのケアのポイントになります。

当サイトでは老人ホームの施設検索サービス「ヒトシア介護 施設ナビ」も運営しており、「親の介護について相談したいけど、どこに行けばいいかわからない」「親の介護をしなくてはいけなくなったけど、なにから始めればいいか分からない」といった介護を始めるにあったての相談も受け付けております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ