認知症の着替え拒否など、介護での着替えにまつわる悩みの解決策を紹介

私達は、朝起きた時や外出した、入浴した、汗をかいたいなど日常生活を送る中で色々な場面で着替えをします。しかし、認知症の方の中には着替えることを嫌がり、いつも同じ服を着ているということがあります。

この記事では、認知症の方はどのような理由から着替えを拒否をするのかや、どのように対応すれば着替えてもらえるのかについて解説します。

着替えを嫌がる理由

認知症の人が着替えを拒否する場合、人の手を借りて着替えるのが嫌という理由だけではなく、着替える動作に介助を必要としない人でも嫌がることはあります。

着替え方がわからない

私たちが普段何気なく行なっている着替えという動作はいくつもの要素を含んでいます。そのため、認知症進行してくると、どうやって着替えればよいのか分からなくなり、 そのことを他人に知られたくないという思いから着替えを拒否することがあります。

たとえば、どのような順番で着ていけばよいのか、どこに手や足、頭を通すのかなどが分からず、戸惑ってしまうのです。そのほか、気温や季節に見合った服装が分からず気に入った服や着やすい服を着て過ごすということもあります。それを指摘されると自尊心が傷つき、余計に着替えを拒否するようになるということもあります。

着替える理由が分からない

認知機能が低下しているために、同じ服を着ていると不潔である、季節や気温によって適した服装をするということが分からなくなると、着替えをする意味が理解できなくなります。本人にとっては、何日も同じ服を着ていることや少しぐらい汚れていることは全く問題にならないことなのです。
そのため、無理やり着替えさせようと服を脱がせたり怒ったりすると、認知症の人にとっては、「無理やり裸にされる」「何もしていないのに怒られる」という気持ちになり、余計に着替えることに対して拒否をしてしまうのです。

恥ずかしい

着替えを介助される場合、肌を見られることになり羞恥心により介助される事を嫌がる場合があります

また、日常生活で毎日行っていた着替えを介助されることによって、そんな事も出来ないのかと思われると嫌だという思いが拒否につながることがあります。 それぐらいのことは一人でできるという思いが残っている場合、馬鹿にされていると感じることもあり、他人 が介助しようとすると拒否的な態度をとってしまうのです。

着替えを拒否されたときの対応

着替えを拒否する時には本人なりの理由があるものです。その不安や不満な気持ちを汲み取り、嫌な気分にならないような介助をすることで、着替えを受け入れてくれる ことがあります。

無理やり着替えさせない

起床時に着替えを進めても拒否される場合など、そのままの服装でいても特に問題がないと思われるような時には、無理やり着替えさせるようなことはせず、時間をおいて再度提案してみても良いでしょう。

朝起きたら着替える、 服が汚れたら着替えて洗濯をするなど 、元気な時には当たり前だった事が、認知症の方には通じないことが多くあります。こうするべきという考えを持たず、大きな問題が生じないようであれば無理強いをしないようにすることが大切です。

着替える理由を説明する

何のために着替えが必要なのかが分かっていない場合、その理由をわかりやすく説明すると良いでしょう。例えば、「これから外出するので着替えましょう」「服を洗濯したいので着替えてもらえませんか」などの声掛けを行います。一度で納得されない場合、時間をおいて何度か声をかけてみましょう。 目的が分かることで、着替えをしなければいけないという行動とつながることがあります。

また、なるべく自分でできるように、前びらきでボタンが少ないなど着替えやすい服を選んだり、具体的な指示の出し方を工夫しましょう

意識を他に向ける

着替えることに対して羞恥心や不安がある場合、 着替えの介助は不快に思うため、他のことに意識が向くように会話をするなどして、手早く済ませるようにするとよいでしょう

介助されていると思うと自尊心が傷つくことがあるため、さりげなく手伝うなどの配慮を行うことで、本人を傷つけることなく着替えさせることが可能に なることがあります。

認知症の服や着替えにまつわるその他のお悩みの対応策

認知症の介護を行なっていると、着替えに関してだけでもいろいろな事が起こりますが、同じように悩みを持つ人で上手くいった方法も参考にしながら、対応策を見つけていきましょう。

服をぬいでしまう・何度も着替える

服を脱いでしまったり何度も着替えをする場合は、服を着ていることによって何か不快な思いをしている原因があると考えられます。その原因を考えてみて対応して行くようにします。

暑くて服を脱いでしまう場合には、エアコンなどで室温の調整をします。また、ズボンなどの締め付けが不快で服を脱いでしまう場合もあります。そのような場合には、ゆったりとした服を選ぶなどの工夫をして不快感が消失するようにします。

洗濯をしない

洗濯をしない場合は、認知機能の低下により清潔不潔の区別がつかなくなっていることが考えられます。また、 最近の洗濯機はいろいろなボタンがついているため、認知症が進行してくると洗濯機の使い方が分からなくなってしまい、結果的に洗濯をしない場合もあります。

そのような場合には、介護者が本人に代わって洗濯をすると良いでしょう。ただし、自分の洋服を盗まれるといった被害妄想がある場合、洗濯するために衣類を預かろうとすると盗まれるかもと勘違いされることもあるため、本人に気づかれないように洗濯をするなどの注意が必要になることもあります。

服の整理ができない

認知症が進行してくると季節感がわからなくなるため、衣替えの概念が失われていきます。また、 段取りよく行動することが難しくなるため、整理整頓が苦手となり服の整理ができなくなることもあります。

衣類が多すぎると、その情報を整理し洋服を選ぶということが難しくなるため、必要な量に減らし情報量を少なくすることで自分で服の整理ができるようになることもあります。この際、タンスやクローゼットなど色々な場所に服を保管しなければならない状況では、どこに片付ければいいのか分からなくなるため、服を整理する場所はなるべくシンプルにしておくようにします。

まとめ

汗をかいたり、汚れていても着替えなかったり、季節に合わない服を着ているなど、認知機能が低下することで、適切な服を着ることが出来なかったり、着替えをすすめても拒否されることがあります。

どうしても着替えをしないといけないと考えるのではなく、2、3日くらいであれば着替えなくても大丈夫と、おおらかな気持ちで接するようにしましょう。

介護拒否が始まると、着替えだけではなく他のケアに対しても拒否をされることがあります。そのような場合、気軽に相談する人が身近にいないと、介護者のストレスが蓄積し介護が辛くなってしまうこと があり注意が必要です。

当サイトでは老人ホームの施設検索サービス「ヒトシア介護 施設ナビ」も運営しており、「親の介護について相談したいけど、どこに行けばいいかわからない」「親の介護をしなくてはいけなくなったけど、なにから始めればいいか分からない」といった介護を始めるにあったての相談も受け付けております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ