「介護している親が食事を食べない…」拒否の理由や対応をケアマネが解説

高齢者の介護をしていると、食事を拒否したり、口から吐き出したりすることがあります。

一食くらいであれば、食事を抜いても問題がないこともありますが、糖尿病がある場合などでは低血糖をきたし、健康に大きな影響を引き起こすこともあります。

また、高齢者が食事をしない状態が長く続くと、栄養状態が悪くなり、ADLの低下や心身の虚弱状態を生じることがあり好ましいことではありません。

この記事では、高齢者が食事を食べてくれない理由や対処法についてご紹介します。

高齢者がご飯を食べない理由

ご飯を食べない高齢者に困るヘルパー

高齢者がご飯を食べなくなる理由は、認知症の有無に限らずいろいろなことが考えられます。その理由を自分ではうまく伝えられないこともあり、注意深く観察をして何が原因でご飯を食べないのかを探っていきましょう。

食事が飲み込めない(嚥下機能の低下)

高齢になると、嚥下機能の低下がみられるようになり、口の中の食べ物を上手く飲み込めなくなることがあります。口の中に入れたものを飲み込めないと、口の中に溜めてしまう、口からぼろぼろとこぼすようになり、食事が進みません。

食べ物をうまく飲み込めず、気管に入ってしまうと誤嚥性肺炎を発症することもあります。誤嚥性肺炎は、死につながるリスクもあるため避けなければならない状態です。その為、口の中に食べ物を入れたまま飲み込みづらくしていないかをしっかりと観察する必要があります。

食べ物と認識できていない

認知症の症状に、視覚などの感覚器には問題がないのに、目の前に出されたものが食べ物だと認識できなくなる失認という状態になることがあります。食べ物かどうかが分からないために本能的に食べようとは思わず、食事に手をつけなくなるのです。

また、ご飯とお茶碗が一体化して見え、お茶碗の中にもうご飯は入っていないと思って、箸が止まる場合もあります。

食べ方が分からない

認知症の症状には失行というものがあります。例えば、食事の場面では食べ物だと認識出来ても、食べ方がわからなくなります。普段何気なく行なっている食事ですが、実は食事をとる行為は複雑であり、いくつもの工程が必要です。

最初に食べ物だと認識できたら、箸を持って適量をつかみます。場合によってはここで食べ物を小さく切り分けるという行為もあります。次に、つかんだものを口に運び、口の近くに持ってきたら口を開けます。口の中に食べ物が入ると、咀嚼をして小さく滑らかにして、飲み込みます。

認知症になると、これら一連の動作のどこかが上手くつながらず、食事を食べられなくなるのです。箸の使い方がわからなければ、箸を放り投げる。咀嚼の仕方が分からなければ、口から吐き出す等の行為がみられることもあります。

体調が悪い

認知症の方は、体調不良をきたしていても上手く伝えられないことがあります。

例えば、口内炎や口の中に傷があって痛い、風邪などで喉の痛みがある、その他体調が悪く食欲がないなどがあってもそのことを口で伝えることができず、食事を食べなくなるという反応をするのです。

食事を食べなくなったような時には、表情や体温などをチェックし体調が普段と変わりないかどうかを観察するようにしましょう。

食事を拒否されたときの対応

介護する女性

食事を拒否された時は、その理由によって対応を行っていきましょう。また、食事を美味しく食べるには、環境や雰囲気はとても重要な要素です。イライラしたり焦らずゆったりとした気持ちで対応をしていきましょう。

体調や入れ歯があっているかチェック

食事を拒否された時は、ゆっくりと話を聞き体調や入れ歯が合っているかどうかをチェックし、飲み込みにくい状況になっていないかを確認します。便秘で食欲がないことや服用している薬の影響で味覚に変化が現れることもあります。

何かトラブルがあるようであれば、少しでも食べられそうなものを食べてもらい、早期に受診をして改善するようにしましょう。

一緒に食べる

口をあけてくれない場合は、目の前にあるものが食べ物ではないと認識している可能性が高いため、無理に口を開けて食べさせようとしたり、わがままだと叱ったりすることはしないようにしましょう。

どんな味がするのかなどを説明しながら、自分が率先して食べることで食べ物だと理解してもらえることもあります。また、毒が盛られているなどの被害妄想がある場合は、大皿に盛りつけて一緒に食べることで、問題がないことを伝えていくのも一つの方法です。

栄養補助食品を活用

食事を食べないために栄養の不足が考えられる場合は、栄養補助食品などを利用することも考えましょう。栄養補助食品は、ゼリー状のものや液体のものなど食べやすい形態 になっており、嚥下しにくい、食欲がないなどの場合でも栄養が取りやすいように工夫がされています。

ドラッグストアなどで簡単に手に入るので、どうしても食事が進まない場合には栄養状態を維持するためにも活用しましょう

継続して食事を食べてもらうための工夫

食事を拒否することなく継続して食べてもらうためには、日頃から食事が進むような工夫をしておきましょう。

無理やり食べさせない

食事がどういうものなのかの概念が薄れてきている場合でも、食事は「美味しい」「楽しい時間を過ごせる」というようなイメージを持つことでと、周囲の人と同じように食事を食べてくれることもあります。

また、自ら箸が進まない時に食事介助をする場合は、自分で食べようとしていると錯覚するような位置からアプローチするのも有効です。本人の様子を見ながら、座る位置や環境なども考えていきましょう。

食べやすい形態にする

咀嚼しにくい、飲み込みにくい場合には、柔らかい食材を選ぶ、とろみの付いた喉ごしの良いものを提供するなど本人の好みや嚥下状況に合わせて食べやすい形態にしてみましょう。

咀嚼しやすいようにと食材を刻んで提供することがありますが、葉物野菜などでは、細かく刻むことによって、逆に口の中に残りやすくなり誤嚥の原因になることもあります。食後は口の中に残渣物が残っていないかをチェックし、スムーズに飲み込めるような形態にしておきましょう。

食器の工夫

食材と食器の区別がつきやすいように、お茶碗は白ではない色つきのものにする、お皿は料理と見間違えるような柄のついていないものにするなど、食器にも気を配ります。

また、箸が使いにくい場合にはフォークやスプーンに変更する、少し深さのある皿や器に盛り付けるなど、自分で食べられる工夫をするのも良いでしょう。もし、箸やフォークなどを使用することが難しくなってきたときには、手づかみで食べられるような食事に変更することも検討してみましょう。

食欲が低下しないようにする

体調が悪い、じっとしていることが多く体を動かす機会がないなどではお腹も空きません。食欲が低下しないようにするには、日頃から体調管理を行い、できるだけ体を動かす機会を作っておきましょう。

まとめ

高齢者が規則正しく食事を摂ることは、心身の機能を維持するためにとても重要な役割を果たすため、食事を食べない、拒否するようなことがあれば、その理由を見つけて早期に解決できるようにしていくことが望ましいです。

しかし、どのようにアプローチすれば上手くいくのかはやってみないと分からないところもあります。

そのような時は、、同じような悩みを持った人がどうやって解決出来たのかを知っておくと役立ちつことがあります。

 

当サイトでは老人ホームの施設検索サービス「ヒトシア介護 施設ナビ」も運営しており、「親の介護について相談したいけど、どこに行けばいいかわからない」「親の介護をしなくてはいけなくなったけど、なにから始めればいいか分からない」といった介護を始めるにあったての相談も受け付けております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ