介護でおむつ交換を拒否されてしまったときの対応をケアマネが解説

認知症が進行し、排泄の感覚が分からなくなり失禁することが増えると、清潔を保持するために、おむつの着用を余儀なくされることがあります。

しかし、オムツを着用していることを理解できていない場合、オムツ内に排泄があってもお交換することを拒否され、介助させてもらえないことがあり介護者を悩ませます。この記事では、おむつ交換の拒否がある時に、拒否や抵抗を少なく出来る方法や、おむつ交換をスムーズに終わらせるコツをご紹介します。

要介護者がおむつ交換を嫌がる理由

おむつ交換を嫌がる理由は、その人の性格や考え方、介助をしてもらう人との関係性などが影響していたりします。

おむつ交換の拒否があった時は、その理由を探り、できる限り解消できるように対処して行きましょう。

失禁したと思われたくない

認知症であっても羞恥心はあり、失禁することは恥ずかしい事だという思いを抱いています。認知機能が正常であれば、失禁をしてしまったら、おむつや下着を交換した方が良いと考えます。しかし、認知症の場合、失禁してしまったことを認めたくない、知られたくないと考え、おむつ交換を拒否する事で隠そうとするのです。

そのような思いに反して、失禁していることを認めさせようとしたり、無理やりおむつ交換を行おうとすると逆効果になります。激しい抵抗をされたり、おむつ交換へのイメージが悪くなり、その後も拒否され続けることになる危険があります。

家族に下の世話をされたくない

デリケートな部分の下の世話をしてもらう事は、恥ずかしい、情けないという思いだけでなく、排泄に人の手を借りることに対して、強い抵抗感を持っている人も少なくありません。

認知症になっても、親や夫としての威厳を保ちたい、自尊心が強く、家族や介護者にに弱い所を見せたくない、娘や息子に陰部や臀部を見られるのが恥ずかしい等の思いは残っているのです。

そのような場合、家族におむつ交換をされる事が受け入れられず、拒否としてあらわれることがあります。

何をされるのか理解出来ていない

おむつ交換をするという説明が伝わっておらず、何をされるのかが理解出来ていないことがあります。これから何をされるのかが分からないまま、いきなりおむつを外されたり、陰部を触られたりすると、びっくりして拒否や抵抗をされても無理はありません。

認知症の人は、説明をして返事をしてくれたからと言って、必ずしも理解出来ている訳ではありません。よく分からないことに対しても「はい」と返事をされる事は良くあります。

いつもやっているから分かっているだろうと思っていると、今まで介助されていたことは忘れてしまっていて、通じていなかったということもあるため、毎回きちんと説明し、理解出来たかどうかを確認しながら行っていくようにしましょう。

介護でおむつ交換を拒否されたときの対応は?

おむつ交換を拒否された時に無理やり行うことはできないので、どうすればスムーズにおむつ交換をさせてくれるのか、日頃から色々な対応をしてみて、その人に合う方法を見つけておきましょう。

排泄のタイミングで声かけ

起床時や食事や入浴の前など、そろそろ排泄があるのではないかと予測されるタイミングで、トイレ に行くように排泄を誘導してみましょう。上手く行けば、トイレで排泄 することができます。

また、尿意や便意 を感じるとソワソワしだしたり、お腹の部分をさすったりなど 特定の動きをされることがあります。 そのようなサインを見逃さないよう、日頃からよく観察 しておきタイミングよく声をかけましょう。

時間をおく

おむつ交換を拒否されても、決して怒ってはいけません。また、何とかおむつ交換をしたいと、おむつ交換の必要性を理詰めで訴えたところで相手には伝わりません。それよりも、怖い顔をして怒られているという感情を抱き、これから怖いことをされるのだと思われ余計に拒否されてしまいます。

少し時間をおいて機嫌を見ながら上手く話しの流れを作っていくと、スムーズに受け入れてもらえることもあります。

おむつ交換と言わない

高齢者の中にはオムツという言葉に幼い子供がつけているイメージを持たれ、抵抗を示す場合があります。そのため、普段からおむつとは言わず紙パンツやリハビリパンツというように表現するように配慮します。 また、失禁をしたと思われたくない人の場合では、おむつ交換とは言わず、「新しいパンツに履き替えましょう」など本人が受け入れやすい言葉を選ぶと抵抗が少ないかもしれません。

おむつを脱がされることに抵抗がある場合は、「汗をかいていないか確認させて欲しい」「骨の出ているところに傷がないか見せて欲しい」など、排泄と関連しない言葉を選んで見るのもひとつの方法です。

介護におけるおむつ交換の手順・コツ

おむつ交換を拒否された時には、焦りや緊張感が相手に伝わり、余計に抵抗されることがあります。スムーズにおむつ交換を行うためは、おむつ交換の際の注意点やポイントを押さえ、慌てずに対応ができることが大切です。

おむつ交換はトイレで行う

部屋の中でおむつを外されることに抵抗がある場合でも、トイレ内であれば、抵抗感が下がることがあります。そのため、立位がとれる場合、おむつ交換の場所はトイレで行うのがおすすめです。この際、テープ式ではなくパンツ型のおむつを使用すれば、手早く交換することができます。

また、トイレに行き便器に座ることで、反射的に排泄が出来ることも多く、その事が自尊心に対して好影響をもたらします。失禁がある場合でも、なるべくトイレでの排泄ができるようにサポートしましょう。

必要物品を揃えておく

拒否がある時には、手早くおむつ交換を行い不快な時間を最小限にする必要があります。おむつ交換の時に時間がかかってしまったり、急がないとという介護者の思いや緊張感が伝わり暴れ出すといったトラブルは良く聞きます。

おむつ交換の途中で不足したものを取りに行くなどで、下半身を露出したまま待たせるようなことがないようにしなければなりません。そうならないためにも、おむつ交換に使用するものは、あらかじめしっかりと準備し、手の届くところに全て置いておくようにしましょう。

また、下痢や軟便の清拭はペーパーで何度も拭いてもなかなか綺麗にならず、時間がかかってしまうことがあります。そのような時は、蓋に穴を開けたペットボトルや、食器用洗剤などの容器に微温湯を入れて洗い流しておしりふき等で拭いた方が早く綺麗にできます。

漏れない工夫

おむつ交換だけでも大変なのに、尿や便が漏れてしまって衣類まで交換しなければならなくなると、介護の負担はさらに増します。

漏れを防ぐためには、尿取りパットを使用している場合には、尿の出る位置にぴったりとあたり、隙間ができないようにしましょう。また、おむつや尿取りパットの股の部分にはギャザーがあります。このギャザーが寝たままになっていると横から漏れてしまうので、ギャザーをしっかりと立てて、尿取りパットはおむつからはみ出ないように着用させましょう。

テープ止めタイプのおむつでは身体のラインに沿うように、下側のテープから止めるようにし、ぴったり隙間なく、尚且つ締め過ぎないのが漏れを防ぐコツです。

まとめ

昼夜を問わず毎日必要になるおむつ交換は、介護者にとって負担の大きいケアのひとつです。その上、おむつ交換を拒否されるとなると、精神的なストレスは増大し、お互いにとって良い介護とならない恐れもあります。

特に、初めての介護では分からないことも多く、上手くいかないこともあるでしょう。そのような時は、決してひとりで抱え込まず、専門家のアドバイスを活用するようにしましょう。

当サイトでは老人ホームの施設検索サービス「ヒトシア介護 施設ナビ」も運営しており、「親の介護について相談したいけど、どこに行けばいいかわからない」「親の介護をしなくてはいけなくなったけど、なにから始めればいいか分からない」といった介護を始めるにあったての相談も受け付けております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ